129 :鬼女日記 2017/01/15(日) 17:09:17 0.net
    流れ読まずに投下。ごめんw


    去年の2月、娘がタヒんだんだ。癌だった。
    それを遡ること一年前に、ちょうど自治会役員が回ってきた。
    娘が余命宣告を受けて3日後のことだった。
    持って三年、早くて一年と言われた。
    何も考えられなくて、とりあえず、それどころじゃないと自治会の役員に言った。
    ちなみに、公団分譲の自治会だ。
    その時はみんな事情をわかってくれて、それなら仕方ないと見送ってくれた。それが二年前。
    それから一年後、再び役員の打診があったんだが、その頃にはすでに、家族総出で緩和ケア病棟に毎日通っている最中だった。
    電話でそのことを告げたら、
    「ああ、一年経ったので、もう大丈夫かと思って」
    とその年の役員の爺さんに言われた。
    なんちゅうか、全身に鳥肌がたった。
    グッとこらえて、まぁ、「治って」の意味かもしれないと、スルーしようと思った。

    それからしばらくして、うちのポストに手紙が入っていた。
    その爺さんからの手紙だ。
    最近、PCの扱い方を覚えたばかりと言った感じで、A4用紙に大振りな文字で書かれた手紙が、クリアファイルに入っていた。
    ざっと要約すると、
    「個人的な事由で、責任を逃れることは誰にもできない。それでもできないというのであれば、誰もが納得する、厳然たる事実を以って、今度の集会で皆さんの前で釈明しろ」


    長いと注意されたので次へ

    1 :鬼女日記 2014/08/03(日) 12:38:06 ID:65cn+ZxP0.net
    相手公務員だから仕事辞めないし世帯収入もそこそこで割とかわいい奥さん
    娘は天使


    離婚した
    娘も取られた

    220 :鬼女日記 2019/08/31(土) 06:31:20 ID:rv6F9S7t.net
    先週末に、年中の娘が手足口病になった。
    かかりつけでは
    ・手足口病は隔離しても意味のない病気
    (表面に出ないだけの保菌者が山ほどいるらしい)
    ・見た目の悪い風邪みたいなものだから、熱がなきゃ普通に風邪と同じ対応でいい
    と言われてる。

    娘はポツポツが出てる以外は元気だし、近所の動物公園に遊びに行ったら同じ幼稚園の親子にあった。
    娘の手の発疹を聞かれたので手足口病と答えて、その場は普通にやり取りして終わったけど、その夜に幼稚園の雑談LINEで「手足口病なのに出歩くのは非常識、保菌者は引きこもれ(意訳)」という話題を出してきた。
    どう考えてもうちのことだなーと思ったので、嫌な思いさせてごめんねってことと、登園OKなこと、かかりつけ病院で言われた説明をしたんだけど、2日経っても返信がない…
    幼稚園の人はほとんど同じ病院だし、他の人は「知らなかったんだね、でも大丈夫なんだよ」みたいな返信してくれてるんだけど。
    ネットで調べたら、登園拒否する保育園もあるらしいし、対応マチマチなんだよね。
    月曜から幼稚園なんだけど、すごい気まずい。

    269 :鬼女日記 2016/06/16(木) 23:26:22 ID:dVkkfZ2V.net
    女の子で五十鈴(いすず)はどうでしょう。 
    地元が関西で子供の頃から馴染みがあって清らかで大好きな、お伊勢さんの五十鈴川から取りました。
    ただ五十で「い」と読ませる理由を説明するのも大変ですし迷います。
    他に考えているのは葵祭からとった、葵(あおい)です。
    遠いところに単身嫁いできたので地元に縁のある名前がいいと思っています。
    ただ、今の家は目の前なので海からとって、汐里もいいかなと。

    785 :鬼女日記 2017/01/30(月) 00:17:29 ID:QEQ
    息子と娘の両方を持つ人なら分かってくれると思うんだけど、娘より息子の方が可愛いんだよね
    よく懐いてくれるし、言葉や情緒の発達も娘より遅いからいつまでも可愛い子供でいてくれる
    昔に比べて今の女の子は自由や平穏を認められてるから、なんで同じ女なのに時代が違うだけで、って気持ちになって、憎くなっちゃうってのもあるかもね
    なんでこの子は叩かれないんだろう。
    なんでこの子は締め出されないんだろう。
    なんでこの子は欲しいものを買ってもらえるんだろう。
    なんでこの子は親戚にセク八ラされないんだろう。
    娘の学費の算段を立ててる夫を見た時は頬の内側を噛み締めすぎて血が出てしまったよ。
    なんで私は奨学金で行ったのに、なんで生まれる時代が違うだけで、って。
    私は特に自分のことが嫌いだから、娘を見てると自分を見てる気分になって、自分への苛立ちを娘にぶつけてしまうんだよね
    一種の自傷かな
    だからちょっと息子に甘く、娘に厳しくなってたかもしれない
    確かに私にも非はあるよ。
    だけど子育てに完璧なんて有り得ないんだから、咎められる謂れはないと思う
    あの頃は霧の中を走ってるような気持ちだった。いつも胸の中で怒りと憎しみが渦巻いてた。
    だって子供って胃が小さいから数時間おきに授㲗しないといけないんだよ。
    娘を何時間かに一度抱き締めないといけない。
    吐き気がするよね
    この数年で眉間に薄くシワの跡が残ってしまった。
    私は必タヒだった。
    今も苦しいけどね。
    小学校高学年~中学生にもなると、小さい頃とはまた違った悩みが浮上してくる。
    娘は自由を求める。私はそれを阻む。
    他のお母さんへの助言をしておくとすると
    「お母さんも○○できないくせに」には「私は○○ができなくて苦労したから苦労させたくないの」
    「弟は○○が許されるのに」には「違う子供なんだから育て方が違って当然」
    って返せば黙ってくれるよ
    自分があまりよい親でないことは承知してる
    だけど私だって苦しいんだ
    今は私が生杀殳与奪を握ってるんだから、子供の間は幸せになろうなんて考えないでほしい

    それで、どうも娘が私のこと学校で愚痴ったみたいなのよ
    担任から呼び出しを食らった時は何事かと思ったけど、開口一番「娘さんとは、普段どんなお話をされてるんですか?」と来たもんだから、なんだか察した
    この担任、マスカラはだまになってるし、口回りが少し荒れてるからファンデーションがよれやすそうなんだよね
    何年か前の誕生日に夫から貰ったポンテヴェキオのネック乚ス着けていってよかった
    だって担任、もう30なのに子供どころか結婚もしてないから
    いい牽制にはなったと思う。この時点で復讐はできてたと思うけど、少し悪戯心が芽生えて「失礼ですが、先生にお子さんはいらっしゃいますか?」って聞いてみた
    いないの知ってるんだけどね
    「おりませんよ」って言われたから「子供もいない半人前の貴方が文句を言ってはいけませんよ」って間髪入れずに言った
    担任は見るからに動揺した
    子供がいないから偉そうなこと言えるんだよね。ああいう人って
    「貴方はまだ子供がいないから精神が幼いんです。だから私を許せないのですよ」って、更に畳み掛けてみた
    担任は目が泳いでいた
    放課後の教室で私と担任しかいないから、こっちも人目が気にならなかったから気が大きくなっていた
    最後の仕上げに「貴方も子供を持てば私の気持ちがわかりますよ」って言ったら黙った
    まだなにか喋りたそうだったけど、相手にするのも馬鹿らしかったから帰った
    呼び出しの件で娘を叱らなかったのは私としての精一杯の情

    649 :鬼女日記 2013/10/27(日) 22:17:30
    俺の親父が熱だして今日当番医に行ってきたけど
    待ってる間に嫁と付き合うきっかけが嫁を看病した事だと思い出した

    592 :鬼女日記 2012/01/31(火) 22:46:47 ID:E+mgM7TF
    娘が携帯電話を欲しがるもので、
    3件にだけ電話をかけられる子供用携帯を誕生日に買ってあげた。
    防犯ブザー代わりにもなる奴だし、便利かな、と思っていた。

    携帯をプレゼントして1ヶ月くらいたったある日、
    娘が深刻そうな顔をして学校から帰って来た。

    話を聞くと、「A伽ちゃんが帰り道、私が携帯で写真撮ったって…」
    と、あまり良く分らない説明をされて私は
    「A伽ちゃんが帰り道に娘に『私(A伽ちゃん)の写真撮って』とでも頼まれ、
    娘の携帯に、撮影機能が付いていないため困っているのか」
    と勝手に解釈してしまい、その場を曖昧に済ませてしまった。

    833 :鬼女日記 2016/02/21(日) 05:50:17 ID:cbvV2LL6.net
    修羅場といっても、事件や事故に巻き込まれたわけでもなく
    単なる精神的な修羅場です

    20年ほど前、中古の一軒家を購入
    住み始めて数日後、小学校低学年くらいの子が家に来て
    「ここ、僕ん家なんだけど」と言い出した
    最初は???でしたが、すぐに前の住人だろうなと思い
    今は、私たちが住んでいるから僕の家は違う所になったんだよみたいなことを言って帰した

    隣の奥さんに聞いてみたら、たぶんその通りで
    旦那さんがパチ〇コ中毒で借金して離婚してローンが返せなくなっての物件だった
    家の程度もよく住所も色々便利で値段もお買い得だったから購入したのだけど
    気分的に離婚理由もローンが返せなくなったのも自分たちのせいの気がして嫌な気分になった
    中古住宅物件というものは、こういった嫌な気持ちも付いてくるから安いんだなと思った

    これが私の中の第一の心の中の修羅場
    続きます

    564 :鬼女日記 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
    入院中の出来事
    隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
    この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
    最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

    毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
    薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
    「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
    男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
    「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
    「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
    「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
    「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
    「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
    「お前のせいだ、お前が悪い」
    これを来る日も来る日も繰り返してた
    男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
    なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
    長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
    「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
    「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
    「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
    「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
    「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
    「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
    という言葉を来るたびに繰り返してた
    娘さんたち、まだ若くて学生かな
    それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
    奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
    娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
    そのせいで俺が夜うなされたほど

    話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
    そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
    それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
    「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
    次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
    その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
    「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
    と返されていて同情心が吹き飛んだ
    これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
    こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う
    俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた

    253 :鬼女日記 2020/01/04(土) 11:20:11 .net
    幼い娘をブスだの女の子らしくない、生まなきゃ良かった等と言い、旦那の愚痴や悪口を聞かせ、身なりも整えさせないしきれいにすることすら教えない
    汚ならしくさせておいて、娘が自分の意思でしているかのようにみんなの前で笑い者にする
    思春期には汚ならしいだの言い、旦那の浮気の愚痴を聞かせ、時にはカウンセラーとして使う
    ネグレクトで親としての義務も果たさないどころか、中学生に大人なみの責任を押し付ける
    娘の悩みも「全部被害妄想」「お前が悪い」で片付ける

    こんなことしておいてまともな女に育つわけないじゃん
    がっつりメンヘラにならなかっただけ奇跡だと思う
    私に自覚がないだけで、端から見たら病んでるのかも知れないけれど

    毒母はサレだったから、娘をいたぶることで周りに心の痛みに気付いて欲しかったのかも知れないけれど、それでもあんなクズ男に未練タラタラで離婚を迷っていたのが不思議
    娘の心より、クズ男の方が大切だったのねー
    離婚したら今度は私に責任転嫁
    毒母は今じゃ私にしてきたことも忘れて優しいおばあちゃんを気取る
    クズ男については「母さん、あの人のことはちっとも恨んでいないのよ」としれっと言うのが許せない
    白々しい
    記憶の改竄しやがって
    私をストレスの捌け口にしてあんなに愚痴を言っていたのに恨んでいなかったのは大嘘だろうよ

    このページのトップヘ