孤立

    845 :鬼女日記 2015/06/16(火) 20:52:14 ID:4ve
    震災で親が会社の対応でいない時を見計らって「お前の親は生活費の他に小遣いをよこしもしないクソ野郎だ」「お前はクズの子だからクズだ」と延々言い続けたり、
    俺のモノを勝手に捨てて「捨ててあげたんだから感謝しろ」といったり、散々やってくれた祖母に復讐した。

    復讐方法はいたってシンプル。暴言をすべて録音。それを全てぶちまけてきた。
    親戚、入信してる宗教の関連の人、知人・・・全てに録音を聞かせてきた。

    距離とかの問題で目の前で聞かせられない人には音声データとしてメールで送った。
    祖母は必タヒで言い訳したが、今までのほかの人の悪口を風潮してる録音も聞かせたので見方になる人は皆無。

    「自分は神様を心から信じてる」「自分は正しい」「みんなが認めてくれてる」
    そう言ってた祖母が周りからの信用を失って孤立していくのは見ていて楽しかった。
    そして、こういうタイプの人間は「周りから人が消えて孤立するのが最も精神的に堪える」ってことも学べた。

    今でも何かあるたびに録音データを耳の悪い祖母でも聞こえるような音量で流してる。
    その度に発狂し、涙を流して聞こえないふりをしてる。多分そのうち精神的に壊れるだろう。
    それまでずっと続けるつもりだ。その時が楽しみでしょうがない。

    249 :鬼女日記 2017/09/21(木) 12:37:35 ID:OFx
    近所のおじいさんとどう付き合っていったらいいのかわからない。
    最近奥さんを亡くされて、元々口下手というか内向的な人だったから今は孤立気味。
    奥さんの方は明朗快活というか話し好きで誰からも好かれるタイプだったから、生前はお子さんお孫さん知人友人諸々たくさん来訪があって賑やかだったんだけど、今はそういうわけで閑散としてる。

    そのおじいさんが最近よく話しかけてくるようになった。
    朝出勤する時、帰ってきた時、回覧板を届けに来る時等々。
    それまでは挨拶をしても不愛想に会釈されるだけだったし、回覧板なんて郵便ポストに突っ込んであるだけだったのに。
    奥さん亡くなってさびしいのかな、ってあまり深くは考えてなかったんだけども、朝数分の足止めを食らうのも回覧板等でうちに来た時に長い世間話をされるのもしんどくなってきた。

    出掛ける準備してる時とか、夜勤前で寝ていたい時とか、夜勤後できつい時とか、まあそんな事情おじいさんが知ってるわけもないから仕方ないけど。
    家の真横に駐車スペースがあるから在宅かどうかすぐわかってしまうし。
    「今から出掛けるんです」と言ってもなかなか帰ってくれなかったりするから、どうしてもの時は居留守使ってるけど罪悪感がすごい。

    他のご近所さんにおじいさんのことを少し相談したこともあるけど、「人付き合いできるくらい回復してきたってことはいいことじゃないの!」って喜ばれた。
    真隣のうちにしかそういうことをしていないようなので状況も理解してもらいにくくて。
    私がドアを開けたタイミングでおじいさんも家から出てきて話しかけてくるとか、帰宅して車を停めてる時にまた出てきて話しかけてくるとか、それが毎日毎日あってたまらない。
    迷惑してるっていえる雰囲気じゃなくて、でもその迷惑してるっていう気持ち自体がおじいさんに失礼な気がしてどうしたらいいのかわからない……

    奥さんには生前「孫みたいでかわいい」とよくしてもらっていたので、おじいさんの方もそんな感覚なのかもしれないけど、うーーーーーん
    色々と訳あってこの一軒家に一人で暮らしてるんだけど、職場の近くに引っ越そうかなあ。
    おじいさんの相手をするのも、おじいさんを邪険に扱うのも、どちらも神経が磨り減る…。

    このページのトップヘ