彼女

    1 :鬼女日記 2016/06/19(日) 13:43:59 ID:z9E
    二日ほど前、家の電球が切れてたのと、洗濯洗剤などの消耗品もろもろ切れたので
    彼女が忘れないようにメモに買い物リストを作って一緒に買い物に行ったんだ。
    それが昨日の事。

    だけどちょこっと喧嘩して、俺が気が動転してて
    メモに書いてあったものを買うのを忘れてしまったんだ。
    彼女は俺に「メモ書いてあったのちゃんと全部買った?」と聞いてきたから
    俺は適当に「うん」と言った

    そして今日起きたら
    朝からグチグチ何か彼女が言ってるんだよ。
    昼ごはん買いにいかないと行けないだとか、イライラしてるのが目に見えてわかった。

    だけど俺は我慢して適当に頷いてたんだが
    彼女の機嫌が悪くなるばかりで物に当たるようになって
    台所から「ドン!」とか凄い音がしてきたりして、非常に俺も不快だったんだ。

    そして彼女が
    「洗濯洗剤は?!?!なんで買ってないの?メモに書いてあったよね?
    メモに書いてあった物ですら買えないの?アホ?本当に頭バカなんじゃない?」
    「私難しい事何一つ言ってないよね。信じられんわ。」と言われた

    さすがにカチンときたけど黙ってた。

    そしたらまた物に当たる音が何度か響いてきて
    俺はさすがにキレた。
    長くなるから次に

    684 :鬼女日記 2016/05/18(水) 21:35:51 ID:kPi
    彼女と結婚予定だったけど別れた
    彼女が突然、もう結婚式したくない!結婚もしない!と言い出した
    理由を聞くと、招待客の足代と宿泊費をこちらが出すのと、引出物や披露宴の料理が豪華なのが気に入らないらしい
    そもそも、彼女は貯金がないと言うから式費用は全部俺持ちだから、懐は一切痛まない
    それなのに、主役以外に金をかけるなんておかしい!と怒り狂い、もう嫌、堪えられないと床に伏して泣く彼女に婚約破棄を申し入れた
    婚約破棄後、一部の人から俺が悪いと言われた
    何でも、結婚式は女がお姫様になれる日、それなのに、主役の花嫁じゃなく招待客に金をかけるなんておかしいのだとか
    女の夢を滅茶苦茶にした罪は重いと言われてもわからん
    花嫁に金かけて、招待客にも金かけての何が悪いのか
    ここで全部言うことを聞いておけば、結婚生活もうまく行くんだよって、上手く行くビジョンがみえない
    それにしても、ギリギリで踏みとどまれて良かった

    1 :鬼女日記 2016/05/20(金) 22:24:57 ID:PDYI9QdAa.net
    初恋の人の名前なんだって
    今は当然なんとも思ってないけど
    昔からの友達に教えてるIDやLINE・facebookのIDとかも簡単化のためこれで統一してしまってるから変えられないんだって

    結婚まで考えてた娘なんだけど急に俺苦しくなってしまって

    俺器小さいかな? 心狭いのかな?
    彼女の過去にいちいち嫉妬する気はないけど
    好きだった男の名前のIDを今もずっとあらゆるものに使用しているなんて耐えられない

    変えてほしい でもムリだって
    つらい 逆に俺も無理だよ たすけて

    114 :鬼女日記 2016/05/26(木) 15:30:41 ID:XFt
    4年付き合っていて結婚まで考えている彼女がいるのですが、複数の友人から「地雷だからやめておけ」と言われています。
    友人に言われて悩むくらいなら別れろという意見が多いでしょうが、
    自分の覚悟を決めるためにも、できればここの皆さんのご意見も聞いてみたいと思っています。
    ちなみに先に言っておくと、自分は27歳、転職したばかりで月の手取りは20万ちょっと、Fラン卒という低スペックです。
    父の病気の治療のためにまとまったお金が必要だったので、貯金はほぼありません。

    ◆彼女
    27歳、大学院在学。自分が初めての恋人。
    大学の清掃の仕事をしていた時に、倒れてる大学の先生を介抱している彼女を見かけて、助けに入ったのがきっかけ。
    その後、他の清掃員経由でお礼にお菓子を渡してくれて、たまたま再会した時にお菓子のお礼を言った。
    初対面の時は泡ふいてるおっさんが心配で彼女の顔なんて気にしてる余裕がなかったけど、改めて顔を見たらものすごく美人で、
    わざわざお礼をしてくれた優しさにも惚れてしまい、初めて会ってから半年後くらいに付き合い始めた。
    将来的には、難しいけれど大学の先生になりたいとのこと。

    掃除や洗濯などはするし綺麗好きだけど、料理は家政婦さんがしてくれていたので付き合うまでほぼしたことがなかった。
    出来ないなりに本を読んで一生懸命作ってくれるけど、初めて作ってくれたカレーの肉が100g1500円とかのもので衝撃を受けた。
    随分良い肉を使ったんだね…と言うと、そうなの?と不思議そうな顔。
    もっと安いのもあったでしょうと聞いてみると、あったけど日本産でちゃんと聞いたことのある名前の肉の方がいいと思って…と言われた。
    ごめんなさい、と申し訳なさそうに謝られたから、謝ることじゃないけど今度から安いので作っていいんだよと伝えたら、
    それ以降はオーストラリア産などの安い肉で調理をするようになった。

    こんな感じで金銭感覚がずれている様子だけど、デートで牛丼屋や100円均一の回転寿司に連れていっても
    「美味しいね、楽しいね」とニコニコしながら食べてくれる。しかも彼女からの提案でずっと割り勘。
    付き合ってすぐにあげた、彼女にとっては安物であろう指輪もずっと大切に付けてくれてる。
    「嫌な部分を見つけてしまったら溜め込まずにその場で言う」というルールを作ったからか、今まで喧嘩をしたことがない。

    アルバイトをする暇があったら研究をしっかりしなさいという両親の希望で、バイトはせず小遣い制の実家暮らし。
    研究に必要な経費(本やら遠征費)は親がその都度出してくれているようで、
    本人はブランド物や高い服などに興味がないのでいつも小遣いが余るらしく、それは貯金している様子。

    この彼女と結婚すると、もれなく下記のことがついてきます。

    ・田舎でそれなりの地位の家らしく、田舎のいくつかの土地やお墓の管理
    ・現在彼女が住んでいる家の管理(ローンはないが現在は年に一度(または二度)30万かけて庭のメンテをしている)

    そもそも結婚自体難しいんじゃないかとも思うのですが、
    彼女曰く「真摯に話せばきちんと分かってくれる両親」らしいので、
    結婚する覚悟を決めたらどんなに反対されても頭を下げてお願いしたいと思っています。

    友人たちは「スペックに差がありすぎ」「金銭感覚のずれてる女と一緒になっても苦労するだけ」
    「27にもなって今まで働いたことのない実家暮らしの女は地雷」「田舎のしがらみは怖いぞ」
    「結婚後出て行くお金が多すぎる、お前のスペックじゃ苦労するのが目に見えている」
    「彼女に苦労させるだけ、彼女もうもういい歳なんだから別れてやれ」と言って反対しています。
    自分だけが苦労するならまだしも、彼女に苦労をかけると言われると悩んでしまいます。

    1 :鬼女日記 2016/06/03(金) 16:10:41 ID:Smi0Tsua0.net
    彼女「なんで?」

    俺「だっておまえって辛いの食べられないじゃん、俺甘いカレーって食べられないんだよね~」

    彼女「結婚する気もないのに3年も付き合ったの?」

    俺「結婚する気なかったから3年も続いたんだろ、する気があったらとっくにしてる」

    彼女「ひどい!」


    彼女の友達(男女問わず)から総攻撃食らってるんだがこれって俺悪いのか?
    食べ物の好みが合わない奴となんて何十年も一緒に暮らせないだろ

    1 :鬼女日記 2016/06/11(土) 09:28:47 ID:ra5DyvuH.net
    こないだ付き合って3ヶ月の彼女と電車で出かけたんだよ
    目的地の駅に着いてコンコース歩いてたら財布が落ちてた
    俺が拾って中を見たら大金と複数枚のカードが入ってた
    札1枚を帯封みたいにして10万ひとまとめにしたやつあるだろ?ちゃんと数えてないけどあれが7~8束くらいは入ってたんだよ

    1 :鬼女日記 2017/08/16(水) 02:50:32 ID:cno4dY+td.net
    俺が20歳ぐらいの時の話なんだが
    お前ら聞いてくれるか?

    396 :鬼女日記 2008/12/01(月) 13:35:08 ID:EshLGJQSO
    成仏させるために投下。

    俺25歳 フツメン
    彼女25歳 上戸彩似
    先輩27歳 中学校時代の先輩 イケメンで賢い

    先輩の紹介で彩と付き合って約2年。彩は先輩の会社の後輩だった(今は別の会社)。
    付き合って問題と言う問題もほとんどなく、本当に順調だった。
    結婚の話も出てきて、お互いの親にも紹介した。
    そして家探しや家具探し、新婚旅行の計画なども佳境に入って
    いよいよって時に事件は起こった。

    俺は突然親父に呼びつけられた。「話がある」って。
    部屋に入ると親父とオカンがなにやら畏まって座ってるではないか。
    俺は怪訝に思いながらも「何?何かあったの?」って能天気に聞いてた。
    そしてスっと渡されたのは封筒だった。
    おそるおそる中を見る。
    そしてはじめに目に入ったのが彼女と先輩のキス写真だった。

    1 :鬼女日記 2018/12/15(土) 01:27:57 ID:nQ5
    とりあえずスペック

    彼女A 学生+バイト掛け持ち
    俺B 社会人

    このページのトップヘ