大福

    256 :鬼女日記 2012/01/08(日) 23:22:08 I
    義実家に行って来た。
    私たち夫婦と1歳10ヶ月の息子(喋れない)
    トメはコタツでダラダラし、私たちは息子の遊び相手をしていた。
    すると、車の音が聞こえたので義弟夫婦が到着がわかった。
    荷物の搬入を手伝うために玄関まで出て行ったら義弟夫婦と対面した。
    簡単に挨拶をすませたら義弟夫婦が息子に大好きなおもちゃを持ってきてくれていた。
    狂喜乱舞になる息子…

    私「息子!ちゃんとお礼してからでしょ!」
    義弟嫁「まだムリだよねぇ~欲望のままな歳でしょ?」
    私「本当にありがとうございます。」(息子を捕まえてお礼させる)

    トメ登場

    トメ「この子はお礼も録に言えないの?!」
    トメ「お礼っていうのは人として最も大切なことなのよ!」
    トメ「こんなんじゃ先が思いやられるわね。はあぁ~あ!(ため息)」

    私「すみません…」

    義弟嫁「あっ!トメさん、あけましておめでとうございます。」
    義弟嫁「これ、頼まれてた○○の大福です。」

    トメ「あらそう。冷蔵庫に入れといて。」

    義弟嫁「トwメwさwん!挨w拶wおw礼w人wとwしwてw大w切wなw部w分w部w分!」
    義弟嫁の爆笑タイム

    今回はトメが正論だったとは言え、何かあったら言い返す準備はしてたのに。

    やっぱり、つっこみが盛んな国出身の義弟嫁は頭の回転が凄まじく早い。

    326 :鬼女日記 2009/04/23(木) 20:16:09 O
    なんだかんだと人をこき使うトメに
    「肩もんで」
    と言われ、反射的に鼻で笑って
    「嫌ですよ、そんな脂身掴みたくありません」
    と答え立ち上がったら、丁度トメの顔の高さで屁が出た。
    「ちょっ・・・くさっ・・なっ・・・」
    と言葉にならない様子だったので
    「屁の突っ張りはいらんですよ」
    と吐き捨てて寝室に逃げてきた。
    さっき扉を開けたら
    「なんか、ごめんなさい」
    のメモと共にお茶と大福が置いてあった。

    このページのトップヘ