就職

    351 :鬼女日記 2018/04/27(金) 23:44:52 ID:4l4kFvvA0.net
    4月になって思い出したので投下。

    大学3年生の時一つ上の先輩と付き合い始めた。順調に交際を重ねお互い就職。
    私が1年社会人をした後、いよいよ結婚に向けて同棲をしようという話になった。
    キリよく新年度の4月から同棲しようとなり、両家に結婚前提での同棲の許可を得て、部屋も決め、引越しもして、一緒に暮らしはじめた。

    同棲したては彼もテンションがあがったのか、仕事が何時に終わるか毎日聞かれて、必ず一緒に帰った。
    また、お風呂も必ず一緒に入ろうと言われ、忙しかったりなんだりで拒否すると、用事が終わるまで待ってたり。
    朝は彼が早く起きて朝ごはんを作ると言ってくれ、毎朝用意してくれた。
    一緒に帰るとか同棲ならでは!とか、そんなに一緒にお風呂に入りたいのかーwとか、朝から好きな人が作ったごはんなんて幸せ!と、ラブラブ同棲生活を満喫していた。

    10: 恋人は名無しさん[sage] 2018/03/22(木) 19:11:52.03 ID:Awfefs3C0.net
    元カノに電車のホームでバッタリ会った。
    同じ電車に乗るから、そのまま電車の中でも世間話をした。

    付き合ってたときは彼女は高校中退してフリーターやってたから、スーツなんて見たことなかったけど、
    今日会ったときはスーツ来てたから、
    「就活?」って聞いたら仕事の帰りだと見栄を張った答え。
    まぁそういうところも可愛いなって思いながら、今どこに住んでるのか聞いたら電車の中から見えるでっかいマンション指指して「あそこだよ」ってドヤ顔でまた嘘をついた。

    悪戯心が芽生えて給料いくらか聞いてみた。
    最初は答えなかったから、カバン掴んで教えてくれないと離さないってふざけたら、すげー嫌な顔して
    「年収で言ったら700万円くらいかな」ってまた大嘘。
    ちょうど停車した駅で降りて行ったけど、降りないと住んでる場所嘘ついてるのバレるから降りただけで、おそらくまだ実家に住んでると思う。

    若いときはもっと細くて可愛かったし、未練もあったけど、もうこんな見栄を張る女はやめようと思った。

    143 :鬼女日記 2016/04/07(木) 10:03:58 0.net
    義兄嫁は娘が3人で昔から「私は勝ち組」と公言してはばからない人だった
    姪1は海外に就職、姪2は離れた大学に行きそこで就職する予定
    姪3は先月に姪1を頼って渡航、そちらの大学に行くらしい
    義兄嫁は誰か一人でも手元に置きたくて姪2姪3に兵糧攻めを計画したが
    双方の祖父母が義兄の依頼で学費を出したらしい
    男の子しかいない義姉が去年から甥夫婦と敷地内別居を始めたことが羨ましすぎて
    夜な夜な義姉宅の周辺をうろついてるらしい
    (一度警察に保護されてる)
    私には甥嫁さんの連絡先を教えろと言ってきた(もちろん知らない)
    義兄嫁がだんだん壊れてきてるのに
    何が怖いって義兄も義両親も、義兄嫁両親も完全スルー
    義姉と夫が彼らに話をしても「いいから」「ほっときなさい」しか言わない
    火でもつけそうな感じなんですが・・・・
    自滅を狙ってるんじゃないかと夫は言うから、怖すぎて誰にも言えないのでここに書き捨て

    324 :鬼女日記 2012/05/09(水) 18:27:02 0
    26の頃、上京して3日目にメトロ乗ってたら脇腹を刺された。脇腹すぎて肉を縫う感じに刺さったから大事にはならなかったけれど、刺さってる状況を把握した瞬間タヒぬと思ってパニックになった。
    めちゃくちゃ痛かったわ。犯人の腕をうっ血するくらい掴んでやって眼鏡割れるくらい顔面殴ってから興奮しすぎて酸欠みたいになって倒れた。

    241 :鬼女日記 2013/10/30(水) 23:07:05 ID:SYlH7cv90
    流れ無視でくだらない復讐だけど。
    それから面倒があるとダルいので創作と思ってください。

    俺はバイオ系の大学院を出て
    博士号取得後に大学に勤めたが
    パワハラで精神を病んでニートになってしまった

    ピペドという言葉を聞いたことがあるだろうか
    俺はまさにそれで
    探しても中々就職は見つからなかった

    そんな俺だが、1年のニート期間を経て中小企業に勤めることが出来た
    希望に燃えて初出勤
    バイオ系と工業系の部署がある企業だったんだが
    工業系の先輩に
    「お前なんでバイオ系なんて行っちゃったの?」
    「工学系にすればよかったのにwww東大まで出てこんな会社かよwww」
    「まあバイオなんて(この会社から)すぐに無くなると思うけど頑張ってねwww」
    なんてからかわれた

    なんでそんなこと言われなければならないのかと
    それなりに努力してきた自身が情けなくなったが
    それ以上に怒りがわいてきて
    コイツに復讐することを決意した

    1 :鬼女日記 2016/12/06(火) 01:17:06 ID:agKlySTA.net
    故郷に戻ると言ってきかないんです。
    結婚しようねって約束したのに、彼氏の故郷に行くのは違うのでは…と。

    せっかく関東での就職先も内定もらえたんだからそっちにしてほしいです。
    どう説得すればいいですか?

    909 :鬼女日記 2014/05/08(木) 08:53:40 0.net
    コトメ=三十代前半 都会の大学に進学するも超就職難の時に卒業して
    就活全滅で公務員も都会のおしゃれなところばかりうけるためか
    もしくは倍率が半端なないせいか全滅。決してFランとかじゃないし
    早慶とかマーチとかじゃないけど、そこそこ知名度のある偏差値60程度の
    大学の文系学部卒。だからかプライドも高く大企業ばっかり受けてた。
    義両親は地元に戻ってくれば、地元中小だけど正社員の募集もあるし
    コネもあるからなんとかなるから戻って来いと言ったけど
    うんと言わずそのままさる大企業傘下でその大企業グループに一般職代わりとして
    派遣される派遣会社に入った。義両親は激怒してそんな保障のない職なんてと
    大反対。コトメは2~3年したら大企業勤務の婚約者連れて帰るから黙っててと
    大喧嘩。それ以来婚約者はできず義実家に帰省も無く、ずっと都会で一人暮らし。
    派遣社員35定年説と言うのを義母が知ってから、心配して地元ならまだ
    正社員の道があるから戻って来いとコトメのスマホにしつこく電話してるらしい。

    私達家族は義実家から電車で一時間強のところに在住の共働きで子供有。
    義両親の基準では我が家は心配ない独立した大人と認めてくれているらしく
    孫は連れて行けば可愛がってくれるが、干渉もないし、そこそこうまくいってるから
    義母からの電話は一か月に一回くらい孫の声を聴きたくて、孫のキッズ携帯にかけてくるぐらい。

    466 :鬼女日記 2016/09/28(水) 21:56:43 0.net
    初めてこのスレを知ったのですが、みんな苦労してるんだな…。
    いや、病弱な上に重度知的障害者(療育手帳で判定A)の兄(41)を持つ弟(38)ですが、
    自分こんな人生嫌やと時々ブツクサ言うの、少し恥ずかしく思ったり。

    でも、少し毒を吐かせて…。
    昭和8年生まれの父(ストイック。なんでも自分でやりたがりでぶっ倒れるまで責任感持って動くが悪く言えば文句たれ。自分の思ったことを家族にも強要する)、10歳下の嫁(頭は少し弱いがまぁ、善人)

    で、人生歩んできたけど、兄き、これから先、どうなるんかなぁ。幸せにはなって欲しいけど、
    兄は父を見本に生きてきたから(それも悪いとこばかり)まぁ、暴力振るう時もあればワガママ通して聞かない時もある。(暴力に耐えられるように体格おっきくしたり…したくないのに)
    だいぶん人生犠牲にしたとも思うけど(多くの週末は兄貴と一緒に出かけたり、好きなとこに連れていったり、自腹で美味しいの食べさせてあげたり。

    自身は大学行きたかったし、学もそれなりにあったはずだけど、
    兄が可愛い父は、兄がこんな境遇なのにとか、兄は養護高等学校をでてすぐに就職をしたのになにを大学とかアホか。と。
    そりゃ私の考えは人道的じゃなかったかもだけど、
    一度きりの人生だし、好きなように生きてみたかった。今でも自分自身どう生きればイイのか最近月に1、2度は考えます。
    こんなこと考える自分がクズってのは分かっちゃいるんだけど。
    まぁ、そもそも私が生まれた理由ってのが、笑える話、
    兄がこんなだからもう1人つくっといたらとか故人の母方のバァさんに言われたかららしいんですけどね。

    そう言う意味じゃ、私の人生、私のものじゃないのね。お金の苦労は無縁な人生だけど(むしろヤケになってかたまにひどい浪費する時も)、
    たまにはなんか自分で自分の道を決めてみたいわ…。
    ここに書かれている皆様の少しでいいから精神的な強さが欲しい。

    …見直すと、とりとめないと言うかアホな文章だなぁ。長文で毒吐いてすんません。

    このページのトップヘ