恐怖

    247 :鬼女日記 2009/08/27(木) 14:08:49 ID:9BTZbE9KO
    ここヲチしてて、ずっと他人事ぐらいにしか思ってなかったんだけど…
    今現在子蟻妊婦なんだけど、昨日近所のコンビニに子連れで散歩がてら行ったら数人の男女が楺めてて、危ないなーって思ったんだけど入り口付近に居たから少し遠退きながらも通ったら、1人の女にお腹と子供毆られそうになった。
    周りに居た友達?が止めに入ってくれたから無事だったけど。
    女のを引き離した後に友達?の人に『あの子不妊で今ちょっとその事で喧嘩になっちゃって。たまたま通りかかった妊婦さんがムカついたみたい。危ない目にあわせてすみません』って言われた。
    その後その人達は女をなんとか車に押し込んで去っていった。

    あまりの怖さに動けなかった。暫くあのコンビニには行けそうにない…
    しかもコンビニ店員は見てみない振りだった。

    長文ごめん

    527 :鬼女日記 2009/12/13(日) 22:58:57 ID:TmZx9zf6
    だいぶ前なのですが、ブランド品貸してクレクレされたことがあります。

    夜8時くらいに、いきなり自宅突撃されました(Aさん)
    「いきなりでごめんなさい。貴方の持ってる●●を貸してくれません?」
    なんでも結婚式に出席するときにぜひ持ちたいと言われて
    聞いてもないのに、日時や式場、それと身の上話をされました。
    「大切に使いますし、すぐ返します。
     ホテルも変なところではありませんしお願いします」と
    何度も頭を下げられ・・

    真面目で地味めな人で可哀そうに思ってしまい
    貸そうかなと思ってしまったのですが
    良く考えると彼女と面識がなく挨拶すらしたことがないのに気付き
    丁重にお断りしました。

    するとAさんは「あなたとは面識がある。同じ保育園です。
    素敵な人だなと思ってずっと見てました」
    みたいな恐ろしいことを言われ硬直。

    そんなこと言われても親しくないし
    母からもらった大切な品だといって断りました。

    食い下がってくる彼女を見て本当に怖かったのですが
    なんとかドアを閉めました(チェーン付で開けてよかったです)

    152 :鬼女日記 2013/03/20(水) 00:44:27 I
    初書き込みなのでおかしいところあるかも。大目に見てください。
    二年ほど前に別れた元彼(以外メガネ)からのメールです。気持ち悪いので、晒させてください。原文まま


    『ぴーこ(私)、君に言わなければならないことがある。

    俺は、心臓に爆弾を抱えてる。

    ごめんな、幸せにしてやれない。

    こんな俺、生きる価値ないよネ…
    タヒにたいけど、タヒねないんだ…
    ぴーこに会いたい。会いたい。

    タヒんだら、会いに行っていあカナあ?
    ぴーこはずっと俺の光だから。ネ。

    今、睡眠薬を飲みました。

    もう意識がな』


    最後の表現とかわざとらしすぎて恐怖とかよりも呆れた。
    心臓に爆弾も多分嘘。ついこの間は脳に異常があるとか言ってたし。付き合ってたときもいつもなにかの病気だったから。

    出会い方からなにまでおかしかったけど、別れて二年の私にこんなメール送ってくる奴だから、彼女もできないんだね。ひっかかった自分が悔しいです。

    聞いてくれてありがとう。

    1 :鬼女日記 2021/04/08(木) 02:56:36 ID:wL40
    夜中にインターホン鳴らして来て「物音するからって八つ当たりしないでね下の人には注意しとくから」とか言ってくるんや
    本当に怖い
    糖質って理屈っぽい事言っても通じないよな?
    どうしたらいい?

    662 :鬼女日記 2008/01/30(水) 01:01:22
    なんか、「明日は手打ち麺でカルボナーラ作るからね♪」
    ってwktkした顔で言われたんだが…

    いつも、うどんみたいになるまで茹でたスパゲッティに、
    レトルト+豆㲗+タバスコの甘いんだか辛いんだか分からないミートソースかけたもんしか
    出てきた事ないんだが、一体何に影響されたのやら…
    そしてどんなものを食わされるのやら…orz

    408 :鬼女日記 2015/04/23(木) 13:14:29 ID:cBNN2Dqa0.net
    朝、いきなり子供が「目が見えない」と泣き出した
    目が見えない(真っ暗)のは20秒くらいで、しばらくしたら治ったけど、その後頭痛と吐き気があって、もうありとあらゆる怖い想像しまくった(先日石で頭けがしたし)
    眼科と脳神経外科行って、CTも撮って、目にも脳にも異常なく、偏頭痛の前触れじゃないかという診断だった
    私は偏頭痛ないから思いつきもしなかった

    しかしあの怖がって泣く子供が忘れられない
    普段、超生意気なのに
    私が怖がるわけにはいかないから、大丈夫と言い続けたけど、本当はめっちゃくちゃ怖かった!本当に怖かったよ
    ここで吐き出し、ごめん

    590 :鬼女日記 2005/08/31(水) 15:25:48
    職場の同僚がヤバイ事に今頃気付いた…
    買い物が大好きと言いしょっちゅう私の物と似た様なデザインの
    服、サンダル、カバン、アクセサリ等を買っては見せてくる。
    上司には仲良しだと勘違いされてるし…
    他の同僚に相談して通勤にはお気に入りの私物は持って来ない事にした。
    そしたらロッカーで制服に着替えてる時じーーーと見てきて…
    しばらくしたら下着がお揃いになってた!! イヤダ!
    極めつけは私の一番の大親友が幸せな結婚して妊娠したから
    自分の事の様にすごく喜んでたら3ヵ月後に奴も妊娠した…
    こわいーめっちゃこわいー



    239 :鬼女日記 2019/05/06(月) 11:11:13 ID:eBi.z8.lq
    元職場のAの話。

    みんなで昼休みに「休みは何をしていたのか」って話をしていた時に私が「服を買いに言ってました」って答えたら
    Aが「どこで服を買うの?」って聞いてきたので「マルイの〇〇で買いました」って答えると
    「私さんブスなのに〇〇で買えないでしょ」と爆笑。
    随分と失礼だし、ブスだから購入拒否なんてないだろう。それにいつもその店で買ってます。

    ところが翌週Aが
    「私さんが行きつけの〇〇に行ったけど、買えなかった。私さんのせいだから交通費を払って!」と鬼の形相で怒ってきた。
    「?」って思いながら確認すると「私さんより自分のほうが似合う」と買いに行ったけど、サイズ的に無理だったということだった。
    だって私は20代、Aは50代のデブ、そりゃ体型違うわ。
    私のほうが身長が15センチ高いから「体型違いますもんね、でも私は買いに行けと言った覚えないです」とあしらっておいたら
    Aは課長のところへ「私さんが交通費を払ってくれない」と言いに行った。

    課長は「私さんとは年齢違うだろ。お前いくつだと思ってるの?」と爆笑。
    Aは次に社内一のイケメンへ泣きついたが「それは無理っしょ」と汚いものでも見るような目で見られてた。
    Aはいつも「イケメンくんカッコイイ。私告白されるのを待ってるんだけどな」って親子ほど年の離れたイケメンに気持ち悪い妄想を膨らませてただけあって、Aはショックで数日休んでた。

    その出来事から半年後に私は転職したんだけど、突然「服貸して」と自宅突撃されて「貸せる服なんてない」と断ったら、
    ノート出して「〇日に着てた白のワンピース」って言い出した。
    一緒に働いてた時代に毎日私の服、靴、バッグを記録してたらしい。

    追い返したけど自宅知ってることも、記録されてたことも色々恐怖。
    今度来たら警察呼ぶわ。

    528 :鬼女日記 2013/10/05(土) 22:04:33 0
    人生の中で一番ではないけどちょっとした修羅場

    仕事終わりに時々遠回りして海沿いをよく走っていた
    まぁ真夜中だし田舎だし何も無いんで気分転換的な感じで
    ある日いつものルートを走ってて窓から血のにおいがした
    仕事柄、においには結構敏感で何だろう、と車を止めた
    でも波の音しか聞こえず、ただ、掘っ立て小屋みたいな
    人が住んでいるのかどうかも判らない建物が近くにあっただけ
    漁師町だから網を直す作業小屋も点々とあってそういうのだろう
    と、気にも留めなかった
    何となくだけど視線というか気配みたいなものは感じたけど
    時間も時間だし女独り、怖いので車を発車
    翌日のニュースで昨夜のあの場所で一家惨杀殳事件があった事を知った
    父親が妻と子供達を次々手に掛けた事件だった
    あの時嗅いだにおいはその被害者達の物だったのか気のせいだったのか、
    合掌

    248 :鬼女日記 2013/08/20(火) 18:15:04 0
    新婚半年に満たない頃
    仕事中に、嫁の在宅中の我が家に泥棒が入って嫁が怪我をしたと連絡受けたこと

    結局嫁は留守のような状態でクローゼット上段の積まれた布団の中で昼寝してて
    下段を漁る音に起きて頭を出したら泥棒とかち合わせ
    泥棒が悲鳴をあげて逃げたから追おうとして布団ごと落ちて手首を負傷
    あの時は嫁が無事なことに本気でほっとしてたが
    後になってみると嫁の行動は謎だった

    最近泥棒が捕まったと連絡があった
    空き巣を繰り返していて浸入した家は覚えてなかったけど
    クローゼットの生首女は覚えていた
    気持ちに一区切りがついたので駄文失礼した

    このページのトップヘ