398:名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/22(火) 15:42:07.56ID:26e4VosDD
    嫁のワガママが酷い…
    何かと言うと「じゃ産まない!」と言って自分の要求を通そうとする。



    もともと嫁は子供は欲しくなくて、俺の希望で妊娠した経緯があり、
    無痛は心配だから辞めて欲しかったが、そう言うと
    「無痛じゃないと産まない!」と言い、
    無痛で上乗せされる費用は嫁が出すべきだと言うと
    「じゃ産まない!」だと…

    その他何でもかんでも「じゃ産まない!」と言い、
    子供を人質に取られている気分。
    こいつには母性/がないのか?

    31:おさかなくわえた名無しさん2018/05/10(木) 09:05:57.10ID:g7oBFsOQ
    太ったからダイエットしたくて、糖質制限ダイエットしようと思って
    嫁に食事の用意を頼んだら、

    ・好き勝手に食べた怠慢のツケをなんで私が努力して払わなきゃならない?
    ・あなた何やるの?食べるだけでしょ?


    ・糖質制限ってブームだけどさぁ、食べたいだけ食べてきて、
    これからも食べて痩せたい?アホなんじゃないの?
    ・ダイエット中だけど甘いもの食べたい!とかって
    糖質オフの食べ物とか出てるけど、正直「はぁ?」って思ってた
    ・ちょっとは節制したり運動したりそういう普通の努力をしたらどうなの?

    糖質制限ダイエットを根本的に理解してないっていうか、
    ブームに乗っかるのが嫌いっぽい。

    まぁ一つ目の言い分は申し訳ないけど、
    甘いもの食べられないのがどれだけつらいかわかってるのかな。
    仕事しながら運動とか無理だってことを考慮に入れてないのもイラつく。

    俺がやる気出してるんだから協力して欲しいんだけどな・・

    664:名無しさん@お腹いっぱい。2007/04/08(日) 08:54:52
    3歳の娘が急に言葉を発しなくなって、もしかしたら何かの病気なのかと色々あたっている最中に元嫁浮気発覚。
    別な時に隠し撮りした室内の映像で、間男が娘を小突き回している所と、助けを求める娘を払い除ける元嫁を確認。
    そのテープをネタに元嫁及び間男会社から600奪取。しかる後に刑事告訴。

    こう書くとたったの3行な上に、あんまおもしろくないね。

    711:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2017/08/25(金) 02:37:40.96 ID:siNuN6iYd.net
    恋愛映画を観てきた日の夜
    車の中で、いいなー、素敵だったなー。と嫁が言っていた
    帰ってから軽く飲んで、風呂入って、その間に嫁が先にベッドに入ってて、後から寝た

    寝てるだろうと思ったけど、「嫁、愛してるよ。おやすみ。」と言ってみて寝た
    5分位(体感)して、微睡んでいると、ギューッと抱きつかれたけど、人の温もりと呼吸と鼓動で心地よくてぐっすり眠れた
    翌朝、嫁からは、嬉しさと寂しさとで複雑だった!と言われました

    684:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]2017/10/31(火) 23:22:06.78 ID:dO4k4HPl0.net
    土曜日の仕事帰り、嫁とふたりで餃子の王将で晩飯したんだけど。

    店内は俺らのような年配夫婦、家族客、男の集団、男単独ばかりで見事に若い女性/客
    がいなかった。
    たまたま俺らの隣のボックス席に若いカップルがいて彼女が目立っていた。
    食後、駐車場への道すがら、嫁が
    土曜のデート帰りの夕食に王将に連れてくる男じゃね~、と先程の彼のことをディス
    りだしたので、もう長い付き合いで気をあまり使わなくていい二人じゃないの、と返したら、
    それでも王将はないわ~、と譲らなかった。
    そういうもんなのかね。

    253:名無しさん@お腹いっぱい。2015/03/31(火) 12:33:37.64 .net
    俺愛用の切子ガラスの灰皿にサラダを盛り付けられた
    大丈夫、ちゃんと洗ったから じゃねえよ

    155: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/07/22(金) 23:36:32.92

    妻と初めてした会話スレから誘導?されてきた。

    嫁「……宜しくお願いします」
    俺「いやそんな神妙に言われても困るんだけど。楽にして」
    嫁「もう俺さんしか頼れる人がいないんですっ!」

    男っぽすぎる外見をどうにかしたいとか言われた。
    土下座までされた。知らんがな。

    嫁さんから正式に許可もらったんで書いていく。

    126:名無しさん@おーぷん2018/05/13(日)09:43:55ID:DlF
    嫁が嫁姑問題で俺実家と絶縁したいと言ってきかない。

    俺は嫁が嫌なら嫁だけ絶縁したらいいと思うが、
    嫁は子供も二度と会わせないと言ってて困ってる。

    俺も腹が立ってきて
    じゃあ俺もお前の親と絶縁する、子供も会わせない
    と言うと、嫁はヒス起こすし、
    どうしたらいいかわからないので相談乗ってほしい。


    絶縁したい~という要因は俺の親にある。

    息子が食物アレルギーがある。
    主に卵と小麦粉。だからパン、オムレツとか
    子供の好きなものは基本的に食べることができない。

    でも、今は米粉パンとか売ってるし、
    子供も米粉パンが大好きでよく食べてるんだけど
    この前俺実家に遊びに行った時
    俺母が米粉のパンを作ってくれた。

    息子は大喜びで「家でパンが作れるなんてばあちゃんすげええ」と
    喜んでた。
    他にも卵なしでカレーチャーハンを作ってくれたり、
    卵なしのクッキーを作ってくれて息子は本当に喜んでたんだけど
    嫁はそれが気に食わなかったらしい。

    炒飯に卵入れないとか炒飯じゃないやら
    卵なしの米粉クッキーとか、変なもの混ぜてそうとか、
    米粉パン手作りとかなんのアピール?と物凄く帰ってからヒスを起こし
    お土産に持って帰ってきた米粉パンやクッキーを嫁が捨ててしまった。

    「食べ物を粗末にするなよ!」と怒ると
    思い切り平手打ちされて部屋に閉じこもってしまった。
    そのあと絶縁したい~とのこと。
    俺は絶縁したくない、息子にも悪いことしてないだろと言うと
    「お前の親の存在が息子に悪影響」とまで言われた。

    息子はばーちゃん、じーちゃんに会えないの?と泣いてるし
    今日、息子と野球を2人で観に行く約束だから朝から準備してたら
    「私が傷ついてるのに遊びに行くの?嫁姑問題で悩んでるのに
    あなたは何にも手伝ってくれないのね!」と言って
    俺の着るユニフォーム、ズタズタにされたorz

    俺親は俺たちから連絡しない限り連絡してこないし
    距離も離れてるのでなかなか会う機会はない。
    俺の見えないところで~ってこともない。(それは嫁に確認した)

    魔法の言葉ないとはわかってるが、嫁をなだめつつ、
    絶縁しない方法ないもんかな
    というか、嫁って問答無用で姑が嫌いなもんなのか?

    1:名無しさん@お腹いっぱい。2018/05/12(土) 07:17:36.65ID:rre4cbHu0
    自分の感覚がおかしいのか判断してほしいので、
    忌憚のない意見お願いします(長文すいません)

    つい最近まで結構な喧嘩(原因は長くなるので割愛)をしてて、
    嫁は実家に帰ってたんだけど、謝りにいって子どもと一緒に帰ってきた

    子どもはやっぱり可愛いので、親が仲違いした状態は良くないと思い、
    上手くやっていこうと意識しながら生活してたんだけど、
    嫁が1ヶ月間、沖縄に子どもを連れていきたいと言い出した

    以下、嫁と俺の言い分です

    (嫁)
    ・沖縄に旅行じゃなく、住むのは私の夢だった
    ・育休中じゃないとこんなに長期はいけない
    ・子どもの成長のためにも新しい環境での生活は財産になる

    ・実家に帰っている間に喧嘩が長引きすぎて、離婚もありえると考えていた、
    その時に沖縄行きを考えたから、仲直りしたからといって
    計画を無しにしたくない
    (沖縄行きを考えたのは、離婚を考えさせた俺に問題がある)

    (俺)
    ・まだ1歳の子どもを旅行じゃなく1ヶ月間、違う環境に連れていかれるのは
    不安が大きい
    ・怪我、病気をした時に、家の周りであればかかりつけの病院もあるし
    対処しやすいが、慣れない土地で不測の事態の可能性/を増やしたくない
    ・子どもに1ヶ月会えないのは辛い、夏休みをとったとしても
    せいぜい1週間しか行けない

    ざっくり言うとこんな感じに意見しあってるんだけど、お互い引かず。
    俺の感覚では、まだまだ子どもが不安定な時期に
    敢えてリスクが高いところに行く必要はないと思っている
    (ちょっとした旅行ならまだしも)

    嫁に言わせると、俺は心配しすぎ、そんなんじゃ子どものためにならない
    と言ってて、正直訳がわからなくなってきた
    皆さんの意見聞かせてほしいです

    このページのトップヘ