学生時代

    497 :鬼女日記 2016/12/31(土) 16:13:15 ID:LRc
    学生時代の思い出
    当時俺周りの友人が所謂オヤジ狩りを度々行っていた
    俺自身は直接関わった事は無いがよく飲みの席で「成果」を自慢されたり
    狩られる対象のオヤジ共の情けない有様の話なんかを酒の席のネタ話にしていた
    友人らもガタイの良いオヤジは狙わずダサくしょぼいオッサンをターゲットにしていたらしい

    そんな折、あるオヤジを襲った際に友人らがやり過ぎてしまった
    詳細は多少ぼかすが被害者のオヤジは後遺症が残る重症となり
    通報もあって友人達も警察沙汰となって大変な思いをする羽目になった

    その後俺は医学部を無事卒業し医者になり、友人達も多少回り道をした奴もいたが
    30も過ぎる頃には皆それなりの立場に落ち着きそれぞれの家庭を築いていった
    彼らとは今でもたまに会ってはお互いの近況を語り合っている

    更に時は過ぎ、狩られていたオヤジ達と同年代になった頃
    俺が勤めている病院に手足の不自由な患者が通院する様になった
    何度か診療して話を聞く内、その患者がオヤジ狩りの被害で今でも身体が不自由な事や
    怪我が原因で仕事もクビになり妻子とも離婚し現在は障害年金と親の遺産を細々と切り崩しながら生活をしているらしい
    患者の年齢や障害を負った時期や原因などから察するに、患者が友人達がやらかしてしまった元オヤジの可能忄生は高いだろう
    (オヤジと言っても当時30代だったらしいが)

    今の姿は悲惨の一言だが襲われた当時もそこらにいる「ダサいオヤジ」だったという患者
    ただダサく弱そうだというだけで人生を狂わされた元オヤジには同情するが
    俺も友人達も今では元オヤジの年齢すらも通り越し、とっくの昔に狩られるかもしれない立場になってしまった
    暗い夜道を帰る際などは一応気をつけてはいるが、ヤンチャ連中のターゲットにならぬ様に
    せめて身なりぐらいはきちんとしてないといけないと改めて思い、年甲斐も無くスポーツジムにも通い始めた

    家族や周囲の人には「最近腹回りが気になって~」とは言っているが、実際の理由は話せず内心が修羅場だ

    782 :鬼女日記 2017/07/03(月) 14:03:00 ID:Ql9
    学生時代に同じゼミの人と付き合っていた。
    自分にも人にも厳しい人で、優しいという感じの人ではなかったけど悪い人でもなかったし、
    一緒にいて楽しかったから特に問題はなかった。

    在学中、学校で元彼含めた数人でファストフードでテイクアウトすることになった。
    各々で買って、袋を開けたら私の分だけドリンクのストローが入っていなかった。
    私としては「商品じゃないし、このままでもドリンク飲めるからまぁいいや」くらいでいたんだけど
    何故か元彼が激怒して「電話して持ってこさせろ」と言い出した。
    友人たちも「それはさすがにちょっと」みたいな雰囲気なのに元彼だけが「権利がー」「仕事がー」と騒いでいたので
    「今度店舗に立ち寄った時に直接クレーム入れるから(実際にやるつもりはないけど)」と元彼を説得してその場を収拾させた。
    すると諸事情で少し遅れて戻ってきた後輩が、ドリンクの蓋を外して口を付けて飲んでいる私に気付いて理由を尋ねてきたので
    ストローが入ってなかったことを言うと、自分の袋から取り出したストローを「氷邪魔で飲みづらいでしょ」と私にくれた。
    「俺は氷ごと飲んじゃいますから」と笑う後輩を見て、「やっぱり優しい人がいいな」という気持ちが湧き上がって元彼に急速に冷めた。

    その後その後輩と何かあったわけじゃないけど恩人だと思っている。

    679 :鬼女日記 2016/03/29(火) 12:18:44 ID:T7V
    俺は30代独身、下っ端だが一応「長」の付く役職にいる。
    去年転職してきた部下が、学生時代バイト先でリーダー格だったAだった。
    Aは俺より2つ年上で、既婚者になっていた。
    俺もAもお互いすぐ気づいたが、以前は俺の方が下の立場だったため何となく気まずかった。

    Aの歓迎会で、Aは俺と学生時代バイト仲間だったことを皆にぶっちゃけた。
    酒が入っていたせいもあるのか、俺がバイト先でやらかしたミスや
    当時付き合っていた彼女とうまくいかなくて泣きついた事などを面白おかしく話した。
    俺としては「今それを言うか」だったが、皆にウケていたこともあり
    まさかキレるわけにもいかず「もうそのへんにしておいてくれよ」と苦笑して済ませた。
    それが良くなかったらしい。

    その時キレなかったせいでAは俺をナメてしまったらしく
    さすがに会社ではちゃんと仕事するのだが、若い奴らを引き連れて飲みに行っては
    俺の過去話をして「あんなやつ大したことない」「元俺(A)の部下だしw」
    と吹聴するようになった。
    若い奴らの1人が御注進というか密告をしてきたため上記のことがわかった。
    しかし仕事はちゃんとしているので、酒の席の事までどうこう言うのは気が引けた。
    とはいえAとAの取り巻きが調子に乗ってきていたので困っていた。

    このページのトップヘ