子育て

    803 :鬼女日記 2016/08/14(日) 21:38:58 ID:doWycQZm.net
    ハーフでもなんでもないのに2歳の子にピアス開けてる友達がいてドン引き
    手にはマニキュア
    そして下の子は生後5日で退院の足で海デビューとかいうSNS…
    民度低すぎだろ…

    347 :鬼女日記 2018/06/18(月) 16:03:32 ID:2fl5YIlx.net
    義兄次女(中1)がジャイアンすぎる。
    人の物を欲しがって、欲しくなったら何が何でも手に入れないと気がすまない。

    義兄家は長女が4月次女が6月生まれなんだけど、長女が貰った誕プレとか
    欲しがっちゃって6月まで待つとかそういうことができないので
    義兄家は誕生祝的なものは一切なし。

    みんなで食事しているときに、テーブルに自分の食べたいものがあったら
    独占しないと気がすまない。
    私が同席したときはファミレスだったんだけど、付け合せのベイクドポテトを欲しがって
    みんなの分、6個も食べたもんだからお腹いっぱいになりすぎて泣いてた。
    蕎麦屋のネギだったこともあるらしい。
    性.質が悪いのがメニューを見たときは「別に何でもいい」って言ってて
    いざ目の前に実物が来て初めて「あっ!ネギ食べたい!ネギは次女の!」ってなる。
    半分あげる、とかではダメで全部あげないと気が狂ったように騒ぎ出すらしい。
    だから結局根負けしてあげるしかなくなっちゃうんだって。

    義兄夫婦は学校ではやらないからってそれを救いにしてるみたいなんだけど
    それって言うことを聞いてくれる人を狙ってやってるってことでしょ。
    ヤバイ子なんじゃないかと思う。
    人の子育てに口を出すつもりはないけど、あまりに長女が不憫だ。

    397 :鬼女日記 2018/03/12(月) 21:04:10 0.net
    妊娠中で上の子保育園行ってるんだけど、園長先生に仕事もやめて今1番身軽なんだから子供と向き合ってあげてって言われた。
    臨月でもう腹ぱんぱんなんだけど。
    出産時の医療事故、生後3ヶ月からリハビリ開始から4歳になるまで母子通園頑張った。
    確かに去年の春から仕事始めて保育園いれて少し子供と離れたけど病気の時も寄り添ったし今も月三回リハビリに通ってるし休みの日は一日中一緒にいて向き合ってるつもりだったから本気でショック

    640 :鬼女日記 2015/07/02(木) 20:20:58 ID:R8D
    子供を近距離別居の義実家に連れてったらウトメともあやしてくれて楽だ。
    だけどね、「ここに住んで皆で子育てすればいいじゃんねぇ」だって。
    嫌です。子守してくれるのは助かるけどこの数年のためにこの先の10~20年を犠牲にしたくないです。

    同居しちゃったらもうほぼ家でられないじゃん。介護要員確定じゃん。
    ってか家汚いからやだよ。動線に荷物置いて迷路みたいにクネクネ歩かなきゃいけない家なんてやだよ。子供にとっても危ないし。
    あとトメさん。あんまり料理上手じゃないです。クソマズではないけどうーんって料理も多い。
    乳化させてなくて酢とオリーブオイルが分離したドレッシングとはいえない液体をサラダにかけて食べるのは酸っぱいだけでつらいです。

    356 :鬼女日記 2017/08/30(水) 09:11:07 ID:Pqraq0fX.net
    3歳。
    全力で毎日体力を削らないと、22時過ぎまで寝ない。
    起床は日の出と同じ。
    性格は活発で自己主張や欲が強い。
    常に要求や不満や疑問をぶつけてくる。
    外出も外食も憚られ、常に「ごめんなさい」と言っている気がする。

    同じ年の妹の子は、大人しくて穏やかで、
    何もしなくてもよく寝る。
    どこへでも困ることなく連れ歩けるらしい。
    それぞれ持って生まれたものだと
    思うようにしても、
    差がありすぎて黒い気持ちになる。

    434 :鬼女日記 2016/01/25(月) 00:26:50 ID:dGE
    子供あんまり好きじゃないし産みたいとも思ってなかったけど
    夫がどうしても子供ほしいって言うから作った
    そしたら双子だった

    両親も義両親も頼れないので夫と二人で育てるしかないのに
    夫は部署が変わってから帰宅が毎日日付が変わってからで全く当てにならない

    夫に育児の愚痴をこぼすと、でも働かないで家にいられるんだからその分楽じゃんって言われた

    だったら私が働くからあんたが育てればいいじゃんと思う
    育児より仕事のほうがずっと楽だしもう早く働きたくてしょうがない

    なんで子供欲しがってた夫が育児にノータッチでいらなかった私が100%育児してんの
    何だかはしご外された気分で絶望しかないよ

    4 :鬼女日記 2016/03/24(木) 15:10:29 ID:4Rj
    子供が怖い。
    子供が産むのも怖いし世話が出来るのも分からない。
    テレビの虐待のニュース聞くたびに自分も子供にそうするんじゃないかと怖くなる。
    母親が居なかったから「母親像」てのがない
    ネットでしか話せないけれど私の母親は出産後うつとノイローゼで離婚した。
    結婚前穏やかだったのに出産後人が変わったらしい。父親を否定したりあらぬ浮気を疑ったり、後半からは動作一つにキレたり泣いたり…最後には私を抱えて自杀殳未遂したらしい
    それが決定打で離婚したと聞いた。
    子供を置いていくなんてよっぽどだろうね。
    生きてるらしいけれど一度も連絡はない
    つまり私にもその気質があると思うと…

    急激に太って体型が戻らないと聞いて怖い
    結婚して相手も子供を望んでないんだけどこのままでいいのか悩む。

    年齢も微妙(32)で初産ならかなりキツくなると思うとやっぱり怖い

    回りは未だに子供は?と言うけれど私は怖いのもあるけれど、子供を持つ資格はないと思ってる

    708 :鬼女日記 2017/03/31(金) 06:31:38 ID:XkCibo/Q.net
    春から中1になる息子
    小学校のもので必要、不必要をダンボール箱に分けて整理させてた
    必要だっていう箱の中身をファイルなんかに仕分けしてたら
    私に対する恨みの手紙を見つけてしまった
    態度がいい加減な時があって強く叱ってしまった日の事なんだけど
    本気で警察に相談しようと思ったとか
    今まで何百回も無責任な事していたとか
    私の事を精神異常者とか散々書いてあった

    もうこれからあなたのご飯作りたくないって言ったら
    育児放棄だって事で警察に相談しようって考えだったみたい
    (ちなみに暴力は一切振るっていない口喧嘩)
    なんか文面がショックすぎて最初は涙も出なかった
    これからどう接していいか一晩中考えてしまって朝になった

    807 :鬼女日記 2016/08/30(火) 17:01:58 ID:oG8gBPCT.net
    長いです。

    近所の大型スーパーに、小学生以上は遊ばないでくださいと書いてあり、大きいソフトブロックがたくさんおいてある無料のキッズスペースがある。
    今日そこに行ったら、小学2、3年生ぐらいの男の子がブロックを独り占めして遊んでいた。
    とても一緒に遊べそうになかったので一旦別の場所に行き、しばらくして戻ってきたらいなかったので、子ども2人と遊んでたら、またその男の子が戻ってきた。
    男の子は私たちがブロックで遊んでいるのを見て、「あー!俺の家壊した!!もうタヒにたくなった!今からタヒぬわ!!こんなブロックもういらんからくれてやる!!」
    とかなんとか言いながら、ブロックや自分のキッズケータイを投げてきた。
    そして更に「で、あんたらいつ帰るの?」と言いやがった。

    黙って帰っても良かったけど、あまりにも腹が立ったので、「ここはみんなで仲良く遊ぶ場所。しかも小さい子の遊び場だから君は入っちゃダメ。あんまりひどいことするとお店の人に言うよ。そして大人に向かってあんたとか言うもんじゃない。」と一喝して帰ってきた。
    どうも親は近くにある某子ども写真館で打ち合わせか何かをしていたらしく、男の子を放置してたみたいだけど、おとなしい子ならともかく、こんな意地悪な子を小さい子の遊び場に放置しないでほしいわ。
    店内でDSでもさせときゃいいのに。
    いつも放置されてるんだろうと思うと男の子が可哀想だけど、それにしても嫌な思いをした。

    230 :鬼女日記 2017/08/26(土) 13:30:04 ID:GNG8zcGH.net
    最近PMSでイライラがひどい
    1人になりたい気持ちと育児めんどくさい気持ちが強くなって、子供がちょっとでも余計なことをすると尖った喋り方したりそっけない態度をとってしまう

    そうすると絶対顔を覗き込んできて一生懸命笑いかけてくる
    その笑顔が本当にむりやり頑張って作ったような笑顔で、たった2歳なのに気を遣わせてしまって本当に申し訳ない
    人の顔色を伺うような子になってしまうのかな
    寝た後いつも後悔してる

    このページのトップヘ