復讐

    365 :鬼女日記 2012/11/15(木) 15:17:41 ID:0oDMCD2OO
    プチ復讐かもしれませんが投下。
    高校3年生の時の話です。

    私:地味子で極度の運動音痴、英会話部。夏休みは文化祭の部活の出し物として英語の人形劇をやろうということになり、ほぼ平日は毎日学校に通い劇の練習をしていた。
    A子:小学生から高校まで同じ学校になった同級生。中学生の頃から私に嫌がらせをする。ソフトテニス部、そこそこ上手い。目立ちたがり屋。

    当時、夏の体育の授業はソフトテニスだった。班分けで私は偶然にもA子と一緒になってしまった。
    また嫌がらせ(陰口等)を言われるのだろうな、嫌だなぁと思っていたが予想は当たった。
    A子がサーブしてくるが、全くボールを打ち返せない。まず距離感が掴めない。何度やっても駄目な私に、コートの向かいからA子は「私さん!あんたいつまで経っても下手ね!いい加減にしてよ!」と毎回激を飛ばしてきた。
    これは私が運動音痴なので言われても仕方がない…と思い我慢していた。

    578 :鬼女日記 2012/12/02(日) 16:01:15 ID:0gY5Sc6L0
    長文すみません、高校時代のことです。

    自分は普段から、ノートを取らなかったり提出物を出さなかったりで、一部の教師から嫌われていました。

    受験も近づき、これではまずいと一念発起。その前の期末では平均点に届くかどうかの成績でしたが、実力考査で一気に学年4位にまで成績を伸ばしました。
    各科目の教師から「やっと本気になってくれたな」とか褒められて次からも頑張ろうと思った矢先
    地理の教師(仮にT)が答案を渡した後、私を指導室に呼び出しました。カンニングしただろうと言われたわけです。

    Tは日頃から私の事を毛嫌いしていましたが、指導室ではしつこく私を責め立てて、そしてたくさん毆りました。 体罰とかそういうのが問題になる前だったからかも知れませんが…

    899 :鬼女日記 2012/09/03(月) 14:11:20 ID:pThebADK0
    中学時代、俺に濡れ衣を着せて不登校に追い込んだ女がいた。
    そのため内申がなくてくそみたいな高校に進学した。
    くそみたいな高校だから成績はオール10.
    それで信じられないような国立に推薦入試で入れた。

    332 :鬼女日記 2011/09/16(金) 10:35:38 ID:X723mqGaO
    長文です。

    同じ会社で働く彼と付き合い出したのは、私からの告白がきっかけだった。
    友達いわく、誰が見てもちょっとキモオタ、なんか違う意味で怖いW
    そんな彼だけど、いつニコニコしていて、そこにいるだけで場を和ませる彼が大好きだった。
    ところが、付き合いだしたら、今までの彼とは全く違い常に意地悪をしてきた。
    俺はお前の顔嫌い、服が嫌い全部嫌い、俺は○○さんのような女と付き合いたかったのに、
    なんでお前が彼女なんだ?と言われて、私が泣くと
    お前俺の事好きなんだろ?お前が付き合いたいって言ったんだよな?とご満悦で、優しい笑顔になった。
    その笑顔を見ると、私が頑張れば優しくしてくれるかな?って色々尽くして努力した。
    冷静沈着な罵倒で、泣かされてばかりだけど、彼は私以外には優しいから私が悪いんだと思っていた。
    彼以外の社員からはモテてるのを知ってるのもあって、私が褒められている話をうれしそうにするようになって
    色々な場所に連れて行ってくれたり、彼がたくさん笑ってくれるようになり、すごく幸せになった。
    努力は実るものなんだね。
    彼が撮ってくれたたくさんの写真を二人で眺めて、こっち向いて微笑んでくれた。
    泣きそうなくらい幸せだったからつい、私の事少し好きになってくれたの?って聞いてみた。
    そしたら急に彼の顔が真顔になって、全っ然っ好きじゃないどころか嫌い!!
    嘘~っ?まだ1個も良い所見つからないかな?まだ私の事嫌い?
    は?お前に良いところなんて、どこにあるの?どこを好きになれば良い?教えて欲しいよ。
    いつもながら冷静沈着なトーンで言われて、慣れてはいたものの、このタイミングでそれ?
    今までの事が走馬灯のように頭をグルグル駆け巡り、やっと目が覚めた。

    6 :鬼女日記 2016/09/24(土) 03:06:57 ID:cxHbfaHe.net
    書き溜めてないのでゆっくりなのと、復讐になっているか分かりませんが...長くなるかもしれません。

    スペック
    ※フェイク入れてます


    当時18歳(現在アラサー)
    アパレル店員
    カワウソ似
    小太り

    元彼
    当時25歳
    アパレル店の先輩
    某お笑い芸人(おっさん)似
    長身

    751 :鬼女日記 2016/05/27(金) 01:48:08 ID:4O1
    旦那が宗教に嵌ってる
    8桁献金しようが家に帰ってこなかろうが家族誰も何も言わなかったんだけど、長女が中学生、高校生と上がるたびに娘への勧誘がひどくなり、
    娘が一向に宗教になびかないと解ると、同時に私への勧誘も酷くなった
    でも旦那に話したところで宗教に冒された脳みそって会話ができないのよ
    旦那の親戚にアスペルガーの子がいるけど、その子より話し通じないから恐ろしい
    だから皆無視する事で平和を保ってたんだけど、ついに家にまで勧誘しにくるようになった
    特に娘の勧誘が酷くて、なんと娘と同年代の子がわざわざやってくるの
    しかも複数人、学校の帰りにくるのか制服の子が多かった
    娘自身が追い返してたんだけど、後で聞いた話、かなり下衆い勧誘されてた

    で、何がスカッとするのかというと、娘の復讐方法
    娘は一見相手の下衆い勧誘に興味を示したフリをして、頻繁に家におびき寄せてた
    相手は何とか勧誘したいから、「興味あったらいつでも連絡して!」と名前と電話番号とメールアド乚スと宗教での所属を書いた紙を置いていく
    娘が巧みによこせと言ってたのかもしれないけど、日増しにその紙が溜まっていった
    そしてある時、その手紙のコピーとインターホンの来客映像(我が家のインターホンは映像と音声が児童録音される)のコピーと一緒に、勧誘にきた子供たちの所属する高校へ
    「そちらの学生の○○という方が怪しい集会に加入しており、頻繁に勧誘に来ます
    年頃の男忄生がおり、仲良くなれるといった、売春を伺わせるような勧誘も受けています
    大変迷惑しておりますので、警察に通報します」
    と一斉にメールと手紙で送りつけた
    面白いくらいにピタっと勧誘が止まった
    更に私宛にはよく固定電話がかかってきていたのだけれど、全部旦那と繋がりのある人たちの携帯からなので、娘が片っ端から番号を記録、一斉に着信ブロックを行った
    もちろん旦那宛ての電話も番号がブロックされてるのでかかってこない
    更に説明書を故意に隠したので、機械音痴の旦那は解除もできない
    宗教関係の人間関係でよほどトラブルになったのか、旦那は面白いくらいに娘に怯えるようになった
    「私に関わるとどうなるか解った?」と娘のセリフに「誰のお陰で学校に行けてると思ってるんだ」と返し
    「誰のお陰で自由にカルト宗教できてるのか理解してないの?」と神棚を神質にとられて旦那たじたじ
    最近は捨て犬を保護した長女に「うっかりすると犬がいたずらしちゃうかもね」と言われて部屋にバリケードを張ってるし、部屋に篭りがちになったので本当に平和になった

    304 :鬼女日記 2014/12/23(火) 16:31:34 ID:Gko
    私がバイト先の客とオーナー夫妻にした復讐。
    大学2年になってすぐ、地元のファミレスでバイトを始めた。(前のバイト先が閉店したため)
    そこは、夫婦で経営(妻がオーナー、夫が店長)していたが、責任転嫁は当たり前だった。
    ここまでが前提。

    その日は平日の夜だった。
    そんな中、母親(以下キチママ)、中学生の姉(以下キチ長女、ジャージで分かった)、小学校高学年くらいの姉(キチ次女)、中学年くらいの男児(キチ息子)の一家が来店。
    だけど、男児は落ち着きがなく店をチョロチョロするわ、ゲームしてるわ、大声出すわでマナーなど皆無の状態。
    一緒にいる母親は注意もしない。キチ次女が「××!走っちゃだめ」と叱るも効果なし。
    ××……イ谷に言うDQNネームじゃん!
    見かねた他のお客様から「こんなところで走ったら危ないだろ!熱いもの持ってる店員もいるんだからぶつかったらやけどするぞ!」と怒鳴られる始末。

    411 :鬼女日記 2016/03/09(水) 15:44:49 .net
    メール
    「今日は牛のステーキだよ!ワインがいい?」

    日曜に上野で買ってきて下拵えして冷蔵庫の奥で熟成させてたA3サーロインタヒ亡のお知らせ
    土曜に俺が焼くって言ったはずなんだが…

    675 :鬼女日記 2020/01/06(月) 16:29:53 ID:Orf
    年末年始は仕事で、今日から数日休みなので帰省してる。
    実家に着いて荷物を整理してたら玄関が騒がしくなり、何事かと襖を開けたら飛び込んできた知らないおばさんに掴みかかられ、訳がわからないうちに天井を見てた。
    柔道でぶん投げられたらしい。
    分厚い脂肪がクッションになったのか私はノーダメージ。
    むしろ私は視界が襖→廊下→知らないおばさん→天井とくるくる移り変わって処理が追いつかない方にパニック。「は?」しか言えないロボットみたいになってた。
    デブな私を投げた細身のおばさんがバランス崩してるすきに旦那が間に入り、同日に帰省してた妹の彼氏が駆けつけておばさんをつかまえてくれた。
    私の修羅場はここまで。

    後から駆けつけた母に宥められ、リビングで全員テーブルについた。
    おばさんもパニックになっているようで、まくし立てているんだけど文章に必要な要素がたびたび欠落してよくわからない。
    母がお茶を淹れながらおばさんが父(昨年没)の方の親戚だと教えてくれた。
    おばさんは私達がおばさんのことを知らないのに動揺。
    なんとか話してくれたことによれば、全ての元凶は祖父母だった。

    340 :鬼女日記 2016/12/15(木) 10:59:57 .net
    私を散々䖈めた男と20年ぶりに遭遇しかもヘラヘラ話し掛けてきた
    いいパパ面してたのがむかついて妻子の前で恨みつらみと今でも許してない旨伝えたら本人青くなって奥さんと年頃の娘さんが謝ってきた
    これから妻子に軽蔑されて生きていけばいいわ

    このページのトップヘ