799 :鬼女日記 2013/10/16(水) 01:18:21 ID:vAPjl98n
ダイエットのために食事制限してた彼女が
ある日、どうしてもトンカツが食べたいと言い出した
彼女は別に太ってたわけじゃないし、俺としては
別に無理にダイエットしなくてもいいんじゃねと思ってたので
念のため本当に行くのかと確認をとり意思確認したあと
そんなら希望通り食いに行こうと近所の飯屋に二人で向かい
彼女は待望のトンカツ定食を注文した

運ばれてきてさあ食おうというところで彼女が
「やっぱいらない、我慢する、俺くん私のも食べて」と
トンカツ、白飯、味噌汁、小鉢を俺の方に寄越して自分はキャベツと漬物だけ食い出した
ひと悶着あったが結局、俺は彼女のと自分の定食をむりやり食った
食ってる間ずっと彼女は「うわ油すごー食べなくてよかったーw」とか言ってて
その時点で結構モヤモヤしてたんだが数日後、彼女の家に行ったら
流しの三角コーナーに大量の麺と唐揚げと何か小さいケーキっぽいのが捨てられていた

彼女に聞いたら、ペヤングと唐揚げとケーキが無性に食べたくなって
用意したけどダイエット中だからやっぱり我慢して潔く全部捨てた、らしい
本人はドヤ顔で「一口も食べなかったよー私めっちゃ意思強いでしょー」とか言ってたが
食い物を粗末にして平然としてる彼女に引いた
食い物粗末にすんなよと言っても「うわ貧乏くさw」だし、結果的に冷めた