披露宴

    27 :鬼女日記 2017/05/22(月) 23:01:59 ID:1cXGjeQ+.net
    友人の披露宴でスピーチ頼まれていて、文章推敲し美辞麗句過ぎずに、しかしおめでとうの気持ちを込めた自分でも会心の文章ができました
    当日、快晴の中、幸せそうな新郎新婦。そして披露宴で遂に私の名前が呼ばれて立ち上がった瞬間、感じた何かがドバッと出た感覚
    まだ予定より2週間早かった・・。
    スピーチの文章は頭からきれいに消え、とにかく一刻も早くトイレに行きたい。
    しかし友人に恥をかかせる訳にはいかない。
    そしてマイクの前に立ち、さりげなく裾を見ればまだ汚れていない
    「女は度胸!」とアカペラでジャンニスキッキのアリアを歌い、喝采を浴びながらそのまま友人一人引っ張って退出
    「ナプキンよこせ!!」「え!?持ってない!!」「何とか助けてくれ!」「トイレットペーパーぐるぐる巻き!!」
    と式場入り口で小声で怒鳴りあい、喉がお互いがらがらになりました
    あの瞬間のドバッ、は女性ならお分かりのはず。男性は・・お腹壊して駆け込んだトイレでもういいかな、と立ち上がった瞬間にまだ水様のがドドッと出た感覚を思い出してみて下さい

    何でジャンニスキッキにしたか
    短くてそして有名な結婚の歌
    新婦を軽くからかいつつもおめでとうの気持ちも出せる
    そして何よりそれしか私が思い付かなかったんです!!早く終わるには歌うのが一番

    241 :鬼女日記 2016/06/24(金) 22:17:45 ID:pYd3r+TD.net
    流れ読まず、長文すいません。



    数年前の元職場の方の式、披露宴のラストで、新婦→義実家、新郎→義実家へ手紙を読むというイベントが。

    新郎の手紙は「大事にします」のような内容で参列者もほっこりしながら見守っていて、滞りなく終了。
    新婦の手紙も「新郎を立てて支えて幸せな家庭を築きます」という感じで、何も変なことは書いていなかった。
    が、途中で新郎母がキレた…

    読んでいる最中の手紙を奪う→破いて、
    「あんたなんかにあげるために育てたんじゃない!」
    「水モノ商売の保険に、大手企業のうちの息子を騙したんだろう!」
    「息子は不幸になる!!!サゲマン」
    「息子は結婚なんてしなくていいんだ!ずっと私たちと暮らすんだ!!」
    と罵詈雑言。

    新婦はすごく稼ぎの少ない兼業作家(普段は会社員で、こちらは普通の稼ぎ)
    新郎は確かに大手におつとめだけど、元々は新婦と同じ中小企業で働いていて(私の元職場)
    新婦の親に認めてもらえるくらい稼ぎたいから、と大手に転職した方だった。

    もう、まわりも皆ポカーンとしてしまい、
    スタッフの方も呆気にとられてか誰も微動だにしなかった。

    結局、新婦がその時使っていたマイクで
    「すいません、お母様の仰っている意味がよくわかりません…」
    とコメントして、その言葉で皆我にかえって進行が進んだ。

    夫婦は本当に仲良しで、未だに新郎も新婦にベタ惚れだし仲睦まじいふたりなんだけど、あの姑は苦労するだろうなぁ、と思った。
    新郎自体は品も良くて、確かに条件のよい子だけど、私なら絶対に結婚しないから、相当愛し合ってるんだろうな。

    最近その新婦に久しぶりに会って、お姑さんとどう?と笑い半分で聞いたら「いい感じでやってるよ~」と黒い笑みが返ってきたので、なんとなく詳細は聞けませんでした。

    301 :鬼女日記 2011/12/19(月) 07:32:30
    二日前結婚式に参列した者です
    今朝から下痢、嘔吐が半端なく、トイレから離れられません
    そこの式場ノロウイルスが蔓延していたらしく披露宴は別の場所で行われたんですが、、
    友人、関係者などにはまだ連絡をとっていないし、自分自身医者にも行ってないのでまだ断定は出来ません
    こういった場合休業の補償はしてもらえるんですか?

    180 :鬼女日記 2017/04/24(月) 16:46:10 ID:MuhDrMNU.net
    20年くらい前の話。

    学生の頃バイトしてたカフェで一緒に働いてた友人カップルが結婚することになった。
    そこまで仲良くはなかったけど、そのカフェのバイト仲間が披露宴に多数招待されてて
    就職で地元を離れてた自分としては久しぶりの再会も楽しみに参加した。

    バイト仲間たちで歌の余興をしたりと楽しく過ごしていたのだが。

    お色直しに行った新郎新婦が全然帰ってこない。
    新郎新婦不在のままスピーチしたりしてる。
    挙句には飛び入りで親戚の余興が始まったりする。
    料理ももう全部食べてあとはデザートくらいだ。

    ここでやっとキャンドルサービスが始まる。が、しかし。

    「新郎さまの体調不良により、キャンドルサービスは
     新婦さまと新郎のお父さまで行います」

    えwwwwww
    新郎のお父さまwwwwww

    冗談かと思ったらマジで新婦(友人)と新郎父(おじさん)の
    キャンドルサービスだった。
    テーブルに来られても「おめでとう」って言っていいのかわからんし。
    微妙な雰囲気のまま全テーブルのキャンドルサービスが終わり
    最後のメインのキャンドルへと来た時。

    司会者「どうぞみなさん、前に来てお写真を!」

    誰もいかないって!!!

    その後は駆け足で披露宴は終わった。
    あまりに衝撃的すぎて新婦ちゃんとの会話もそこそこに帰った。

    後で聞いた話によると新郎くんの体調不良は単なる「飲み過ぎ」
    席に用意してあるバケツに捨てずに、注がれた酒を全部まともに飲んでたらしい。
    そう言えば一緒にバイトしてたころ「俺は酒が強い」と自慢してたなー。
    就職後は営業職だって言ってたから、尚更自信がついちゃったのかなー。

    ちなみに二次会も新郎新婦不参加となり、なんだかわからない会になってしまった。

    453 :鬼女日記 2011/12/22(木) 18:27:45
    流れを読まず長文ネタ投下

    何年か前の会社同僚(男)の結婚式の話

    ブーケトスで新婦友人がガッチリ前列を固める中
    うちの課長(女性・未婚・30代後半)、最前列に躍り出て
    バスケのディフェンスのように手を上げた。
    新婦が投げる直前、両頬を平手でパチンと叩いて
    「ッシャー!!来い!」と気合の声まで上げる始末

    ギャラリーからはドッと笑い声。

    苦笑いしつつも新婦がブーケを投げると
    別の同僚女性(未婚・20代・美人)が課長の前にぱっと飛び出て
    鮮やかにブーケをインターセプト
    取ったブーケを高く掲げて
    「やったー。今年こそ彼氏作るぞー」と大声で喜んだ。

    課長は「ああああ!!!今年もダメなのかあああ!!」
    と派手なリアクションで悔しがってた

    ギャラリーは大爆笑だったが、新婦友人数人は
    ふて腐れた表情
    冷ややかに目立っていた二人を睨んでいた。

    披露宴を待つ待合室みたいな所に行く途中
    ちょうど俺たちの横を新婦友人が通り過ぎるときに
    「空気読めない女って、マジ痛いよねー」とか
    「さっきのオバサン何あれ?きっつー」とか
    聞こえよがしの大声で二人を罵ってた。

    501 :鬼女日記 2016/09/24(土) 20:44:35 ID:Gmn
    やっと落ち着いたので

    大学時代に同じゼミになり、それが縁で2ヶ月だけ付き合った男性がいた
    その元彼から披露宴の出席を打診された
    ゼミ生全員を招待してるというので、その流れで私にも打診が来たらしい
    そうはいっても花嫁さんが嫌がるだろうからと、適当に理由をつけて欠席することにした

    その後、元彼妻からボロクソに言われていたことを知った
    (他人行儀という意味で)丁寧な手紙を添えて、お祝いを贈っていたのだけど
    それがとても気に入らなかったらしい
    というのも、私が贈ったのがユ○ハイムの詰め合わせだったんだけど
    元彼=洋菓子大好き、元彼妻=和菓子大好きで洋菓子大嫌い だったそうで
    さらにあて先が元彼だったこともあって「これは元カノの宣戦布告!」と激怒したそうな

    そんなん言われても、私は元彼妻の名前すら知らないし・・・
    元彼の現住所だって知らないから、結婚式二次会の幹事をする共通の友人に預けて
    元彼と会うタイミングで渡してもらったくらいなのに

    なぜ↑がわかったかというと、結婚式のしばらくあとに私家にカミソリレターが届いて
    警察が調べて元彼妻にたどり着いたから
    (あて先はゼミの同窓生名簿から調べたらしい)
    私が開封したときに盛大に指を切ってしまったせいで、辞め検弁護士の父が激怒して
    色々と大事になってしまった

    最終的に示談になって、元彼妻側から治療費と慰謝料をもらった
    示談が決まったタイミングで、私夫の遠方への赴任が決まったので、私も仕事を辞めて引越し
    それすら「うちからむしりとったお金で引越し代をまかなった」と逆恨みされたらしくて
    その後何度も迷惑をこうむって引越しをし、その都度父に出て行ってもらった

    父は身内だからと甘い顔をしない人なので、ちゃんと正規の料金を支払ったけど
    それと引越しが度重なったせいで、相手からの慰謝料があってもカツカツだった・・・orz

    491 :鬼女日記 2016/08/02(火) 22:55:11 ID:AAgw/G0M.net
    新婦友人として出席した披露宴で同テーブルの夫婦が鬱陶しかった
    若い夫婦なんだけど、妻の方が料理が運ばれて来る度にいちいち
    「これはどこの海老ですか?」「これは?」「塩はどこの塩?」「ソースは何を使っているの?」「クリーム入ってる?」と
    皿に乗ってるものすべてについて一つ一つ丁寧に丁寧に質問する
    「アレルギーはございますか?」と聞かれていたが、アレルギーではないらしい
    パンひとつ食べるのにも「小麦粉ですよね?」「塩は多めなんですか?」「なんで丸いパン?」
    肉や魚の上に飾られた野菜もひとつひとつ質問し
    「玉葱は兵庫?北海道?」「レタスは手で千切ってるんですか?」「蓮根揚げてるんですね?」
    ほとんどが見りゃ解るだろってことを延々聞いている
    隣の人に「さっきから何かあるの?」と鬱陶しそうにされて「えっ?…」とうつむいて黙ったのも一瞬だけ
    次の料理が運ばれて来るとまた質問開始
    「これって何ですか?」「これってキャビア?」「何でお皿が深めなの?」「お皿は温めてあるの?」
    外見は男性受けしそうな大人しそうな人

    212 :鬼女日記 2016/10/14(金) 20:43:01 ID:B/vUlTzH0.net
    1から結婚をスタートさせたいっておかしい考えかな?貯金0の状態から結婚をしたいんだがすげー拒否される
    必要最低限な金だけお互い出してそこから2人でやっていきたいと考えているんだが、奇麗事なんだろうか

    619 :鬼女日記 2015/02/15(日) 08:32:56 .net
    新婦友人として参加した式が不幸だった。
    新郎両親の挨拶が「穀潰しのニートを養ってくれるとのことでありがとうございます」
    新婦両親の挨拶も「ペット同様一度飼ったら最後まで責任を持ちなさい。養いきれないからと、離婚したり、両親を頼ったりしないように」

    もうね、会場の空気が凍りついたのがよく わかったよ。
    親族に祝福されないってのは、なかなか不幸だと思う。
    なんで式挙げたんだろう。

    420 :鬼女日記 2013/06/27(木) 20:30:37
    先月の親戚の結婚式の話。
    挙式は何事もなく無事に終わり記念写真を撮ろうと外に誘導されてる時に式場の人が来て新郎新婦とご両親に話があるとどこかへ連れていった。
    打ち合わせし忘れたことでもあったかと皆思い新郎新婦とご両親が戻ってきたらすぐに写真を撮れるようスタンバってたが30分待っても戻ってこない。
    暑かったので皆屋内に退避。どうしたんだろ?と話ながら待つことさらに一時間以上、やっと帰ってきた。写真を撮って披露宴に…と思ったら式場関係者に披露宴は中止ですと言われた。
    新郎新婦とご両親、話が違うじゃないかと詰め寄る、事情を知らない出席者ザワザワ。結局披露宴はやれずに終わった。
    後で聞いたら式場側のミスで披露宴の食事用の食材の発注をしていなかったらしい。で新郎新婦とご両親にその事を報告し代替案も出さずどうしましょう、どうしましょうと言い続けてたらしい。

    577 :鬼女日記 2011/12/23(金) 09:50:06
    新婦の友人として披露宴に出席
    なんでか新郎側の両親や友人たちが私のほうを見て
    ざわざわひそひそするのでなんだろう?嫌な感じだなあと思っていた

    新郎のお母様に会場から廊下へ連れ出され
    話を聞いてみたら、新郎の前彼女に私がうり二つだったらしい
    免許証を見せて全くの別人だということを証明
    ただ、新郎も私をみて動揺するかもしれないから
    トラブルになる前に急病ということにしてくれと退場させられた。

    その後新婦から心配と何があったのかという勘ぐりのメールが来たが
    事情を聞かされていないっぽいのでどうしたものやら。
    急にお腹の具合が悪くなったので、
    大事な式中に迷惑かけたらそっちのほうが大変だと思ったから
    本当にごめんねと返してあるけどいらぬ誤解を招くのではと怖い

    式自体は滞りなくすんだ上に料理ものすごくおいしかったようです
    お祝いも出来なかった上ご飯一口も食べられなかった私が不幸な結婚式でした

    503 :鬼女日記 2007/08/22(水) 01:26:34
    長文になりますが失礼します。

    もう十年になるけれど、父方の従兄弟の披露宴に出席した。
    元々私は招待されていなかったけど、丁度翌年私も結婚する予定で
    「出席させてもらったら?参考になるかもよ」と勧められ、向こうのご好意もあり
    出席させてもらう事に。
    その従兄弟は本家の長男で、また大企業のエリートでもあったので、出席者は会社関係も大勢いて総勢300人は越えていたと思う。
    披露宴は超高級有名ホテルで、大ホールぶち抜きのそれは盛大なものだった。

    私はあまりの規模が違いに「こりゃ参考にならないなあ~w」なんて思いながら、
    入場してきた花嫁さんの綺麗な姿にうっとりしていた。
    そして流れるような司会者の進行で披露宴はおごそかに始まり、
    まず挨拶や新郎新婦の紹介等を経て、出席者の前にオードブルと乾杯のシャンパンが配られた。

    司会者「乾杯の音頭は新郎の直属の上司でいらっしゃいますAさんにお願い致します。
       皆様、グラスを手にその場でご起立をお願い致します!」

    その場で新郎新婦を含め、全員がグラスを片手に直立。
    ここまでは本当に滞りなく普通の披露宴。
    ところがこのAさんとやらがとんでもない人だった。

    426 :鬼女日記 2010/08/20(金) 21:10:43
    新婦側友人として出席した式です。

    新婦とは義務教育からの友人でかなり親しかったので
    結婚が決まってから、私を含む仲間たちが余興や受付や二次会幹事を頼まれたり
    連絡を密に取り合ってました。
    それが、式の半月前になって急に連絡が取れなくなった。

    新婦の仕事が激務なことは知っていたし、それまでの打ちあわせの積み重ねで
    余興や受付は滞りなくできたんだけど、
    当日行ってみたら、肝心の式と披露宴がすごく微妙な雰囲気でした。

    なんでも新郎が式の直前、親にも新婦にも相談せず、勝手に退職してたらしい。
    高校も大学もいいとこ出て、部活でもずっとキャプテン、
    さわやかエリートでイヤミな人格で人気者な彼が美人の新婦と結婚し…と
    誰もがうらやむ順風満帆な人生だったんだけど
    なぜか彼は
    「ここが人生の節目だ。一度きりの人生、本当にやりたいことをやらないと!」と
    このタイミングで決心したんだそうだ。

    彼が本当にやりたいこととは小説家。
    でも一度も小説を書いたことはなく、読書も嫌いで、村上春樹すら読んだことがないそうです。

    新婦も、新郎両親も慌てふためいて説得したが
    もう仕事はやめてしまったあとだし(エリート公務員でした)
    彼は頑として言うことを聞かなかったそうで、そのまま挙式→入籍になったそうです。

    事情はあとから聞かされたので、当日はとにかく空気が微妙で皆戸惑うばかりでした。
    新郎だけは異様にテンション高くて
    「シャンペンタワーやりたいな!当日いきなりじゃダメなのかな!」とか言ってた。
    入籍せずちょっと待った方が良かったんじゃ…と
    助言できるもんならしたかった。

    480 :名無しさん@おーぷん
    いとこの結婚式があったのだが(いとこは新郎)
    新婦のご両親が出席しなかった。
    式のあとの披露宴でやっと
    「新婦のお母様が、またいつものをしでかしまして
    お父様が見張りで家から出ないようにしております」と
    原文ママでアナウンスがあったら
    新婦側親族は「またかー」みたいな顔をしていた。

    (ここから)
    新婦の母はなぜか、箸を折ってから使うらしい。
    原因は完全に不明で、
    誰が聞いても「折らなきゃダメなのよ!」としか言わずに
    箸の先端から3センチくらいを折って使っている。
    夫や両親にも同じ愚行をやらせようとして失敗したため
    子供にだけは、家族の目が届かないところでそれを強制していたところ
    幼稚園で「お前のカーチャン狂ってる」と指摘したのが新郎。
    母の異常性に気づいた新婦は公然と逆らうようになり、
    そのまま成長して新郎と結婚した。
    同じ幼稚園だった新郎が「狂っている」と断じたからには
    地方の風習ということはないし、
    そもそも新婦母の両親さえやっていないのだから
    新婦母だけの儀式か何かだろうと判断され、
    親戚中から白い目で見られていた。

    式には「何もしないなら呼ぶ」と事前に通達していたのだが
    前日になって、先から5センチほどで折られた箸を大量に用意していたとかで
    「行けなくなった」と新婦父から連絡があったらしい。
    「見張っていなければコレ持って式場に押しかけかねない」とのことでは
    父だけでもとは言えず、欠席することで話がついたとか。

    ここまでが、幼稚園当時の折られた箸の写真付きで流された
    新郎新婦の馴れ初めと事情説明のビデオ。
    「こんな母ですが、どなたにも一切かかわりませんので」とぼやいていた
    新婦さんの呆れ顔が印象的だった。

    このページのトップヘ