料理

    800 :鬼女日記 2018/04/06(金) 07:26:39 ID:HgpTfdE10.net
    (私)の作る料理って時間かかるから惣菜で良いよ、でも手作りは作りたての方が良いよね!
    って同棲中の彼に言われたのがスレタイ。
    自分が帰宅後お腹空いてて我慢出来ないからってそりゃないぜ。作り置きしよかと言っても上発言でバカかよと。
    それか私が作ったご飯が食べたくないのか…そうならハッキリ言ってくれ。
    つか私も正社員フルタイム勤務だっつの自分で作るっていう発想はねーのか

    711可愛い奥様2013/04/16(火) 01:25:21.72 ID:GQ9B+Gdv0
    「何で品数そんなにないのにそんな時間かかるの?
    ごはんと味噌汁と肉炒めとお浸しで2時間半とか途中何かして遊んでる?
    献立が思い付かないから取りかかりが遅い、って言うけど
    弁当の本買ってんだからそれ見れば乗ってるんじゃないの?

    どうしても思い付かなきゃ炒飯とかでもいいのに、
    意地でも品数揃えようとして20時過ぎとかやめて欲しい。
    料理に慣れて欲しいから我慢してるけど、
    帰ってきてからずっと腹へったまま待たされてる俺の身にもなって欲しいんだけど。
    後片付けとか俺でも出来ることは協力してるし、奥さんなんだからもっと努力して」


    だいたいこんな感じの内容で旦那から怒られて、
    ぐうの音も出なくてトイレで泣いてしまった
    別に途中でサボってはないけど、
    青菜を茹でながら肉に下味を揉み込んで漬物を冷蔵庫から出して伐るとか
    そういう複数の作業がどうしても一度に出来ないんだよ
    結婚1年経つのにまだ出来なくて、旦那の言うことが正論過ぎて
    自分がどれだけ不良品か思い知らされる

    118:おさかなくわえた名無しさん2018/04/22(日) 08:09:35.61ID:F9iQpN3j
    料理が全く出来ない彼女に冷めて別れた事がある。
    確かに実家が裕福みたいな感じは会話から感じていたが、
    彼女のマンションに行った時に驚いた。
    炊飯器もフライパンも包丁も無い。

    あるのはトースターとレンジと電気ポットだけ。
    朝はトーストとコーヒーとコンビニのサラダですませ
    昼は会社の近くのコンビニで夕食は外食。
    本人は料理を覚える気も無い。
    色々と不安になって別れた。

    443 :鬼女日記 2018/07/26(木) 18:06:51 0.net
    夏休み
    我が家は子供が大学生なのでまだ学校に行ってるが
    結婚が遅かった義兄家には小学生の姪がいる
    今年の夏休みの自由研究は「毎日お料理をして記録する」で
    1週間持たずネタ切れになり義兄嫁からSOSが来た
    姪は可愛いし私も料理やお菓子作りが好きなので面倒見るのはいいんだけど
    材料費はこっち持ちにしてくれというのは図々しいと思う
    それに昼前からうちに来て夕方までいる(しかも義兄嫁も一緒)というのは
    単に昼食とクーラー目当てだろう
    断ったら「姪ちゃんが可愛くないの?」
    礼節をもって接してくれたら協力するのに馬鹿な女だ
    義兄家に行って手伝うならいいけどうちに来るのはお断りと言って断った
    夫と義兄にも根まわししたよ

    608名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/30(火) 11:47:20.16
    昨日、ナメコの味噌汁がヌルヌルするねって言ったら出て行かれた…

    テーブルのオカズ全て捨てられた
    二度と作らないらしい

    些細な事が大問題や…
    誤り倒してもイライラするから連絡してくんなって言われた…

    779 :鬼女日記 2014/10/25(土) 16:01:16 ID:dhxPrgy1l
    俺は独り暮らしを始めてから料理に開眼した。
    それまでは実家ではなーんもしてなかった。母が専業主婦で姉も祖母もいて
    家事をする手が足りてたのと、部活ばっかやってたんで洗濯物のたたみ方も知らんかった。
    しかし進学で一人暮らし開始、コンビニ弁当に早々と飽き
    モヤシ炒めから始めて、炒め系に飽きて煮物系の本を買ったりなんだりで
    そのうち料理が好きになり、人に食ってもらえるレベルにまでなった。

    ある日家に帰ってみると、鍋いっぱいに作ったはずのおでんがなかった。
    後輩たち(いつもメシ作って食わせてやってた。食費はもらってた)が勝手に食ったのかな?と思い
    まあいいやあとで請求しようとその時はあんま気にしなかった。
    ちなみに戸締りははっきり言っていいかげんで、鍵しめてないことも多かった。
    誰でも出入りできると言って過言でない状態だった。

    後日ふたたび鶏の治部煮が消えるという事件が起きた。その時はさすがに腹立って
    後輩に「おまえ黙って食うんじゃねーよ。金も払え」と言った。
    そしたら後輩は「オレたちじゃない」と否定。
    「おでんは?治部煮は?」と聞くと「知らない、それ空き巣じゃないんですか」と言われ
    やっとその可能性に思い当たって警察を呼んだ。

    その夜、実家に電話して「空き巣に入られたから警察呼んだ」と言った。
    母がそれを家族に報告したら、祖母がファビョって「なんで警察なんか呼ぶんだ」と自爆した。
    家族のだれも知らなかったが、祖母は昼間俺がいない時間帯
    タクシーでちょくちょくアパートに来て俺の部屋に出入りしてたらしい。
    祖母いわく「様子見。確認」
    そしていつからか部屋に料理の入った鍋やフライパンが置かれるようになった。
    俺が料理なんかできないと思ってる祖母は、てっきり母が作りに来てると思ったらしい。
    母が料理しに来る→俺が帰る前に捨てる→母の落ち度になる
    という論法により、鍋の中身を持参のビニール袋に入れて持ち帰り、畑の堆肥にぶちこんでいたという…

    それまで祖母が嫁いびりしてると知らなかった俺はビックリ。
    姉は知ってた。親父も知ってたっぽい。
    母は呆れてた。
    俺はそれ以来戸締りをしっかりするようになり、祖母はむやみにタクシーを呼べないよう
    電話帳を隠された(電話帳がないとタクシーの番号覚えてないし、携帯もないからかけられない)

    おでん代と治部煮代は、なぜか父のポケットマネーから補填された。
    カレーを捨てた姑が鍋でぶん殴られたという記事を見て思い出した話。

    483 :鬼女日記 2005/01/22(土) 12:40:38
    昔の話だが。

    普段どれだけ不味いものを作ってるのか
    という事をわかって貰うために、とある店に連れて行ったんだ。


    ……そうか。美味しいか。
    お前の味覚がおかしいんだとはっきり分かったよ。
    それ以来嫁の料理に期待はしていない。


    因みに嫁が食べたのは甘口抹茶小倉スパ。
    最近は全国ネットにでるくらい有名になったアレな店のアレな料理。
    学生時代に新歓コンパや罰ゲームで使ってたんだけど…。

    618 :鬼女日記 2012/02/23(木) 23:28:11 ID:zF8yWBQ7
    うざいくらい料理できるアピをしてくる友人。
    高校の時も自炊の寮にいたみたいだし、大学から一人暮らしを始めた人間よりは料理の手際が良いのはあたり前だと思う。
    それをやたらアピール。家に行くと必ずなんか出される。
    いちいち料理の知識ありますよみたいな発言も多い。普段からプライド高くて毒舌クールキャラをきどっているけど、
    料理をあまりしない私を食べたこともないくせに出来ない女、料理がまずい女と決めつけて見下してくる。食堂があるし金持ちなくせに弁当も再々作ってきてアピール。
    他の友人と弁当の話をしていて、おかずに困るみたいな事を言ったら、「夕飯の残りの味を変えて出したらいいじゃん」と得意げ。
    普通に夕飯の残りでよくない?なんでわざわざ味を変える必要が?
    料理の幅が広いってアピール?
    私がなにげなく、弁当を残していた友人に、「残しちゃダメだよ~」と言うと
    何をイラっとしたのか、
    「お前は弁当作らないくせ言うな」とか言われた。
    はあ?!関係ないだろと思い、弟とかに作ったことあるよ!と言うと、超上から目線で
    「美味しいって言ったの?w」と言われた。
    まじでこいつ何様かと思った。
    得意ではないし、人様には出したくはないけど彼氏には手料理振る舞うし、
    それを彼に言ったら、その友人が嫌いな彼は「彼氏もできたことない奴に言われたくないよね!性格悪!」と」言ってた。
    料理アピすごいからどれだけ出来るかと思いきや、出してくるものはいたって普通。味も普通。
    正直、これくらいなら私も出来る、むしろ私が作ったやつの方が美味しいなと思うものはあった。
    確かに手際は良い。ただそれだけ。
    皆が凄い!さすが!って褒めるから調子に乗ってるんだろうな…。
    何出しても文句言われそうだし絶対にこいつには手料理は作らないと決めている。

    704 :鬼女日記 2016/07/07(木) 00:17:42 ID:te0
    手作りお菓子が迷惑な話はよく見るけど、真逆なのをお茶うけに。
    女子大に通っていた時、サークルの友達A子が、他の大学のB男とつき合っていた。
    A子ののろけ話で、B男は優しくて料理が上手だということを聞いて、
    A子以外は喪女のサークル部員はいいなーうらやましいなーと思っていた。
    文化祭で、そのB男がサークルに差し入れを持ってきてくれた。
    早起きして作ってくれたという
    今でもありありと思いだす(思い出が美化されてるってことは認める)
    30センチ四方くらいある大箱に、
    一面に黄金色に輝く、ベイクドチーズケーキ。
    分けやすいように、5センチ四方くらいに切れ目が入っていた。
    見た目もきれい、いい匂い、味はもちろん極上。
    さっくりしてとろけるようでコクがあって。
    部員全員狂喜乱舞、B男にひれ伏してお礼を言った。

    ところが、ほどなくしてA子はB男を振ってしまった。
    料理が得意なのはいいけど、サークルの女の子に差し入れして
    鼻の下伸ばしてるような奴は嫌なんだって。
    えええー、これ、男女が逆だったら、すっごい自慢して見せびらかして当たり前の状況じゃん。
    それにサークル部員は、他人の彼氏にちょっかい出すような甲斐性のある子はいないよ。
    もう二度と、あの黄金色のチーズケーキは食べられないのかと、それが喪女の私達には修羅場だった。
    今でもあれを超えるチーズケーキに出会ってない。

    このページのトップヘ