勝ち組

    588 :鬼女日記 2014/02/10(月) 17:53:39 ID:NSkkdLAB
    長くなってしまった。

    結婚できてお花畑全開の義弟夫婦。
    特に義弟嫁は、専業主婦→女の勝ち組と信じていて、いかに結婚が素晴らしいか、自分ができた嫁かを、義兄嫁である私や義母に語る。
    そんな中でも、特別、未婚の小姑(私の夫の妹で、義弟嫁から見ると義姉)がターゲットにされてて、
    「自分磨きなんてしている間に、いい男性はみんな結婚していっちゃうんですよ!」(自分磨きなんて小姑は言ったこと無い)
    「仕事は一回やめても続けられるじゃないですか!義母さんみたいに!」(小姑は某スーパーの社員、義母さんは子供独立後始めた別スーパーのレジパート)
    と、事あるごとに失礼なこと言ってきて、私夫婦、義両親で叱るんだけど、義弟嫁は、心の底から善意のつもりで、小姑も相手にしていない風だったので、
    今ひとつ義弟嫁には説教も効いていないようだった。

    この前の新年会、義実家に集まったとき、義弟夫婦がホクホク顔で、生きた鯛と伊勢海老1箱を持ち込んできた。
    義弟嫁「やっぱ鮮度が命ですから!専業主婦ならこのくらいは!」と、捌く気満々。
    ニコニコしながら、「お台所借りますねー」と、義弟と共に奥へ消えていったは良いが、10分もしないうちに「ぎゃー!」という義弟の声が。
    驚いてみんなで様子を見に行くと、台所の床に散りばめられた伊勢海老・おがくずと、ビチビチと、シンクの中で暴れる鯛の姿。
    義弟は、床に逃げた伊勢海老を捕まえようとするが、ザリガニ的なバック走で翻弄され、
    義弟嫁は、なんとかまな板に伊勢海老を押さえつけるものの、上手く刃が入らず苦戦→伊勢海老床へ逃走→伊勢海老、義弟を翻弄のループに陥っていた。
    見かねてみんなで伊勢海老を捕まえ、先に鯛を…と義弟嫁が鯛に手を伸ばすが、やはり鯛も床へ逃走→「何もしないで!」と、おがくずだらけの台所を拭きながら義母絶叫。

    143 :鬼女日記 2016/04/07(木) 10:03:58 0.net
    義兄嫁は娘が3人で昔から「私は勝ち組」と公言してはばからない人だった
    姪1は海外に就職、姪2は離れた大学に行きそこで就職する予定
    姪3は先月に姪1を頼って渡航、そちらの大学に行くらしい
    義兄嫁は誰か一人でも手元に置きたくて姪2姪3に兵糧攻めを計画したが
    双方の祖父母が義兄の依頼で学費を出したらしい
    男の子しかいない義姉が去年から甥夫婦と敷地内別居を始めたことが羨ましすぎて
    夜な夜な義姉宅の周辺をうろついてるらしい
    (一度警察に保護されてる)
    私には甥嫁さんの連絡先を教えろと言ってきた(もちろん知らない)
    義兄嫁がだんだん壊れてきてるのに
    何が怖いって義兄も義両親も、義兄嫁両親も完全スルー
    義姉と夫が彼らに話をしても「いいから」「ほっときなさい」しか言わない
    火でもつけそうな感じなんですが・・・・
    自滅を狙ってるんじゃないかと夫は言うから、怖すぎて誰にも言えないのでここに書き捨て

    630 :鬼女日記 2015/08/25(火) 11:51:57 ID:vtLvElSL0.net
    私が中卒16歳でデキ婚した頃と同じ時期に親戚の高学歴のお兄ちゃん(当時30代後半)も結婚した。
    私達は貧乏だったので結婚式はしなかったが お兄ちゃん達は盛大な結婚式をした。
    私達はポンポン子供にめぐまれ幸せだった。お兄ちゃん夫婦は不妊に悩んでた。
    私は「盛大な結婚式したって いくら高学歴だって 高齢結婚で子供も出来ないし うちらのが幸せで勝ち組じゃん」なんて思ってた。
    お兄ちゃん達は何年も不妊治療して ようやく子供1人にめぐまれた。だけど子供が病弱で入院したり手術したりで 大変そうだった。
    私達の子供達は みんな健康で逞しい。
    私は「やっぱ無理に高齢出産なんてするから病弱な子供が生まれるのかな?やっぱ若くに健康な子供達を生んだ私のが勝ち組じゃん」と思ってた。
    更に数年後 私達の子供は成長し反抗期になった。そりゃ私に似ても旦那に似てもDQNになるだろう…成績は悪いし警察のお世話になるわ 高校は中退するわ もう大変
    第1子2子が反抗期だか末っ子はまだ小さいので手が掛かるし もう毎日大変 戦争よ!
    一方 お兄ちゃんの子供は 成長するにつれ体も丈夫になり いろんな習い事して 成績も良くて とても素直で可愛い子供だ!
    最近 私達は田舎に35年ローンで家を買った。正直 家計はいっぱいいっぱいだ!エステなんて行った事もない!ブランドバックなんて買う余裕もない!
    一方 お兄ちゃん達は お金にも余裕があって私達と同じ時期に 都心に一軒家を買った!しかも一括払いで
    持ち物すべてが高級そうでセレブっぽい!
    やっぱ 勝ち組は 高学歴のお兄ちゃん達だった…

    現在お兄ちゃん達は50代 私達は30代 これから私達の巻き返しはあるのだろうか…?いや…厳し…

    DQN中卒デキ婚の私達と高学歴高齢結婚高齢出産のお兄ちゃん達の比較でした。

    256 :鬼女日記 2016/11/24(木) 03:13:32 0.net
    自分の息子と姪を比べて、姪に嫉妬してしまう自分に嫌気がさしています。
    とても長くなりますが書かせてください。

    1/4

    もう30年以上も昔、私(女)はお見合いで結婚し息子を授かりました。
    私の妹も息子が生まれてすぐの頃に結婚し、数年後に姪が生まれました。
    どちらも一人っ子でしたが兄妹のように仲が良く、よく私達の両親も誘って家族ぐるみで旅行に行きました。
    妹は本当に息子のことを可愛がってくれましたし、私も姪が可愛くてたまりませんでした。

    私の親族には高学歴が多く、私自身も四大卒ですし夫も旧帝大卒です。
    ですので息子にも同等に、むしろそれ以上に優秀になって欲しくて幼稚園の頃から塾に行かせ、小学校も私立に入れました。
    妹も四大卒で妹の夫は東大卒ですが、姪の教育には特に熱を入れてませんでした。幼稚園は家から一番近いところに行かせ、小学校は公立。習い事も楽器を習わせていたくらいです。
    それなのに姪は息子が同時期の時に比べ、明らかに利発な子でした。
    1歳になったばかりでもお喋りが上手で、2歳の時には妹夫婦が教えてもいないのに自分でひらがなを読んでいました。
    3歳でもう漢字を読み、簡単な足し算引き算まで出来るようでした。
    精神的にも5つ上の息子より成熟していて、駄々をこねる息子を姪がなだめていたりしました。
    私は姪の成長を嬉しく思いつつも、何かが心に引っ掛かるように感じていました。
    今思えば、これが最初の嫉妬だったのかもしれません。

    353 :鬼女日記 2016/12/31(土) 20:25:40 ID:24K

    夫には中学時代からの親友(A)がいる。
    Aと夫は同じ時期に結婚したこともあり、流れで家族ぐるみの付き合いになった。
    Aのことは結婚前から知ってて、有言実行の真面目なタイプで好感が持てた。
    Aと夫の仲の良さも見てて微笑ましく、だから結婚後夫婦で誘われた時も特に不満なくついて行った。
    だけど、Aの奥さんには初対面からいい印象を持てなかった。
    4人でいる時には全く見せない顔があって、飲みの準備や片づけなどでふたりになった時
    結構露骨に馬鹿にされた。
    Aは名のある会社に勤務しており、同世代平均を遥かに上回る高給取りだと聞いていた。
    結婚と同時に新築の分譲マンションを購入し、A妻は専業主婦。
    それに対して私たち夫婦は新婚から5年間UR賃貸の3DKに住んでいた。
    夫はごくごく平均的な会社員で、私は扶養の範囲でパート勤めをしていた。
    A妻はハッキリと自分は勝ち組であると言っていた。
    勝ち組になれない結婚って意味ある?って聞かれたこともあった。
    「うーん、そんなふうに考えたこと無かったからなぁ。彼と結婚したいってそれだけしか」
    って答えたら「そうでも思わないと無理なんでしょw」って言われた時、
    この人とは合わないなと思い、でも夫にとってAは大事な親友なので
    他にも色々あったけど妻同士のことを夫に話すことはしなかった。人は人、と思えばいいと思って。
    その後、Aは引き抜きで転職し遠方に引っ越して行った。
    年に一度帰省してきた時に、男同士で飲みに行くことはあったけど
    夫婦でと言うことは無くなってホッとしていた。
    そしてさらにその後、Aが多忙過ぎて帰省してこないこともあり、
    相変わらず夫同士は電話やメールで話したりはしているようだったけど
    夫がAの現況を話すこともないし、自然と私とA家とは疎遠になっていた。
    そして今年、Aがひとりで帰省してきたとかで
    15年ぶりに我が家に遊びに来たんだがその姿を見てびっくりした。
    あんなにお洒落で素敵な男性だったのに、くたびれた衣類をまとって
    肌もカサカサして顔色も良くなかった。
    街ですれ違ったら気付かなかったと思う。
    それでも3人で楽しく過ごし、Aが帰ると言う時に
    「今度は奥さんも一緒にいらしてください。会いたいです」と言った。態と言った。
    Aは「伝えておきます」と笑って言ったけど、A妻は絶対来ないと思った。
    あとで夫に聞いたら、Aの転職が実は失敗だったらしく
    色々不測の事態が続き、マンションも相当買い叩かれたらしい。
    今は生活にも困窮していて、地元に戻りたいがA妻と実家が不仲で色々難しいらしい。
    その15年の間に、私たち夫婦の方は夫が順調に出世して、
    私も子供の手が離れたのを機に正社員で働くようになり、戸建マイホームを建てた。
    勝ち組とは思わないが、それなりに不安なく暮らせている。
    いわば逆転した状況。今会いたい。A妻に。
    そして何も言わずに黙って微笑んでいたい。
    Aは自宅に帰ったあと、律義に私にもてなしに対するお礼の電話を掛けてきた。
    「奥さん、いらっしゃいますか?お久しぶりなのでご挨拶でも」と言ったら
    向うで何かしゃべってるようだったが「すみません、風呂に入っちゃって」と断られた。
    絶対電話に出ないと思ったけど、やっぱりねって思った。
    私って嫌なやつ。でもこれで溜飲が下がった。もう忘れよう。

    このページのトップヘ