嫁姑戦争

    52 :鬼女日記 2008/06/26(木) 10:49:08 0
    昔、近所で嫁姑戦争がものすごい家があって、姑が嫁さんを締め出しとかは日常茶飯事だった。
    (夜遅くに嫁さんが旦那さんを駅まで迎えに行き、帰ってきて旦那さんが先に家の中へ、
    車を車庫に入れて嫁さんが家に入ろうとすると姑が鍵かけて締め出し、旦那さんはさっさと風呂に行ってて知らない
    嫁さんはデカい声で「お義母さーん、開けてー開けてー、また嫁イビリですかあー」と叫ぶw)
    でも、ある時、昼間回覧板を回すために外に出て、また締め出された。
    で、またかと思った嫁さんは、そのまま隣の家に戻って夕方までお茶してたそうだ。
    出先から直接帰ったとかで珍しく旦那さんが早くに帰ってきて、鍵あけて家に入ったら、
    姑さん、心筋梗塞でとっくに亡くなってたそうだ。
    不審タヒということで警察が入ったけど、タヒ亡時刻は嫁さん締め出してからたいして経ってなかったって。

    そこの旦那さん、「お前が気をつけてれば母さんはタヒななかった」って嫁さん責めて殴って、
    結局そこの嫁さん、離婚して出て行っちゃったけどね。

    687 :鬼女日記 2017/08/22(火) 01:37:15 ID:6bD
    兄嫁と母は何度か殴り合いの喧嘩をした事がある。
    兄嫁は元ヤン。母も気が強い。二人とも親しい相手には口が悪い。

    兄夫婦は当時うちで同居していて、家賃+光熱費+αを払う払わないで何度か揉めかけた。
    ある時それが口喧嘩に発展し、売り言葉に買い言葉で怒鳴り合いになったよう。
    私と兄はそれぞれ別室にいたので怒声を聞いて駆けつけると、居間で怒鳴り合う二人を父は黙って見ていた。
    どーすんじゃコレ…と兄はあまり役に立たないので父に目線で助けを求めると
    父はパンパン!と手を叩き「はいそこまで。言い合いじゃ決着つかん、殴り合いで決めたろうや」と言った。
    母はハッとした顔で「それがええな」と一旦退室。

    兄・兄嫁・私が「えっ? えっ?」とオロオロしているうちに母が武器を手に戻ってきた。
    丸めた新聞紙2本。
    その片方を兄嫁に渡し、母が兄嫁をポコッと叩く。
    父に檄を飛ばされて兄嫁も母をぺしょっと叩く。
    そして趣旨を理解したらしい兄嫁とちょっと嬉しそうな母は振っただけで2つ折れになるへちょい新聞紙の棒でペコポコペコポコ叩きあう。

    しばらくしてまた父が手を叩き、「時間切れ! どっちが多く殴った?」
    「あっ数えるの忘れた!」
    「数えとかないかんかったん!? 先に言ってやー!」
    で私が吹き出してしまい、初の殴り合いは終了した。

    ちなみに揉めた原因の家賃やらなんやらは
    兄嫁→払います! 世話になっとるで払わせてや!
    母→受け取らん! 世話なんかついでや! 薄給なんやから二人の貯蓄に回し!
    という傍目にはアホっぽい事だった。

    母は「あんたらが小さい頃はよくこうして夫婦喧嘩したわー」と笑い、兄はボソッと「どうりで既視感あると思った」と呟いていた。
    兄嫁はというと、後で「お義母さん殴れる訳ないやん、お義父さん鬼かと思ったわ…新聞紙出てこなかったら土下座して謝るとこやった」とこっそり打ち明けてきた。

    今は兄夫婦は新居をかまえ、私は遠方で就職したので実家は両親の二人暮らし。
    時々母が「新聞喧嘩ができなくて寂しい」と電話をよこす。

    このページのトップヘ