従兄弟

    429 :鬼女日記 2015/10/23(金) 06:47:14 ID:cMN
    私の父には公務員の兄がいて、県内に住んでいる。
    伯父夫婦にとって、伯父の職業と小さい頃から優秀な息子2人(3歳年上&同い年)が自慢だった。
    一方私は4、5歳まで周囲から「普通級は難しい」と言われるほど発達が遅れてた。(結局追いついて普通級判定された)
    伯父夫婦からは、その件をネタに祖父母がいない時pgrされてきた 。

    ・冬休みの宿題で出された問題を間違えた→伯父「こんなのも解けないのか?やっぱ言葉が遅かったから学力低いなぁプッどうせ将来ろくな仕事に就けないなwww」
    ・市民マラソンの小学生の部で入賞→伯父嫁「でも短距離走苦手でしょ?歩くのが遅かったから(ry」
    ・公立高校受かって母娘で一安心→伯父嫁、母に向かって「ムチュコタン達に比べたら大したことないプッ母親が高卒だし保育園行ってたから(ryあっ、障害あるから幼稚園に入れなかったんだっけ?」
    父が〆ても無駄だった。
    従兄弟達は親譲りの性格で私を「池沼」と呼んできた。

    446 :鬼女日記 2012/04/18(水) 21:11:34
    新婦従兄弟として出席した結婚式
    新婦は地元出身だったため知人の出席者は20人以上いた。
    一方の新郎は他県出身のため知人の出席者は6人だった。
    新婦側出席者は新郎は友人が少ないネクラなどと馬鹿に入していた様子だったが6人の肩書を知って一同呆然とした。

    新郎恩師1
    新郎出身大学の名誉教授

    新郎恩師2
    新郎出身大学の教授

    新郎先輩1
    高校教師

    新郎先輩2
    省庁官僚

    新郎同期
    有名IT企業社員

    新郎後輩
    国連関連機関職員

    というエリートぞろいだった。
    新郎自身も有名ではないが世界シェア1位の企業の工場長(新婦はその工場の従業員)
    一方の新婦側は中高時代の知人がほとんどでDQNばっかり。
    新婦側の独身(既婚もいだが)は先輩、同期、後輩に言い寄ってくるし(後輩はなかなかのイケメンだったため特にひどかった)
    教授には子供の進学に有利なように推薦書を頼む親がいた。(当然断られたが)
    あまりのひどさに新郎親戚は呆れ果て新婦は恥をかいたと泣き出す騒ぎとなり
    新郎知人が不幸になり新婦側が恥をかく式になってしまった。
    後日聞いた話では新郎は騒ぎを起こす恐れのある人は初めから招待する気はなかったらしい。
    人数よりも質を重視しようと来年挙げる式の招待客を考えつつカキコ

    582 :鬼女日記 2017/08/08(火) 20:56:06 ID:9D4
    三年前の話。息子が生後8ヵ月のときに、旦那が見知らぬ赤ちゃんと幼児を連れてきたことがある。
    赤ちゃんは生後半年、幼児の方は3歳。
    何事かと思ったら、旦那の従兄弟嫁が意識不明の重体で、子供を見られる状況では無くなったらしい。
    私は呆然としながら、父親(従兄弟)は・・・?なんでうちに連れてくるんだ?と旦那に詰め寄った。
    従兄弟は育児を嫁に任せっきりで、突然その嫁が重体になったものだから持て余しているのだという。
    従兄弟両親も嫁両親もご高齢で、面倒をみることできないらしい。
    旦那はなんの相談も無しに勝手に子守りを引き受けて連れてきた。
    お前(私)はすでに一児の母。若いんだから子供が1人や2人増えたところで変わらんだろと他人事。
    俺はこれから夜勤だし、よろしく頼むわ~と夜勤に出かけようとした。
    私は腹が立って、旦那に夜勤を休むように言った。仕事に行きたいなら、私以外の預け先を探してから行けとかなり揉めた。
    私は育休中の実質専業。昼間は昼寝させとけばいいんだから、お前(私)1人で事足りる。なんでわざわざ別の人間を探さなければならないんだとご立腹。
    1歳にも満たない子供が2人、おまけによく動く3歳児を私1人で見られるわけがない。
    すぐに義母に助けを求めた。幼い子供がいて体調もわからない状態で揉めてる場合ではないと思って、
    とりあえず役立たずの旦那は仕事に行かせた。
    義妹も来てくれて、とりあえず1晩は乗り切った。
    アレルギーもわからないし、何かあったらどうしようと冷や汗ものだった。
    従兄弟本人には連絡がつかないし、ご高齢の従兄弟両親にもどうにか状況を伝えた。
    従兄弟両親は、申し訳ない申し訳ないと泣いていたよ。
    孫達は私達で見るからと弱った足腰に鞭打ってこちらに来ようとしたので義母と義妹が連れていってくれた。

    このページのトップヘ