新婚旅行

    550 :鬼女日記 2016/07/10(日) 12:06:08 ID:???
    該当スレがないからチラ裏投下。

    数年前、新婚旅行に義両親が付いて来たいそうで、夫がそれを打診してきた。
    当時2chを知らなかった私は天然で「いいよ」と承諾。
    特に深く考えてなかったというか、義両親だって旅行したいよね~位に思ってた。
    で「じゃあうちの両親も連れて行くね」
    同じく天然夫「OK」
    そして夫、「うちも親が来るんだから向こうの親が来るのは当然」思考で義両親に伝達しなかった。
    その後さらに、私「祖母も行きたいって」夫「OK」
    と増えたけどやはり伝達しなかった。
    空港で7人が勢ぞろいして初めて義両親は知ったらしい。
    らしいというのは、うちの両親の手前騒げなかったから。
    事前に私は夫に「祖母の介添えをするから祖母についている。あなたは義両親をお願い」と頼んでいた。
    夫「OK」
    というわけで観光中は「私両親」「私&祖母」「夫&義両親」の3列行動だった。
    (部屋は「私&夫」「私両親&私祖母」「義両親」の3組)
    しかし夫は2日目から「私&祖母」の列にくっついてくる。
    「うちの親、何見ても文句ばっかりで気分悪い」だそうだった。
    でも「私とあなたは部屋で一緒になれるからいいでしょ。義両親さん可哀想」と向こうに行かせた。
    新婚旅行はこんな調子で終わった。

    550 :鬼女日記 2016/07/27(水) 11:33:54 ID:kXA3a1fS.net
    母親と弟の神経が分からんって話
    両親は双方バツイチ子持ちで、兄の俺は父方で、弟は母方の子
    母親は弟ばかり可愛がり、母親にとって俺は二の次だった
    父親が2年前に病気で亡くなってから、いろいろおかしくなった
    父が亡くなる前に、相続に関して弁護士通じて結構な額を遺していた
    母には家(一軒家)+100万
    俺と弟で残りを半分こだった
    それから、母と弟は父の残した財産をどんどんどんどん食いつぶすようになった
    正直、2人に残されたものだし、いくら使おうとこっちの知った事じゃないと冷めていたが、ついに俺の貯金に手を付けた
    弟が結婚するということで、式を挙げて海外に新婚旅行に行った
    俺の貯金を勝手に使ってだ
    それを知ったのはつい先月で、自分自身の口座と相続分を入れているを分けていたから、すぐに気づけなかった
    気付いたら300万ほど無くなってて、問い詰めたら白状した
    その際に、母親から結婚できないんだから、結婚する弟に使った方が世のためになるだろうと言われた
    俺子供作れないから結婚する気ないよ
    その原因を作ったのは母親で、母親が運転する車に乗っていて母親の信号無視で事故を起こして、その時に玉2つ潰れたからだよ
    もう信じられないくらい切れた
    家財やら何やらなぎ倒し、その場で所用で弟嫁実家に行っていた弟の嫁に、お前らが挙げた結婚式と新婚旅行へ行く金は盗んだ俺の金だってこと知っていますか?って連絡した
    弟嫁さんびっくりしてたよ
    以前から結婚資金は「弟一人で必タヒに貯めたお金」と聞かされていたとか
    弟嫁さんは常識人だったようで、弟嫁両親と一緒に飛んできて謝られたよ

    分ける

    212 :鬼女日記 2016/10/14(金) 20:43:01 ID:B/vUlTzH0.net
    1から結婚をスタートさせたいっておかしい考えかな?貯金0の状態から結婚をしたいんだがすげー拒否される
    必要最低限な金だけお互い出してそこから2人でやっていきたいと考えているんだが、奇麗事なんだろうか

    398 :鬼女日記 2017/10/07(土) 15:41:28 ID:fk2
    旦那の友人の身に起こった神経分からん話
    見合いで結婚する事になった女性と披露宴&新婚旅行
    旅行から帰ってきたら何故か女性は新居ではなく実家へ帰る
    女性曰く「ウエディングドレスを着てみたかったのと
    結婚式と新婚旅行をして見たかっただけで結婚生活はしたくない」と
    悪びれた風でも無く本人とお互いの親に言い放ったらしい
    籍を入れる前だったのでそのまま友人は相手親から慰謝料貰って
    新婚生活送る予定だったアパートを引き払って友人も実家へ出戻り
    しかも何故かその女性はその後も平然と友人実家へ何度か遊びに来たそうだ
    友人は色々嫌気がさして転職して遠いところへ引っ越した
    15年ほど前の話でその後友人とは音信不通だそうです
    宇宙人みたいな人間も居るんだなと旦那が昔の写真を見ながら語ってくれました

    このページのトップヘ