怒鳴り声

    199 :鬼女日記 2005/02/08(火) 01:20:36
    結婚して24年、それはそれは我慢の日々でした。
    21で何も知らずに結婚して
    私ったら、口はうまくないし、要領悪いし
    家のことなんもできんかったし、
    そりゃ、姑にとっては格好の餌食だったんでしょう。
    舅がタヒんでいないから、息子(ダンナね)しか頼れない。
    まあ、褒めてあげたいくらい裏表の使いわけが上手でした。
    私と二人の時は罵詈雑言投げつけて、あたかも奴隷のように扱われましたさ。
    私は私で、何も出来ない自分に自信がない上、日々言葉の暴力を浴び、
    さらに自信をなくし・・・ここの皆さまにあきれられるほどのへたれ状態。
    でも、ダンナがいるとそれはそれは優しいお母様。
    ダンナが私のことちょっとでも怒ろうもんなら
    「何えらそうに言ってるの。嫁子ちゃんはわるくない!」って
    かばってまでくれて。
    そんな状態だから、私がいくらダンナに姑のことを訴えても
    ハナから信じてもらえなかった。
    私の実家にもそういう風だったから
    愚痴たれようもんなら反対に叱られる始末。
    まさに四面楚歌。
    離婚も考えたけど、息子の顔見ると勇気もくじけて・・・。
    ただひたすらバカになって我慢して・・・
    まあ、それで軽い鬱状態にはなったけど
    そこまでのもんだったってことは私もけっこうずぶとかったかもね。
    後半に続く・・・

    59 :鬼女日記 2015/11/19(木) 20:46:17 ID:DswHCqxy.net
    流れ㌧切り

    数年前のある日、昼休みに会社近くの電力会社にて窓口払いしにいったんだ。
    そしたら私のすぐ前にいた六十歳前後のキチオヤジが窓口のお姉ちゃんを何か怒鳴ってた。
    聞きたくもなかったけど声デカイので内容が丸聞こえ。

    「毎月の電気量の検針が○日だと50円くらい高くなるから×日にずらせ!」(どっちにしても支払う事に変わりねーだろ)とか、
    「オレの収入は毎月△日だから、それに合わせて請求伝票送れ!」(どっちにしてもry)とか。
    マジくだらないクレームどころか文句ばっかり。その間も伝票片手にして財布さえ出そうとしない。
    その間にも窓口払いの人の列は出来ていく。3つある支払窓口は昼休みで1つ閉まっていたのに再度開けるハメに。
    他のお客さんは開いた方の支払い窓口で次々と支払いを終えて帰っていく。
    女の子は、「私では対応出来ないので只今出納課の者を呼びますから」と今にも泣きそう。
    隣の支払窓口の人が私に「どうぞコチラで」と言ったが、「いえ、意地でもこの窓口で払います^^」
    そう言って、キチオヤジがファビョり続けてるところ、横から「コレの支払いお願いします^^」と払込票を出した。
    待たされた時間+キチオヤジの調子こきっぷりに怒りが有頂天だった私は、
    「おいオッサン!自分の娘みてーな歳の子にたかだか数十円で怒鳴ってんじゃねーよ!みみっちいしみっともねー!!
     そんなに数十円が惜しい様な生活してんだったら、その数十円分働け!
     テメーが怒鳴ってた時間分をオネーサンの時給に換算してみろ、50円じゃ済まねーぞ!算数出来ねーのかバーカ!!」
    って言ったった。
    キチオヤジは思わぬ横やりに顔を真っ赤にして何か言いたそうにしていたが、親父が何か言う前に出納課のお兄さん登場。
    カウンター奥側の仕切られた相談室みたいなトコロに連れていかれ、お兄さん相手に怒鳴ったら、
    「よろしいんですよコチラは!お支払いただいても電気お止めしても!!」と、速攻でやり返されてた。お兄さんGJ!
    おねーさんは支払いを終えたとき私に「あ、あの、有難うございました」って頭下げられたので、
    「いーんだよ、私もムカついてたから。またオヤジが難癖付けに来ないうちに早くお昼食べに行きな^^」ってそのまま帰った。
    キチって男女問わず居るんだなって当時思った。

    このページのトップヘ