復讐

    163 :鬼女日記 2016/05/05(木) 12:19:07 ID:dzr
    姑と義姉の性格が悪い。
    私たち夫婦の結婚披露宴の時に義姉が「旦那はおばあちゃんにかわいがってもらったから。」とか言って
    完ボケの旦那祖母を車いすに乗せて披露宴に出席させたおかげで
    披露宴めちゃくちゃ。
    旦那祖母が「もっと食べ物―。うぎゃー!!助けてー、ここの人たち意地悪する―!!」
    みたいな感じで手の届く範囲の食べ物をぐちゃぐちゃにしたりとカオスな状況に。
    もちろん披露宴はめちゃくちゃ、友人たちからは同情されまくり。
    旦那祖母にもかなり腹は立ったけど、施設にいるのを無理やり連れてきた義姉の方が腹立たしかった。
    旦那はばあちゃんには世話になったからこらえてくれ、姉ちゃんも俺とお前の晴れ姿を見せたかっただけなんだから
    勘弁してやってくれって言われた。
    姑に至っては、義姉の優しすぎる性格が裏目に出てしまっただけなんよ、だってさ。
    その言葉わたしの胸に刻んだわ。と思ってこの13年過ごしてきた。
    他にも私の家族をけなしたり(何も迷惑かけてないのに)生活版によく書かれるようなことは
    一通りやられてた。両親から少なくとも1年は努力しなさいと言われて嫁に出されたこともあり、
    我慢してたら1年が終わるころに子供ができてずるずるときてしまった。
    子供ができてからは今までのこともありできるだけ疎遠にはしてたけど、
    4,5年前から姑がぼけだしてからは介護はほぼ私任せ。
    現在、遺伝なのかなんなのかわからないけど姑が完ボケ、旦那祖母にそっくりになってきてる。
    GW明けに義姉の娘の結婚披露宴がある。
    私の優しすぎる性格が裏目に出てもしらんと旦那には言ってある。
    旦那は現在義姉に言うか言わないかをものすごく迷ってるみたい。
    姪ちゃんの披露宴の日にちゃんとお義母さん車に乗せてね。それとも
    介護タクシー頼んでくれる?と全部旦那に任せてる。
    もし義姉にちくったり、姑を披露宴に出すのを拒否するようなら、
    今までいろいろされたことの証拠を持って離婚するだけ、未練ははっきり言ってない。
    円満夫婦みたいにみんな思ってるけど子供が一人立ちしたらきっちり別れると決めてるから
    予定が早まるだけだしね。
    披露宴が楽しみだ。

    528 :鬼女日記 2014/12/04(木) 01:46:02 ID:wmZChrD0.net
    武勇ってほど強いことしてないし、
    スーッってほどスーッともしないが、
    「いじめっこへの復讐完了」って点では合ってるので、書き込む。
    上のも読んだけど、私は許せなかった、って言う例。

    小3から中3まで、断続的に6年間、数グループから虐められてた。
    部活グループからは、乱打に参加させてもらえない、準備片付け押し付けられる、宿題は全て私持ち(学力的な手加減も要求される)。

    ご近所グループからは、呼んでないのに毎朝迎えに来られた上、登校までの途上、私のダメさ加減を延々聞かされる。
    私の方が小さいので、中々の力で上からバシバシ叩かれる。
    宿題は私持ち(上に同じく要手加減)。
    教科書隠されるとか上履きが体育館の梁に引っ掛かってるとか日常茶飯事。
    今思い返せば、何で先生方は動いて下さらなかったんだろうか。

    その内の一部、ご近所グループの筆頭、Aちゃんへの復讐が、多分終わった。

    Aちゃん宅は家の裏手で、幼稚園から中学校まで一緒だった。
    当時の私はよく解らなかったが、うちの母は何故かAちゃん家を警戒しており、なるべく私を遠ざけようとしていたようだ。
    ただ色々事情もあって、「踏み込まない程度のお付き合い」で済ませようとしていた様子。
    小1~2くらいの頃は、ちょこちょこ動く私を気に入ってか、Aちゃんもよく構ってくれた(正直要らんかった)。
    彼女の方が発育がよく、私の方が半年年上なのに身長が常に10~20センチくらい違ってたのも原因かもしれない。
    私も、いつ如何なる時も堂々としている彼女の態度には憧れたし、別段害も無いので(当時から本当にこういう思考だった)ついてってた。

    606 :鬼女日記 2011/11/12(土) 19:41:46 ID:/6stTD9V0
    私の友達と浮気した彼氏に7ヶ月かけて陰湿な仕返しをした話。

    彼氏と浮気した友達(以下A子とする)は
    中学の同級生で、私をずっと「不思議ちゃん」「天然」と言っていじっていた。
    まあ遠まわしにバカにしてたってことなんだろうが
    鈍い私は浮気の件が発覚するまでそのことすら気づいてなかった。

    そういえば彼氏もやたら最近
    「おまえは天然ww」「霊感あるってほんと?ww」とか言ってたなぁ…
    あれはA子の影響だったか…
    と色々納得がいったと同時に腹が立って
    ねちねち地味に報復することにした。

    474 :鬼女日記 2011/07/29(金) 20:21:14 0
    書き捨てる、暴力話でごめん。

    以前、別れ際に糞の様な義実家(元夫コトメコウト含めDV)に最後っ屁かました。
    嫁の貯金も物も服も靴も取り上げて、外面だけ良くて隠れて暴力、マジで糞。
    DVで刑事と民事で訴えて、義実家全員無職にしてやった。
    信用仕事の自営業一家だったから、依頼が来なくなって自営畳んで、
    再就職しようにも田舎でろくな仕事もなく細々とかつかつの農業するウトメ。
    コトメもコウトも職歴実質ゼロの引き込こもりで、何をやってもすぐやめる。
    (自営の税金対策として名前貸して、小遣い貰ってただけ)
    元夫は結婚生活最後あたりから重度のアル中、仕事はまず無理。
    もちろん色々と噂になってるから、もう縁談なんか来るはずもない。
    執行猶予付いたけど、履歴書の賞罰欄に書かないといけないし。
    貯金とか車とかはむしってやったけど、家土地には資産価値がほとんどないので、
    売り払って引っ越しもままならず、全員田舎で腐っていけ。

    DQNな部分は、逃げだした時、近所の有力者の家の前でわざわざ行き倒れて、
    そこの娘さんや奥さんに助けてもらい、近所の人たちすべてを味方にし、
    同情と義憤をあおって全面的に協力を頂いて村八分にしてやった事。
    鼻血まみれでボロボロのまま、平和な田舎を大騒ぎにしちゃってすまんかった。
    無一文だったので当座のお金も貸してくれて、義実家からもかくまってくれて、
    うちの娘がこんな目にあったら許せない、とマジ泣きされてしまった。
    ド田舎なあなあ警察にも睨み効かせて仕事させてくれた有力者さんには、
    慰謝料からきちんとお金はとお礼は返したが、まだ恩は返せていない。

    381 :鬼女日記 2011/03/03(木) 02:31:04 ID:k/x3rbx1O
    高校の頃、精神的に弱っていたオレに「オレだけはお前の味方だから」と言っていたA。
    大学に入り、Aは大阪へ。オレは心機一転と思ったものの、友達や幼なじみが立て続けに3人タヒに、元々体が丈夫じゃないが体調も芳しくなく、不安になってAに連絡を取ろうとしたが、ほとんど反応がなくなった。


    そして高校の部活の仲間で集まった飲み会。Aは「サークルめっちゃ楽しいし、彼女できたんだ。今めっちゃ幸せだよ」と言う。
    自分の中で何かが壊れた音がした。


    Aはサークルでオレのことを話していたらしく、サークルの人はみんなオレを知っているらしい。オレはそのサークルの面々に会いたいと言い、その場で遊びに行く日取りを取り付けた。

    845 :鬼女日記 2014/08/10(日) 17:34:51 ID:dZFsXzLWR
    子供に手がかからなくなり私は正社員である会社に就職した。
    会社の先輩に中学時代のいじめっ子で契約社員のA子がいて私に嫌がらせを始めると周囲は我関せず。
    朝礼や会議があるのに知らされない、他の人も連絡を回してくれない。
    同期は新卒ばかりなのでけ周囲の雰囲気と先輩には変わりのないA子に逆らえず・・・。
    周囲と同期は私が居なければ上司に何を聞かれても「私さん?いいえ、知りません。」と返事をした。
    サボっていると判断された私は朝礼で何度も上司から注意を受けた。

    半年もすると色んな部署から辞めていく人が出てきて自然と周囲は私に冷たくすることが無くなった。
    それでは困るA子は私の書類をシュレッダーへ掛けるようになった。
    私は雑用へ回り周囲に「事務用品が余っているから」と、さりげなく私が使っている色違いで同じ型のクリアファイルを配布した。
    数日後、たな卸しが終わったように見せかけ休憩中に周囲と他の部署へ再び余っている事務用品を配布。
    それから上司のファイルと同じ色をした私のクリアファイルをすり替えた。

    先週の木曜日、会社へ行くとA子と上司が会議室で土下座している!と話題になった。
    先週の金曜日、A子は急病で休みのはずだったけど人事部に上司と共に召還された。呼び出されたA子は「今日は休みだから」と森ガールで登場。
    明日、私は会社へ出社するのが楽しみでならないwww。

    633 :鬼女日記 2017/09/24(日) 01:20:13 ID:4L/YgTb20.net
    浮気する奴は頭がおかしい
    発覚しても嘘を突き通そうとする
    「嘘も突き通せば真実になる」って名言のつもりでドヤ顔してるし
    それを嘘つかれた人に面と向かって言ってもねw

    だからやらかしてくれた馬鹿2人をネ果にして一緒にくくりつけて
    人気のない山奥に捨ててきてやった
    口にもガムテぐるぐる巻きにして小屋の中に縛り付けているから
    ちょっとやそっとじゃ逃げれてないだろう

    3日後に見入ったら嫁のやつ壊れていたよ。間男(DQN)ももう少しで壊れるだろうから
    更に目隠しして3日放置したった

    流石に目隠しまでしたおかげで間男も壊れてました


    その後嫁はその筋の施設の隔離病棟に入院している
    間男はパーチクリンな頭で正しい判断ができないのにバイク乗って事故って・・・・
    葬儀をする家族も無く無縁佛で処理されている

    これで俺の復讐は完了

    俺は札人の容疑で引っ張って行かれたけど
    俺も精神的に・・・と言う理由で不起訴になった

    どうしてここまでかというと
    俺の子を妊娠している時に間男に口説かれて浮気してるんだぜ。妊婦さんがよ?
    で、その行為のせいで子が流れてさ、ラブホから救急車で搬送されてるんだ
    間男「お前が孕ませるからだろうが!!!!」ってさ、俺たち夫婦だったわけで
    子作りは悪いことでもなく当たりませだろ?
    しかも119番にかけてやったから謝礼払えってさ、なんで浮気しておいて100万とか請求するん?

    まあ俺も壊れているのかもしれないけどな

    140 :鬼女日記 2015/09/19(土) 05:00:41 ID:H20
    新卒で入社した会社で、先輩女子社員に酷い目に遭わされた。
    その先輩女性.社員Kさんは、私の3歳上。女優の南果歩に似たシジミ目。
    とにかく仕事をしない人で、協同でするはずの作業も八割以上は私に投げっぱなし。
    あまりのハードワークに先輩社員に相談したら、創業者一族の遠戚(コネ)だから、我慢するしかないと諭され…
    就職して二年半で胃に穴が空き、腹膜炎を起こしかけて電車で倒れて救急車搬送→緊急手術→入院。
    自宅療養中にパニック障/害その他諸々の症状が出たので退職した。

    うちは、祖父と兄が不動産屋を経営し、
    父と姉が不動産管理会社をやっている。
    私は、管理会社の方で働かせてもらうことにした。
    その後、中学の同級生と26歳で結婚。子供も2人産まれて、忙しいが平和な日々だったのだが……

    私が30代なかばになった頃、祖父の不動産会社が管理するマンションに新規入居者が入ってきた。
    あのKさんと旦那さんだった。

    私が朝、共同集積所からマンションの前にゴミをえっちらおっちら運んでると、後ろから声。
    「あら! 私さんじゃないの! あら、どうしたの?」
    Kさんは、意地悪な笑みをニヤァーッと。
    私が作業着を着て、ゴミを通りまで運んでるのを見て、嬉しそうに
    「あらあら、お仕事中なの? ご苦労様ね。うちのゴミもお願いね。がんばってー」
    二十代の頃の私だったら、その場で固まっていたか、うろたえていたかもしれない。
    しかし、私も子供を二人産んで、強くなっていた。
    「おはようございまーす! このマンションに引っ越してらしたんですねー!」
    会社勤めだった時と大違いの、私の大声にKさんは驚いていたようだった。

    285 :鬼女日記 2019/11/11(月) 18:14:02 ID:Lx.kk.L1

    去年の同窓会で
    友人が実に数十年の期間を経ていじめっ子に復讐を果たした
    という話題が出た
    俺や同じように苛められた連中はすごいなぁと褒めたが
    他の連中は今頃そんなことするなんて可哀相だと言った
    そこから同窓会が荒れに荒れた。

    自分や自分の子供が同じ目にあっても同じような事をいえるのか?
    時間が経ってから復讐なんて卑怯だ
    などと言い合いが続き事態の収拾がつかなくなって
    店主に追い出される形で解散をした
    結局いじめなんてされた事がないとどれだけ
    辛かったかなんて分からないんだな

    97 :鬼女日記 2007/08/13(月) 02:02:55
    そういや俺も元嫁が間男に>>90見たいな俺の愚痴を言ってた事もあったな
    最近消息わかんないけど元気にしてんのかね、あいつら

    このページのトップヘ