思い出

    951 :鬼女日記 2016/10/22(土) 15:36:31 ID:Iix
    ふと思い出したので投下

    自分の話だけど、物心ついた時には叔母の家で生活していた。
    実母の妹にあたる人で、叔母さんはいつも優しかったけど叔母さんの旦那さんや
    実子は冷たくて、邪魔者扱いされて寂しくて悲しかったのをよく覚えてる。
    遊びに行ったり、外食にも連れて行って貰えず1人で誰もいない家に居ることもあった。
    泣いていると叔母さんがいつもカルピスを作ってくれた。
    時々玄関先に2人組が来て話し込んでいることがあって、その時は絶対玄関の方にいっちゃいけないと
    聞かされていた。
    今思えばきっとそれが両親だったのかなと思う。そんな生活が3年ぐらい。
    小学校入学と同時に両親だと言う人と一緒に暮らす事になり、家に連れていかれたら
    妹と弟だという双子の赤ちゃんがいた。
    戸惑ったけど、実の両親は優しかったし叔母さんの家にいるよりは何倍もマシだったから
    それなりに幸せに生きてた。
    なんとなく自分を叔母さんのところに預けていた理由は聞けなかった。
    叔母さんの家は遠かったので、それから叔母さんと直接会うことはなかった。

    私が結婚することになり、それを機に思いきって幼少時に預けていたことについて聞いてみた。
    実の両親はキョトンとして「預けた事なんてない、むしろお前は叔母さんに会ったこともないはずだ」
    両親が出してきたアルバムを見せてもらったけど確かに、叔母さんの家に預けられているはずの年齢の自分が
    家の庭で遊んでたり、親に抱っこされている写真がいっぱいあった。
    叔母さんの写真も見せてもらったけど、叔母さんの顔は確かに私の知ってる叔母さんだった。

    よく分からなくてそれからしばらく悩んだけど、いつの間にか忘れていた。
    今思い出しても不思議です。
    分かりづらかったらごめんなさい。

    296 :鬼女日記 2016/12/31(土) 22:10:16 ID:Qm9hvqIt.net
    うちの墓掃除のついでに叔父の墓を掃除した続きで、数年前に亡くなった叔父の思いで話を母親と今日した。
    自営両親が不在がちなのでよく遊んでもらった。外にも遊びに連れて行ってもらっていた。
    そこでとんでもない事を母親から知らされた。
    母親いわく、俺が実家をでたあと叔父は女性.がらみの不祥事で警察沙汰になったらしい。
    なんだかな~という気分でどんよりして、晦日の酒も抜けたころ叔父との記憶をたどって
    ぼんやりしていた。

    そしたらなぜか、この歳になって無かった記憶の断片が頭の中にしゃしゃり出てきた。
    親は何時も家にはいなかった。午後の家、田舎の無駄にでかい総二階の廊下の突き当りの奥座敷。
    そこは普段誰も近づかない。
    その部屋で入学前の俺は叔父によく遊んでもらった。叔父が追っかける、俺が逃げ回る。俺は奇声をあげている。
    叔父の手が俺の足を捕まえて、背後から俺を抱きかかえて、羽交い糸交めにされてジタバタした俺は叫んでいる。
    叔父の無精ひげが俺の頬や首筋に痛くて気持ちが悪くて嫌悪感に囚われたけど叔父と遊んでいる
    甥っ子を演じていたような記憶がある。
    気持ちの悪い頬ずりの後の記憶はまったくない。
    記憶がないんでそれ以上のことはなかったんだろう。

    思い出さなくていいことってあるよな。
    なんだかな、ますますどんよりするよ。憂鬱な年越しの晩だよ。

    99 :鬼女日記 2016/03/12(土) 20:39:07 ID:vin
    幼稚園~小学校の頃、友だちが遊びにくると母がおやつとしてホットプレートでミニパンケーキを何枚も焼いてくれた。俺たちは数種類のジャムやチョコソースを使って自分好みの食べ方をしていつも楽しんでいた。
    俺とっては大切な思い出で、幼稚園に通う息子にも同じく楽しんで欲しいと思い、妻に提案した。
    こちらの予想通り、アレルギーの子がいたよ。もちろん「アレルギーの子は呼ばないで平気な子だけでやろう」とかふざけた事は言わずに仕方ないね。と諦めた。
    息子が起きている時に話さなくて良かったよ。下手に期待させてダメって言ったら可哀想だもんよ。
    でも本音を言うとちょいとガッカリしてる。

    617 :鬼女日記 2015/12/30(水) 10:41:26 ID:Y4C
    自分は鈴木花子(仮名)で父・太郎と母・春子の間に生まれて姉・夕子との二人姉妹。
    幼稚園の頃に仲良しだったあっちゃんと遊んでた時に2人で階段から落ちて頭を怪我した事がある。
    小学校2年の時に体調悪くて教室で吐いてしまった事があってしばらくは「ゲロハキン」ってあだ名つけられて不登校になった。一か月程度だけど。
    中学校では軽めの厨二病にかかってこっそり自分専用の黒魔術の呪術書を作ってたら姉に見つかりタヒぬほど笑われた。
    好きな人もいたけど告白したりましてや付き合ったりなんて事はなかった。
    高校では初めての彼氏が出来た。けど1年くらいで別れた。相手の浮気が原因。
    それがちょっとトラウマになって高校時代の恋愛はこれで終了。
    大学入学すぐくらいでサークルの先輩に一目惚れ。猛アタックの末交際する事に。
    別れてくっついてを繰り返しつつも卒業と同時に彼と結婚。
    2年後には女の子を出産した。名前は私から一つとって花。
    旦那は絶対女の子がいい!って言ってたからもう大フィーバー。
    仕事帰りに毎日ロンパースだのおもちゃだのと買ってきて私に怒られてた。

    っていうのが全部自分の妄想?の話だと気付いた時が修羅場。
    本当の自分は鈴木花子でもなければ父は太郎でもないし母も春子じゃない。
    姉なんて存在しないし、私の記憶にある思い出は全て起こってない事ばかり。
    そもそも自分は女ではなく男だった。
    だからもちろん花を産んだりなんてしてるわけもない。
    今はもうあれは頭の中で作ってしまっただけの世界の事だったんだと理解してる。
    思い出や親兄弟の事は整理がついた。けど娘の花の事だけが諦められない。
    陣痛に苦しんだけど元気にオギャーと出てきてくれて、夜泣きがしんどかったけど母乳で育てて添い乳しなきゃ全然寝なくて。
    ギャン泣きしたら自分が抱っこしなきゃ泣き止まないあの子が偽物だったなんて、その事だけが信じられない。

    454 :鬼女日記 2018/04/02(月) 16:55:19 ID:c6Y
    あとちょっとでじーちゃんが亡くなって1年になる。未だに信じられない。共働きの両親にかわって育ててくれて、誰よりも可愛がってくれた。もう1年もじーちゃんと話してないなんて信じられない。また機嫌よく鼻歌歌ってるじーちゃんの横でダラダラしたい。

    今日着ていた服がじーちゃんが買ってくれたものだなって思い出して辛くなったので泣くのを我慢する代わりにここにカキコ

    825 :鬼女日記 2017/08/11(金) 05:03:24 ID:tk0Qmxtb.net
    去年の今ごろは絵手紙にハマってて、親戚・友人達への残暑見舞いに浴衣を着た人物の絵を描いた
    そうしたら受け取った当時の友人一人にお直しおばさんさながらの辛口批評を食らい、
    それが原因で心も筆も折ってしまった
    言われたことはかなりショックなので今でもほぼ全文思い出せる、
    「浴衣とはいえ和服の構造知ってる人ならこんな位置にシワを描かないし、色使いも
    着ている人物の顔立ちや肌の色に全然似合ってないし、和服全然知らない人が描いたって
    バレバレの見苦しい絵なんか送ってくんな
    つか、せっかく夏だし(私)は女なんだから構造の勉強という意味でもいっぺん浴衣着てみりゃいいのにね
    絵の資料にするだけなら安物で充分なのにそれすらケチる人はそら上達しないよ」
    すまんな、私は他人の着姿を見るのはいいけど幼児期に下手な着付け師のせいで
    苦しい思いをしたから自分が着るのは勘弁なんだ

    688 :鬼女日記 2016/06/26(日) 14:22:14 ID:ixf
    修羅場スレのバイト先でわざと激辛ラーメンを作って人生ダメにした話があるが、こちらは逆に笑える方の話を。
    かれこれ50年近く前の話。当時母は海に近い喫茶店で臨時のバイトをしていた。その店の名物の一つにナポリタン(正式にはそういう名前では無かったが、今で言うナポリタン)があった。
    店長が少しだけ席を外した時に、1人の男性からナポリタンのオーダーが入った。
    母ともう1人いた女の子のバイトは店長がいないからと断れば良かったのにオーダーを受けた。が、ここで大きな問題が。本来トマトケチャップで出すあの赤さをどうするのかを知らなかった。
    実は店長が席を外したのは自宅に保管してある予備のケチャップの補充の為で、それはつまり現在ケチャップが無いということ。それを知らない母たちはあるものを発見した。
    一本のタバスコだ。
    茹でたパスタと具材を混ぜた所に“何か”を加えて赤くしている事は知っていた2人はこれだと確信、一本丸々投入した。
    が、当然それは間違いで立ち込める刺激臭&タバスコが蒸発した煙。間違いだと気づいた時には既に謎パスタが出来上がっていた。
    ここに更なる不幸が。頼んだ男性、ナポリタンがどんなものか知らないのでそういうものなのだと勘違い。ゲホゲホむせながらも完食。
    御代を頂いた所で店長が戻り、店内の異様な臭いに母たちを問い詰め間違いが発覚。母たちはしこたま怒られ、男性には後日ちゃんとしたものを振る舞う事を約束させられたそうだ。
    この話は実家でナポリタンが出たときの母の鉄板ネタで、真偽の程は母を信じるしか無い。
    時代?的にはナポリタン的なパスタもタバスコもあってもおかしくは無いが、家族の中では話半分に聞いている。

    767 :鬼女日記 2017/08/20(日) 16:45:41 ID:VoCZH1tU.net
    妹の結婚式
    妹は母親のことをあまり覚えていない
    母がタヒんだのは妹が5歳の頃なので、多少の記憶はあるのだが虐待されていた部分がスッポリと抜けている
    食事が冷蔵庫から出したコチコチに冷えた御飯だけで温めてももらえず、食べないと殴られ口に突っ込まれていたことも
    お風呂も洗面器で2~3杯のお湯をぶっかけられるだけだったことも
    そのため髪にゴミがからまっていたのを力任せに引き抜かれたことも
    習わせてもいないピアノやフルートやバレエや算盤を「なぜ出来ないんだ」とタコ殴りにされたことも
    幼稚園の同級生の女の子を誘拐してきて「この子が娘ならよかった」と目の前で可愛がって、私たちは夕飯抜きだったことも
    全部忘れている
    覚えていないけれどきっと可愛がってくれていただろう母
    私達を残してタヒんだことがきっと心残りだっただろう母
    母の遺影に席が用意され、亡き母への手紙が読み上げられ、花束が供えられた
    私は全てぶちまけたい衝動にかられたが、せっかく妹が忘れている最悪な記憶を掘り返して突きつけることになってしまう
    父も妹が本当は母が浮気して出来た子であることは墓まで持って行く
    母はどうせタヒんでいるし
    不幸と言うよりは何か苦い1日だった

    614 :鬼女日記 2018/02/18(日) 04:08:50 ID:AOd
    小一の頃の黒歴史思い出したから書いていく。
    小一の時に学芸会で劇をやることになり、私がやる役は歌って踊るのが得意なパンダその3だった。
    でもおかしなことに、パンダが合唱するシーンを練習する時に何故か周りのみんながくすくす笑ってた。
    当時の私は理由が全くわからなかった。
    で、本番の時も合唱のシーンで上級生が大声でゲラゲラ笑い、大人達はニヤニヤ。
    面白いシーンでもないのに何でだろうとその当時は思ってた。
    月日がたって、久々に実家に帰ったら例の小一の時の学芸会の映像が収められたDVDが発掘された。
    母と一緒に再生してみたところ、みんなが笑っていた理由が判明した。
    みんな合唱のシーンでは棒立ちで口もあまり開けずに歌ってる中、私だけ超ノリノリでゆらゆら左右に揺れて大きな口開けて歌ってた...orz
    母の話によると、みんな地元の保育園出身だったが私だけ唯一キリスト系の幼稚園出身だった。
    そこの幼稚園では「歌う時は元気よく、左右に揺れて口を大きく開けて歌いましょうね」という指示がされていたそうでその癖が小学校に上がっても抜けてなかったそうだ。
    これを見た時、母は娘のあまりにもKY過ぎる姿を見てタヒぬほど恥ずかしかったらしく、帰ったら速攻げんこつして怒ろうと思ったそうだ。
    しかし、先生や保護者、地域の人達からは「あの子、楽しそうに歌っててかわいい~!」と褒められまくったので、怒るのをやめたそうだ。
    その話を聞いて本気でタヒにたくなった。
    あの直後に上級生から「障害児」「キチ外」とからかわれるようになった原因が今になってわかったよ。
    もう、関係者全員の脳内から幼き日の私が変に張り切って歌っている姿の記憶を抹消したい...orz
    ちなみに、現在の私はあの時のような活発な女の子からは遠く掛け離れてるウジウジしたオタクな陰キャに無事に育ちましたとさ。

    157 :鬼女日記 2014/12/16(火) 02:02:22 ID:OlO
    昔、新しい仕事場に勤め始めてまもない頃。
    職場の同僚に誘われ男1人と女2人、俺の計4人で飲み会。
    それまであまり話していなかった女の1人が俺と同郷だと知った。
    その日は女2人が特に盛り上がり、恋愛の話にもなり、初恋の話やらも暴露してた。
    話すつもりはなかったが、俺君もなんかあるでしょ?としつこく聞かれ、少し話した。

    中学生のとき、クラスの一人の女の子が気になってたこと。
    その子は必ず昼から来ていたので目立っていた。
    不良なわけでもなく、メガネをかけた真面目そうな子で、教師もクラスメイトも特に何も言わなかった。
    俺も何か理由があるのかなとは思っていた。
    ある日体育の授業で突き指をしてしまった俺が、保健室に向かっていたら。
    その女の子が向こうからウロウロしながら歩いてきたので、おはようと声をかけたことがあった。
    「女子は今日、グランドじゃなくて体育館に変更になったらしいよ」とつたえると
    彼女はそのことは知っていたようで、ロッカーに入れていた体育館用の靴がなくなっていたのでかりにいくところだと言った。
    そのころクラスでも小柄だった俺の靴のサイズなら、彼女でもいけるんじゃないかと思った。
    たださすがに男のは履きたくないだろうと迷いつつ、提案。
    サイズが同じだったのもあり、彼女が途端にホッとした表情になったので貸した。
    ホームルーム時に教室でとあるクラスメイトが彼女に「ごめん、~さん、来てなかったから大丈夫かなと思ってシューズ勝手にかりちゃった」と言っているのを見た。
    勝手に借りた女は周りからヤジを飛ばされていたが、当の彼女は「ううん、いいよ」とニコリとしていた。
    そのときに何故だか、特に仲良くもないのに彼女が気になってしまった。
    お礼が書かれた小さなメモきれももらったが、突き指おだいじにと書かれていてやさしい子なんだなとも思ったのもある。
    それから彼女とは自習室を利用した帰りに下駄箱でばったり会ったり、校門まで一緒に歩いたことはあったがそれから話した記憶はほとんどない。
    ただその際に、登校時間が遅いのは血圧の病気で起立性調節に問題があるからだと聞いた。
    しかし特にその後何かあるわけでもなく、その子とは何もないまま終わった。
    唯一話しかけるきっかけは午前中の授業のノートを貸すことだったが俺の字が汚くてはずかしかったのもあり、そう何回も声をかけることはできなかった。
    それに押し付けがましくなるのだけは嫌だった。

    このページのトップヘ