恐怖

    247 :鬼女日記 2015/10/10(土) 22:37:16 ID:wom
    文なので苦手な方はスルーしてください

    私が小5の時、叔母(父の妹)が結婚した。
    結婚といっても事実婚で籍は入れていない状態。(職場が同じで業務に差しさわりがある為)
    もちろん式も挙げていないが、一応食事会という形でお祝いをすることになった。
    双方の両親と兄弟、その家族が集まってお祝いした時に初めて叔父と対面。
    叔父はたいそう私が気に入ったようで、
    「大きくなったら美人になる」「○○(叔父の好きなタレント)みたいになる」と終始デレデレでまわりをドン引きさせていた。
    そこでは総スカンをくった叔父だけどもともと気さくでいい人なのですぐにそんなことも記憶から消え、その後何回も叔母夫婦と出かけたり、家に泊まらせてもらったりしていた。
    私と叔母はもともと仲良しで結婚前は2人でよく遊んだし、
    2人ともかなりお金を持っていて私を甘やかすから、普段行かないような高級な所に沢山連れて行ってもらえて楽しかった。私は当時地方に住んでいて東京の拠点にしていたのもあった。
    だけど、私が高校に入ったころからおかしくなった。

    640 :鬼女日記 2012/10/17(水) 11:31:37 ID:pwcGoqOA
    初キチママ遭遇で流れ無視して投下
    生理痛が酷くて薬局でロキソニン買ってきた。
    帰宅するとマンション入り口で同マンションのママと遭遇。
    あまり仲良しな訳でもないので「こんにちは」と挨拶だけして立ち去ろうとすると
    「こんな雨の中朝から薬局?どこか具合でも悪いの?」

    無視する訳にもいかないので、生理痛が酷いので鎮痛剤を買って来た事を伝えると
    「うちの子も風邪で熱が出てるんだけど薬切らしててつらそうなの」
    「薬分けてくれるよね?助かるわー!」
    とまくし立てられて薬局の袋引っ張られる。
    私「ちょwやめて下さい」
    キチ「1日分でいいから、ねっ?」
    私「ロキソは15歳以下飲んじゃ駄目です!」
    キチ「大丈夫大丈夫」

    ここで雨水で塗れた地面で滑ってキチがこける
    その隙に袋拾ってダッシュで部屋まで逃げ帰ってきた。
    玄関入った瞬間、安堵と痛みで涙出てきて顔ぐちゃぐちゃ。
    管理会社に連絡するとして、K察とかは流石に気が早いかな?
    まだ心臓バクバクしてるから頭落ち着けるためにきました。

    92 :鬼女日記 2016/09/09(金) 14:34:52 ID:JmE
    電車で痴漢というかヤバイ人に遭遇した
    開く方と反対のドアの近くに立っていて気づいたら近くに小汚いおじさんが立ってた
    混み気味だったので近づいて来られても最初は気にしなかったけど気づいたらじわじわとドアと座席の手すりとの間の狭いスペースに追い詰められてた
    逃げようにも退路を塞がれてできずおじさんは至近距離で「美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい美しい」って連呼してくる
    心臓がぞわぞわして喉から声が出なくなるくらい怖くて近くにいた男性2人組が気付いて助けてくれるまで動けなかった
    私は気の強い方だから痴漢や変態に遭ったら叫ぶくらいできると思ってたけど実際直面すると無理すぎると実感した5分間だったよ

    523 :鬼女日記 2014/01/30(木) 21:21:56 0
    あの日のことは忘れない。梅雨明け間近の6月後半のことだった

    仕事が終わり愛する妻の待つ自宅マンションへと車を走らせる。
    雨雲が垂れ込め外は雷雨。帰宅ラッシュが重なり道は混雑気味。
    雷か・・・梅雨明けが近いな。これからもっと暑くなる。と、思いながら
    エアコンの設定温度を下げBGMを流し気を紛らわせる。
    そしてやっと混雑を脱し自宅マンションへと着く。
    駐車場に車を停め共用廊下へと走るがそれだけでびしょ濡れになった。

    そして自宅玄関に着き鍵を開け中へ入る。「ただいま。」・・・しかし何の返事も無い。
    いつもならリビングかキッチンから「おかえりなさい。」と元気の良い返事が帰ってくる筈だ。
    「〇〇?」妻の名を呼びかけて見るが返答が無い。妻の車は駐車場に停まっていたはずだ。
    明かりも点いている。
    胸騒ぎを感じた。神経を尖らせ耳を澄ませてみるが何も聞こえない。
    一際大きな雷鳴で不安が増幅される。俺は勇気を出してゆっくりとリビングへと向かった。
    そしてリビングを恐る恐る覗き込む。
    妻が硬い表情でフローリングの上で座布団も敷かずに正座をしていた。
    非日常的な光景を目の当たりにして俺は頭が真っ白になった。
    そして妻と目が合った。

    続きます。

    650 :鬼女日記 2017/09/13(水) 00:10:58 ID:0r1zSk8B0.net
    雨降りで部活が早く終わったので、中学校から帰って、
    居間のこたつでテレビをつけたまま数学の宿題をやってたんです。
    キッチンから母が包丁を使っているトントンという音がずっと聞こえてました。
    そうしたら、中国で女の人をマンホールに落として杀殳そうとしたのを
    監視カメラがとらえた映像というのをやってて、
    思わず手を止めて見入ってしまいました。
    その女の人は助かったようだけど、怖いなーと思ってたら、
    何か記憶に引っかかってくるものがあるんです。
    そう言えば私も小さいころマンホールに落ちたことがあったような・・・

    これだけ記憶があいまいなんだから小学校前のことなんだろうか。
    ずっと上のほうに、ぽっかりとまるい穴が開いているのを、
    途方にくれて見上げていたことが・・・あったような気がするんです。
    穴の縁からはザーザーと水が流れ落ちてくるイメージ。
    その穴に蓋が乗せられ、真っ暗になって泣き叫んだ記憶・・・
    気になったので、キッチンの母に呼びかけました。
    「ねえ、お母さん」
    「なーに」

    57 :鬼女日記 2014/08/18(月) 08:00:27 ID:oSlYgjLjj
    小学校のころにものすごいおじいちゃんにいたずらされてから性に目覚めてしまって、
    中学生の頃から生理前になると、60前後のおじいちゃんとやりまくってしまう。
    生理前になると体がうずいて我慢できない。
    今でも体がうずく時期に電車に乗ると若いのから年寄りから痴漢されまくる。
    なんか変なものが出てるんだと思う。好みのおじいちゃんが現れると、電車を降りる。
    大体ついてきてくれるからそのままホテルや公園のトイレに行ったりしてやりまくってる。
    やめたくてもやめられない。カウンセリングにも通ったけどやめられない。
    いつか旦那にばれてしまいそうで怖い。

    449 :鬼女日記 2015/11/06(金) 05:17:12 ID:THf
    周辺を田んぼに囲まれた田舎道で、夜になると街灯以外真っ暗という場所。
    そこを冬の夕方に歩いていたら、後ろから自転車でぶつかられ、倒れたところに
    「ずっと好きだったの!」と見知らぬ女性に覆いかぶさられた。

    運よくそのタイミングで通りかかった車に発見されて未遂で済んだけど、
    自転車が当たったところや道路にぶつかったところがかなりひどい打撲になってて、
    制服も泥だらけだったし、見た目は相当悲惨だったと思う。
    警察で両親と対面した時、かえって私が焦るくらい泣かれてしまった。

    後日、その女性が、同級生の母親だったと知った時が次なる修羅場だった。
    両親が話しているのを漏れ聞いたところによると、同級生母は妄想の出る心の病を
    発症していたそうで(家族は誰も気づいてなかった)
    体育祭で見かけた私を「前世からの恋人」だと思い込んで、機会を狙っていたらしい。

    私の通っていた高校は、しばらく前にいくつかの高校を統廃合してできた学校だったから
    田舎だけどそれなりに生徒数が多かった。
    その分、学区も広かったから、同級生でもよく知らない子がたくさんいたし、
    その親なんて当然顔も知らない人がほとんどだった。
    だから、その犯人が同級生母だと知らされたときも、まずその同級生というのが
    私と面識がないもので、なんだかぴんと来なかった。

    事件後、一度だけ同級生一家がそろって謝罪しに来たが、だからといって
    「病気ならしかたないね。許してあげるよ」なんて言えるほど大人にはなれなかった。
    結局、慰謝料だのなんだのは全部親任せになってしまい、同級生は事件後いっさい学校に
    来ないまま、しばらくして引越してしまった。

    その事件はもう10年以上前の話で、私は結婚して夫と実家で暮らしているが
    昨日、その同級生から「母が寛解した」と電話が来た。
    なんで今さら電話してくるの・・・と意味がわからなかった。
    好意的にとらえれば「だから安心してくださいね」という意味の電話だったと思うんだが
    なんと答えてよかったのかわからなかったよ。

    777 :鬼女日記 2016/07/09(土) 21:27:57 ID:d2X
    友人が髪の毛関係で洗脳されてたな

    父親が病的な黒髪ロング信者だったらしくて
    ひたすら黒髪ロング以外は許されないと洗脳されて育った結果
    髪を切ろうとすると動悸息切れで倒れそうになるようになって
    いまでもひざ裏より短く出来ないと言う状態

    父親がタヒんだ際に呪いを振り切ると言ってざっくり切ったんだが
    心不全で倒れてタヒにかけた
    おやじさんの呪いがすさまじいって周りもみんな呪いって言いきってる

    864 :鬼女日記 2016/10/25(火) 04:38:28 0.net
    小学校の卒業式の後、母親と電車に乗って祖父母の家に向かっていた
    その車中で、見知らぬ女性が母親に話しかけて来た
    母の知り合いだと思って、挨拶した
    母親が、その女性から見えない位置で私の腕を強くつかんだ
    でも顔は女性の方を見たまま、にこやかに当たり障りなく対応している
    会話を聞いているうちに、あれ?もしかしてこの人、母の知り合いじゃない?初対面?って気が付いた
    電車が駅に停まり、女性が手を振りながら降りて行った
    母はずっと緊張していた
    電車が動き出すと、母が「車掌さんを呼んでください」って言って
    やって来た車掌さんに、さっきの女性の特徴と降りた駅名、女性がずっと手を入れたカバンの中でカッターを握っていた事を告げた
    母は背が高く、その日はスーツに合わせてヒールのある靴を履いていたので
    私とさほど背が違わない女性のカバンの中が見えたらしい
    私は、母が半ば身体で隠すように女性から遠ざけられていたので女性がカバンに手を入れていたことも知らなかった
    とにかく相手を刺激しないように、にこやかに話を合わせながら
    私を守ろうと必タヒだった母の修羅場
    ちなみに母と女性とは全く面識なしだった

    120 :鬼女日記 2012/02/09(木) 01:38:07 P
    最強にして最大の修羅場は・・・
    10年前、俺が22歳の頃にさかのぼる

    以前から調べて連れていってあげたかったケーキ屋さんに彼女と行く事に
    映画見て昼飯食ってケーキ屋に入った。

    そのケーキ屋はまずケーキを選んで席に着くんだけど
    どのケーキか悩む彼女に店員さんが「お決まりですか?」と近寄ってくる

    俺「じゃあ、俺はこのワッフルっぽいやつで」
    彼女「私はベリーのタルトで」
    店員「かしこまりました」

    で、店員は俺のほうをじっと見て沈黙・・
    俺も視線を感じて見返してみると・・・

    そこには2ヶ月前に私から連絡を切ったセ○レが・・・
    そう、店員がまさにソレだった。
    当時、私の中では完全なセ○レだったんだが、相手には真剣にアプローチされていて
    私も都合よく彼女はいない前提として会ってた。

    そのセ○レは何も言わずに戻っていき、俺も冷や汗ダラダラ・・
    彼女は、ん?知り合い?ぐらいの感じで何も気にしてなかった矢先!
    ケーキ食ってるテーブルまでそいつが来て、私は何だったのだの、セ○クスだけかだの
    大きな声で荒ぶりだしまして・・彼女は顔面蒼白だし、、とりあえず店から逃げるように出てゆき
    3ヶ月かけて彼女説得と引き止め・・(真剣に好きだったので)

    それから10年、その時に迷惑かけた彼女は
    となりの部屋で6ヶ月の息子とスヤスヤ寝てます


    476 :鬼女日記 2015/08/08(土) 00:51:19 ID:hlk
    小学生のときに両親が離婚した。
    親戚巻き込む熾烈な親権争いをしたが、父親が号泣土下座した結果、
    姉妹(姉小5、妹小3)一人ずつ引き取られることに。
    父親に引き取られた姉は最初は楽しかったらしい。
    土日ごとに遊園地とか水族館とかあちこち楽しい場所に連れていってもらったんだって。

    一月もしないうちに姉は徐々に家事をやらされるようになって、
    「姉はお母さんの代わりなんだからな、頑張るんだぞ」
    と次第に家事の全てを任せられるように。
    でも姉はまだ小学生だから上手くできなくて…
    ゴミを家の中に巻き散らかしてしまって号泣してるところに父親帰宅。
    泣いてる姉に「何してるんだ!早く片付けなさい」と怒鳴り、また出かけたらしい。

    びっくりして泣き止んだ姉はすぐに母親に電話。
    そのとき私が出たんだけど「姉ちゃん?ヒャーッ姉ちゃーん!!ママー姉ちゃーん!」
    と久しぶりの姉の声にテンション上がってたら電話口の姉が号泣。
    姉「妹ぢゃああん!がえりだぃよおお」
    私「なした!?ママ!姉ちゃん泣いてる!」
    母「姉?どうしたの?お父さんは?」
    姉「おおおぉうん」

    泣くだけで会話にならないので、私に姉との電話を任せ、
    母がタクシー2時間かけて迎えにいった。
    私は姉を電話で慰めてたんだけど、もらい泣きで号泣。
    「姉ぢゃああん大好きだよおおタヒないでええ」と号泣。
    姉も「ありがどうわだじもだいずぎだよおお」と号泣。
    母は無事すすり泣く姉を確保し、我が家に帰宅。

    380 :鬼女日記 2018/04/15(日) 11:18:38 ID:rBx
    もう時効と思えるくらい昔の話。
    上司が仕事中に帽子をかぶるようになった。
    結構テッペン来てたんでハゲ隠しかな~とか思ってた。
    スーツに帽子でデスクワークしてんのはちょっと変だったがデリケートな問題ゆえ誰も口出しできんかった。
    帽子が何回か変わり、すっぽりかぶるニット帽みたいなやつになった。耳まで隠れるやつ。
    上司は机の周りにサプリメントの瓶を沢山置くようになった。
    私物持ち込みに寛容な会社だったし、健康に気をつかってんだなとしか思わんかった。
    その頃、上司が離婚するとかいう噂が聞こえて来た。
    社内不倫してる?という噂も流れ出した。
    「女ができたからハゲを気にするようになり、健康を気遣うようになったのか?」と思った。
    ある日、その上司が業務中に立ち上がって、新卒で入ったばかりのA子につかつか歩み寄り
    A子を突然突き飛ばした。
    A子は椅子から落ち、課内全員が唖然とした。
    上司はA子を靴の爪先でツンツンしながら
    「ナントカ線(忘れた)が繋がっているのにこれじゃキミと結婚できないじゃないか~ん~?」
    え?不倫相手はA子?と思ったが、上司は次に中堅のB子を振り返って
    「キミがいるからA子とのナントカ線の受信感度がどうのこうの」怒鳴り出した。
    あっこれマズいやつや、と気づき、数人の社員で上司を止め、
    まあまあとなだめながら廊下に連れだした。
    もうおわかりと思うが、上司は統失だった。
    帽子はナントカ線を妨害する電波を遮断する装置らしい。
    サプリメントの瓶はATフィールドみたいなバリアを作っていた。
    上司とA子はナントカ線で繋がっていてテレパシーで会話できて愛し合っているという妄想だった。
    B子は上司を愛していて、A子との仲を裂こうとしている設定もあった。
    なんやかんやあって上司は休職し辞めたが、
    A子とB子が怖がって上司が休職中に退職してしまい、
    一気に三人を失った課内は繁忙期より忙しくなり
    そっちはそっちで修羅場だった。

    879 :鬼女日記 2018/04/10(火) 20:52:29 ID:7iA
    今、高校生
    小学生のころから脳内で目の前の相手の頭に
    デカイ手裏剣投げつける妄想にはまってたんだけど

    今日、サラリーマンに避けられた
    すげぇリアクションで避けられた
    その後俺の事睨んできた
    顔そらしていつもと違う電車で遠回りして逃げた
    なんかマジでさいろんな意味で怖い

    22 :鬼女日記 2015/09/03(木) 16:02:19 ID:lxq
    >>21
    まさに余計なお世話だよね
    上司さん気の毒過ぎる

    私の修羅場書きます。ネタだと思って下さい。

    私の家から3分くらいの近所に名前付きの大きな沼があって、農地用水とかに使われている。住宅地であまり近くに農家なんてない気がするんだけど昔かららしい。
    沼って言ってもぱっと見ても全貌が把握出来ないくらい大きくて入り組んでて自然溢れてる場所。
    ネットで検索すると心霊スポットになってて人魂が出るとか昔人杀殳しが近くの洞窟に住んで沢山人を浚っては杀殳してた、とか。
    そういう怪談もある。
    近くに小学校があって今でも子供の遊び場。そして昔から休みの日には釣りする人も沢山居て、釣り場としても有名らしい。
    道路から入れる場所に金網張ってあるんだけど切られてて、直してもすぐにまた切られちゃうので放置。
    で、何が書きたいかというと、二十年近く前。私が中二のころ、親と喧嘩して夜に家から飛び出し沼の方に逃げた。
    その時代はコンビニとか店も近所になく街灯だけで怖くて公道近く、沼の入り口の街灯の下で泣いてた。
    で、急に物音がして、振り返ると男の人が立っていた。手には片手鍋らしきもの。見るからに浮浪者だった。
    「ぐあああああ」みたいな奇声を発して走ってくるので私は必タヒに逃げた。何かもうよく解らない状況で追いかけっこが始まった。近所の家に飛び込めばよかったのに、私は沼の方に逃げた。
    真っ暗で覚えてる地形なら大丈夫だとなぜか思ってぐるぐる走り回って逃げ草むらに隠れた。

    37 :鬼女日記 2015/06/05(金) 01:07:36 ID:9sB
    元彼女に目を潰されそうになった修羅場

    ・俺就寝中に合鍵で彼女に部屋に入られる
    ・物音と妙な息苦しさで目が覚める
    ・そこには跨がって合鍵を振りかざした彼女の姿が
    ・咄嗟に手のひらで顔を覆う(右小指の付け根負傷&鼻強打)
    ・彼女を突き飛ばして彼女姉にSOS→尋問
    ・理由はシンプル、他の女を見てほしくないから&側にいたいから介護が必要な体にしたかった
    ・彼女姉登場、録音を聞かせて引き取ってもらう

    これが約一年前、転勤の話が出てたからその後転勤、別れたのだがさっき来たメール

    件名:気をつけて!
    妹が俺君を見つけたみたい!遠くだから人違いだとは思うけど念のため気をつけて!

    …隣の県って遠くなのか? ヤンデレものは好きだったし人を狂わすほどの愛される恋愛は憧れてたけど実際にしてみると怖いよって話でした

    4 :鬼女日記 2015/06/04(木) 12:09:52 ID:15k
    小学校の給食の時、大好きなイカの丸焼きが出て齧りついたら、イカの中にフナムシが原形留めて入っていたこと。
    そしてそれを思いっきり噛んだこと。

    それ以来イカ食べれなくなった。

    761 :鬼女日記 2013/07/18(木) 14:44:58 ID:ZhPRgAmD
    怖い人と知り合いになった
    お金ありそうだねとか、一人暮らしなの?とか、家においでとか時々メールが来て怖い
    お金はないって説明して、メールも一ヶ月以上無視しているのに電話まで来た
    電話もかかってきたとたんにぶち切ったのに、遠回しに給料入った?って感じのメールが……。
    一度あっただけなのに、こちらの同情をひこうとするメールばかり寄越すし、もういやだ
    十歳近くも年上の人に寄りかかられてお金を無心されそうで疲れる

    もう電話番号変えた方がいいのかな

    >>624
    遅レスだが本当にお大事に

    677 :鬼女日記 2018/02/20(火) 01:56:16 ID:VLb
    最近怖い夢ばかりで寝るのが嫌になってきた。
    さっきは、私以外の家族が頃されてしまう夢。
    大量のゾンビに追われる、定番の怖い夢って感じだったんだけど、ゾンビなんかより怖かったのが、出てきた人全員が、私を逃がすために笑顔で身代わりになって襲われる。そして私はそれにあまりショックを受けないの。
    銃器持ってる人がたくさんいるのに、私には武器を渡してくれないで、逃げろ逃げろって。
    護衛してくれた人もいなくなって、夫も兵隊?たちと戦いに出てボロボロにやられて絶えて、最後には子供達までもが「ママ逃げて」って笑顔でゾンビに囲まれて、群れの中に突っ込んで行く。
    夢の中の私は「え?」ってリアクションはするけど、助けないで逃げる。
    子供三人、上二人が身代わりになって、末っ子の乳児を抱いて逃げる。
    だけど、逃げる途中で囲まれそうになって振り切って走り回ってるうちに、気づくと末っ子抱いてないの。
    いつ離したか解らない。周りには誰も何もいなくて、夜の真っ暗な雨の中独り。なんでか「海に行こう」って思った所で起きた。
    本当に怖かった。
    息苦しくて心臓痛い。なんか背中や腕が冷たい。体が脱力してる。
    家族守らず1人で逃げてた自分が怖い。あんなの私じゃない。子供置いて逃げるくらいなら、子供守ってタヒにたいよ。
    たかが夢なんだけど、あんなリアルなのまた見るかもと思うと今日はもう寝たくない。
    夢を真に受けるとか幼稚園児かよ…とおもうけど、最近本当こんな嫌な夢ばっかり。
    眠るの嫌だ…

    601 :鬼女日記 2016/01/11(月) 19:54:00 ID:uay
    話ぶた切りすまん。

    20年前の話。

    当時自分は小6。
    4月の始業式でとある教師が担任になった。
    クラスのほぼ全員が悲鳴を上げた。
    体罰は無かったが、学校でも厳しいと有名の教師だった。
    で、始業式終わって教室にて、皆がビクビクしながらホームルームが始まった。
    で、教師が自分達に口を開いてこう言った。

    「ここにいる皆で長縄の八の字跳びを1000回達成しよう!」

    全員がポカーンとした。
    「八の字跳び!?」「千回だと!?」
    皆が皆、
    「このおっさんは一体何を言ってるんだ?」
    と思った。
    実際に失笑が漏れたのだから。
    そして、次に教師はこう言った。
    「もし、1000回達成したら、この町で一番うまいと言われているラーメン屋に連れていって全員おごってあげよう!」
    と発言し全員が大爆笑した。
    しかし、この教師は本気だった。

    このページのトップヘ