恐怖

    701 :鬼女日記 2015/09/23(水) 09:11:39 ID:O4UyAp8v.net
    ワンルームマンションで1人暮らししていた時のこと。宅急便で代引きの商品を頼んだので玄関先でお金のやり取りをしていると「どうも、○○ガスです!点検に参りました」と作業員の人が尋ねに来た
    点検?初耳だけど...と思うも「一応ポストに通知書入れてるんですが」と言われ、あぁポスト見てないなあと思い「ワンルームだと皆さんあまりポスト見ないんですよねー」とも言われた
    相手の台詞は詳しく忘れたけど「すぐ終わるんで各所のガス点検だけよろしいですか?」と言われ二つ返事でOKした私......だが支払いを終えた宅急便のお兄さんの様子がおかしい
    据わった目つきで作業員を見て「あんた身分証持ってる?」と質問。作業員の男は「えっ?えっ??」と疑問符連発
    「身分証だよ。免許証でもなんでも財布に入ってんだろ?出せよ」とちょっと攻撃的な問い掛けに私は「ちょ、ここでカツアゲするの!?」と思ってしまった

    続きますごめんなさい

    171 :鬼女日記 2017/10/10(火) 12:05:50 ID:jEe
    「DQNが高速で路上に車止めさせて難癖つけて一家の両親が事故タヒ」
    ってネットの話題を見て思い出した修羅場

    かなり昔似たような事件がうちにもあった。
    大阪へ高速で一家旅行へ行った帰り、
    割り込まれてクラクション鳴らしたら相手のDQN車
    (車高が低くてファーをいっぱい敷き詰めてる典型的なの)の気に障ったらしく、
    こっちの前に出て蛇行したりして煽る煽る

    父もかなりイライラしだして、母が横にいて私と弟が後ろに乗ってるのに
    「あのガキが」「杀殳す」と物騒な言葉を連発

    顔つきも最初は真っ赤になって激怒してたのに、途中から血の気が引いて無表情になってた
    そのうちDQN車がスピード出して遠ざかっていつたと思ったら、いきなりブレーキかけて急停止
    父はブレーキかけつつギリギリでハンドル切ってなんとか難を逃れた
    止まった車の中から相手の方を見ると、ニヤニヤしながら小走りでこっちにかけてくる
    難癖つけて何かする気なのは見ててすぐにわかった

    当時うちの父は、
    「事故で車内に閉じ込められた時のため」と言ってダッシュボードにハンマーを常備して
    何かあったらこれで窓を壊して外へ出ろと事有る毎に家族に教育してた
    互いに停車すると父は、相手がこっちに向かってくるのを確認もしないでハンマーを持って車外に飛び出し
    そのままDQNへ向かっていってハンマーで思い切り殴りつけてしまった

    私たちは車内にいたから詳しいことはわからないけど、DQNは地面に倒れたまま動かなくなって
    父は向こうの車内にいたDQNの彼女を呼び出し、
    そのままDQN車の後部座席にDQNを積み込ませて彼女が運転して一気に走り去ってしまった

    その後警察が来ることもなく事件は終わったけど、
    一歩間違えたら杀殳人事件か大交通事故になってたと後に気付いて修羅場

    でも当時は
    「父の機嫌が直ってよかった」としか思ってなかった

    356 :鬼女日記 2011/09/20(火) 21:33:57 ID:Sw88cWBB
    彼の姉がやばい人だった。
    彼家で会ったんだけど、アル中?で離婚して戻ってきたとかで、見た感じもかなりアレな雰囲気の人。
    挨拶したら無言で睨まれた。
    そしてそのうち、どうやって調べたのか私の携帯に電話がかかってくるように。
    「挨拶がなってなかった」
    「あなたは弟と付き合うには格が足りない」←?
    「浮気してるでしょ?」←???
    「昨日○○(男性の名前)と会ってたでしょ」←誰、って聞いたら彼姉の元旦那らしい・・・
    とかなんとか。ほぼ毎日。
    彼に、「怖いから止めさせて、携帯番号変えるから絶対お姉さんに知られないようにして」って強く言ったのに、
    番号変えてもまたかかってくるように・・・。
    彼に問いただしたら「あの人怖くて・・・ごめん」と新番号を漏らした事を白状。
    彼姉も怖いし、彼にも失望した。
    あの人の計画通り?に別れちゃった感じで悔しかった。

    605 :鬼女日記 2016/06/23(木) 18:55:55 ID:wpc
    二年前くらいに彼氏とラブホに泊まった時、彼氏がお腹減ったからコンビニに行きたいと言い出して
    私はお風呂入った後で髪乾かすの面倒だったから部屋で待ってた(彼氏の車で来てた)。
    一人でノリノリでカラオケして待ってたら部屋のドアがガチャッ!って開く音がした。
    部屋からドアが直接見えない作り?の部屋になっていたので、マイク持ったまま
    「おかえり~~ww」ってドアの方まで歩いて行ったら、全く知らんおじさんが満面の笑みで立ってた。
    今でもメチャクチャ鮮明に覚えてるんだけど、白いタンクトップに黒い作業着着たガリガリのおっさんだった。

    突然過ぎて頭の中???ってなって立ちすくんでたら、おっさんが笑顔のまま一歩踏み出してきた。
    その瞬間パニックになって、マイク持ったまま絶叫したら部屋中にものすんごい響き渡って
    それにビビッたのかおっさんはサッと逃げていった。
    彼氏が帰ってくるまで放心状態で座り込んでたわw

    ちなみにカギはきっちり内側からかけてました。
    店員にも相談して、警察に相談してカギも付け替えますって言ってくれたけど
    あれ以来怖くてラブホ行けないからどうなったかわからん。

    153 :鬼女日記 2016/04/30(土) 20:40:51 ID:X66ysNvk0.net
    婚約者のいる医者を略奪しようとしてた娘が略奪失敗して
    メンヘラになった娘が自杀殳してその母親が恨みブログを
    えんえん書いてるのを読んでたんだけど
    娘が略奪しそこねた医者の奥さんまで悪し様に罵ってて
    ああ、こういう母親の娘だから、そういうことができるんだなあと
    思った。
    奥さんにまで恨みの手紙を書いて奥さんから冷静な返事がかえってきたら
    「こんな女だから彼が娘のとこに癒しを求めにきたんだ。うちの娘のほうが
    優しい女だから」とか罵ってたw読んでてむかついたわ。
    でも不倫女自滅はザマア

    769 :鬼女日記 2016/08/17(水) 10:57:31 ID:3Bm
    ニューヨークで黒人男性5人に追いかけられたことが修羅場。
    ちょっと道に迷って治安が悪い区域に入ってしまった。
    必タヒに地図を見ながら大通りに出ようと小走りに移動してたら後ろから呼び止める声が。
    かなりビクッとしたと思う。というか立ち止まらずに走るべきというシチュの場所だった。
    でも私は振り向いてしまった。

    そこにはムキムキのタンクトップの黒人5人衆。
    あかん、これは襲われると一目散に私は駆け出した。
    道なんか分からないけどとにかく逃げないと、高校以来の全速力で逃走開始。
    すぐに黒人たちが何か叫びながら追いかけてくる。当然もやしの私と違い糞速い。
    50mも走らないうちに前に回り込まれて通せんぼ。
    私は終わった、殴られないうちに金品全部出そうと鞄を差し出した。

    そこで爆笑の渦。
    ギャハハハハと笑われて差し出されたのは私の仕事手帳。
    落としたよと言われて私は顔真っ赤。
    怖がりなベビーちゃんと言われて頭を撫でられさらに顔真っ赤。
    地図を出した時に手帳を落としてそれをムキムキの黒人達に拾ってもらったというだけだった。

    詫びにマックで奢ったりなぜか偽の金のネックレスを貰ったりと訳が分からない体験をして別れた。
    結果的に滅茶苦茶いい人たちだったけど当時は本当に怖かったんです。

    482 :鬼女日記 2012/06/27(水) 22:28:58 ID:EZKQ6J5o
    流れ読まずに投下します。初めてこちらのスレに投下するので改行や句読点や文章がおかしい箇所もあると思いますがよろしくお願いします

    今から4年ほど前の事。私は20代前半なんですが1980年代のバンドブームの時の音楽が大好きで、
    特に思い入れがあったユ○コーンというバンドが16年ぶりに再結成するということで少ないバイト代や大学の講義の時間をどうにか工面して再結成ツアーの序盤のライブに参戦しました
    ライブのチケットも、私は運良く先行販売で当たったのですが倍率がとても高くオクでは3倍の値段もザラなほど、全公演完売でプレミアがついていたツアーでした。
    好きになったときには解散していたバンドなので再結成がとても嬉しくてバイトを多く入れて生活費を切り詰めて物販でグッズを買いました。
    その中にバンドの新アルバムがデザインされたエコバッグがあったのですが、このエコバッグにキチが寄ってきたんです。

    ある日、スーパーで食料品を買ってそのエコバッグに物を詰めていたら「ねえちょっと!」と大声で腕を掴まれました。
    掴む力が尋常じゃなくて万引き犯にでも間違えられたかなと腕を掴んでいる人を見るとどこにでもいそうなぽっちゃりした中年の女性でした。
    どうしましたか?と私が聞くのを遮ってその女性は「それ今やってるユニ○ーンのツアーのグッズでしょ!私ユニ○ーンがデビューした時からのファンなのよ!私が若い頃は出待ちやら云々…」と興奮して大声でまくし立てまくる
    私の同世代ではそのバンドを知ってる人は皆無なので話題を振ってもらって嬉しい部分は有りましたがいかんせん混み合ってるスーパーの中で興奮して大声で喋るのと、テンションが異常なほど高かったので恐怖を感じていました。
    なおもキチの一方的な「私がどれほどそのバンドに思い入れがあるか」自慢が止まず、周りのお客さんも白い目で見てるので私が「そろそろ予定がありますので」とその場を去ろうとするとキチがとんでも無い発言を繰り出しました。

    866 :鬼女日記 2017/10/02(月) 23:59:55 ID:EMa
    ・妻が托卵不倫
    ・子供が10歳の時に不倫托卵に夫が気付き心壊し心労の末事故タヒ
    ・不倫妻は間男と一緒になる
    ・托卵したはずの子は不倫妻と間男の子のはずなのに段々と自杀殳した夫に顔も仕草も似てくる
    ・子供は高校生に成長するとますます夫の顔に似て不倫妻は心を壊し精神病院通い、間男は子供を気味悪く感じ虐待・逮捕・病タヒ
    ・子供は私達が引き取る

    上に子供の顔が亡くなった夫に似てきたと書いたのはあくまであいつら視点の話で私達から見たら全然似てないんだよな
    あいつら何を見てたんだろう

    456 :鬼女日記 2011/04/24(日) 17:30:28 0
    修羅場ってどんなのかわかんないけど

    ざんざん降りの雨が突然降ってきて(ワイパー最速でも視界不良)
    やや渋滞した幹線道路で、目の前に人間が吹っ飛んできた。
    夫のブレーキが間に合って轢かずに済んだんだけど

    バイク乗りの子だった。
    目の前のコンビニの店員に110と119を頼むと
    「5分前にしたけど???」
    「えっ今のことです、バイク」

    雨で渋滞→乗用車同士の追突事故→パト現場検証に来る→バイクぶつかる
    だったの、おしまい

    304 :鬼女日記 2015/04/10(金) 15:34:11 0.net
    昨日の事なんだけど、ぞっとした話
    私は私の親と同居で在宅仕事なんでほとんど家にいる
    義兄嫁が歯医者に行く時などは義兄子を預かったことがある
    今まではちゃんといアポを取って預けに来ていたけど
    急いでたのか魔が差したのか、アポなしでインタフォン鳴らして
    義兄子をうちの前に置いてそのまま行っちゃって
    事後報告みたいによろしくねメール入れたらしい

    義兄子は園児
    うちは前夜から私母が急病で入院したんで全員出払っていた
    子供達にも鍵閉まってるから学校終わったら病院に回ってねと言ってた

    母の病室付近では電源から切ってたけど子供達の下校時間(新学期なので早い)に
    スマホOKエリアでメールチェックしたら義兄嫁から着信履歴がいっぱいあって
    メール見てうちの前に甥を置いて行ったのがわかって慌てて電話したら既に完了していた
    義兄嫁に泣いて謝られたけどもう預かれない

    甥は見つかっていたけど警察沙汰になってたorz

    事後報告メールに返事が来ない、電話しても出ないから心配になって
    義兄嫁が戻ったら甥がいなかったそうで大騒ぎ
    義兄嫁が義兄に電話して、義兄がうちの夫に電話してうちが留守だって知って警察に連絡したそう
    甥は駅前で車にひかれかけたのを商店街の人が保護してくれたらしい

    823 :鬼女日記 2016/04/22(金) 13:40:33 ID:b80
    彼と水族館に行ったら、水槽のトンネルのエスカレーター横にある滑り台みたいになってる部分からいきなり
    女の人がスサーッて降ってきて、エスカレーターの私の前に着地したかと思うと、襟元を掴まれビンタされた(往復)。
    彼は私の後ろに立っていたので、引き離してくれたんだけど
    警備員に連れて行かれて警察も呼ばれた。
    爪が伸びたビンタだったので、引っ掻き傷になり
    警察も彼が病院に行かないとダメだと言うので水族館は
    途中で諦めた。
    ビンタの女は「私は(彼氏)くんと婚約してるの!
    おまえなんかが一緒にいていい相手じゃないんだよ!ガキのくせに!○ね!」
    「(彼氏)くん、私の事好きだって言ったよね?!
    私も愛してる!」
    彼は「すみません、、どちら様?」と聞いていたが
    ビンタ女は、私が彼氏に変な薬を持ったんだ!だから私の事を忘れてしまったんだ!と叫んでいた。
    見た目はふわふわ茶髪のワンピ姿なのに忍者みたいにスサーと
    舞い降りて来たのが凄かった。
    取り押さえられながら「私とそのガキとどっちをえらぶの??!!」と絶叫していた。
    彼は本当に知らない人だと言ったけど、信じていいのかわかりません。
    二股までは疑わないけど、ちゃんと別れ話したのかなと思ってしまう。

    779 :鬼女日記 2016/08/21(日) 11:13:41 ID:UtB
    自業自得でもあるし、静かな修羅場。

    学生時代にサークルの新歓で出会った男性がいた。
    (新歓と言っても友人の知り合いが新しくサークルを作るとかで当時2年生の時にあったもの)
    その男性は一つ年上の同期なんだが見た目は角刈りのおじさん。
    席が近かったからその人と話もしたが色んな人がいたからすごく密に話したわけではなくそのまま飲み会はお開きになった。
    その後から飲みに誘うメールがたくさん来るようになったんだが、まあよく知りもしない男性と2人で飲む事に抵抗があったのと、文面から私への好意をありありと感じるほどだったから彼とは付き合えないと思っていた身としては行く選択肢はなかった。
    だから毎回断ってたし時にはその連絡を無視していた。
    けれどそれでも何度も誘ってくるから、何故かすごく申し訳なくなってきたのと同じ学内の人だったからあまり無碍にしすぎて変な事になるのが嫌だと思ってしまってついOKしてしまった。

    当日夕方に待ち合わせて飲んでたんだが、彼が飲むスピードが早くしかも強いお酒を飲む。
    私も弱くはなかったがなんせ20歳になりたてでお酒もあまり詳しくはない。
    早々に二軒目に行こうと言われOKした所がH◯Bでその都度レジで注文して飲むスタイルのお店だったんだが、毎回彼が勝手にお酒を買ってきてくれた。
    味は甘くて美味しいカクテルだったんだが、今思うと実はアルコールが強いのばかりだったと思う。
    そして案の定人生で今のところ最初で最後、潰れて立てないほどになってた。
    本当に気付いたらなってた。
    もうよくわからなくなってて気付いたらホテルに連れ込まれてて、一ミリも動けない位だったのにいつの間にかそいつが私の上にいた。
    動けないから抵抗する事も出来なかったし、もう自業自得すぎて泣けてきて朝になって即帰ってそのまま彼の連絡は無視し続けた。
    私はそれがあってからほろ酔いになる事はあってもそれ以上は絶対に飲めなくなった。
    今までも酔った友人や先輩を介護する役回りで、自然とセーブして飲むようになってたから自分の限度を知らなかったのもいけなかったんだなと思う。

    その出来事からもう8年程たつんだが、未だにSNSで私を見つけてはそれ経由で「元気?」と連絡してくる。
    その当時はなかったLINEも諸事情で一瞬公開にしたらその瞬間に「元気?」と連絡してきた。
    それまではメールで来てた。
    何がすごいってこの8年の間一度も会ってもなければ連絡すら返してないのに(既読無視も未読無視もしてるのに)未だに2~3ヶ月の周期で「元気?」って送ってくるのが怖い。
    あまり連絡手段をたちすぎるとSNS上で絡まれたら怖いので今のところブロックはせずにいるが、何が彼をそこまで掻き立てるのか、どこかでばったり会わないか怖い。

    840 :鬼女日記 2016/01/05(火) 18:59:56 ID:B1u
    友人の結婚式の日取りと私の出産予定日が重なってしまい、式に出られないと謝罪したら
    「私の方が先に約束したでしょ。結婚式は一生に一回しかないけど子供は何回でも出来るんだから私を優先して」と言われた。

    おろせってこと?と聞いたら、「計画的な妊娠が出来ないあんたが悪い。赤ちゃんかわいそうに」と泣かれた。

    結婚式は1年後、口頭での出席の打診にOKしたけどまだ招待状はもらってない。式まであと半年以上ある。
    ずっと子供ができなくて悩んでたのを知ってるのに、結婚式のために子供を諦めろなんてよく言えるわ!

    電話メールLINE全部拒否して共通の友人に話してA子をCOしたけど、A子も同じことしてたみたい。
    でもA子の「長年の友人より、まだ産まれてもない子供を選んだ女とは縁を切った」という発言で共通の友人たちが一斉に離れて、結局結婚式がどうなったかはみんな知らないし、気にもしてない。
    私は無事出産して、A子が知らない場所で暮らしてる。

    545 :鬼女日記 2012/11/30(金) 07:33:27 ID:cEEqMk+d
    俺は喉が渇いたのでコンビニにペプシネクスを買いに行った。時間は確か10:05くらい。
    田舎なので道には外灯がすくなくて割と暗い。
    その真っ暗に近い道を、一筋の懐中電灯の明かりがふらふらと行き来している。
    「変質者だったらいやだな」とは思いつつも、ちょうど進行方向にある光。俺はびくびくしながらも構わず進んだ。
    近付くにつれてぼんやりと人物の輪郭が見えてくる。どうやらそれは小学5年くらいの子供のようだった。
    「こんな時間に?」と疑問に思ったが、その子は後ろ手にマメ柴のような小型犬を連れている。どうやら犬の散歩らしい。
    いやどちらにしたってこんな時間に子供が一人で出歩く事はちょっとおかしくないか?俺はその子に話しかけてみた。
    俺「少年、一人で大丈夫か?お父さんとかお母さんと一緒じゃないのか?」
    少年「いっつも散歩は俺の当番なの。今日はたまたま遅くなって、お母さんを呼んだんだけどまだ来てない。」
    そう少年は言う。しかし、懐中電灯を持っているとはいえ、人通りの少ない暗い道を
    子供一人で歩かせるのはちょっとどうかな…と俺は思っていた。お母さんが来るまで、家に送ってこうか?
    俺がそう言うと、少年は「うん、わかった」とどうやら納得したようだ。
    話してみると、少年の家は俺の家からそう遠くないところにあるらしい。
    中々人懐こいと言うか人見知りをしない性格のようで、会話が途切れる事なく少年の家の明かりが見えるところまで来た。
    どうやら、家の門の所に母親と思しき人物が立っている。
    (何だよ、居るんなら迎えに来てやれよ…)と俺は少しむっと来たが、わざわざそんな事を言って近所付き合いが悪くなるのもあれなので、
    黙って少年を門の入り口まで送り届けた。と、ありがとうございますの一言でも言うかと思っていた母親が、いきなり大声を出した。
    別れの挨拶を交わしていた俺と少年は当然ぶちたまげた。

    566 :鬼女日記 2010/11/16(火) 14:37:47 ID:CQeS8omg
    近所のクレクレはちょっとおかしいんじゃないかってくらい有り得ない事を言う。

    「カーシェアしよう!車代とか保険はお願い。うちは週末メインで乗れればいいから」
    「お下がりは全部うちに回して。他にあげる約束してても私が欲しいの選んでからにして」
    「子供預からせてあげるから旦那さん貸りてもいいよね!」など常軌を逸した発言をする。
    子供にピンポン押させて「ごめんね~」と言いながら家の中に入ってこようとするし
    ベランダに干してある洗濯物をチェックして「お下がり予約」されるから外に干せず
    金、物、旦那などとにかく何でも欲しがってクレクレするので誰も近寄らなくなった。

    近所中から出入り禁止食らって露骨に避けられてるのに、今日も子供にピンポン押させてる。

    27 :鬼女日記 2009/10/04(日) 19:47:07 0
    数年前の話。
    築2年目のアパートに住み始めた頃、60歳くらいのオバサンがうちに来ました。
    オバ「ここは○○さん、出てきてください。」
    私「うちは○○さんでは無いですよ。」
    オバ「本当ですか?ちょっと玄関に出てきて下さい。」
    私「人違いですから、出る必要はありません。」
    オバ「では、○○さんはどこに行ったか知っていますか?」
    私「知りません。」
    次の週も、その次の週も同じオバサンが来てインターフォンごしに対応。

    毎回同じやりとりだし、出てこいと言うのが気味悪くて聞きました。。
    私「何回も来られますが、うちは○○さんではありません。一体何なんですか?」
    オバ「家族計画の商品を販売している者です。玄関まで来てください。商品をお見せします。」
    私「要りません。もう来ないで下さい!!」

    帰って行く所を窓から見たのですが、手ぶらで商品らしき物は持っていないし、服装も営業という感じではありません。
    私が出るように執拗に言ってきたから、絶縁された姑かもと思いました。
    絶縁だとしたら、若夫婦は逃げきってー。
    あのオバサン、すごくねちっこくて気持ち悪かったから、過干渉だったんだろうなぁ。
    かなり条件の良いアパートが築2年目で入居できて不思議だったけど、あのオバサンから逃げる為だったなら納得。

    376 :鬼女日記 2011/07/12(火) 22:40:03 ID:NbZhf6IC
    生理用ナプキン(使用済み)をくれって言われたときかな。
    もちろん断ったんだけど、そしたら「じゃあ売ってくれ!」と言われた。3万で。
    断ったら金額を上乗せしてきて、最終的に50万までいった。
    そこまでしてあんなもんがほしいのかと。
    いったい何するつもりなのかと尋ねたら、「臭いをかいで吸う」と言われた。
    「公衆トイレで拾ってもいいけど、それをしたら氾罪になってしまうから」と。
    ずっと彼のお母さんが捨てたのを拾って使っていたらしいが、ついに閉経してしまって、私に頼んできたらしい。

    935 :鬼女日記 2013/04/23(火) 21:39:24 ID:1H4MGMpJ
    留守番してた息子から泣きながら電話が掛かってきて何事かと思って引き返して帰宅した。
    泣きじゃくってる息子に事情を聞き、玄関に設置してた監視カメラの映像をチェックしたら絶交した泥常習元ママ友の姿が。
    息子は「お父さんとお母さんは今留守です」とインターフォンの電話?に出て対応。
    元泥ママ友は【家には子供一人、静かな子だから勢いに任せて鍵開けさせれば家ん中物色できる】と思ったのか執拗に家の中入りたがってた。

    「ケーキ持ってきたの!開けて!お母さん来るまで中で待たせて!」とドンドン。
    「お母さんに言われたとおりに知ってる人が来ても絶対にドア開けたらいけない」って言葉を遮るように「いいから開けてよ!おい開けろや!グズ!」と信じられない暴言。
    諦めた元泥ママ友は最後にドアを強く一蹴りして帰宅。
    ちなみに元泥ママ友の手にはケーキらしき荷物なんて持ってなかった。
    とりあえず明日保護者達にこの映像を見せる予定。
    今まで何人も泥被害にあってる人が居て元泥ママ友を転園させるよう訴えてるが対応してくれないので、転園せざる得ないように攻撃して追い込む予定です。
    いつか本当に空き巣被害に遭う人がいるかもしれないんでね。

    416 :鬼女日記 2016/11/27(日) 08:30:08 ID:sep
    この流れで思い出した。
    半月ぐらい前だけど、朝8時過ぎに通勤ラッシュの地下鉄に乗り込んた時点で誰かに軽く触れている状態。
    次の駅で四方八方誰かとピッタリくっついた状態。
    で、その次の駅でギュウギュウ押され始めた頃の事。
    少し離れたところから「赤ちゃんがいるんです!赤ちゃんがいるんです!潰さないで!」とヒステリックな声。
    同時に火がついたような赤子の鳴き声。
    え?赤ちゃんが潰れる?どういうこと?とか思って焦ったけど、どうにかできる状態でもない。
    次の駅に着くまでずっと「やめて!触らないで!押さないで!赤ちゃんがいるんです!赤ちゃんがいるんです!」
    私の回りの人たち、みんな焦りながらも困った顔して、どうしていいか分からなくてオロオロ。
    やっと着いた次の駅で、出口の方を見ていたら、首の座らない赤ちゃんを抱っこして
    顔を真っ赤にして涙でぐちょぐちょになった女の人が、ペッ!と吐き出されるようにホームに出た。
    どういう事情でこんな時間帯に乗ったのか知らんが、お願いだからやめて。
    こっちの心臓に悪い。

    314 :鬼女日記 2016/07/20(水) 20:36:04 ID:u9P
    ずいぶん昔の話だが、転勤の辞令が出て妻と一緒に新居を探してた時にちょっと面白い物件があった。
    外階段を上がったところに玄関がある完全分離型二世帯住宅だった。
    仲介業者から「1階に大家さんが住んでて、賃貸に出てたのは2階部分ですが、
    結構いいですよ?見てみます?」って言われて
    下に大家がいるなんて窮屈だって最初妻は嫌がったけど、まぁ見るだけ見てみようってなった。
    行ってみると、2LDKでリビングがかなり広々としてて、バルコニーも広い。
    当時今ほどコンビニがあちこちに無かった頃だったけど、100mぐらい先にあったし
    最寄りの駅から徒歩10分切るぐらいだし、駐車場も屋根付きで家賃込になってた。
    子供がいなくて夫婦ふたりで住むには十分な広さで
    下に大家が住んでるだけの普通のアパートと考えれば近隣相場と比べると破格の物件だった。
    それで妻も少し乗り気になってきて「一応大家さんがどんな方か会ってみたい」と言い出し
    会った印象次第で決めるってことに。
    1階は婆さんの一人暮らしで、この婆さんが女優の原ひさ子にそっくりで
    少し話しをしたが、面倒な人ではなさそうだったので決めた。

    そこに住んだのは5年近く。
    いつもは3年で異動になるんだが、何故かその時は長かった。
    妻は婆さんとアッと言う間に仲良くなって最初は窮屈で嫌だなんて言ってたのに
    昼間婆さんがいる1階でお茶を飲んだり一緒に買い物に行ったりして本当に仲良くなってた。
    そのうち「私(婆さん)がタヒんだらこの家貰ってもらおうかねぇ」なんて言い出して
    冗談だろうし、婆さんには遠方に住んでる娘さん夫婦がいたから
    適当に聞き流していたが、次の転勤の辞令が出た時に報告したら
    結構マジなトーンで言われてちょっとビビったw
    もちろん断ったけど。現実的じゃなさ過ぎる。
    でもその後も年賀状のやり取りもしたし、赴任先から地の物を贈ったりもした。

    このページのトップヘ