835 :鬼女日記 2016/12/20(火) 17:04:09 ID:8S6
    今日、姉がヨメトメ戦争を勝ち抜き旦那を捨てて 出戻ってきたので吐き捨てていく。

    俺には七つ上の姉がいる。
    昔から負けん気が強くて男勝り、昆虫観察が趣味の少し変わり者の姉だった。
    この姉がいなかったら、俺はきっとタヒんでたと思う。というのも、ひどいイジメにあっていたからだ。
    その時姉は既に社会人で実家におらず、俺もイジメられていた事はいえなかったんだが、やっぱバレるもんなんだな。
    ある時、本当にたまたま実家に遊びに来た姉と、下校中に鉢合わせた。
    その日も殴られてたから、俺は傷だらけだった。姉は俺の顔を見てサッと表情を無くしたよ。
    いつも笑ってる姉だったから、この時のことはよく覚えてる。このあとの事も。
    転んだって言い訳する俺に「誰にやられた」って真顔でさ。結局、その迫力に負けて首謀者と取り巻きの名前を教えた。
    そしたら姉は、そいつら(中学の時の同級生だから徒歩圏内)の家に殴り込んだ。文字通り、竹刀担いで。
    竹刀こそ肩に担いだまま使わなかったものの、演劇部で鍛えた姉の声量は物凄かった。
    夕暮れのご近所に姉の怒声と抗議の声と泣きながらの絶叫が響き渡った。
    それを4軒、きっちり。最後の方はのど飴舐めて「あーえーいーうーえーおーあーおー」って発声練習?しながら、徒歩で回った。
    結果として、イジメは収束した。
    それどころか近所中でヒソヒソされまくり村八分に近くなったいじめっ子の家はみんな、二年と待たず引っ越していった。
    俺に対する謝罪はもちろん無いままだ。
    良くも悪くも田舎で、まだまだ昔の価値観に染まってた土地だから、相当陰湿に言われてたと思う。
    姉の無双っぷりに胸が透く思いだったから、そんなもんいらなかったけど。
    こんな事あったよね、と姉に言ったら
    「あんたも結婚して子供できたんだからしっかりしなよ、親と実家は姉ちゃんが面倒みるから嫁と子ちゃんと守れよヘタレ」
    と返された。俺きっと姉にはタヒぬまで勝てないと思うけど、ヘタレなりに頑張ろうと思う。

    796 :鬼女日記 2007/07/30(月) 21:56:56
    俺の嫁は酒が全く飲めないんだが、酒の席で度々俺の姉に絡まれている。
    「たしなみ程度は飲めないと社会人として恥ずかしい」とかそんなもん。
    先週末もそんな調子で絡んでて「飲めないって絶対人生損してる」と
    うるさかったので、「姉貴は旦那も子供もいなくて人生損してるな」と
    助け船を出した。
    姉貴は怒ったが、自業自得と親父も兄貴も味方にならなかった。
    昨日の夜にお袋か旅行から帰ってきて、姉貴は早速何か言い付けたようで
    土産を届けにきたお袋が嫁を叱り付けたそうだ。
    腑に落ちないのは、言ったのは俺なのに嫁が悪者にされた事。
    腹に据えかねるんで一言言ってやろうとしたんだが、「また私が
    言わせたと思われてこじれるだけだからやめて」と嫁に止められた。
    俺はこういう状況は気持ち悪くてかなわんのだが、嫁がこう言う以上
    ほっておくしかないんだろうか。
    俺の気が納まらないんだが・・・

    240 :鬼女日記 2015/05/08(金) 14:35:21 ID:i8RpI4Nx.net

    私の姉は大学1年の18歳で男のところへ転がり込んで3ヵ月後妊娠して帰ってきた。
    当然大学は中退。
    相手とは別れたようでその後は実家(私と姉の母の家)でゴロゴロニート生活。
    出産費用も全部両親に出してもらって、服やらオモチャやらもおんぶに抱っこ。
    正直そんな姉を軽蔑していたし見下していた。

    あれから7年、姉は独学で運転免許と秘書検定1級とTOEIC800点を取ってそこそこの企業に勤めて
    年収400万の立派なシングルマザーをやっている。
    実家には毎月お金を入れていて父の日母の日誕生日には相場より高いプレゼントも渡している。
    お金にもなる趣味も始めていて、躾もよくできていて子供はいい子で、日々が充実しているよう。
    なんであんなバカ姉が、と妬んで心の中では貶していた。

    そしてつい先日、実はその転がり込んだ先の男性には騙されて呼び出され、
    襲われて写真を撮られて脅され(実家も学校もバレていた)、
    同棲を強要されて毎日殴られ蹴られ肉便器のように扱われていたという話を泣きじゃくる姉の口から聞いた。

    心配をかけたくないからと家族には一切話さず、ただ飛び出していって
    痴話喧嘩で別れたバカな子を演じ続けていたと。

    当時の日記や殴られた顔の写真などが出てきたので嘘ではなさそう。
    確かにその一件を除けば、姉はちょっと素直で純粋で騙されやすい人ではあるものの、
    顔も頭も性格も良くハイスペックな人だった。

    まだ自分の中で消化できていないので取り止めの無い文章で申し訳ないけど、
    能天気だと思ってた姉の人生が意外と波乱万丈で衝撃を受けた。

    姉も修羅場だったんだろうけど私の心の中が今修羅場。

    282 :名無しさん@おーぷん
    当時高校生だった姉が妊娠。お腹が膨らむまで黙ってたせいで引っ越す羽目に(小さい町で噂が広がりやすかったし田舎だったから娯楽も少なくてすぐ姉のことは広まった)
    別に仲いい友達もいなかったし引越し自体はどうでもよかった
    当人も別に産みたそうじゃなかったし親も倫理観とか特になかったのであっさり中絶
    それから今のところは高知には帰ってない

    胎児の父親は当時のクラスメイトだったらしいけど、なんかどうも別に付き合ってるわけじゃなかったらしい
    押し切られて半ば強●みたいな形でヤられたんだと
    なんで抵抗しなかったかって聞かれて「怒鳴られて頭の中が真っ白になった」「人の言うことに逆らえない」だって
    確かに姉は小さい時から母さん(父の女癖が悪かったせいで極度の女嫌い)に怒鳴られて(時には殴られて)あらゆる行動を制限・干渉されてた
    けど中高の友人とか先生とか習い事の先生とか、成長するに従って親のいない世界を体験してきたんだから、そこで主体性とか養えばよかったのにって思う
    姉を見てると歯がゆい思いをすることが多い

    307 :名無しさん@おーぷん
    俺は3人兄弟の末っ子で上二人は女。
    二人の姉は結婚して子供はいるが両方とも男の子3人いる
    うちの子供は女と男の二人。

    先日6歳の娘がホットケーキを作ってくれた
    ボウルで卵や牛乳を混ぜる所まで嫁と娘でやって
    火を扱う所は嫁だけ、娘は焼きあがる時間を指示する係り
    その様子をDVDで撮影したものを姉達に見せたんだ
    最初それをみていた姉達は
    「かわいいー」
    「昔私もホットケーキつくったなぁ」
    とか言ってみてたんだ
    でもしばらくするとなぜかすごく真剣な顔で見だした
    なんか気になるような事でもあるのか?と思っていたら
    しばらくしたら義兄達からメールが来た

    「嫁が『もう一人、今度は絶対娘を作るんだ』って
    言ってきた。産み分けの情報を仕入れたり食事制限まで
    されて超コワイ。ボスケテ」

    だって
    あのDVDを見せなければ義兄達はコワイ思いをせずに
    済んだのかと思うと少しいたたまれない気持ちになる

    194 :名無しさん@おーぷん
    せちがらい大人の理不尽冷め。
    私は40代、つき合ってた彼は同業者で、歳も同じ。
    長いこと仕事仲間で、のんびりつき合っていた。
    共に結婚願望もなく子供が欲しいとも思わなかったのだけど
    40歳を過ぎてなんとなく老後はどうしようかねえという話になり、
    一緒に住んでもいいけど、その前に親の介護は…となった。

    私は一人っ子で、父がだいぶ前に他界し、母と二人暮らし。
    母の面倒を見るのは私しかいないというのは彼も知っていた。
    彼の実家のことはあまり知らなかったので、この際だからと訊いてみた。
    遠方の実家にはご両親がいて、お姉さん夫婦がその近所にお住まい。
    彼「姉さんが親の面倒を見てるから、俺はまあ安心てわけ」
    私「あなたはご実家には帰らないの?」
    彼「うん、もうこっちに仕事の基盤もあるし、田舎に帰っても何もないし」
    私「じゃ、お姉さんがずっとご両親の面倒を見るのね。
     あなたはそれができない分、仕送りとかしてる?」
    彼「え?いや、考えたことなかった」
    私「じゃ、ご実家の財産は、お姉さんが継がれるのね」
    彼「え?いや、考えたことなかった」
    私「介護はお金がかかるよ…。全部お姉さんにとは言わないまでも、
     ご両親の面倒を見た分、お姉さんが多く継ぐものじゃない?」
    彼「え?いや、考えたことなかった」

    548 :名無しさん@おーぷん
    大した修羅場じゃないけどずっと誰にも話せなかったこと

    小学校低学年くらいの時期に
    姉と両親で川の字に寝ていた時
    父の義兄嫁(私にとっておば)が浮気したと言う話を始めた時
    母の「えっ!!」という大きな声で完全に目が覚めた
    ばくばくなる心臓の音が聞こえるんじゃないかとかが気じゃなく
    しかも父が私の手をずっと握っていたので手汗が半端じゃなかった
    ぬるぬるで気持ち悪いわ生々しい話が頭上で飛び交うわ
    動くに動けず子供だから動きたくてたまらんで
    親の話が終わった辺りでちょっとだけ起きたフリをした
    そしたら姉も動いてたので姉も聞いてたのか?と思い聞きたかったけど
    誰にも話せなかった
    それから親戚の集まりに一切おばが顔を見せなくなったり
    まあいろいろあって10年近く経って最近ようやく解決して
    母からあそこいろいろと大変だったけど落ち着いたみたいよ〜と言われ
    ようやくあの夜全て聞いていたと告白できたので記念にカキコ
    ちなみに姉は全く聞いていなかった模様、いとこ家庭が崩壊していたことも気づいてなかったらしい

    このページのトップヘ