女の子

    787:名無しの心子知らず@\(^o^)/2017/08/18(金) 06:39:06.01ID:2rLeVOxt
    女の子にやっぱりお花の名前付けたくて一番好きな芙蓉(フヨウ)か桔梗(キキョウ)が良いなと思ってたのだけれど
    義母に猛反対されてしまいました
    芙蓉を知らないというのもあったけど単純に響きが不用品になるから駄目だというのと
    桔梗は名前につける漢字じゃ無いから駄目だとの事です
    やっぱりやめた方が良いですか?

    754 :鬼女日記 2017/07/04(火) 23:12:31 ID:Y4N
    数年前の強風の日、駅から直通でいける店舗が複数並んだ地下通路でのこと
    出入り口が重いガラス戸になっており、強風で勢いがついて戸がしまり、少し危険な状態だった
    大学生くらいの集団がそのガラス戸を通ろうとして一人の男が扉を開けて待機
    集団が通り過ぎたあとも、通ろうとして並んでた通行人が次々通り過ぎた
    その列の途中に車椅子のおばあさんと車椅子を椅子を押す女の子がいたんだけど
    その車椅子が通ろうとした瞬間、扉に差し掛かったところで男は手を離した
    女の子は「ありが・・・危ない!ぎゃああ!」とお礼を遮って叫んだ
    見てた近くにいた人が慌てて手を伸ばしたけど、風圧で押されたガラスは勢いがついたまま車椅子に向かってぶつかった
    かなりの音がして近くの複数の店員さんが飛んでいったほど
    車椅子がガラス戸に押されてバックし、後ろで車椅子を支えようとしてた女の子は尻もちをついて車椅子に轢かれる形になった
    ガラス戸がぶつかった自分のことよりも女の子のことを心配して叫ぶおばあさんの声が悲痛だった
    車椅子の後ろで待ってた私もすぐに助けにかけつけて、立ち上がれなくなってた女の子を他の女性と抱えて移動させた

    何人かが手を離した男とその集団を捕まえてたが、手を離した男が「障害者だからって人の善意を当てにするのが悪い、自業自得」と言い張り
    なんと集団のメンバーも「障害者がこんなラッシュの時間帯に買い物に来るのが悪い」「他人に迷惑をかける人間は外出するな」「介護者は自分を偉いと思っているゴミ」と主張していた
    他のメンバーは気まずそうにしてたが、誰も止めなかった
    一応その駅と通路はバリアフリーの工事をすすめてたし、入っている店舗の中に介護用品を扱う店もあった

    女の子はお尻と腰が痛いと訴え、下半身に力が入らないといい、時間がたつほど痛みが酷くなるようで、救急車で運ばれていった
    おばあさんは声をこ○して泣いてたが、警察に連れて行かれた
    扉を離した男は警察がきても女の子とおばあさんを罵倒していた

    最近ネットでこの男と同じ発言をする人を見かけて、おばあさんの悲痛な声と女の子の脂汗の滲む苦痛の表情が鮮明に思い出された
    介護の問題が噴出するにつれ、介護をしたこともないような人間が身を粉にして介護をしてる人間に悪意を向けてるのを見ると
    日本も隣国と変わらない精神になってしまったんだな

    479 :鬼女日記 2015/10/29(木) 19:28:37 ID:vyQ
    電車で、隣の席に座った親子連れ(子どもは年中の女の子)と少し話をした。
    私が女の子に「おばちゃんの家には、大きいおねえちゃん(大学生の娘)がいるよ」というと、女の子が
    「ねぇ、おねえちゃん、自転車乗れる?」と聞いたw
    自転車に乗れるかどうかが、この子の「大きいおねえちゃん」の定義なんだろうね。かわいいなあ。


    …という出来事を、夕飯時に家族に話した。
    「自転車乗れる?」のくだりで、旦那がご飯吹いたwww

    484 :鬼女日記 2014/11/12(水) 07:00:00 ID:0YhllfQT0.net
    学生時代。アジアの某国を旅行中の話。

    ビザの必要無い範囲でのんびり気ままに旅をして、最後に滞在した宿での出来事。

    その宿には小学校低学年?くらいの小さな女の子が居たんだけど、いきなり初対面の俺の手を掴んで何所かへ連れて行こうとする。

    着いた先は駄菓子屋のような商店。
    女の子はアイスを手に取り、支払いは俺。。。店主の苦笑いを見るに常習犯のようだった。

    「なんて糞ガキだ!」
    と思ったが、女の子の方は俺を気に入ったらしく部屋に遊びに来るようになった。

    天気が悪かったせいで、2泊3日の内、無理に散策に出た数時間以外の大半を子守をして過ごすはめになった。

    第一印象は最悪だったが、あれ以来悪さはしないし、一緒に居るうちに情も湧いてきてそれなりに楽しい時間だった。

    チェックアウトの日、女の子が手紙をくれた。
    幼い子供が書いた異国の文字。
    何て書いてあるのかサッパリわからない。
    だけどとにかく嬉しくて、彼女の目線までしゃがみ感謝の意を示すと、抱きつかれキスをされた。

    帰国後、手紙の内容が気になった俺は知り合いのつてで、留学生に翻訳して貰い、その内容に絶句した。

    「とても楽しかった。好きになったから杀殳せなかった。一緒にタヒにたかった。さようなら。」

    子供が書いた拙い文字と文章だから、真意は不明だし自分の翻訳も自信が無い…と、
    留学生はフォローしてくれたが、彼の表情を見るに恐らく内容に間違いは無かったと思う。

    僅かな時間だったけど一緒に過ごした感じでは、少しおませな至って普通の女の子に見えたが、
    まさか自杀殳を考えるほど不遇な生活をしていたのだろうか?それとも不治の病??

    それから暫くは、様々な妄想や不安、恐怖が入り混じったモヤモヤした日々が続いた。
    最悪、彼女の実態と生存確認をしに行こうとも考えたが怖くて出来なかった。

    あれから数年、未だにふとした時に彼女のことを思い出します。
    元気に成長してくれていたら良いのだけど。

    812 :名無しさん@おーぷん
    駅前からショッピングモールまで無料の送迎バスが出てる。日曜日は混む
    買い物した後バス乗り場行く最中に小さな女の子がイヤイヤ期なのか「ベビーカーいやあああああああああ」「座りたいいいいいいいいいいいいいいい」と絶叫。
    このまま進めばすれ違っただけだから、バスでは会わないだろうと思ってた。甘かった。

    発車しようとするバスに来た。当然「いやああああああ!!ここじゃなーい!!座りたい!座りたい!」
    見兼ねたご老人が「ここに座って下さいな?」って席譲るものの母親が「ただのワガママなんで」と断る。
    その後「いやあああああああああああああああ!」「座りたいいいいいいいいい!!」「痛いいいいいいいいやああああああ!!」叫んでるのに
    1度も「静かにしようね」とか言わない母親にスレタイ。ショッピングモールにいた時から絶叫してるんだし、母親としてなだめるか
    無料バスじゃなくてタクシー呼ぶとか出来ないのかな。

    638 :名無しさん@おーぷん
    お腹の子の名前。
    仲のいい友人に勝手に古臭い名前で呼ばれる…
    やめてよって言うと、いいじゃーんいい名前でしょだって
    じゃあ自分の子に付けなよって言うと、私はいいだって。
    性別わかる前は勝手に変な男児名
    女の子とわかってからは古臭い名前
    イライラする。バカにしてんのか…

    このページのトップヘ