救世主

    781 :鬼女日記 2007/07/12(木) 10:18:50 ID:wxU5nN7E
    小学校にあがる前のこと、母と一緒に電車で病院に行った
    向かいの座席を見ると、端の方に白い杖をついた男の人が座っていた
    母に「おじーちゃんじゃないのに杖を持ってるよ」と言うと、
    「目の不自由な人なんだ」、「変だって言っちゃダメだ」と耳打ちされた

    そうかと思い、あとは外の景色を見たり、吊革の揺れ方を見ていた
    母は居眠りを始めてしまったので、自分は
    「早く降りる駅が来ないか」と静かに座っていた

    次の駅で三人の女子高生が乗ってきた
    三人は盲目の男性.と少し間をあけて座席に座り、
    大きな声で話を始めた

    しばらくして女子高生が膝の上に乗せていたカバンを
    座席の横に置こうとしたら、そのカバンが軽く男性.にぶつかった
    女子高生はハッとして男性.の方を見たが、逆に男性.の方が
    「すみません」と、何度も頭をさげて申し訳なさそうに謝っていた

    それを見た三人は顔を見合わせ、なにかコソコソと話し
    一人は男性.の隣に密着するように座り、あとの二人は
    男性.の前の吊革を持って立ちふさがった

    そして三人はワザと男性.の身体にぶつかり始めた
    女子高生がぶつかるたびに、男性.は「すみません」を繰り返し、
    その身体を小さくしていた身体を小さくしながら何度も謝る
    男性.を見て、三人はずっとニヤニヤしていた

    すると酔っ払いっぽいおじさんが「なにしんとんじゃぁああ!」と一喝し、
    女子高生の一人をひっぱたいた
    逆切れして食って掛かる残りの2人の髪の毛を掴んで引きずり倒し
    説教をはじめたと思ったらゲロを吐いた。
    吐瀉物まみれの女子高生を残し、おっさんは車掌さんに連れて行かれた

    117 :鬼女日記 2013/07/13(土) 13:29:07 ID:KOrpExos
    きのうの電車内での話し。

    土曜日の昼間の電車内。混んではいないが、座席は埋まっていて、何人か立っているような状態。

    そこへ、池沼降臨!

    池沼:身長160cm前後、痩せ型、年齢不詳
    池沼はセーラー服の小柄で大人しそうな女の子にからみ始めた。
    「あうあうあ~(^p^)wwww」
    と、テンプレどおりの奇声を発し、バスケのディフェンスのごとく、女の子の周りをグルグルする池沼。

    すると、そこへ、オッサンが登場。
    身長は180もない感じだが、脂肪と筋肉がたっぷりと付いていますという相撲取りのような体型。
    オッサンは池沼の腋の下に手をつっこんで、池沼を持ち上げた。
    本当に、ヒョイという感じで、まるで猫でも持ち上げるように。
    ああいうときは池沼でも動きが止まるのね。
    急に大人しくなった池沼だが、代わりに、今までどこにいたのかわからなかった池沼の飼い主らしき還暦くらいのババアがオッサンにわめき始めた。
    「ちょっと、あんた、うちの子に何すんのよ。ふじこふじこ」
    オッサン、ババアをガン無視。
    そのとき、ちょうど、電車が駅について、ドアが開いた。
    オッサン、ドアの外に池沼を投げた。
    投げたといっても、正確には転がすような感じ。たぶん、ケガをさせないように気をつかったんだろうと思う。
    「ああ、池沼ちゃん」
    池沼の名を呼びながら、駅のホームへ降り、池沼のもとへと駆け寄るババア。
    倒れた池沼を抱き起こす、池沼は無傷の様子。
    「ちょっと、あんた、うちの子に」
    とババアがわめき始めた直後、電車のドアがプシューと閉まった。

    思わず、感動したオレがおずおずと拍手したら、周りの人たちもみんな拍手し始めた。
    急に周りから拍手され始めて、照れまくるオッサンwww
    池沼にからまれていた女の子が何度もオッサンに礼を言っていた。

    178 :鬼女日記 2004/09/17(金) 01:24:24 ID:vYjm6l8Z
    新幹線の中で893風の男が一般人の客に絡んでたんだって
     他の乗客は893と関わりたくないし、止めにも入れなかった。
    その内、騒ぎを聞きつけた常務員さんが駆けつけ、仲裁に入ったらしいんだけど
    それでも893は一般人をまくし立ててたらしい。
     すると、今まで座席で居眠りをしていたチンピラ風の男が、その騒ぎに気づき、
    893の元へとツカツカ歩いていき。
     「男のクセにチマチマ騒ぐんじゃねぇよ。」
    と静かな口調で言った。
    893は「何っ!」とそのチンピラ風の男のほうへ振り返ったが
    その人の顔をみると「あっ!」となり、大人しくなった。
     そして、この騒ぎは収まった。
    常務員は是非、騒ぎを治めたそのチンピラ風の男にお礼を言いたくなりその人に向かってこう言った。
     「あの、お名前は?」
    するとその人は

     「名前なんてねぇよ。」

    ニヤリと笑い、それだけ言い放つとまた座席に戻り居眠りを始めたそうな。



    この話を知った時、オレはこの人は男の中の男だ!こんな男になりたい!と思った。
     そのチンピラ風の男の正体は皆さんも知る あの 哀川 翔 さんです。

    111 :鬼女日記 2011/06/08(水) 20:39:15 ID:mUcTlIDU

    交通事故にあった。見通しの良い田舎道の交差点で、原因は相手の信号無視。
    俺の座る運転席に猛スピードで突っ込んできたのは、趣味の悪いスーツを着た
    50代くらいのオッサンだった。
    幸い右腕と右足を骨折した他は命に別状はなく、額から流血したものの意識も
    ハッキリしている。ただパニックになった俺はアコーディオンのようになった
    マイカーの中で何をするでもなくただ痙攣を繰り返していた。

    オッサン「おいバカ危ねーだろが! ワシの車どうしてくれんじゃ!」

    全損した車内でうずくまる俺に罵声を浴びせたオッサンは、元気に車を降りると
    誰かに電話し始める。会話の内容から警察ではなく、相手は知人か何かのようだ。

    ようやく意識が正常に戻り、芋虫のように車を降りた俺にオッサンが畳み掛ける。

    オッサン「てめぇふざけんなよ。とっとと警察呼べ。大した怪我でもねえくせに」
    オッサン「ワシの車なんぼする思うとるんじゃ。お前の軽バンが5台は買えるんぞ」
    オッサン「弁償や。ワシ誰や思うとんねん。○○会の人間やぞ。おぉ?」

    俺は痛みと悔しさで何も言えず、唯一使える左手で携帯電話を取り出すので精いっぱい。
    そんな時、遠くからよく知った声が聞こえた。しかも集団で。

    118 :鬼女日記 2013/01/19(土) 22:47:44 0
    以前転んで骨折したんだけど、場所っていうか折れ方が特殊すぎて、医者ですらそんなところを
    そういうふうに骨折するもんなの?ってなってた上に、レントゲンでもなかなか写らなくて
    いろいろ検査した挙句にようやく骨折してるってわかった。

    外科部長が超ベテラン医師だったことが災いして、「そんなところが折れるか!」って決めつけて
    折れてるところをぐいぐい押したり何だりして、私は痛みで気絶→嘔吐を繰り返し、若い外科医が
    クビになる覚悟で、自分が担当しますのでお任せください!って強引に割って入って
    それでようやくまともに検査してもらえた。

    外科部長の処置(ぐいぐい)がまずくて、一時期は後遺症が残るかもってことで訴訟沙汰になったり
    骨折状態が珍しすぎて、学会で発表されて一部の業界で有名人になったり、色々と修羅場だった。

    ちなみに後遺症は残らなかった。若い外科医は自分の出身大学に戻って大学病院で働いているそうだ。

    811 :鬼女日記 2013/01/20(日) 15:20:32 ID:84HKaFS70
    どうぶつの森というゲームを始めて買った。3DSも。
    やり始めたらオンラインで行き来しないとクリアできないイベントや
    手に入らないアイテムがあることがわかった。

    世の中にはさくっと「友達募集~!」ってネットで沢山の友達を作ったり
    情報交換したり日記を発信出来る、フランクで社交性豊かなタイプと
    自分みたいに「もし失敗したらどうしよう…ミスったらネットで晒されて叩かれるかも…」
    「身バレしたらどうしよう…」「2ちゃんやってるって他人にばれたら恥ずかしい…」と
    クヨクヨ考えて踏み出せないタイプがいるのだなあと思うw

    でも通信しないとゲットできないアイテムがあるので悩んでたら
    旦那が「僕も買って始めようか?」と言ってくれた。仕事忙しいのに…。
    自分にもう少し勇気があったらなと思う。

    このページのトップヘ