年寄り

    162 :鬼女日記 2018/04/23(月) 17:58:07 ID:8FR
    新居を構えた土地の町内会の話。
    「戸建新築する余裕があるなら、町内会に還元して(原文まま)」
    と言われ、町内会の入会金を余計に請求された。
    さらに引越間もない頃参加した町内会の会合で言われたこと↓
    ・老人会の娯楽企画には予算出ます。
    ・若者は企画の労働力としてボランティアで働きに来い。
    ・防災等の予算は限られてる。
    ・町内会予算で買った公民館の備蓄は、高齢世帯用。
    ・その他の世帯では、防災の備えは各戸でして。
    ・でも災害時、老人世帯は優先的に救助して。

    以後町内会費は払ってるが、活動への協力は全力スルーしてる。
    年寄り共は、若い人は町内会に非協力的とか言ってるらしい。
    生まれ育った土地の、恩も義理もある人達のためならまだしも、
    引越し早々にこんなに言う人達に協力する気が全く起きない。

    290 :鬼女日記 2015/10/15(木) 06:51:07 ID:0j6
    振り込め詐欺の話を聞くたびに
    「あんなもんに引っかかるってどんな人だろうねぇ。ちょっと考えれば分かりそうなんもんなのに」
    って得意げに言ってた実家の母に、そうは言っても引っかかるのは殆どお年寄りなんだし
    知らない人からメール来ても無視するんだよ!知らない番号からの電話には名前名乗っちゃだめだよ!って
    あんなに言い含めておいたのに、この間事情があって携帯の番号を変えたとき
    携帯番号とメールアドレスが変わりましたってメールを送った直後に私の名前入れるの忘れたことに気が付いて
    あわててメール打ってたら、母から「どちらさまですか?」って返信がきたorz
    もおおおお!!と思ってその新しい携帯で直接電話したら普通に「○○でございます」と出たので
    「ちょっと!」って言っただけで「ヒロコ!?ヒロコなの!?」と言われたorz
    どうか詐欺が母に目をつけませんように。

    418 :鬼女日記 2011/04/17(日) 23:17:55 ID:577vi+48
    今日バスに乗ったときの出来事。
    カップルが乗ってきて優先席に座った。まあそれはいい。
    だが、途中お年寄りが乗ってきても席を譲らない(カップルの正面にお年寄りが立っていたわけじゃない)
    もしお年寄りがカップルの正面に立っても年寄りに席を譲らないようなら言ってやろうと思っていたら、
    そこに小学生低学年らしき子供2人とその両親およびジジババの集団が乗車。
    そしてそのカップルが何故かその子供に席を譲りやがる。
    数駅我慢してたが耐えられなくなり「お年寄りに席を譲らなくて、子供に席を譲る意味が分からん」と俺がいうと、
    そのカップルではなく、その子供のジジが食って掛かってきた。
    ジジが、病人や妊婦の絵が描いてある優先席の案内を指差しながら「子供だって似たようなもんだろ!」と意味不明なことを言うので、
    俺が「どこが似てるんだよ。全然違うだろ!」と反論。
    するとジジはさらに「子供は大事に決まっているだろ。俺だって年寄りだ!」とのたまいやがる。
    なので
    「お前の孫をお前が大事なのは当たり前だろ!他の人に関係有るか!
    大体お前は孫にどういう風に育って欲しいんだ?
    お年寄りに席を譲らない子供に育って欲しいのか?
    そんな事やってたらお年寄りに席を譲らない子供に育つぞ。
    お年寄りに席を譲る子供に育てたいのか、お年寄りに席を譲らない子供に育てたいのか、どっちなんだ?
    子供の為にも席を譲らせろ!」
    といったら黙って背を向けたけどね。

    ああいう「孫に嫌われたくないから子供を甘やかすジジ」ってどうにかならんかね。
    本当に孫が大事になら、その孫に嫌われても孫がちゃんとした人間に育つように、
    孫にちゃんと躾けしろよ、と思う。

    331 :名無しさん@おーぷん
    愚痴も混ざってるけど、兄嫁の神経がわからん話。
    登場人物は年齢順に以下、
    自分の父母(共に定年退職済み)
    兄、兄嫁、自分(男)、嫁(この列は皆30代)

    兄夫婦が結婚した5年後ぐらいに自分達は結婚したんだが、最初の正月に実家で集まった際に兄嫁がいきなり「役者も揃った所で相続の話でもしますか」と冗談っぽく言ってきた。
    兄や自分夫婦が呆気にとられていると母が「私達(父母)は自分達の貯えでホームに行く準備もできているし、どちらかが先立ったら残った方が家を処分しそのお金も老後資金にする。あなた達に迷惑はかけないけど残す物もない」とバッサリ言い切った。
    兄嫁は「じゃあいいです」とあっさりその話題から引いたが自分達にとっては最初の神経わからん事件だった。

    そして昨年の秋頃、いつも盆正月ぐらいしか会わなかった父母が急に呼び出し「ご馳走するから焼肉店(高級店)においで」と言われ、兄夫婦と自分夫婦で店に行った。
    食事が中盤に差し掛かると父が「実は宝くじが100万円当たった。その金は今日の食事代と、冬にグルメツアーに行く事にしたのでそれで使いきってしまおうと思う。今日の食事会は、まぁちょっとしたお裾分けだな〜」と上機嫌に言った。
    確かにこの店で大人6人食事をすれば10万はかかるし、昔から食べ歩きが好きな父母だったので礼を言いつつ「よかったね楽しんで来て」的な雰囲気の兄&自分夫婦。
    兄嫁も特に何も言わなかったので美味しい肉に満足したんだろうと思っていた。

    ところが先日嫁だけで兄嫁に会う機会があったんだが、その際に「年寄りが贅沢するより将来の孫に少しでも残しておいてほしかったわ!」とご立腹で、嫁にも同意を求めたそう。
    しかし嫁は自分の父母を「適度な距離感で接してくれる理想の義両親」と思っていてくれていたので兄嫁に言い返したそうだ。
    兄嫁はそのまま怒って帰ってしまったそうだが嫁からその話を聞いて一応兄の耳にも入れておこうと電話したら既に兄にも愚痴をこぼしていたらしい。
    父母は旅先から数回各地のグルメを兄家と自分家に宅配で送ってくれていて、バクバク食っておきながらそれに感謝もしない兄嫁にスレタイ。

    このページのトップヘ