835 :鬼女日記 2016/12/20(火) 17:04:09 ID:8S6
今日、姉がヨメトメ戦争を勝ち抜き旦那を捨てて 出戻ってきたので吐き捨てていく。

俺には七つ上の姉がいる。
昔から負けん気が強くて男勝り、昆虫観察が趣味の少し変わり者の姉だった。
この姉がいなかったら、俺はきっとタヒんでたと思う。というのも、ひどいイジメにあっていたからだ。
その時姉は既に社会人で実家におらず、俺もイジメられていた事はいえなかったんだが、やっぱバレるもんなんだな。
ある時、本当にたまたま実家に遊びに来た姉と、下校中に鉢合わせた。
その日も殴られてたから、俺は傷だらけだった。姉は俺の顔を見てサッと表情を無くしたよ。
いつも笑ってる姉だったから、この時のことはよく覚えてる。このあとの事も。
転んだって言い訳する俺に「誰にやられた」って真顔でさ。結局、その迫力に負けて首謀者と取り巻きの名前を教えた。
そしたら姉は、そいつら(中学の時の同級生だから徒歩圏内)の家に殴り込んだ。文字通り、竹刀担いで。
竹刀こそ肩に担いだまま使わなかったものの、演劇部で鍛えた姉の声量は物凄かった。
夕暮れのご近所に姉の怒声と抗議の声と泣きながらの絶叫が響き渡った。
それを4軒、きっちり。最後の方はのど飴舐めて「あーえーいーうーえーおーあーおー」って発声練習?しながら、徒歩で回った。
結果として、イジメは収束した。
それどころか近所中でヒソヒソされまくり村八分に近くなったいじめっ子の家はみんな、二年と待たず引っ越していった。
俺に対する謝罪はもちろん無いままだ。
良くも悪くも田舎で、まだまだ昔の価値観に染まってた土地だから、相当陰湿に言われてたと思う。
姉の無双っぷりに胸が透く思いだったから、そんなもんいらなかったけど。
こんな事あったよね、と姉に言ったら
「あんたも結婚して子供できたんだからしっかりしなよ、親と実家は姉ちゃんが面倒みるから嫁と子ちゃんと守れよヘタレ」
と返された。俺きっと姉にはタヒぬまで勝てないと思うけど、ヘタレなりに頑張ろうと思う。