幼稚園児

    641 :鬼女日記 2016/10/16(日) 15:45:30 ID:tec
    幼稚園児だった時の話

    当時両親は共働きで、私は幼稚園が終わってもすぐ帰宅できず、母親の働く個人経営の小さな喫茶店に連れて行かれ
    勤務終了までは店内や近隣で遊ぶのが日課だった。
    人見知りで臆病で大人しかった私には、外で遊ぶにしても隣の家や店舗の路地をちょっと行って帰ってくるぐらいが精一杯だった。
    喫茶店の左隣は、一階店舗二階は住宅があり、二階へは外階段で登れるようになっていた。
    時折中年女性が上り下りするのを見ていたので、誰かが住んでいたのは子供の私でも理解していた。

    そんなある日、その二階の住宅のドアが全開しており、なんとなしに私は階段を上ってみると、そこにはパジャマを着た同い年くらいのショートカットの子供が床に座っていた。
    私は他人の家に勝手に入ってしまった事を思い出し、慌てて階段を降りようとしたのだが、その子供に何かを言われてその場にとどまった。
    だが臆病だった私は「ごめんなさい」を言うのが精々で、頭を下げて謝ると、その子は手を振ってバイバイをしたように見えた。
    私は他人の家に勝手に入った事を母に怒られるのではないかと思って、怖くて黙っていたのだが、幸か不幸かそれについて母からも話は出なかった。
    そしてそんな事があった事も次第に忘れていった。

    時が過ぎ私も大人になり、ある日母と雑談をしている時に、その喫茶店の話が出た。
    当時の母の苦労話を聞きながら、ふと私が「そういえば、隣に私と同じくらいの子供がいたよね」と話を振ると
    母から「そんな子供いなかったよ?」と言われたのが人生で一番の衝撃だった。

    母によると、件の二階には中年女性しか住んでおらず、また喫茶店のあった近隣には当時の私と同じくらいの歳の子供は記憶にないとの事。
    それが事実なら私は一体誰と話をしたのかが、ものすごく不思議なのだが、母も四六時中二階の住人を見てる訳でも
    事情を深く知っている訳でもなく、また私も記憶が曖昧で思い込む事もある幼稚園児だった事を考えると、私の思い込みだった事も否めない。
    だが今でもあの子供のパジャマの色とかヘアースタイルとか、玄関から見た家の中とかはっきりと覚えてるんだよね。
    何をしゃべったのかは覚えてないけど。

    658 :鬼女日記 2012/02/26(日) 01:12:44 ID:0A5nJ72R
    20歳のころ付き合っていた彼氏
    私は学生で、彼は26歳の社会人でした。
    忄生格も外見も私のタイプで、会うたび電話するたびメールをするたび、どんどん彼を好きになってた。

    けれど20歳の2月、母がタヒんだ。
    当時私は東京で一人暮らしをしていたけれど、実家に帰ることになり、春休みだったし新学期まで帰らないと彼には伝えた
    慰めてくれて、俺は待ってるからと言ってくれて嬉しかった

    私には歳の離れた妹がいて、当時幼稚園児
    亡くなった母と毎晩一緒に寝ていたし、ショックで赤ちゃん帰りにもなっちゃって、毎晩私が抱っこして寝かせてた
    毎晩電話していた彼にもそのことを話した
    たしか「腕枕ってされると嬉しいけど、するのって大変だね。妹は小さいけど、腕枕して寝ると朝腕がしびれちゃうよ」みたいな感じに話した
    そしたら、いきなり声をあらげて
    「俺と寝ないくせに妹とは寝るのか!それって浮気だぞ!!」


    一気に冷めて別れたんだけど
    5年たった今でも、幼稚園児の妹を腕枕して寝ることが浮気になるのかわからない

    308 :鬼女日記 2017/11/03(金) 14:33:42 ID:cz3Py5Nh.net
    先日見かけた神経分からん場面
    母親と、幼稚園の帽子を被った子ふたりと、ベビーカーにひとり
    母親は、幼稚園の子ひとりとだけ手を繋ぎ、後ろでベビーカーを押すもうひとりの園児を振り返りもせず歩道を進んでいく
    歩道は車道側へ向かって傾いてるので、ベビーカーもじんわり車道側にずれる
    それを多分一生懸命支えながら、黙って押していく園児君
    十字路の横断歩道を渡る時ですら、母親は後ろに注意を向けずに歩く
    渡り切り、次の横断歩道を待つその段になって、ようやく後ろを確認したけど…

    子供がベビーカーを押したがったのかも知れないけど、それにしたってもう少し確認しながら行くもんじゃないのかと
    せめて目が届くように前を歩かせてすぐ後ろに付くとかさ…
    ベビーカーが車道側に斜めっていくのが本当にヒヤヒヤものだった

    このページのトップヘ