友人

    2/2
    668
    :名無しさん@HOME2007/10/24(水) 22:56:46 0
    嫁が出て行った……。部屋が広い。 

    トメの言うことが正しいと言うことが刷り込まれてる様子の嫁。 

    546 :鬼女日記 2016/10/11(火) 21:52:32 ID:yr8
    普段穏やかな人が怒ったら怖いというのを改めて思わされた話。

    私の女友達Aは、約4年彼氏Bとお付き合いしてた。両方とも穏やかな性格で、喧嘩なんかしたことないという、私にとって憧れのカップルだった。
    ある日、Aが私にLINEを送ってきた。
    通知には「彼氏に冷めたかもしれない」と一言。
    「何で?」と聞いたら、「もう4年も付き合ってて、私の誕生日を聞かれるたびに何度も何度も教えてきたのに、未だにヘラヘラと誕生日いつだっけ(笑)とか言ってくるその態度に腹が立った」
    「せめて申し訳なさそうしてほしかった。ヘラヘラ笑って、いやー俺誕生日覚えるの苦手でさー(笑)とかふざけてるの?覚える努力をしないその態度に腹が立つ」
    と、Aには珍しく長文で送ってきた。
    「それ本人に言ったの?」と返すと「上の文章をそのまま言った。そしたら、ゴメン、俺彼氏失格だね、とか言って泣くの。それに余計腹が立った。」
    という。
    その日はAが「まぁこのくらいで冷めたってのも変なのかも、長々とごめんね」とLINEがきて終わった。
    続きます。

    447 :鬼女日記 2014/06/30(月) 09:46:37 ID:1x2xNgqfu
    わりと最近あった修羅場。
    友人が社会人某アニメオタクサークルを作った。
    今は結婚して昔ほど熱烈には活動してないけど私ももともとそのアニメの大ファンだったのでよかったら時間がある時に体験に来ないかと誘われ、主人も行っておいでと言ってくれたので体験入部をしてみた。
    友人と私を含めメンバーは9人。
    アニメがロボット系という事もあり私以外は全員男性だった。
    私が活動してた時も周りは男性ばかりだったし予想の範囲内。
    メンバーも優しい人達ばかりでとても楽しい時間を過ごす事が出来た。
    だがここから恐怖が始まった。
    私は知らない間にオタサーの姫認定されてしまっていたらしい。
    友人がばら撒いたのだろうけど、メンバー達からFacebookやらTwitterやらを割り出され、私にコメしたりする人を排除するようになった。
    俺達の姫は俺達の手で守る!とか全ては姫様の仰せのままに^^など、痛々しいコメを残したりされた。
    FacebookやTwitterを知ってるのはリアルの友人ばかりなので、気持ち悪いのにタゲられてるね大丈夫?と心配された。
    サークル主催者の友人に苦情を言ったが彼ら悪気あるわけじゃないから~純粋だからさ~お姫様扱いされるんだからいいじゃ~んwと取り合わないので縁を切った。
    サークルもやめさせてもらった。
    その後街中で主人と一緒にいるところをメンバーの1人に見られ、主人が怪我を負わされたので警察に突き出した。
    もう二度とオタ活動しない。

    331 :鬼女日記 2016/11/21(月) 18:27:08 ID:SIj
    先月、家の近くで一緒に歩いてた友人がコンビニのビニール袋を拾った。
    ゴミだと思ったら中身がちらりと見えたんで,よく見ようと開いたら
    人の鼻!よく見れば指も入ってる!
    二人で大声上げたら近所のおばちゃんが出てきてどうしたか聞くので
    コンビニの袋に人のタヒ体が入ってると言うと、おばちゃんも袋の中身見て悲鳴
    3人で半分腰抜かしながら110番しておまわりさんが来てくれた
    で、結局鼻も指も偽物のおもちゃ。
    まったく興味がないので気づいてなかったが、一時間半ほどのところにある
    某テーマパークでは当日ハロウィンで大勢の仮装したお客が詰めかけてたらしい。
    その帰りの人が落としたんじゃなかろうかということで落ち着いたんだが
    どうしてテーマパークの近くじゃなくこんなに離れたところで落とすのか
    (家の近所にはそんなパーティーをしているところはない)
    そして最近のおもちゃってできが良すぎるんだねと
    友人と二人で焼き肉食べながらちょっとした修羅場の話で盛り上がったわ。

    545 :鬼女日記 2011/08/29(月) 14:31:41 ID:ssm+fZrr
    助手席に乗ってる友人が靴下抜いでダッシュボードに両足乗っけやがるのが気に障る。
    別に綺麗な車じゃないし汚れに関してはとやかく言わないけど、人の愛車に平気でそんな事出来るのかと、ちょっとおかしいんじゃないかと。

    911 :鬼女日記 2004/05/30(日) 14:25:00 ID:a98V4ZwP
    高校生の時の話

    部活で差し入れをするために、オニギリを作った(我ながらしょぼいものだったけど
    部室でそのことを話したら、クラスメイトの女の子が
    「お願い!○○先輩が大っ好きなの!それ私が作ったことにして!!!」と
    持ってきたタッパーをひったくられた
    あまりにもトロかったため、( ゚д゚)ポカーンとすることしか出来ず…
    その後、笑顔で○○先輩に差し入れる彼女を
    皆がベタ褒めしている時点でやっと不条理に気がついた

    しかし、
    「このオニギリ中何はいってるの~?」
    「何時に起きて作ったの?」
    などの質問に必タヒで答える彼女。

    そしてついに
    「あの、このタッパーのふたの裏に△○って名前(私の名前)書いてあるよ…?」

    ……マイマザーGJ!

    538 :鬼女日記 2005/06/18(土) 00:41:36 ID:VjIiHm6Y
    昔、販売員やってたとき同僚とランチに行った。
    ほとんど食べ終わろうとしたとき私の皿に金たわしの一部を発見。
    ウエイトレスを呼んで「あの、こんなものが入ってたんだけど」と文句を言った。
    するとウエイトレスは無言で皿と伝票を持って厨房に行った。

    金タワシよりもその態度がむかつきながら、ランチについてた珈琲を飲んでいると
    ウエイトレスが全く同じメニューを持ってテーブルに置こうとする。
    私は頭に来て「別にすいませんでしたって言ってくれたらそれでイイのよ!
    何も言わずにお皿を下げて、また同じものを持ってきて私に2人前食べろって
    言うの?」と怒った。
    するとまた無言で厨房に戻り、しばらくして
    「すいませんでした。お金は結構ですから」とウエイトレスが言ってきた。

    その後も伝票が無かったので同僚が
    「え?私の分も払わなくていいんですかね?」と私の顔を見る。
    っていうか店の従業員と客全員がこっちを見ている。
    「伝票も持っていった切り出しいいんじゃないの?」といって2人で店を出た。

    710 :鬼女日記 2010/08/02(月) 22:16:42
    友人の結婚式でのこと。
    新婦側でスピーチするはずだった人が飛行機のトラブルで到着が遅れるとの連絡が入った。
    ギリギリまで待ったものの、どうしてもたどり着けなかったみたいだった。
    式場の人が私のところにやって来て「新婦があなたに代わりにスピーチをしてもらえないかと言っております」とのこと。
    いきなりのことでびっくりしたけど、今まで何度かしたことがあるし新婦友人スピーチがないのも可哀想だと思いその話を受けた。

    考える時間なんて5分もなかったけど、新婦は料理上手でそれ関係の資格も持っているので、
    「彼女は料理が上手で私もよくごちそうになりました。それを毎日食べられる旦那さんがうらやましいです」っていう話をした。もちろんおめでとうございますも言った。
    客もほとんどみんなピンチヒッターのスピーチだったことを知っているので、暖かい拍手をしてくれた。
    それなのに、司会(会場で用意されたプロの人)が「なんか食いもんの話ばっかりでしたね」とバカにしたように大きな声で言い出した。
    そりゃすばらしいスピーチじゃなかったけど、司会者も私が代役であることを知っているのにそれにツッコミ入れなくてもいいのになと思いつつ、新婦の父(私と面識あり)が司会者に対して怒り出しそうだったので、私はひたすら笑顔で返した。

    それでいきなり座がしらけてしまったようになって、そのあと司会の人自身が進行に困っていた。
    かなり有名で格式があるところでの結婚式なのに、なんだかなあと思った。

    不幸とまではいかないかもしれないけど。

    915 :鬼女日記 2011/09/30(金) 10:42:12 ID:1yNLFzHm0
    メンヘラの発言って、どこまで「本人の考え」なんだろう。

    躁うつ病の同僚に誇大妄想が出てる感じだった頃、
    社名だけ教えてた私の旦那の勤務先を
    「ボロ会社、もうすぐ潰れる!」とか散々貶されたんだよね。
    実際にはうちの会社より規模も健全さも数段上なのにw

    その後、短期休業を経て落ち着いた同僚とは
    ごく普通に付き合ってるけど、
    ああいう悪口って、腹にはあるのに理性で抑えてるだけなのか、
    病気が心にもないことを言わせたのか、
    時に気になってしまう。

    196 :鬼女日記 2014/08/19(火) 20:49:41 ID:09nADZGfO.net
    先週の土曜に自分の結婚式と二次会やったんだけど
    木曜日に、二次会に来てくれる予定の友達から
    「猫が亡くなったショックで申し訳ないけど二次会を欠席したい」
    ってキャンセルの連絡がきた。
    お悔やみ?の言葉と了解だよって一応言ったけど
    正直、え?猫くらいで…?って思ってしまった。むしろ水さされたようで気分悪いというか。
    私は動物苦手だし飼ったことないのでそういう気持ちがわからないのだけど
    友達の感覚は普通?私が冷たい?

    775 :鬼女日記 2015/11/13(金) 15:56:05 ID:eBj
    子供の名前繋がりで、友人夫婦が揉めている。
    名前の候補は李都(リトと読むらしい)くん、男の子です
    旦那さんは「李って字が中韓っぽいからやだ!」とのこと。
    李(すもも)は別に中国や韓国の物ってわけじゃないけど、偏見なんじゃないかなぁ
    それよりも、ラキスケ起こしそうな名前の読みが俺は気に食わんのだが

    623 :鬼女日記 2017/04/07(金) 14:32:07 ID:PgQ
    女叩き思考に陥った男に道連れにされそうになったこと。

    大学で同サークルの友人Aがいつしか女叩きに染まる。と言っても女子達がデザートは別腹~とか言ってるのを見て、「これだから女は!なぁ?」と言う程度で全然気付かんかった。なので俺も適当に相槌打ってしまってた。

    ある日サークル内カップルが喧嘩した時、どう見ても彼氏が悪くて本人も謝まろうとしていたのに「謝る必要はない!!」とブチ切れ。女は劣っている、感情的な思考しか出来ない生き物だから間違っているに決まっている、と誰よりもヒステリックに喚き散らす。
    彼氏の方に「お前のがヒステリー起こしてんじゃん、俺らのことに首突っ込むな。」と言われ傷心。
    なんと彼女に「お前のせいで!!女のくせに、男を立てないから!!」と突撃した。

    517 :鬼女日記 2016/08/19(金) 01:56:51 ID:omb

    10年くらいの付き合いの友達で、割れた事もあったけど本当に辛い時はいつもお互い側にいて信頼してた。

    私は結婚していて、4ヶ月の娘持ち。晩ご飯の時間帯に友達から「彼氏と喧嘩した」と泣きながら電話がきた。
    心配だしちょうど家事も落ち着いた頃だったので、普段からしっかり面倒を見てくれるので、旦那に娘を頼んで少し会って話しを聞く事にした。
    友達が車で迎えに来たんだけど、運悪く事故似合ってしまった。
    単独だったが完全廃車状態の車でその場を去ろうとする友達に、警察を呼べと何度言っても話しを流されて ほぼ強制的に事故車に乗せられ帰って後日話しをする事になった。
    はじめは本当に申し訳なさそうで、何かあったら必ず責任を取るからすぐに言ってくれ と言われた。

    私はすでにむち打ちの症状が出ていて娘の世話もまともに出来ない状態だったので、
    それを伝えた時に友達に言われた言葉が衝撃的だった。

    ・保険料が上がるから保険は使いたくない。
    ・警察に届けると、罰金 免停があるから届けは出したくない。
    ・具合が悪いなら国民保険を使って病院に行ってくれ。領収書持ってくればあとから金は用意する。
    ・盆明けまだに新しい車を用意しないといけないし、こっちも金かかるから負担になる。


    独り身ならまだ許せたかもしれない。でも、娘を見て「私は第二の母親みたいなものだから!」とか言ってた奴の口からこんな言葉が出るとは思わなかった。タヒぬほどショックだったよ。

    私はずっと自分の体調なんかより、友達の精神面&体調を心配していたのにすごくバカバカしい。友達にとって私はその程度の存在だっただけなんだろうけど。

    初めは、なるべく友達に負担がない方法を考えてたけど今は取れる分だけ搾り取るつもりでいる。

    その場で警察を呼ばなかった私も悪いけど、こいつと和解できる日は一生こないと思う。

    879 :鬼女日記 2017/04/22(土) 09:59:39 ID:Y1S
    相談です。

    欲しい眼鏡フレームがあって、発売日より時間も経っていたので、どこも基本的に売り切れだった。それでも諦めたくなくて、8店舗くらい回ってようやく最後の店で発見→購入という流れ。
    本当に欲しかったものなので、見つかって良かったーと思っていると、たまたまその店で友人Aと遭遇。話していると、取り置きしてもらっていた眼鏡フレームを取りに来たということだった。
    仲良しグループの友達なので、この後お茶行こうなどの話をしていると、奥から店員が青ざめた表情で出てきて、Aの取り置きした眼鏡を間違えて売ってしまったと言ってきた。
    Aブチ切れ、取り置きした意味がないと店員を責める。その時、私の担当してくれた店員が、眼鏡を持って私の接客、Aが私を見るなり「私が予約した眼鏡!!」と叫んだ。
    私が買った眼鏡フレームが、Aが取り置きをしていた眼鏡だったらしい。すると、店員が「ご友人なら、お譲りを…」と、私に言ってきたけど、私だってやっと探して見つけたお気に入りの眼鏡、渡したくない。私を担当した店員、何故か号泣。Aはブチ切れ。
    私は最後までイヤだ無理だを突き通し、お金も払っていたので、逃げるように眼鏡を受け取って帰った。この話をAと共通の友達BとCに話すと、そこはAに譲らないと…って言われた。
    Aからは何の連絡もない…眼鏡をつけたいけど、大学でAと会うので眼鏡をつけて大学に行かない…今からだけどAに眼鏡を返した方がいいのかな…?

    698 :鬼女日記 2014/06/12(木) 13:07:57 ID:vUYIRq5kk
    mixiが全盛期だったときの修羅場。

    A子 とにかくイケメン大好きのぶりっ子。銀行員。
    B男 イケメン高身長 A子の元彼
    私  A子の大学生のときの友人。なんだか色々巻き込まれる。


    A子はとにかく将来はイケメンな金持ちと結婚して、専業主婦になって優雅に暮らす事を夢に見ていた。
    勤めている銀行で人間関係がうまくいっていないようで、さっさと結婚して専業になって楽したいと言っていた。
    そんなA子が捕まえてきたのがB男だった。彼は本当にイケメンで、背も190センチとでかい。
    A子が自慢するように見せ付けてきたので、どれどれA子に見初められた男はどんなかなー?と軽い気持ちでB男に会ったから、そのイケメンぶりに脱帽。
    A子はしばらくルンルン気分で自慢しまくり。mixiにはネックレスを買ってもらった!バッグを買ってもらった!と写メ付きで日記に投稿されていました。
    そんなA子がだんだんB男に不満を持つように。私にも愚痴りまくってきた。
    A子の話によれば、B男は狭い安いアパートで一人暮らしで職業は保育士。デートは毎回全額負担してくれるが、「たまにはA子も払ってよ」と言われてしまった。
    A子は「なんか思ってたのと違う・・」と思ったようで、保育士の月収を調べたらしい。びっくりするほど安くてA子は落胆。
    更には、「あのせまーいアパートに我慢して行ってやったんだけどさぁ、部屋に色画用紙や糊、ハサミ、月間幼稚園雑誌(製作物の雑誌?)がいっぱいあるの!冷めたわ~」と言っていた。
    月収が少ないのによくネックレスやバッグを貢いだなぁと思いつつも、「嫌なら別れたら?」と言った。数日後にA子とB男は別れた。

    642 :鬼女日記 2013/12/15(日) 06:47:54 I
    旦那にされてきたことがDVだと、知り合いからの指摘でやっと理解できた。
    離婚に向けて別居することになったけど、向こうが出て行ってくれることになった。
    でも「早く出てけばいいと思ってるんだろう」「俺が出て行けば怒鳴り声聞こえなくていいね」と嫌味たらったら。
    挙げ句の果てに「離婚して半年経ったら新しい男と再婚するんだろう」と言ってくる。
    再婚はともかく出て行って方がいいに決まってると言い返すこともできず、そういうこと言わないでと言うのが精一杯。
    相手の存在が怖くて仕方ない。
    いつ何が気に障って怒鳴られるか、暴力振るわれるか怖い。

    686 :鬼女日記 2011/09/24(土) 13:34:48 ID:uAB7ecF2
    この前友人とTDL行ったとき、人生で初めてキチママに遭遇した。

    アトラクションにスタンバイで待ってたんだけど、
    前に並んでいた子連れママ(子供は女の子で幼稚園児くらい)に
    「その首にかけてるネックレスって、どこのお土産さんで買えますか?」
    と声をかけられた。
    その時着けてたのは、某アクセブランドとデ○ズニーがコラボしたもので
    園内では売っていない上、数年前に買ったものだった。
    なのでその旨を伝え、似たものだったらキャストさんに聞けばわかるかもしれません。と言い、
    それで終わり…かと思った。

    ところがどっこいこのママ引き下がらなかった。傍らの子に
    「ティアラちゃん(仮名)、これ売ってないんだってぇ~でも欲しいよねぇ~」
    と語りかけ、半ば無理やり同意させると
    「あの、子供が欲しいって言ってるんでくれませんか?」
    という斬新なアイデアを繰り出してきた。
    今までの流れからまさかこんな恐喝をされるとは全くの予想外だったため、
    とっさの切り返しができずに
    「えっ…く、くれませんか…って、ただであげなきゃいけないんですか…?」
    とどもりまくりで言ってしまった。

    するとそのママン、
    「見た目からするとそんなに高そうじゃないし、子供に良い思い出残してあげたいと思いませんか?」
    ときた。すごい!基地外だ!
    (ちなみにそのアクセは確かに見た目は安そうですが、値段は1万くらいします。)

    すみません続きます。

    980 :鬼女日記 2009/10/22(木) 10:04:57 ID:wzfl47in0
    レズで思い出した修羅場

    私子が高校の時に部室(カーペット敷き)でうたた寝していた。
    目が開いた瞬間至近距離で同じ部活のA子の顔が。
    A子はちょっと顔の綺麗な不思議ちゃんで「あ、寝顔可愛かったのにー」とか言われ終わった。
    でも周囲の子はそわそわしてて何だろうと思いつつ数ヶ月

    A子の家に部活の機材を取りに行った時に、土曜午後だし作りすぎたからと
    昼食を食べさせてくれることに。遠慮したんだけどかなり強引でなし崩し的に食事した。

    数時間後、どうやら寝てしまったらしく目が覚めるとベッドに縛られ手足が動かない…
    そしてそこに満面の笑みを浮かべたA子が「今からいいこと教えてあげる」と近づいてくる。
    これなんてエ□ゲ!!と大慌てしたとこにA子の両親帰宅。間一髪で貞操の危機から免れた。

    そこで終わればレズに襲われたで済んだのだけど(よくないが)
    そんなとき、私子に彼氏が出来る、長い間の片思いが実って有頂天。
    A子襲われたこともすっかり忘れ幸せな日々を過ごしていた。

    そのうち彼氏が、A子話ばかり始める。
    彼氏の友達がA子と仲良し、その延長かと深く考えずいたら、ある日別れを切り出された。

    A子、私欲しさに彼氏を誘惑。
    彼氏も恋愛に免疫がある人でなかったのでまんまと策にはまる。
    仕方ないので別れて凹んでいたら、A子の男友達が慰めてくれた。
    こいつもグルなんだろうなと警戒心バリバリでついて行ったら、
    そこにはA子被害者の会ができていた・・・、
    男は貢いで捨てられた奴、女はレズを拒絶したら彼氏を奪われた系が各3人ほど、勢いで〆に行くことになった。

    A子の家に集団で乗り込んで話しようとしたら、A子2階窓から飛び降りた…。一同ぽかーん。
    その間に救急車で運ばれ逃走。A子の親にふぁびょられ終了、酔いも覚め一同解散
    その後A子両親がことの次第を知り娘のふしだらさ更正のため、カウンセラー付き病院で入院させてました。
    以上です。

    423 :鬼女日記 2007/07/22(日) 19:57:58 ID:VQnsQS7g
    すいません。私は毒ですが、相手が2児ママなのでこちらに書かせていただきます。
    微妙にスレチだったらごめんなさい。

    Aとは厨からの友達でした。


    Aは天然を装った本当のバカで、普段からあまり話しが通じない。
    金銭に関する事もだらしないのかしっかりしてるのか・・・
    ファミレス行ってもおしぼりやティーバッグ、ミルク砂糖は持って帰って当たり前。
    大人数でファミレス行くと、お金を払いたくないのか注文するのは安いもの。
    でも誰かが注文したものはしっかり食べる。
    もちろん支払いは自分が注文した分だけ。(それでもマシな方なのかな?)
    化粧品や服、携帯にはバカバカ使う。(高校の時10万近く使って親に〆られた)

    そのAが二十歳そこそこでデキ婚。A旦那はとんでもないDV夫だった。
    で、離婚問題で色々もめている間も
    小さな事ではあるけどちょくちょく協力してた。
    最近やっと離婚が成立。Aは彼氏がいる○○県へ。(地元から半日かかる場所)
    子供は別々の施設に入れられているそう。

    で、今日私は仕事だったんだけど
    帰って来たらポストに携帯電話会社の振込み用紙が。
    私はDoCoMoなんだけど、何故かauの。
    料金を滞納した際の葉書形式っていうんでしょうか?
    ぺりぺりめくると裏が振り込み用紙になってるような。
    あれが2通。
    あて先を見るとAの住所と名前。
    しかもAの住所をボールペンで消し、うちの住所が。
    どう見てもAの字です。本当にあ(ry

    このページのトップヘ