出生

    351 :鬼女日記 2013/10/04(金) 12:49:07 0
    中学の時の祖父の葬式依頼、音信不通だった従姉妹から突然連絡があった

    結婚して子供が生まれたんだが子供が危険な状態で輸血しなきゃいけない
    でも血液型が特殊で輸血の確保が出来るかどうかわからない
    型が合う血縁に心当たりがあったら連絡とって下さい、と医者に言われた
    と電話口で号泣

    当時まだ学生だったが友人に事情話して教授に説明してもらうことにして
    有り金全部下ろして飛行機に飛び乗った
    病院にむかってる途中
    いつの間に結婚してた!?結婚祝い&出産祝いどうしよう!?いやいや今はそれどころじゃない!?
    私の型あうの!?赤ちゃんは!?
    とかなりおかしな思考回路になってた

    結局、輸血パックが間にあって危機一髪で赤ちゃんは助かったのだがここでふと疑問が
    従姉妹が住んでる県の隣の件には別のいとこに加えて叔母夫婦が住んでる
    なのにわざわざ飛行機の距離にいた自分を真っ先に呼び出したのか、と

    ここで衝撃の事実が発覚
    数ヶ月しか年齢が離れていない従姉妹(母同士が姉妹)と異父姉妹でしたorz
    そりゃあ真っ先に自分を呼びますよね……姉妹だもんね…
    というか知らなかったの私だけ…
    あぁ、音信不通になったのってこれを知っちゃったのが原因でしたか…
    血縁上は妹&姪っ子が出来てすごく嬉しい気持ちと
    色々複雑な家庭の事情を知ってしまって鬱な気持ちがないまぜになってしまって
    なんと表現していいのか分からない状態におちいったのが人生最大の修羅場

    298 :鬼女日記 2017/07/28(金) 11:30:32 ID:KpH
    自分の出生にまつわる衝撃話。

    私の生家は、私が幼稚園ぐらいまでは父親がおらず、母子家庭だった。
    その後、父親がともに暮らすようになった。
    小学生の頃は「(母親も働いていたため)転勤で一緒に暮らせなくなったが
    父親が決心して仕事を変わったので暮らせるようになった」と言われていた。
    父親側の親戚との交流がなかったのは疑問に感じていたりもしたが、父方祖父母は既に亡くなっており
    遠方の父方伯父以外の親戚はいないと説明されていた。

    成長して、父方伯父やいとこと話をしていると、父方祖父母や親戚が実際にはいるような節も
    聞いたけれど、父実家は伯父や父の結婚に反対していたらしいという話も聞いたので
    祖父母の反対や「嫁姑問題」なんかがあって、なかなか同居できなかったんだろうと勝手に解釈していた。
    母はいわゆるキャリアウーマンで、「姑」なんか全くこわくなさそうだし、
    そう考えれば父が母の姓を名乗っていることのつじつまもあったので、あえて聞こうとはしなかった。

    去年に、定年退職して間がない年齢だったが、父がガンで亡くなった。
    その時に、母と父方伯父から私の出生に関する話を聞いた。

    父と母は大学の同じゼミで、就職してからも交際は順調でいずれ結婚すると
    周りから見られていた。実際、半同棲のような感じだったらしい。

    母は学生時代からいわゆるフェミニズム運動のようなものに関わり、就職してからも
    ある程度続いていた。(定年後の今も、事業所向けのセクハラ防止講座とかで話してる)
    ただ、私が母から言われたのは
    「セクハラ(昔はこういう言葉もなかったらしい)や役割の押し付け(飲み会のお世話役など)
    には、曖昧な態度を取らず毅然と拒むか然るべき機関に訴えること。困っている被害者が居れば助けること」
    「結婚しても『自分の財布』を持ち、自己決定をかかさない。大事なことは夫婦で相談。
     家事や育児、あるいは収入を「相手に丸投げ」ではダメ」
    「制度上改姓は仕方がないとしても、相手の家の一員になるわけじゃなく新しい家庭を作るもの。
    『入籍』という言葉は正しくない」
    という感じで、今で言えば当たり前というか穏健なものだけれども、当時としては
    母は「変わり者」扱いされたらしいが、父はそういう母が好きで、対等なカップルだったらしい。

    このページのトップヘ