幹事

    657 :鬼女日記 2015/10/22(木) 14:51:17 ID:XX4
    もう10年以上も前の話。正確な金額と細かいやりとりは、適当に補完して書く。

    同僚Aは、あるメーカーのバッグが欲しいけど、でも高い。しかし欲しい。
    と、悩んでるんだよねと、私と同僚B~Eに世間話としてそれを話した。
    「なにか他に楽しいことがあれば、バッグのことなんて忘れちゃうんだけどね~」
    そう言ったAに、同僚Bが提案した。
    「みんなで飲みに行こう!私がセッティングするよ、美味しいお店あるんだ」
    その場にいた全員が参加することになった。A~E、そして私の7人。正社員から派遣まで、いろいろなメンツ。

    実際に連れて行かれたのは、オシャレだけどややお高めのお店で、正直面食らった。
    でも、Bに幹事をお任せしたのだし、まあいいか、と思った。
    料理はコース、ドリンクは別。みんな料金を気にしてか、控えめな飲み方。
    そんな中、Bだけは高いお酒までガンガン注文。嫌な予感がした。
    他の同僚たちも引き気味で、Bをやんわりたしなめたりしたけど、無駄だった。

    そして、B以外のメンバーで目配せし、早めのお開きに。
    そのとたん、Bは「はい、これ。ごちそうさま!」と、伝票をAに押し付けた。
    一瞬びっくりしたけど、Aが計算するために携帯で計算しだした途端、
    B「なにやってんの?先に払っておいでよ」
    A「え、でも一人いくらか分からないし」
    B「は?何言ってんの。あなたのおごりに決まってんじゃん!あはははは!」
    全員ぽかん。
    C「B、あなた何言ってるの?ただの飲み会でしょ?全員払うに決まってるよ」
    B「はあ?だって、Aがバッグのこと忘れたいための飲み会でしょ?Aは楽しかったでしょ?」
    A「そりゃ楽しかったけど」
    B「ほらね!じゃあバッグのこと忘れたよね?ならその分浮いたお金は使ったほうがいいよ!」
    再び全員ぽかん。
    B「意味わからない。このお会計9万だよ?バッグは5万だし」
    A「いいじゃん、あぶく銭だし。それにもっと高いバッグだったと思えば」
    C「あぶく銭の意味が違う。ていうか、ぜんぶおかしい」
    D「うん、Bがおかしいよ。そもそも9万のうち3万以上はBのお酒代だと思うよ?」
    E「だよね。Aがおごる必要ない。割り勘だっておかしいと思うくらい」
    私「Aにおごらせるつもりで、あんなにがばがば飲んでたの?それってどうなの」

    続きます。

    459 :鬼女日記 2017/07/10(月) 12:21:41 0.net
    ◆現在の状況
    喧嘩をきっかけに嫁が口をきかなくなって3週間。事務連絡みたいなのはあるけどほぼ無言の針のむしろ状態。
    ◆最終的にどうしたいか
    元通り普通に暮らしたい。それが無理ならいっそ離婚してサッパリやり直したい。
    ◆年齢・職業・年収
    俺35歳・会社員・750万
    嫁32歳・会社員・450万
    ◆ローン・借金・離婚歴なし
    ◆結婚4年目、子供なし、親とは別居(遠方)

    ◆離婚危機の原因の詳細
    俺がコンパに行ったのが嫁に知られてしまって嫁がブチ切れた。
    知り合いの女の子にいい人紹介してとしつこく頼まれてて、周りの友達も既婚者多いし、
    その場で恋愛対象探すっていうより、まず友達増やしてそっからみたいな感じだったしOKした。
    もちろん下心とかないし、ただただ幹事に徹したよ。
    当日は俺、既婚者1、独身2。あっちは普通に独身の20代4人で、夜中に帰宅。
    嫁には送別会と言ってあって、「どうだった?」と聞かれたから「送別会なんか、ただの付き合いだよ」と答えた。
    そしたら嫁が「残念だったね」と言い、「そんなもんじゃない?」みたいなことをたぶん答えたら、嫁が「そうじゃなくて。何度もチャンスをあげたのに」とか何か言って、部屋から出ていった。

    165 :鬼女日記 2016/12/31(土) 07:46:59 ID:HTFvoMr90.net
    幹事をやった私と旦那が不幸だった話

    ゼミ仲間の披露パーティで夫婦で幹事を任された
    同じゼミでのカップルでうちも同じ
    私の式の時も手伝って貰った事もあり快諾
    他にも何人かスタッフはいたけどメインはうちらと新郎新婦
    会場手配から景品とか余興とか、主体は新郎新婦で進んでた
    晴れ舞台なので私も張り切って和服着たり旦那は徹夜明けだったけど司会をやったりした
    子どもは式からお断りだったので泣く泣く置いてきた

    このページのトップヘ