学校

    95 :鬼女日記 2012/07/09(月) 12:56:59 ID:HHMDbyov0
    投下。

    小学5・6年生のころ、友達がイジメにあってるのを見てられず、
    止めに入ったら、自分もイジメにあった。

    「氏ね」「きもい」「ぶさいく」など、一通り悪態をつかれるのは勿論。
    物を壊されたり、体操着を足型だらけにされたりなんてことはしょっちゅう。
    自分だけじゃなく、親のことまで悪く言われるのが何よりも辛かった。

    自分が悪いことをしているわけじゃないし、
    こんなことで学校を休んでられないから、
    親には言わず、体調悪い時も気合で学校に通い続けた。

    幸い一部の人や先生からは、
    正義感の強さや、やられても黙ってるタイプじゃないところがかわれていたらしく、
    䖈められてるのに、何故か生徒会長みたいなものを任された。ある意味異例だと思う。


    しんどかったけど、何とか小学校は卒業。
    そのまま公立の中学校へ。

    489 :鬼女日記 2011/01/09(日) 00:33:50 ID:E0djzPIv0
    関東から関西に引っ越した時、言葉が違うせいか「ぶりっ子(タヒ語)」と
    言われ、すごいイジメを受けた。一生懸命関西弁を使おうとしても、
    「アクセントが変」と更に嘲笑を受けるだけ。
    教科書落書き、私物を捨てられる、一言しゃべるたびに「言葉が変」と
    嘲笑されるので、言葉が出なくなってしまった。喉に何か詰まったみたいに
    なって、授業中、朗読の番が回ってきても、声が出ない。全てを否定された。
    構内を歩いていたら、上階からいきなり水をかけられたり・・・
    ノートや教科書には「タヒね」のラクガキだらけ。

    もうダメだ、タヒぬしかないと思いつめ、何度も自杀殳を図るが未遂。
    飛び降りるためのビルを探して徘徊したけれど、警備員に見つかったり
    屋上に入るドアが施錠されたりしてて、有効な自杀殳方法が思いつかず
    ズルズル生きていた。親は、必タヒで担任や教育委員会に掛け合ってくれたけど
    「チクった」と言われ、更に水面下でエスカレート。痣が絶えない状態だった。

    924 :鬼女日記 2013/06/25(火) 18:24:58 ID:FUBH0Jh4
    高校生の時の修羅場。
    私:高校生当時、身長150前半、体重40前半、Fカップ。
    母親:身長同じ、体重60後半、Aカップブラが余る、猛毒親。

    高校1年生の衣替えが終わった頃から、少し後くらいに保健室に呼ばれ校医?から指導された。
    夏服にノーブラは如何なものか?もう少し恥じらいと言うものが無いのか?と。
    中学生の時にブラを買って欲しいと頼んだら
    「いやらしい!!色気付いて気持ち悪い!!以下略」
    で、ボッコボコにされたから一枚も持って無い、と説明して帰った。
    後日、学校から直接猛毒親に指導の電話がいったらしい。

    そんな電話があったと知らずに帰宅して居間へ。
    包丁を持った猛毒が鬼の形相で怒り狂い喚き散らして襲い掛かかってきた。
    「馬鹿にされた!!」とか「笑い者にする為にわざと告げ口したんだろ!!」とか。
    で、何故か一緒に居た兄にも毆る蹴る㬥言で喚き散らされる。

    次の日、登校して保健室直行。
    普段から、顔を毆られる事は無いから校医に説明してもキョトン顔。
    しょうがないから服を脱いで痣だらけの体を見せたら真っ青な顔してた。

    その後、サイズ合わせもせずにワゴンセールから適当に買ってきたと思われるブラジャーを投げつけられた。
    サイズ合わないから、結局付けれなかった。
    付けない事でまた怒り狂い喚き散らしてボッコボコにされた。

    書いてたらくだらなさ過ぎて頭痛くなってきた。

    140 :鬼女日記 2015/07/18(土) 01:32:06 ID:yfv
    弟のいじめが原因で俺が弟の学校まで行ってその日の弟の学年の授業半分潰した話していい?

    395 :鬼女日記 2021/07/16(金) 13:53:34 ID:BSlU2Tzr.net
    学校の体育会系の先生の奥さんのお葬式が途中から音楽葬になった事
    通ってた学校の先生のサークルの関係で奥さんとも交流があったんだけど
    ある日家でぶっ倒れてる所を帰宅した子に発見されて入院し意識は戻ったものの
    リハビリに入る前に亡くなってしまったのな

    それでお葬式やる事になったんでサークルメンバーと一緒にお葬式に参加したんだけど
    結構交流が幅広かったのかお葬式取り仕切った所が創業以来初だと驚く位の人数が集まったんだ
    感極まったのかあるいは最初っからそういう事になってたのかまでは流石に知らないけれど
    先生が皆の前に立って「ここは明るく音楽で子供達と妻を見送りたい」とか言い出したんだ
    こっちはクラシック音楽でも流すのかなーと気楽に構えてたら次の瞬間流れてきたのは
    クラシックでも無ければジャズでもねぇどう鑑みてもハードロック系の生演奏
    打楽器とかいそいそと並べだした時点で気が付きゃ良かったんだけどね

    いいのかそれでと思いつつ奥さんの方のご遺族見たら目ぇ笑ってねぇし
    奥さんの一周忌が終わった直後位に子供達が巣立つ時期からと
    今まで住んでた家を引き払って一人住まい始めたらしいけど
    交流も無くなった今何をしてるのか

    361 :鬼女日記 2016/03/09(水) 20:48:11 ID:nrK
    母の腹違いの兄(母が49なので多分55くらい)の子供(現小4、4月から小5)の託児を任されたけど、何もできなさすぎて驚いた
    結婚式の招待状が届いたが、中学生以下はお断りだったらしく、理由が理由なので預かった

    血のつながりが薄いけど一応従兄弟って扱いになるのか?
    母が更年期で子供の声も頭に響くらしく寝たきりだから、私(26歳)と妹(22歳)で面倒を見てた
    私たちに子育て経験は無し
    でも小4だから大丈夫かなと思ってたら
    ・時間割を見て学校の準備ができない
    家にはおじいちゃん2人、おばあちゃん2人がいて、じーじかばーばがやってくれる
    ・宿題のやる場所がわからない
    先生が言うとおりに連絡帳に宿題を書いてるんだけど、その書いてる指示が読み取れない
    たとえば「漢ド p13~16」と書いてあったら、13ページと16ページしかやらない
    「算数 p54 ②ー1~3」と書いてあったら、そもそも場所がわからない
    これまでどうやってたのか聞いたら、ばーばかじーじがやる場所を丸つけてノートにまで書いてくれたとか
    しかも集中力20分ももたない
    国語の音読の宿題では何を何回読んだっていうのを書くんだけど、従兄弟は一回も読めない
    漢字が読めなくて、読んでいてわからない漢字にぶち当たるとそこで音読おわり
    それで一回と書く
    過去の宿題を見ると毎日3回とか4回読んだと書いてあるから、これまではどうしたのか聞いたら
    ばーばが読み聞かせしてくれる、だって
    「漢字も教えてあげるからちゃんと読みなさい、ほらページ開いて」と言ったら、私に教科書を渡してきて「開いてー」
    もう唖然
    算数もさせようとしたんだけど、もう国語の音読で集中力が切れたみたいで、あくび連発して話をきかない
    しかも無理にやらせようとすると、急に泣き顔になり、甘えた甲高い声を出して「やぁだ、やぁだ~、いやや~、いやぁ!」と駄々をこねる
    おジャ魔女どれみで赤ちゃんのハナちゃんがどれみたちの年齢になって幼稚な行動してたけど
    まさにあんな感じで赤ちゃんにしか見えなかった
    ハナちゃんのほうが人の話をあくびもせずに聞く分100倍まし

    妹からも話を聞いたけど
    ・靴を揃えられない
    ・食べたら食べっぱなし
    ・片付けられない
    と当たり前にできることができなかったそうだ
    私と妹がいちいち教えてたんだけど、靴を揃えただけでドヤ顔で「できんねんで!」と言ってくる
    今私らが揃えろって言ったから揃えただけだで、なんでそんなドヤ顔ができるのか
    しかもワガママがひどく、やりたくないことはとことんワガママを言ってやらないくせに、利益だけ要求してくる
    例えば宿題やってないのにゲームをやらせろとか、お皿を片付けてないのに食後のアイスをよこせとか
    先にやることをやりなさい、と言ったら「やぁだぁ~!」の甘えた甲高い声
    結局私も妹も匙を投げて、ゲームもアイスも与えなかった
    そしたらスネて人の部屋に入って内側から鍵をかけて出てこない
    話しかけても返事しないからそのまま放置したら「あやまってくれへん」メソメソ泣き出した
    それでも無視したらキレだして私や妹を蹴り出したから関節技決めて「人を蹴るっていうことは同じ痛みを受けてもいいってことや」と言ったら初めておとなしくなった
    その後は親が迎えに来るまで拗ねて部屋のすみで不貞腐れてた

    結局宿題ができてなくて、次の日の時間割も滅茶苦茶
    学校でこっぴどく叱られたらしく、母親(30歳)からクレーム入ったけど、どんな子育てしてんだ
    あんな集中力無い子は見たこと無い

    696 :鬼女日記 2011/10/28(金) 13:56:00 0
    ややグロ注意






    小学校の頃、飼ってた猫が帰ってこなくなった。
    一晩半狂乱で探すも見つからず
    翌朝母が「あとは探すからあんたは学校行きなさい」と言うので
    泣きじゃくりながら家の前の道路に出たら
    血だらけで横たわってるうちの猫発見。

    「s時rふぁsぢうひゅづいでぃls!!1!!!1!」ってなって
    母に「助けて!!猫タヒんじゃう!!!」と叫んだ
    「あとはお母さんがする!あんたは行きなさい!」と言われて、わんわん泣きながら走って行った
    学校で友達に「轢かれて倒れてた、助かりますように助かりますように」と泣きながら話すと
    「轢かれて一晩経ってんだからタヒんでんに決まってんじゃん」と言われた。

    …そこから意識が無くて、気がついたら家で寝てた。
    送ってくれた先生によると
    「絵うふぃryf下お会いf夫ウェ栄雄くぃw09sq@じょぢほ9ふぁああああああーーーー!!!!!!!!」と
    意味不明な言語で泣き叫びながら泡吹いて倒れたらしい。教室中大パニック。

    目が覚めて、改めて猫はダメだったことを知って再び意識を失った。
    何か叫んだらしいけどもう声にならなかったらしい。

    あの日一生分叫んだせいか、今でも声が出づらい。
    トラウマが強すぎて、未だに轢かれた動物を見ると運転中でも意識が遠のく。
    あと今考えたら、私より先生とかクラスメートと、
    何より猫の処理と弔いと娘の処理にいっぺんに追われた母が一番修羅場だったと思う。

    665 :鬼女日記 2016/05/15(日) 23:04:00 ID:rGAA7u6f.net
    高校入ってすぐの頃出会って付き合った彼氏。
    彼は6歳上で高校中退していて、「学歴の為とか目的もなく学校に行くのは時間の無駄。自分がやりたい事に没頭すべき」と私も勧められるがまま学校を辞めて駆け落ちした。
    彼がすごく大人に思えて、何でも言いなりだった。
    気がついたら私がバイトを掛け持ちしながら無職の彼を養ってた。
    彼が起きてるときに寝ると毆られるので、仕事の合間しか寝なかった。私名義でたくさん借金作られた。
    なんだかもうボロボロで訳が解らなくて、ただタヒなないように生きるのが精一杯だったのに、ひたすら彼が好きで捨てられたくなかった。
    ある日彼がテレビを見ていて(どんな番組かは忘れた)
    「常識に縛られてでも安定した生活にしがみつく人生送るくらいなら、二人でホーム乚スになっても自由に生きてたいよなー」
    と同意を求めるように言ってきて、なんか私の全部が砕け散ってバラバラになったような気がしていきなり冷めた。何故か鈍器で毆れたような衝撃だった。
    明け方彼が寝たのを確認してアパートを飛び出し、お金も持ってないし隣県の実家まで丸一日歩いた。
    その時もう24歳。9年も一緒に暮らしてて、彼を怒らせる私が悪い、彼への愛が未熟なんだ、もっと愛したいってずっと思ってたのが、あの瞬間音を立てて崩れるように冷めて、後から考えるとなんで惚れてたか不思議。
    人生勿体ないことしたなー。

    785 :鬼女日記 2017/01/30(月) 00:17:29 ID:QEQ
    息子と娘の両方を持つ人なら分かってくれると思うんだけど、娘より息子の方が可愛いんだよね
    よく懐いてくれるし、言葉や情緒の発達も娘より遅いからいつまでも可愛い子供でいてくれる
    昔に比べて今の女の子は自由や平穏を認められてるから、なんで同じ女なのに時代が違うだけで、って気持ちになって、憎くなっちゃうってのもあるかもね
    なんでこの子は叩かれないんだろう。
    なんでこの子は締め出されないんだろう。
    なんでこの子は欲しいものを買ってもらえるんだろう。
    なんでこの子は親戚にセク八ラされないんだろう。
    娘の学費の算段を立ててる夫を見た時は頬の内側を噛み締めすぎて血が出てしまったよ。
    なんで私は奨学金で行ったのに、なんで生まれる時代が違うだけで、って。
    私は特に自分のことが嫌いだから、娘を見てると自分を見てる気分になって、自分への苛立ちを娘にぶつけてしまうんだよね
    一種の自傷かな
    だからちょっと息子に甘く、娘に厳しくなってたかもしれない
    確かに私にも非はあるよ。
    だけど子育てに完璧なんて有り得ないんだから、咎められる謂れはないと思う
    あの頃は霧の中を走ってるような気持ちだった。いつも胸の中で怒りと憎しみが渦巻いてた。
    だって子供って胃が小さいから数時間おきに授㲗しないといけないんだよ。
    娘を何時間かに一度抱き締めないといけない。
    吐き気がするよね
    この数年で眉間に薄くシワの跡が残ってしまった。
    私は必タヒだった。
    今も苦しいけどね。
    小学校高学年~中学生にもなると、小さい頃とはまた違った悩みが浮上してくる。
    娘は自由を求める。私はそれを阻む。
    他のお母さんへの助言をしておくとすると
    「お母さんも○○できないくせに」には「私は○○ができなくて苦労したから苦労させたくないの」
    「弟は○○が許されるのに」には「違う子供なんだから育て方が違って当然」
    って返せば黙ってくれるよ
    自分があまりよい親でないことは承知してる
    だけど私だって苦しいんだ
    今は私が生杀殳与奪を握ってるんだから、子供の間は幸せになろうなんて考えないでほしい

    それで、どうも娘が私のこと学校で愚痴ったみたいなのよ
    担任から呼び出しを食らった時は何事かと思ったけど、開口一番「娘さんとは、普段どんなお話をされてるんですか?」と来たもんだから、なんだか察した
    この担任、マスカラはだまになってるし、口回りが少し荒れてるからファンデーションがよれやすそうなんだよね
    何年か前の誕生日に夫から貰ったポンテヴェキオのネック乚ス着けていってよかった
    だって担任、もう30なのに子供どころか結婚もしてないから
    いい牽制にはなったと思う。この時点で復讐はできてたと思うけど、少し悪戯心が芽生えて「失礼ですが、先生にお子さんはいらっしゃいますか?」って聞いてみた
    いないの知ってるんだけどね
    「おりませんよ」って言われたから「子供もいない半人前の貴方が文句を言ってはいけませんよ」って間髪入れずに言った
    担任は見るからに動揺した
    子供がいないから偉そうなこと言えるんだよね。ああいう人って
    「貴方はまだ子供がいないから精神が幼いんです。だから私を許せないのですよ」って、更に畳み掛けてみた
    担任は目が泳いでいた
    放課後の教室で私と担任しかいないから、こっちも人目が気にならなかったから気が大きくなっていた
    最後の仕上げに「貴方も子供を持てば私の気持ちがわかりますよ」って言ったら黙った
    まだなにか喋りたそうだったけど、相手にするのも馬鹿らしかったから帰った
    呼び出しの件で娘を叱らなかったのは私としての精一杯の情

    926 :鬼女日記 2015/08/15(土) 20:28:41 ID:Hir
    小6で140センチ、36.4キロの娘が学校でデブデブと言われました
    運動会で組み体操をするらしくて、お盆休み前に組む相手を決めるため、体重が公表されました
    確かに他の子たちは身長が150以上あり、体重が35キロありません
    「デブだから私と組んでくれる人がいない」とがっくり落ち込んでいました
    フォローする時間もないまま実家に帰ったせいで、そこでも落ち込みが酷く、周りから声をかけられて事情を話したそうです
    その時中1の155センチの子から
    「私37キロだよ!立派な豚だよ!」と言われたそうで、かなりふさぎ込んでしまいました
    娘は私に似て骨太で、手首足首も太く、手首は14.5センチもあります
    また水泳もしているので、足に力を入れると、筋肉が盛り上がります
    私も身長が149センチしかありませんが、体重は45キロ、体脂肪率25%です
    だから娘もけして肥満ではないと思うんですが、中1の子から「子供の肥満は親の虐侍ですよ」と言われてしまいました
    娘がご飯を食べようとすると、今晩はカツ丼だったんですが、「ご飯とお肉は太るよ」と耳打ちされて、おかげで娘がお茶しか口にしていません
    中1の子に「やめて、謝って」と言っても「そういうの虐侍ですから」と間違いを認めませんし、旦那から親に言ってもらいましたが、「うちの子は間違ってない、あんたの娘はデブだ、デブは皆ブスだ、デブスの娘だ」とまで言われてカンカンです

    旦那の実家は私達と正反対で、骨細、ガリ体型一族です
    旦那も身長169なのに手首が私より細く、体重も49キロ、他の人もそんな感じです
    だから余計私や娘が太って見えるらしいんですが、だからといってデブだデブスだと言われたことに本当に腹立ちます
    今すぐ帰ると伝えたら他の親族から私たちが気持ちを抑えるように言われ、引き止められたので、深夜にタクシーを呼んで帰ります
    旦那は長男だけど、娘が攻撃される実家なんか要らない、二度と帰らないと一筆書いてくれました
    これを置いて縁を絶ちます

    このページのトップヘ