条件

    157 :鬼女日記 2017/11/16(木) 19:44:32 ID:TTY
    改めまして
    長文になってしまった

    私はアラサー既婚の女性、昨年50代の実母が再婚した。
    私が中学生の頃に実父の仕事の失敗で金銭的に揉め、離婚。妹と私は母と一緒に中古一軒家に引っ越した。
    「好きとか嫌いだけではなく、将来一緒に老後を過ごすパートナーが欲しい」と数年前に母から聞いた時は応援してた。
    去年の夏「付き合ってる人がいる」と告げられ、秋頃に私、妹、母、件の男性と食事をした。
    はっきり言って、私も妹も苦手なタイプの男性。母がこの人が良いと思った理由がわからなかった。
    後で「良い人と結婚したいのはもちろんだけど、様々な条件が合致しないとこの歳での結婚はできない。考えた結果あの人を選んだ」と言われた。
    母の条件が、定職に就いている・私の実家でもある一軒家を残しても良い・母の持病に理解がある・母の実母つまり私の祖母の介護の為、週に1度必ず丸一日家にいない日がある等。
    一方男性は特に条件を提示していないようだけど、絶対潰れない企業に勤めている・要介護の認知症実母が施設にいたり帰って来たり・職歴なし20代長男が引きこもり、という家庭だった。

    18 :鬼女日記 2011/06/06(月) 22:39:09 0
    ここで相談していいか判りませんが皆様のお考えをお聞かせください。
    現在夫婦と小4の息子と小1の娘がいます。実は夫と離婚が確定的です。
    原因は性格の不一致で几帳面で性格が細かい夫と元々は大ざっぱでぐうたらの嫁の私の性格の違いです。
    離婚についての夫が出した条件は
    1、離婚の原因は性格の不一致でお互いに有責はない。
    2、子供たちの親権は二人とも夫。ただしお互いに一人ずつ子供たちと住む権利がある。
    できれば子供たちが18歳になるまで一人ずつ1年間ずつ交代で住む。
    つまり1年間息子と住んだら次の年は娘と住み息子は夫と住む。
    経済的な基盤があるのは専門職である夫で私は手に職がありません。
    3、お互いに再婚はしない。再婚した場合は再婚相手の虐待を避けるため子供たちと住む権利を放棄する。
    4、子供たちはできるだけ同じ学校に通わせたいため同一市内にお互い住むことにする。
    5、以上の条件を承認するなら(手に職がない私をパートなどで働かせないように)専業主婦に専念できるように
    毎月20万養育費として渡す。急に出費が必要な場合でもできるだけ相談に乗る。
    教育関係の費用なら無条件で渡す。
    こんな感じです。細かい条件を詰める夫らしく更に細かい条件が書かれていますが身元ばれしてしまう所もあるのでこれぐらいにします。
    で皆様にご意見をお聞きしたいにのは
    この条件は普通な条件なのでしょうか?子供たち一人とはやはり離れなくてはならないでしょうか?
    離婚の原因が細かい夫の生活スタイルに私が精神的に追い詰められてパニック障害を起こしてしまうのが原因の1つです。
    ですので弁護士は離婚の原因はどちらかというと私にあると何回も強調され面談中に過換気起こしたこともありました。

    286 :鬼女日記 2016/09/03(土) 20:43:11 ID:WZeDWh1u.net
    今年29になったアラサー女子だけどこんなことがあったんだ…

    話は1年前にさかのぼる…。結婚を意識して婚活サイトに登録したが思いのほかマッチングせず
    月に2人くらいしか会えないという罠。4人目くらいだろうかあった人が随分良い条件で
    ちょっとした仕草からも育ちの良さを感じさせる。相手は同い年なんだけど自分の3倍近く稼ぐ。
    で、5ヶ月でガチ交際になって今年中に結婚を約束したんだわ…。条件も良いし性格も良いし。
    少し薄毛で気になるけど最終的にははげてしまうしそれ以外は良い人だから付き合ってたんだ。
    「もう婚活はやめてね」「今年中に結婚しようね」
    彼とそう約束してしばらく結婚を意識したお付き合いしてたんだ。

    で、そのあと別のマッチングした男性(保険として)と会ってたんだわ。その人と
    1回目のお見合いで食事にいってたんだが、そこで彼Aと連れの男性(仕事仲間?)がいて…。
    「やべー…」って思いつつ彼Bとの会話を楽しんでたんだわ。そこそこいい顔だったし。

    1時間くらいして彼Bと店を出たら隣のコンビニで買っただろうコーヒーを片手に彼Aが待ってて
    「?どういうことなの?」
    無表情ながら口調は随分穏やかで何を考えてるのかわからなかった。
    私「…いや、これは会社の」
    B「あー、ネット婚活で知り合いまして」
    彼Bがほぼ同時に言葉を発してしまう。
    (バカ、空気読めよ!)
    A「…そうなんですね」
    私「いやだから違うって」
    A「…何が違うんですか。そんなこと言ったら「彼」に失礼でしょ」
    私「だから、そういうわけじゃ」
    私の発言を無視してBに向き直り
    A「わたしもこの方とネット婚活で知り合って」
    A「今年中にお金ためて結婚しようと約束までしたんですけど」
    B「どういうことですか?」
    私「…(何も言えない)」
    A「…わたしじゃダメだったみたいですね、ごめんなさい、おとなしく身を引きます」
    (この時点でAを失ったことを確信した、口調が「ですます調」になってたし)
    A「わたしが言うのもなんですけど、あなた、ひどいですよ…」
    Aはそう言ってBに会釈して足早に駅へ向かう。

    このページのトップヘ