呆然

    579 :鬼女日記 2013/11/18(月) 20:29:25 ID:y8t+u1Th
    自分というよりは父の修羅場。
    幼少時、自分の火悪戯で火事を出した。
    調度両親ともに仕事で出ている時。(母は内職の定期集合作業だったらしい)
    仏壇の蝋燭で暗い所を探検しようとして、外して立て掛けてあった襖に引火。
    仏間は二階で、一階からジョウロで水を運んで消そうとしたが、間に合うはずもなく。
    そこからは覚えていないのだが、隣家のお兄さんが気が付いて救出してくれ、消防に通報。
    家は半焼した。

    記憶は飛んで、ご近所の人が古着や何かを集めて寄付してくれたりする中、私は呆然と周りを見ていた。
    やがて鎮火すると、父は私を玄関まで連れて行き、ただ一言、
    「自分がやった事をよく見て置きなさい。」
    と言われた。
    玄関の正面にあった階段の向こうにポッカリと空が見えたのを鮮明に覚えている。
    それ以上、怒られたり叱られたりした記憶は一切ない。
    ただその一言だった。

    父は朝早く夜遅い職人仕事を辞めた。
    親方の信頼も厚く、将来有望だったが、キッパリとやめて、家族で過ごす時間最優先の仕事に転職した。

    大人になってからこの時の話をしたら、
    「子供がやった事は親の責任だ。お前を叱ったからって何になる。」
    と言われた。

    もう一つ、余り鮮明でない幼少時の記憶にある、本家の仏壇の前で号泣する父の姿。
    住まいを失い、転職するための準備に追われる中、親戚に預かってもらう為に私を連れて行った時に、責められたのだそうだ。
    両親は反対を押し切って駆け落ち同然に一緒になっていたから、余計だっただろう。
    そして、悔しくて悔しくて、お祖父さんお祖母さん(父の父母)の前で泣いたのだそうだ。
    父が泣いている姿は、後にも先にもこれしか見ていない。

    197 :鬼女日記 2017/03/16(木) 15:37:15 0.net
    私は恐怖で車の中で失禁したことある
    不倫旅行した一週間後に旦那から無言の圧力かけられて怖すぎて助手席で漏らした
    怒らないで優しい言葉かけながら後片付けしてる旦那見て、もう完全降伏して、
    それからは力関係180度逆転して旦那が主導権持つ家庭になったよ

    768 :鬼女日記 2015/11/19(木) 23:18:03 ID:nkT
    会社の女上司となんどか食事に行ったり遊びに行っていて、
    ディズニーランドでプロポーズされた
    それまで友達感覚で付き合っていたし彼女がいたんで丁寧に断ると落ち込んではいたがトラブルもなく諦めてくれた
    それからは食事に行く回数は減ったけど普段と変わりなく仕事をしてたから立ち直ったんだなと思ってたら半年ほど立って事件発生
    取引先から発注してたものが届かないというクレームが入った
    現場が対応したり確認しているとそして女上司が一言
    「ヒャッハハハハ!これでお前たちは終わりだー!」
    そう言いながら窓を開けで飛び出していった
    呆然とするしかなかった
    幸い命は助かったようだが完全にイカれてて会社をクビにされてしまう
    よくよく調べてみると、女上司が俺たちすべての仕事を無かったことにしてた
    発注はして無かったことになったりもう滅茶苦茶
    用意するのに数ヶ月かかるシナモノも発注してないことになっていたので1、2年先まで影響が出ることがわかった
    取引先からは激怒の抗議、俺達はひたすら頭を下げに回った
    女上司のプロポーズについては黙っていたので言及されなかったが、中が良かったことは知れ渡ってたので会社の調査で何度も聞かれた
    が上司の名誉のためにもプロポーズされたことは黙っていた
    結局取引先は2社潰れ、10社近くが買収されたり吸収されたりする大惨事になった
    当然うちも解散に
    あれ以来女というものが怖くて仕方ないが、唯一信頼できる付き合っていた彼女と結婚できたことが救いであった

    672 :鬼女日記 2015/03/07(土) 18:40:08 ID:Wwx
    大学時代、貧乏だったからフリマで古い電子レンジを300円で買ってきた
    斜めになるように置かないと動かないちょっと?なシロモノだったけど、
    温かい飯が食べられるようになったので重宝していた
    で、外出中にその電子レンジが発火したらしく、アパートが萌えた
    10階以上の高層階だから遠くからでも燃えてるのがよくわかってしばらく呆然としてた
    幸いにもタヒ者は出なかったけど、
    しばらく友達の家にお世話になることになったのと、
    警察にいろいろ聞かれたり大家にグチグチ言われたのが修羅場だったね
    そのアパートも火事に対する耐性が基準を満たしていなかったのが問題だったようだけど
    おかげで俺は責任を問われなかった
    教科書類は全部車の中に置いて、燃えたのは衣類とかだけなのも不幸中の幸いだった

    15 :鬼女日記 2015/11/12(木) 18:04:55 ID:CjzpfM8p.net
    グロかも注意


    娘と電車に乗って買い物へ
    電車は空いていて座れてラッキーと座っていたんだけど
    向かいの席に60代くらいのおばあちゃんと3歳くらいの孫の二人組が座っていて
    そのおばあちゃんが孫に舌を突き出すようにと、んーんーと自分でやって見せていた
    孫がちょっとイヤそうだったんだけどしつこく、んーんーと言われて仕方なく舌を突き出した瞬間
    おばあちゃんが孫の舌に自分の舌を絡め始めた…
    娘を見たら呆然と見つめていてなんかのトラウマになったら困るから向かいの席が見えないように抱っこしたよ
    おばあちゃんが孫におでこをくっつけて、お母さんには内緒だよ、おばあちゃんと二人だけのヒミツとニヤニヤしていた

    娘を抱えたままどうすることも出来ずどうしよーとしてたんだけど、私の隣に座っていたサラリーマンのおじさんが立ち上がっておばあちゃんに叱ってくれた!

    このページのトップヘ