復習

    242 :鬼女日記 2016/08/04(木) 22:13:55 ID:gIs
    俺は高校時代に秋田犬を飼っていた
    名前はヤタロウといった
    少々ヤンチャでよく吠えるが、その分人懐っこくて夜寝る時なんかは
    家にいるとたまに俺の布団に潜りこもうとするかわいいヤツだった

    当時の俺はイタズラ好きで、散歩中にワザと軽くヤタロウを人にけしかける事があった
    ヤタロウの方も犬嫌いな人間がわかる様で、噛むか噛まないかギリギリのところまでリードを伸ばし
    キャンキャン吠えさせると、相手によっては怯えたりワザと気にしてないように強がったり
    大の男が本気でビビって悲鳴を上げたり、といった反応が面白くてやっていた

    そんなある日の事、夜散歩していた時、仕事帰りの大人しそうなサラリーマンが通りかかった
    俺が連れている犬を見て一瞬だがキョドったのを俺とヤタロウは見逃さなかった
    少しリードを緩めてヤタロウをサラリーマンの方にけしかけた
    ヤタロウは犬嫌いな人間が嫌いなので当然吠えまくる
    ただでさえビビりかけていたサラリーマンは「ひゃっ!」と悲鳴を上げてビビリまくっていた

    そこで俺が「すみませ~ん、ウチの犬が…」と半笑いで謝って終わる話、だったのだが
    突然サラリーマンがヤタロウの脇腹を蹴り上げた
    短い悲鳴を上げて吹き飛ばされ、そのままピクピクと痙攣するヤタロウ

    「ヤタロウ!しっかりしろー!!」
    サラリーマンを思わず全力で蹴り飛ばした後、すぐさま俺はヤタロウにかけよって抱きかかえた
    痙攣しながらひゅーひゅーと苦しそうに息と血を吐くヤタロウは明らかに尋常じゃない様子だった

    すぐさま家に戻って家族と一緒に病院に向かった
    その時俺の頭にはサラリーマンの事がすっかり頭から飛んでいた…

    28 :鬼女日記 2012/05/20(日) 17:53:15 0
    ヌカならごめん

    ジェルネイルを趣味でやってる私
    材料費自体はそんなでもないので友達には差し入れもらったり
    するのですごくいいお小遣いというか物資稼ぎになってる

    でも近距離別居のトメには絶対やってあげない
    タダでやってもらって当たり前見たいに言うから
    テンプレ通りの嫌がらせと嫌味も言うし

    でもこないだ同窓会に行くからやれ!と出発前に来た
    なので前々から温めてたプランを実行
    施術に2時間くらいかかるけど下処理も適当に
    1時間くらいでネイルを施してやった
    その間ずっと孫梅男梅同居汁できそこないの嫁!と言いたい放題

    タクシーの到着と同時に出来上がったネイルを見て激怒

    両手に黒ベースで
    右手にはゴールドのラメで "くそばばあ" 
    左手にはシルバーのラメで "よめいびり"

    タクシーの運転手は幼馴染のお父さんで我が家の事情も知ってるので
    "ほらほら、遅刻しますよ♪"と連行してくれた

    ざまぁw

    694 :鬼女日記 2016/04/29(金) 20:20:30 ID:SQR
    3年前に今の家に引っ越してきた。
    隣の家は夫婦と子ども、奥さんの母親が同居している家。
    住み始めてすぐ、隣家の庭から舞う落ち葉がすごいことに気づいた。
    2F玄関から1Fガレージに降りる階段と踊り場に葉っぱが溜まってくるので、毎日掃き掃除をしていた。
    道路にも落ち葉がすごいからお向かいさんも掃き掃除をしていたのだけど、隣家は全然掃除をしない。
    隣家はバラも育てたりしているのだけど、自分ちだけが綺麗だったら他はいいという感じっぽかった。
    造園業者が隣家に来ていた日、チャンス!と思い、隣家のおばあさんに
    「そちらの壁をはみ出ている部分は、切ってもらえないか。うちの外階段から切ったら簡単に切れるから」
    と提案半分・文句半分で話したけど「ああはいはい」と生返事するだけでスルーされた。

    台風が来て、我が家が葉っぱだらけになった時、玄関に出るなり「うわっすごい、葉っぱだらけ!」て言っているのを
    隣に聞かれてしまったのだけどニッコニコで話しかけられて「自然はいいでしょうー♪」とかお花畑な対応。

    860 :鬼女日記 2011/10/07(金) 01:11:14 0
    毎日旦那のいないところで小言を言われ続け、馬爪出て行けとさんざん言われ続けてた
    灯油を買って帰ってきたとき、「遅い」と言われなじられた
    そこで何か糸が切れて、持っていた灯油を家中にまいて
    トメのライターで火をつけた、トメ呆然
    でも着火しなかった
    家ごと焼いてしまおうと、車のガソリン抜きに外出たところで、
    たまたま帰ってきた旦那がわたしを止めた
    そのまま別居になり、トメとは会っていないし、生きているのかすら知らん

    635 :鬼女日記 2011/04/30(土) 16:54:05 O
    流れぶった切って投下。
    テンプレ通り、いやそれ以上の同居トメに先日の節分の日にDQ返しました。

    節分なんで豆まきしましょ~とトメを誘い、豆まき開始。
    やっぱお面をつけて豆まきしたほうが盛り上がりますよね~とお面装着。
    最初は私が鬼役になり、豆をぶつけられる。

    トメやたら嬉しそうに豆をぶつけてきたが、まぁいい。
    一袋分まき終えた後に『じゃあ次はトメさんの番ですよ!』トメに交代。




    ここでパチ〇コ屋勤務の友人から譲ってもらったパチ〇コ玉小さなキャリーバック一つ分初登場。
    『ちょ、なにそれ!』
    トメ、アワアワしてたけどシラネ。
    私はいいわよやらないわ、と言い張るトメに『じゃあお面なしでもいいですよ~トメさんそのままでも鬼みたいな顔ですし。それにトメさんみたいな鬼には普通の豆じゃ太刀打ち出来ないですよ。』

    このページのトップヘ