年上

    91 :鬼女日記 2015/12/07(月) 12:58:17 ID:hMm
    職場に中途入社の28歳の男性がいる。
    ミスが結構多くて、社内カーストはとても低い。
    でも、人懐っこさとミスを挽回していく根性があり、
    まだ誰も気づいてないけど、
    この人ひょっとして結構出世するか大きい仕事をするんじゃないかなって思ってる。

    今のうちにツバつけておきたいのだけれど、
    問題は、わたしが40代なんだよなあ・・・

    459 :鬼女日記 2015/12/29(火) 19:59:19 ID:3Ki
    昔、婚約者に捨てられた。
    相手が2歳年上で大学生の時から付き合ってました。私が25歳の時に結婚について話し合ったのだけど、婚約者に
    「仕事のことがあるし、俺が30歳になったら結婚しよう。」
    と言われて、それに私もオーケーしました。
    私も結婚までに頑張って貯金しようと、仕事を頑張ってたけど、約束から2年後に婚約者の浮気を知りました。
    結婚の約束をする前から浮気相手と付き合っていたらしく、付き合い始めてからは4歳下の浮気相手が本命で、私はキープだったらしいです。
    「28歳なんてオバサンだし結婚した時に新鮮味がないのが嫌。そんな奴養いたくないし、一緒に暮らしたくもない。」
    「今思えば、あんまり好きでもなかった。」みたいな事を面と向かって感情的に言われた上、浮気相手からもさんざん罵倒されました。色々としたに見られていたことも分かって疲れてしまい、結局お金だけもらって別れました。
    その後、少し病みかけたりもしたのですが、職場の人や友人が励ましてくれたのでなんとか持ち堪えてはいました。
    そんな中(別れた一月半後くらいから)、熱心にアプローチしてくれる一歳下の後輩がいました。婚約者と別れた後、男性とお付き合いするつもりが全くなかったので何度か断ったのですが 、諦めてもらえる様子もなかったので、じゃあ…ということでお付き合いすることになりました。
    かつて付き合ってた人と付き合ってる人を比較するのは良くないことですが、違いに驚かされました。
    元婚約者は(別に私のことが好きではなかったと言うのが結局の理由でしたが)寡黙で気の回らないどこか冷めた人でした。
    一緒にいてもあまり話しかけてくることもなく、ご飯を作っても黙ってテレビを見ながら食べるような人でした。記念日もあまり祝ってはもらえませんでした。その時は、そういう人なのかなと思っていましたし少しは気にもなりましたが、嫌いになるということはありませんでした。
    一方、後輩はどこか抜けているけども、純朴で子犬のような可愛さがありました。よく話しかけてきましたし甘えても来ました。そして、私が話しかけてもニコニコして話を聞いてくれました。ご飯を作ってもニコニコして食べてくれるし、記念日も祝ってくれました。
    何だかんだ言っても、後輩のほうが一緒にいても楽しかったですし、何より優しくて誠実な人柄にどんどん惹かれていきました。
    結局婚約者と別れてから半年位たった後に、「お試し(付き合えば冷めてくれるだろうと思った)」ということで付き合い始めたのですが、その頃には、私もその後輩のことが好きになっていました。
    そして更に半年したあと、元婚約者から連絡がありました。
    元婚約者も私と別れた後、すぐに浮気相手と結婚したらしいのですが、浮気相手が共働きなのに家にお金を入れない、家事もしない、と言うことで離婚するつもりだったようです。
    私はどう反応して良いか分からず、黙って聞いていると、
    「浮気相手とは別れる。約束の3年だし結婚しよう。家事もお前ならしてくれるだろう。もう貰い手も無いだろうし、俺が貰ってやるよ。」
    と意気揚々と言われました。
    この時に、かすかに残っていた未練も吹き飛んで、自分は本当に下に見られていたんだということが分かりました。
    それと同時に、歳も離れているのに、どうして後輩とこんなにも違うのだろうと悲しくなりました。
    そのまま、「今お付き合いしてる人もいるから二度と連絡しないで」といって電話を切りました。
    そのままその足で後輩に会いに行って、私からも後輩にきちんと告白して、やっとちゃんとお付き合いすることになりました。
    結局そこから更に1年付き合って、そのまま結婚し、今は娘がいます。
    最初は年下男性と付き合うなんて考えられなかったけど、今となっては旦那以外考えられないし大好きです。
    ただ今でも、二十代の多くをあんな男に費やしてしまったことが悲しくなってしまう…

    391 :鬼女日記 2015/12/26(土) 15:54:45 ID:qst
    会社の上司と、次に昇進するのはキミだから、期待しててねと言われたのに実際に昇進したのは年上の女性(K)だった
    まあ、こんなこともあるかと思っていた
    上司からは、少しの間我慢しててくれ、もう少ししたらキミが昇進するからとなんかよくわからない説明
    どういうことなのかな-?と思いつつもそのK管理職の下で仕事をしていたのだけど、
    不況やら、いろいろな自然災害が重なってKに変わってからかなり売上や成果が出なくなった
    その責任をKは重く受け止めてうつ病になって休職してしまった
    そんな最悪の状況の中でオレがKの代わりになってしもうた
    大変なときに昇進してしまったが、なんとか業績を回復させる床ができた
    しかし、Kはそのまま退職してしまった
    その退職の時が一番の修羅場
    憐れ、頭がおかしくなってしまったKは不況の時に昇進させられ、業績悪化の責任を取らされた私は被害者だと叫んでいた
    そして錨の矛先はオレに・・・
    私がタヒぬほど努力した結果をオレが全部かっさらっていったと言い出した
    途中で投げ出しといてなにを言ってんだおまえはというと、ンギャアア!!!!と言いながら会社を去っていった

    10 :鬼女日記 2014/10/10(金) 13:06:59 0.net
    今の私にちょうどいいスレだわ

    三年前に一人っ子の息子が七歳年上のバツイチ子持ちの嫁と結婚
    息子が選んだ人だから反対はしなかったよ
    ただ子持ちだと私が知らされたのは結婚式の九日前
    息子が知らされたのは結婚式の二週間前だと聞いた
    子供はほとんど嫁実家で育てられたらしく結婚後もそうするつもりだったから言わなかった
    でも嫁実家の同居兄夫婦に自分で育てろ嫁両親が育てるなら別居と拒否されたらしく
    引き取って一緒に住むことになるので打ち明けたとのこと
    ご挨拶と顔合わせに伺いたいと申し出た私に、遠いから結婚式で済ませましょうと言った嫁両親も
    一緒になって隠すつもりだったんだろうね

    また息子が子供も一緒に暮らすなら養育費は断って欲しいとお願いしたらしいが
    子供の権利だからと結婚後も継続して貰うと主張(間違いではないと思う)
    だから私は養子縁組は子供の養育費が終わって本人の希望で決めた方がいいと二人に言って了解させた
    息子とふたりだけの時に今ならまだ止めれるよって言ってみたけど、
    結婚すると言うので養子縁組のことだけ約束させて黙った

    はい、私は嫁が気に入らない息子もバカだと思う
    それでも息子や嫁の通勤沿線で分譲貸ししていた駅近マンション(私名義)が空いたので
    リフォームをして光熱費込みで駐車場二台分程度の家賃で提供している
    でもやっぱり気に入らないから盆正月等帰省や訪問は一切させない法事は息子だけでよいと徹底した
    嫁と連れ子には結婚式以来会ってないし電話も息子の携帯にしかしない
    だって顔みたら何か言ってしまいそうだしね
    息子に会いたくなったら平日限定で私が息子の会社の近くに出向き一緒にランチ年に二回ディナー
    もちろん二週間前には連絡入れて予定あわせてだけど
    これって嫁いびりらしい

    184 :鬼女日記 2015/05/28(木) 13:10:54 ID:dJF
    再婚したんだけど旦那に冷めそう

    20代でバツがついたけどのんびり暮らしてきた
    35歳で羊水が腐るというのを気にしてた頃
    40代後半の男性にアプローチされて、焦りもあったので再婚した
    旦那はもうちょっとで50歳

    10年以上年上の男性と付き合ったこともあるし
    私もバツイチだし、年齢は気にならなかった
    人間性はすごくいい人だし

    旦那に白髪が多いのも
    休日にちょっと遠出すると疲れて10時頃寝ちゃうのも
    朝は6時前に目が覚めちゃうのも、
    「もうすぐ50だし」と気にならなかった

    ただ、気になることがでてきた

    旦那に頼まれた品物を買いにドラッグストアに行った
    「赤い箱の」と言われていたけど見つからない
    旦那に電話しながら商品を探すと、ピンクの箱だった

    「○○ってどこにあったっけ?」と私が聞いて
    「どこどこの棚の青い袋の中だよ」と言われて
    見に行くと緑の袋だった

    ちなみに旦那は色亡ではない
    赤・ピンク・薄いピンク・オレンジ
    赤っぽいものは「赤」って言う

    青・水色・緑・黄緑・モスグリーン
    青ならいいけど、青や緑周辺の色は全部「青」って言う

    タヒんだ私の爺ちゃんと同じ表現

    あと、本屋で本を買ってブックカバーをサービスでつけてもらう時
    何種類かの中から選ぶ時、オレンジの紙を指差して
    「このダイダイので」って言った時に一緒にいて恥ずかしかった

    このページのトップヘ