婚約者

    793 :鬼女日記 2010/05/29(土) 09:01:25 0
    婚約までした元彼の話。

    相手の祖父母が結婚式などの費用を何故か全部出してくるとの事。
    そんなの申し訳ないという事で、こちらか男性側の家に高価な高級時計を用意してた。

    ところが元彼から突然の婚約破棄。
    突然「勝手な事が決まってる。もう結婚式止めるわ(怒)マジで(怒鳴)」
    理由は結婚式や結婚式に呼ぶ友人らのメンツが自分の好きなように出来ないから。
    元彼の祖父母が結婚式の費用を出す代わりに
    祖父母にある程度お伺いを立てて披露宴+挙式の準備をしてたのがムカついたらしい。
    それに当時元彼が結婚直前になって「俺まだ若いし」とか「合コン行った」とか言ってたので
    他に好きな人も出来たんだと思う。

    私は私で相手方の祖父母にお金を出してもらうのは申し訳ないし。
    自分で好きなように結婚式したかったのを
    「金出してくれるからよろしく」って元彼が言ったので我慢してた。
    ここで元彼の自分勝手さに切れ、その場で両親に電話。破談となった。
    結局、元彼に買った高級時計は弟の就職祝いだなwwって事でお蔵入り。
    婚約破棄は元彼からしてきたので、私の両親から相手方の祖父母に
    事のアリサマをありのままを伝えてもらった。

    【結果】
    祖父母は張り切って色々な方々(大物)に出席を打診していたらしくに
    破談となったことで、元彼は祖父母に恥さらし物としてののしられ
    祖父母から援助を受けていた元彼両親も大目玉を食ったらしい。

    それから2年。こんなろみメールが来た。

    267 :鬼女日記 2015/11/21(土) 08:03:18 ID:0cyhFC71.net
    妹から「結婚前に親戚集めて顔合わせするから来て」と言われ、実家から遠方に住んでたこともあり一週間ほど有給を貰い実家に帰省。
    妹は実家から近いとこのアパートで一人暮らしをしていたから、妹の買い物の手伝いとかしてたんだ。車で。

    これがいけなかったらしい。
    しばしば妹と買い物に行く姿をその婚約者に見られていて、妹とは歳が離れていることもあって、浮気か援助交際かなんかだと思われたみたいで。

    顔合わせ前日、妹のアパートに荷物を入れて少しした時にインターホンが鳴ったので、ドアを開けたらナイフを持った婚約者。
    ナイフを持った相手と対峙する訓練をしていたおかげか、多少身体は動いたけど、それでも相手は婚約者だから組み伏せたらまずいとか考えてるうちに脇腹をサクッと。

    そこまで大した傷ではなかったからか、妹はそのまま結婚。

    お兄ちゃんは旦那さんが何かあった時にまた、ナイフを持ち出さないかすごく心配で、旦那さんに会うたびに心の中が修羅場です。

    316 :鬼女日記 2012/07/27(金) 23:35:38 ID:3DHJqkJX0
    結婚直前だったのにもかかわらず彼が浮気。別れをきりだされる。
    婚約破棄する前に彼が事故タヒ。
    私は悲劇のヒロイン扱いされ、相手の女性が騒ぎ出す。
    でも私は泣くだけで彼と彼女の関係は一切認めなかった。

    260 :鬼女日記 2015/06/16(火) 13:19:08 ID:GhO
    母があの秋葉原通り魔事件に巻き込まれたかもしれないという可能忄生が浮上して大騒ぎになったことがあった。
    母は事件当日に秋葉原へ一人で買い物に行ったきり連絡がつかなくて父も私も大慌て。
    その日私は婚約者と婚約者の誕プレを買いに行く予定だった。申し訳ないけど延期してもらえないかと頼んだら滅茶苦茶怒られた。
    約束を破るのかと今まで見たこと無いくらいに怒鳴りちらしてて、母の生タヒがわからないからと説明しても、通り魔に襲われたのは運命だった(すでにころされたと決めつけていた)。他人の生きタヒにごときで俺との約束を無しにするなんてとんだ糞女だわと電話で言われた。
    頭の片隅にちらっと婚約破棄が過ぎったがすぐに思考回路は母の事で埋め尽くされた。
    私は父と秋葉原へ向かった。その途中で交番から父へ電話が入り、母の無事が確認されました。
    母は通り魔事件とは関係無しに、カバン(携帯と財布)をひったくられ、追いかけるが転倒。
    誰かが一緒に追いかけてくれたが捕まらず交番に駆け込んだ。
    母は父や私の番号が思い出せず(うちには家電が無い)、母の実家にかけるが誰も出ず・・・
    交番に電車賃を借りようとしたところでようやく父の番号を思い出した。

    563 :鬼女日記 2015/12/05(土) 20:25:47 ID:QqS
    婚約者が息をするように嘘をつく人で、破談にする予定。
    え、なんでそんなことで嘘つくの?ってところで嘘をつく。
    たとえば婚約者から「×って友達前に紹介しただろ?あいつ奥さんと別れたんだ」って聞かされていたから
    こっちも×さんと会うときはそれなりの態度で会った。
    でもその後×さんは離婚なんかしてないと判明。婚約者は「その場のノリ。盛りあがると思った」と言うだけ。

    元々婚約者は兄の友人で、兄の結婚式で知りあい、「あいついい奴だよ」と太鼓判を押されて付きあった、というか
    兄が仲人の見合いみたいな形だった。
    でもいざ婚約して身内同然になってみたら、兄の方が「すまなかった、あんな奴だと思わなかった」と
    頭を下げてくるくらいに嘘が無限にボロボロ発覚する騒ぎになった。
    でも浮気とか借金に関する嘘でないから、婚約破棄の材料には弱いと弁護士は言う。
    正直こっちは慰謝料払ってでも破談にしたいんだけど、向こうは頑として破談を拒んでる。
    私は彼が言う台詞の何が本当か、何が嘘かわからない毎日に疲弊してしまって結婚なんて100%ありえない。
    兄と婚約者共通の友人にも、婚約者が嘘を吹き込んで(いろいろあって誤解で私達兄妹が怒ってる、というシナリオ)
    その友人が「俺に免じて婚約者とやり直してやってくれ」みたいなドヤ顔で訪問してきたり、もうぐったり。

    婚約者の妹さんによると、子供の頃から病的な嘘つきだったらしい。
    妹さんはずっと被害にあってきて、親はいつも兄である婚約者の味方。妹さんが就職して他県に逃げて
    両親が嘘のターゲットになるようになって異常性に気づいた矢先、婚約者が私と婚約した。
    要するに両親に愛想つかされかけた彼が、兄と私を新たな寄生先にしようとしていた。
    お金のことでも嘘をつくんだけど、借金を隠してるとかではないし、
    他人からお金を巻き上げるようなことはしない。
    ただ面白半分に、別にいらないお金を、いらない嘘をついて他人から融通してもらったりする。
    喪女で、兄の紹介ならいいかなって安易に紹介にのってしまった自分もよくなかったけど
    こんなことになると思わなかった。
    全部かたがついたら、喪女は喪女らしく独り身で生きます。

    599 :鬼女日記 2017/10/18(水) 15:09:37 ID:vtsHSccm.net
    婚約者がいます(以下彼女)が、彼女は入籍の数日前に婚約者を亡くしました
    まだ引き摺ってもいるかもしれませんが、俺と付き合ってくれて結婚へと踏み切ってくれました
    来週彼女の実家へご挨拶に伺います
    彼女は地元へ帰る度に婚約者のお墓参りに行っているそうで、前回の帰郷時に初めて話をされ、その時は俺の事は気にしないで行っておいでと送り出しました
    ニュアンスとしては俺がいるのにお墓参りとか気分が悪いよねという感じでした
    本音は嫌だったということもなく、婚約までしていた相手なのだからそれくらいは当たり前の感情だと思っています
    今回の帰郷でも婚約者のお墓参りに行くなら一緒に行ってもいいか尋ねたら微妙な顔をされ、もう婚約者のお墓参りには行かないと思うと言っていました
    婚約者のお墓は彼女の家のお墓と同じ霊園にあるそうなのでその時に行けばいいと思っていますし、彼女の父親も眠っているのでお墓にもご挨拶をさせていただく予定です
    しかしデリケートな問題なので彼女にもあまり話も出来ません
    婚約者を喪った彼女も引っ括めて彼女なのだと思っているので、そこに関して嫉妬のような感情はありません
    そもそも婚約者のお墓参りに俺が行くということが非常識だったのでしょうか
    それならば彼女だけがお墓参りに行けばいいと伝えたいと思います
    人それぞれ考え方に違いはあると思いますが、みなさんのご意見を聞かせてください
    自分自身がデリカシーがないのではないかとも思っていますが、彼女がこれから俺に遠慮してお墓参りに行かなくなるのはおかしいと思っています

    492 :鬼女日記 2014/01/21(火) 08:14:38 0
    昔婚約しかけた元彼家族との話だが投下
    結婚の話をするために元彼の実家にご挨拶に行ったのだが元彼の母(以下トメ)は
    名門の長女だかでウトは入り婿。なのでトメに意見できる人は誰一人いない様子だった。
    トメは元彼にはどこぞのお嬢様だかと結婚してほしかったのにどうして私のような貧乏人を
    連れてきたのか、私はこの家にはふさわしくない!と終始狂ったように怒っていた。
    その内怒りの矛先は私の家族に向けられた。父は当時次の三月で定年の会社員、母はパート
    従業員、姉は運輸会社の営業職、弟は一年浪人した地元の公立大学の四年生だったのだが
    「貧乏人が年金や退職金なんて大して貰えないんじゃないの?」「どうせ母親のパート代だけじゃ
    暮らせないから我が家にたかってきたんでしょ!」
    「トラックの運転手なんて猿以下中卒の溜まり場じゃない!」「名前も聞いたこともないような
    三流大学留年じゃ就職も無理よね!」など暴言の嵐、その間元彼は何も言葉を発しない
    それだけでなく実家で同居していた父方の祖母に関してもトメ「この人がタヒねば持参金の用意位は
    出来るわね」と言ってきやがった。

    834 :鬼女日記 2015/10/20(火) 01:39:52 ID:EdD
    家庭板とかROMって心構えは出来てたつもりだったけどいざ嫁いびり(まだ嫁じゃないけど)されてみるとショックというか、普通に引いた。

    昨日、婚約報告しに婚約者の実家行ったら(それまでも何度か挨拶には伺ってる)

    婚約者父「年収は?貯金額は?息子に寄生(ほんとにこう言った)するような嫁は困る」「母子家庭の娘は外聞が悪い」「母親は何をしてるんだ。パート?怪しいもんだ」「結婚するなら実家とは縁を切れ」
    婚約者母「本当にその子と結婚するの?早まってない?」「そんなに結婚したいならお見合いしましょうって前から言ってるのに」「共働きなんてしてたら子供出来ないでしょ、仕事は当然辞めるんでしょうね?」「ていうか子供産めるの?大丈夫?」「身辺調査してもらわないと!」

    婚約者「父さんも母さんもうるさいなあ。そんな心配しなくても大丈夫だってー」
    私「う、うわ…うわ…(ドン引き)」

    もう怒るとかじゃなくてただただ引いて何も言えなくて、挨拶もそこそこに帰った。帰り道に婚約者に文句っていうか、引いたってことをそのまま伝えたら
    「えっ、ごめん。気に障った?」とかキョトンとしてるし、それにも引いた。
    「えっ、どうしたの、ごめん」「ないわー(ドン引き)」「えっ」っていうやり取りを繰り返して、家に帰ってから電話で結婚のことはちょっと考えさせて欲しいって伝えた。
    先に挨拶済ませてた母にも報告すべきかと思ったけど向こうの母子家庭sageがひどかったからちょっと言えなかった。
    婚約者から何通かメールが来てるけど返事ができない。

    424 :名無しさん@おーぷん
    昔妹が、婚約者()を連れてきたことがあるんだけれど

    相手が父親より2歳しか変わらないうえにさらに+10歳のお姉さん付き
    二世帯住宅持ちなので
    即同居が決まっているうえ、おなかには赤ちゃんがいた。


    その話をその場で聞かされて父親が発狂した。



    普段はゲンドウみたく腕を前に組んでるか新聞呼んでるか

    話しかけても「ああ」とか「そうか」しか言わない空気みたいな人なのに。

    奇声を発して

    男の顔面パンチして前歯折って妹に腹パンチ。
    更には家の中の家具をめちゃくちゃにして
    驚いて飛び出してきた私の顔を見てまわれ右をしてベランダから逃亡。

    靴下だけ履いてすっぱになり近所の人の庭に隠れてて、近所の方に通報されてつまった。

    妹の話をすると挙動がおかしくなるので我が家では妹の話は禁止。

    ちなみに私が、彼氏(2歳差)を紹介して、結婚をしたいと話をして紹介した時は普通だったし

    父も普通に結婚したならともかく
    父自身自身も、母とは歳の差婚(母とは5歳差)の上にデキ婚(私がおなかがいた)なのに神経が分からない。

    ついでに、この時流産したにも関わらず3ヶ月後、普通に妊娠した妹も神経が分からない…
    「流れたお陰でデキ婚じゃなくなったね」と嘯いてるのも分かんない…
    二度目の妊娠の時も入籍してなかったんだけれど婚約していたからぎりぎりセーフだと思ってる らしい。

    628 :名無しさん@おーぷん
    元婚約者がすごいアホだった
    婚約して式の日取り決めるって段階で元婚約者に他に好きな人ができた
    結婚したくないけど慰謝料払いたくない→そうだ私に嫌われよう!と思ったらしい
    次の日からDVが始まって、私骨折
    両親がキレて乗り込んできたら「生意気言ったからしつけただけ。子供の喧嘩にしゃしゃり出てくるな」と言った
    これに両親が激怒。彼の望み通りに破断になった
    もちろん彼有責で
    あっちから破断にしたくせに何で?!と喚く元婚約者を見て元婚約者両親は泣いてたよ…
    ちなみに元婚約者は教師だった
    子供を教え導く人間がこれかって衝撃だった

    このページのトップヘ