受験

    220 :鬼女日記 2017/01/06(金) 13:19:12 ID:eYyXP483.net
    今から20年ちょっと前のことです。
    公立高校の特進クラスに通っていた私は、偏差値が65~68をうろうろしていました。
    家から通える距離の国公立大学を志望校と決め、勉強に励んでいたのですが、
    私が高校2年生のとき、妹が高校受験に失敗し、私立高校へ行きました。
    我が家は裕福ではなく、びんぼーだったので、親はどうしても公立へ行かせたかったのですが、
    浪人させるよりはまし・・・ということで、私立高校への進学を許しました。
    このとき、親から私は「妹の学費がかかるから、大学は諦めて就職して欲しい」と言われました。
    最初は断り、奨学金制度を利用することや、自分でバイトしながら学ぶことも考えましたが、
    両親ともにフルタイムの仕事のほかにも深夜バイトを始めたのを見て、諦める決意をしました。
    高校卒業と同時に地元で就職し、毎月決まった額を生活費として親に渡し、少しずつ貯金もしました。
    妹が高校3年生の時、「私、大学に進学する」と言い出しました。
    偏差値が40以下の高校で、何を言い出すんだ?!と思ったら、大学付属の高校だったので希望すれば行けるんだそうです。
    調べたら、その大学は偏差値35しかなく、いわゆるFランク、最底辺の大学でした。
    親は妹にはとても甘く、その進学を許してしまいました。

    長いので続きます

    60:462008/11/10(月) 10:35:24 0
    ウトメ、ウトメ兄弟親族全員某宗教信者。
    旦那も生まれてすぐ、信者名簿に名前を連ねられた。
    もちろん旦那は私と交際中は、一切その話をしなかった。

    交際3年を過ぎた頃、そろそろ結婚話でも・・・・となった。
    私は、無宗教だが結婚式は教会で挙げたかった。
    なぜなら、着物が似合わないから、とミーハー根性。

    ちゃんとした教会でなくても、
    結婚式場のチャペルで挙げよう!と
    旦那に言ったら、旦那、なんだかモニョモニョ。


    435 :鬼女日記 2010/03/30(火) 13:04:31 0
    大学を1年で中退して以来5年以上フラフラしてたコウトがまた大学を受験したいと言い出した。
    でもこれ二度目で、そのときには義両親に予備校代100万かけさせたあげく
    予備校には「知り合いがいなくて行きにくい」とほざいてロクに通わず、受験シーズンには
    「お腹が痛い、ロタウイルスにやられた(でもゲーセンには行く)」で一校も受験せず。
    (願書は出していて、受験費用だけで30万超え)

    そんなだったので、ああそう早くタヒねバーカとしか思わなかった。
    トメがやってきて「応援してあげて頂戴、反対してるお父さんを説得して頂戴」とほざいた。
    もちろん断固拒否したが、3歳長男がトメに向かって

    「○男おじちゃん、お受験するんだー。幼稚園?小学校?どっち?」

    と笑顔で爆弾を落としたw
    もちろん中学校以降の存在を分かってないだけの話なんだけど。
    (そしてご近所で幼稚園・小学校受験が多かったので、中途半端に「受験」を知ってる)

    普通に考えれば幼児ネタの笑い話なのに、ある意味核心ついてるのでトメは落ち込んでいたw
    小学校の頃から問題児だったらしいからね。
    孫ちゃんが悪いわけじゃないけど、○が聞いたら傷つくからしばらく会わせないほうがいいわねだって。
    嫌味のつもりなんだろうけど、ラッキーww

    634 :鬼女日記 2015/09/13(日) 20:23:32 ID:L0a
    息子3人を東大理Ⅲに入れた母親の講演が話題になってたから記事を読んでみたけどズレ過ぎててビックリした
    受験シーズンに恋愛なんて無駄だから一切禁止にしたとか、母親がいないと美味しいご飯は食べられないんだと分からせるように育てたとか
    完全に子を管理したがる毒親だと思った
    理Ⅲに入れたのも母親のエゴで、息子自身の意思はどこまであるのやら…
    大学って入ったらそこで終了じゃなくて、そこで如何に学んで社会で役立てるかじゃないの?
    大学4年間よりもその後の人生のが圧倒的に長いんだよ
    東大出てても人間として空っぽで融通が効かなくて使えないなんてことになったら、普通の大学出た人より悲惨な目で見られるし
    何よりこんな母親がバックに着いてる男に女も寄り付かないよ
    この母親は自ら息子の人生の幅を縮めてることに気づかないまま、「私は息子を理Ⅲに入れた」を唯一の生き甲斐に生きるんだろうな

    401 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:14:10 O
    ウトさんが亡くなったのを期にトメと同居。
    何事もなく平和だったところに、夫の単身赴任にくわえ、義弟さんが有名大卒の嫁と結婚した頃からトメが豹変。
    義弟嫁と一緒になって、「(私が)低学歴だから味付けが下品」だの「低学歴だから掃除も雑」だの
    「こんな低学歴が嫁や義姉なんて恥ずかしい、○○家に相応しくない」などと言い始めるようになった。
    最初は豹変ぶりが信じられないのもあり我慢していたけど、耐えきれず夫に相談。
    夫も最初は信じられない様子だったけど、録音したものを聞かせたら、謝ってくれて実家に帰るなり何なり好きにしていいと言われたので、DQN返し。
    毎度お決まりのごとく「学歴」「学歴」と言い始めたトメに、「やっぱり大卒じゃないと○○家の嫁として認められませんか?」と聞くと
    「当たり前じゃない、最低でも○○大は出ていないと」と言うので、
    「分かりました、私子は○○家の嫁に相応しくなるべく○○大合格を目指して頑張ります」と宣言して、速攻で本屋で赤本買って勉強してる振り。
    トメに何か話しかけられても、「受験勉強の邪魔しないでください」とシャットアウト。
    次の日、義弟嫁が来て「冗談を真に受けるなんて」と言うから、「あんな言葉を冗談で言える人間がいるはずがないじゃないですか。至らない私を叱咤してくれたんですよね」と笑顔で返した。
    根回し済みの実親が電話で「そちらで勉強させるとご迷惑でしょうから、実家でしっかり勉強させますので」とトメに話して、トメがアワアワしているうちに纏めてあった荷物を持って義実家を後にした。
    最後にトメには「何年かかっても○○大卒業してきますので、待っていてください」
    義弟嫁には「戻ってきたら○○(惣菜屋)の商品にそっくりなお味のおかずの作り方を是非とも教えてくださいね」と高らかに言って出てきた。
    数日実家でのんびりした後、今は夫の単身赴任先で一緒に暮らしています。

    922 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/03/25(土) 15:36:45.47 ID:1vt8MRgl.net
    俺の修羅場書いてもいい?
    じゃ書く
    長いので小分け

    今となれば笑えるけど、当時はみんなそれぞれ悩んだ家族の修羅場

    産みの母は、俺を生んでタヒんだ。
    心臓周りの血管に元々持病があったらしい。だから、俺は産みの母を知らない。
    産みの母がタヒんで、俺を育てるのに必タヒだった親父をすぐに助けたのが、二つ下で父の幼なじみだった養母(以後母と)
    ちょうど、母にも子供(姉貴)がいて、丁度いいからと面倒を見てくれた。そっちの父とは離婚したそうだ。理由は知らん。教えてくれない。
    そこで色々あって、俺が3つの時に再婚、四人家族になった。まあ、父方の祖父母曰く、収まるところに収まったんじゃろ、とのこと。(別に産みの母を嫌っている訳では無い。むしろ褒めていた。)
    ところが、小4の時に、親父がタヒんだ。
    心臓だった。めちゃくちゃ朝早いはずの親父が朝起きて来なくて、そのまま冷たくなってた。
    俺も、姉貴も、タヒぬほど泣いた。

    両親の祖父母の手助けで生きていたが、中学2年の時に、母が再婚した。同じように嫁さんを病気で無くした、近くの大きな鉄工所のオーナーだった。親父と、そんなに年変わんないんだ。
    そこにも、弟と妹がいた。というか、姉貴→妹繋がりで知り合って、再婚、となった。

    ここでまず、俺の脳内修羅場発生。
    「血が繋がった人がいなくなった。」

    この修羅場が表に出たのが、俺の大学受験のとき。
    父の意向で高校、大学、院までぶっ続けで行ける技術系の学園にいたんだけど、ある日父に
    「お前、大学どうする?受験?エスカレーター?」
    って言われて
    「受験はしません。エスカレーターもしません。就職して、家を出ます。これ以上、迷惑はかけられません。俺は、あなた方と血が繋がってないんです」
    って返した。返してしまった。
    自分でも、やっちまったな、とは思ったわ。でも、しょうがないじゃん。技術系の大学の学費、私立たけーんだって。年間、基本で150行くんだぞ。追加で色々発生するし。で、弟妹もいるしな。
    無論、タヒんだ父母の保険金や、既に亡くなってる父方祖母の保険金やらで俺ひとりでも賄えない事は無い。盛大にお釣りが来る。でも、多分、親父はそれを使うことを許さない、そういう人だ。分かってたから、そう言った。家を出ますってね。ぶった斬るならここしかない、って。

    このページのトップヘ