295 :鬼女日記 2015/06/18(木) 15:49:28 ID:x2P
轢き逃げつながりってことじゃないけど、自分の修羅場。

私が高校生のとき、一回り年上で×2の姉が、再婚するといって男を連れてきた。
バツの理由も1度目が「マッチング系で運命の愛を見つけた」で、2度目が「王子様に出会っちゃった」。
要するに、男関係でだらしない女なので、私は正直嫌いだった。
3人目の旦那候補もどうせ似たような人種かと思ってたら、これが爽やかで常識的な人。
両親も「あの子を嫁がせたらかえって気の毒ではないか」と心配するくらい。
姉の過去もちゃんと知った上で、「僕と全うな人生を送りましょう」とプロポーズしたのだそう。

で、愛の結晶がデキちゃったからと、初めて両親へ挨拶したその足で役所に行き、入籍してしまった。
すでに証人欄記入済みの届けを持ってたそうだから、計画的だったんだと思う。
残念ながらその子は3ヶ月になる前にお空に行ってしまい、姉は体調を崩して実家に戻ってきた。
(姉夫は夜勤ありの不規則勤務なので、心配だからと実家に帰したらしい)

その翌月、「今年のクリスマス(半年後)に結婚式します★」と言い出した。
式の打合せとかで、姉夫が実家に立ち寄る回数が増えた。
そのうち当たり前の顔で毎日帰ってくるようになり、夕食を食べ、姉の部屋に泊まっていった。
両親は嫌な顔をして2人を追い出そうとしたが、結局姉が「おなかいたーい」と言えば
赤ちゃんのことを思い出すのか、それ以上言えなくなってしまった。

ある日、試験の最終日だったので、昼前に帰宅することになった。
一度帰って着替えてから友達とカラオケ~なんて、ちょっと浮かれてた。

自宅のすぐ前の交差点まで来て、近所のおばさんと会ってしゃべりながら横断歩道を一緒に歩いてたら
そこに信号無視した車が突っ込んできて、2人してはねられた。
車は逃げてしまったけど、昼間だし、商店街の近くだしということで、目撃者多数。
すぐに救急車が来て、2人とも搬送された。
私は打撲で済んだんだけど、おばさんは当たり所が悪かったらしく、一時は意識不明に(今は元気)。