家族崩壊

    437 :鬼女日記 2016/02/12(金) 18:07:40 ID:O5o
    五年前にやったちょっとした復讐

    娯楽を敵視している父&束縛ヒステリー母から逃げるために高校卒業と同時に実家を脱出した
    共用の汚いトイレ、ダブルワーク、色んな契約に必要な保証人のこと、実家で植え付けられたパニック障害、後述する理由による引っ越し、最初は苦労したけど今は穏やかに過ごせてる
    実家から逃げるように出てきたけどまぁ情は残ってたから、何かしらあった時のために弟と妹(父の抑圧と母の束縛は私がまとめて被ってたから二人はノー被害)には住所教えた
    これが失敗だったんだよね
    「てめぇが我慢すればいいんだよ」「親に感謝もできねぇのか」「親を捨ててまで自由に遊びたいのか」
    要約すると大体こんな感じの手紙が弟から届く届く
    今だから冷静に書き込めるけど、弟から住所を教えられた母が押し掛けてきた時は心底タヒにたいと思った
    私に良くしてくれたアパートの管理人さん&二度目の逃走を手伝ってくれた当時の上司に迷惑をかけてしまったことが一番辛いことだったな
    どっかで見た「男は恵まれてるから鈍感。安全な場所から説教してくる」って感じの書き込みにはちょっと同意してしまったw
    次の住所は妹だけに教えた。
    この妹からたまーに実家の近況を教えてもらってたんだよね

    長い前置きになって申し訳ないけどここからが本題
    妹から面白い情報をゲットしたから実家に帰ってみた
    妹から聞いたとおり就活に失敗して引きこもりになって二回りぐらい痩せた弟と、私が知る姿よりずっと老け込んだ親がいた
    「ねぇねぇ就活失敗したのwwwww?散々私の学歴やアルバイターだってこと馬鹿にしてたのにwwwww?ねぇねぇwwwww」って玄関で靴も脱がずに囃し立ててやった。めっちゃ清々しい気持ちになった
    いい歳した男が唇噛んで涙目になってるのは笑えたわ
    あれだけ高圧的だった親はなにも言わずに終始俯いていた
    「出てけ!」って弟に言われたから「私に何度も帰ってこいっていったのお前じゃんwwwww」って言い返しておさらばした
    それからもう親と弟には会っていない

    後日妹から聞いたことだけど、とりあえず部屋から出てリビングでご飯食べたり風呂入ったりはしてた兄は部屋から一歩も出てこなくなったらしい
    たまに母が容器に溜まった糞尿を回収してる状態らしい
    理由は「姉に罵られて対人恐怖症になった」だとよwwwww

    ちなみに弟同様甘やかされてた妹はこのご時世に正社員として就職してしっかり自立してる(親とは絶縁済み)
    この差はなんだろうねぇ…

    434 :鬼女日記 2016/09/22(木) 11:01:19 ID:y9O
    支店長は女好きで、凄まじい浮気性だった。
    支店内にも長年の愛人みたいな社員が2人いた。
    この支店長は潔癖症でもあった。除菌クリーナーをつねに持っていて受話器や机や階段の手すりを拭いて歩く。
    潔癖症と浮気症って両立しないだろ?!と思うんだが
    「それとこれは別腹」「女の×××は観音様だから汚くないワハハww」だそうだった。

    その支店長の娘が新卒で入社してきた。
    コネ入社にしてはまともな娘だった。真面目だし謙虚だった。
    しかし誰が言ったわけでもないのに、周囲の噂をもれ聞いたか何かで、娘は父の浮気歴を知ってしまった。
    まあ社内に愛人がいるんだからバレるのは必然だったかもしれん。
    娘は支店長の触った後を「汚い汚い」とクリーナーで拭いて回るようになった。
    支店長が話しかけると悲鳴のような声で「すみません、ご用件のみお願いします」
    肩ポンで悲鳴。私物に触れたら狂ったように拭きまくる。

    「それとこれは別腹w」と豪語していた支店長、たった二カ月で病んだ。
    娘に嫌われたのとバイキン扱いのダブルパンチで、
    オドオドして「俺って臭いか?」「臭いだろ、臭いと思ってるだろ」と言うようになった。
    取引相手にも「俺が臭いから顔を背けた」と言い出すようになって休職した。
    娘は復讐したわけじゃなく本気で嫌がってたんだけど
    結果的に仕返しかなと思って書いた。

    822 :鬼女日記 2016/12/17(土) 01:22:13 ID:HwT
    胸糞悪い話かも
    私の父は薄給のくせに家事育児一切せず趣味のために毎月給料の3割、6万を持っていくような人だった
    そのくせ母に「誰が食わせてやってんだ」と怒鳴りつけて奴隷のように扱ってた
    私には3歳年の離れた兄がいたんだけど、兄が小5の頃、友達に金持ちのボンボンの子がいた
    母も父もモデルやってるような有名人で、はっきり言って人は金で動くみたいな人だったのを覚えてる
    兄もよく「おもちゃやるぜ」と言われてノコノコついて行っては馬鹿にされてるのも気づかずに遊ばれてた
    そんなボンボンが誕生日を迎え、ホテルでそれは盛大な誕生日パーティーを開いたそう
    プレゼントは最新型のプレステとwiiだったかな
    そんな話を聞いて兄はたいそう羨ましがった
    翌月が兄の誕生日なんだけど、金は全部父が使うから誕生日に費やせるお金なんかない
    それでも私と母で一生懸命ケーキを作った
    別に今回だけではなくて、お祝い事には私と母でケーキを作るのが習慣だった
    でも兄はごねた
    ボンボンくんは盛大なパーティーを開いて皆にお祝いしてもらってプレゼントも新しいゲームだったんだ!
    なんで僕はケーキだけなの!僕もゲーム欲しい!
    こんなケーキいらない!こんなケーキまずい!
    母は兄を殴り飛ばして叱った
    母がこんな風に手を出すのを初めて見た
    でも兄は余計拗ねて、ケーキを投げ捨てた
    それからもずっと謝罪はなく、しかもその話をボンボンにしたらしく、ボンボンから
    「お前のママ、お前のこと好きじゃないんだ。大切じゃないからお金使ってプレゼントもく買ってくれないんだ」と吹き込まれたようで
    毎日のようにお金お金プレゼントプレゼントと言い続けた
    私がうんざりするくらいだから、直接言われてた母はもっとうんざりしてたと思う
    ある日母が「あんたの言う愛情ってお金なのね。お金あげるから勝手にしなさい」と兄に数万円握らせた
    それから母が出ていって帰って、夕飯の時間になっても帰ってこなかった
    兄はもらったお金で近所の店からゲームを買ってきてゲーム三昧
    母が帰ってこなくてもゲームに執着して何も言わなかった
    しばらくして父が帰ってきて泣きながら話したけど、あしらわれて父だけ外食に行った
    気づいたら泣きつかれて寝て、翌朝母が帰ってきた気配があった
    でも起きた頃には母はおらず、朝食もなかった
    夏休み期間だから家で泣いて過ごし、兄はやはり狂ったようにゲームしてた
    三日目も初日と同じで起きてる時間に母は帰ってなかった
    3日連続でインスタント食品を食べていたせいで、もうインスタントもなくなっていた
    兄もこの頃になるとゲームをやめて私に八つ当たりして殴ったり、泣いたりしてた
    その日母は帰ってきたけど、私のしどろもどろな喋りに「お金あげたでしょ」と言われた
    私は持ってないというと、1000円だけ渡された
    兄も無いと言ったけど無視された
    1000円でコンビニ弁当を買って過ごした
    その後は母はかえってくるようになったけど、ご飯の支度はなくなった
    洗濯物も畳まれずにグチャグチャになって、部屋も散らかってきた
    それから母は働くようになった
    家のことをせず、お金だけくれた
    代わりに知らないおばさんが家に来て掃除と洗濯だけはしてた
    兄が母に構ってもらおうとすると、お金を投げつけられてあしらわれた
    私は母が別人になったと思い込んでいて、それからまるで継母のように母と接するようになった
    明らかに小3の夏休みに消えない溝ができた

    このページのトップヘ