武勇伝

    579 :鬼女日記 2013/01/30(水) 17:37:04 ID:wnvOeKf0
    武勇伝というには激しさが足りない話かも知れないけど

    小学生の3年4年と親の仕事の都合で祖父母の家で暮らしてた
    生活自体は楽しかったけど、クラスのバカが参観日に来た婆ちゃんを見て
    「ババア」ってあだ名を付けてからかうようになった
    あだ名は最終的に「ウ〇コ」になって、由来も参観日に来た婆ちゃんが
    ウ〇コ漏らしたからというとんでもないデマに
    修正しようとしたけど出来なくて、婆ちゃんをバカにされたのが
    悔しくて相手のバカと喧嘩になって、怪我をさせてしまった
    呼び出された婆ちゃんに理由を黙ってたけど結局ばれてしまった
    婆ちゃんは「お前はいい子だねぇ、ありがとう」と頭を撫でてくれた
    この一件であだ名も自然消滅して4年になった

    持ち上がって初めての参観日に婆ちゃんが来てくれたんだけど
    白髪を染めてなんか女優っぽい髪型にして化粧をして
    真珠のネックレスをしてよく似合う桜色のスーツを着てた
    最初ちら見した時は婆ちゃんだと思わなかった変身っぷり
    授業中何度も振り返って婆ちゃんを見たけど
    モデルみたいに真っ直ぐ立ってにこにこして見てくれてて
    美人じゃないけど、他のお母さん達に負けてない華やかさだった
    クラスのバカは「ババア」が来ると思ってたらしくて
    ニヤニヤしながら振り返りまくったんで先生に叱られた
    当然その後にあだ名が復活する事はなく平和に過ごせたよ

    余談だけど婆ちゃんの桜色のスーツはオーダーのなんだけど
    今私が着ると、身長は5センチくらいしか違わないのに
    ウエストはきついのにお尻と胸は余る
    50歳手前の頃の婆ちゃんはナイスバディだった

    847 :鬼女日記 2019/01/14(月) 04:33:33 ID:1RtkUpBm.net
    眠れないので1つ
    武勇伝よりDQN返しかも
    女子校に通ってたんだけど、通学電車(近所に女子校が3~4校あるので女子高生で激混み)に日参してくる痴/漢ジジイがいた
    鉄道警察とかに通報すれば良かったかも知れないけれど、友達と一緒に通学してる中で痴/漢されたって周りに知られるのが恥ずかしかったので別の方法で撃退することにした

    痴/漢の顔をこっそりスマホの無音カメラで盗撮し、次の日に「(大きめの字で)痴/漢(普通の字で)私は7時半から8時に〇駅~〇駅を往復して毎日痴/漢してます」と書いたシールメモと顔写真を背中にこっそり貼り付けた
    そのまま職場まで行ってください、と神様にお祈りしておいた
    職場に行ったんだか家に帰ったんだかはわからないがそれ以降その痴/漢は見なくなった

    694 :鬼女日記 2011/05/30(月) 23:24:14 ID:itslXmM6
    スーッとするかどうかわからないけど書き込んでみる。


    私子…当時29歳
    主人…当時60歳
    長男…当時34歳
    次男…当時32歳
    三男…当時31歳


    初めて会ったのは私が23歳の時で、父と同じ病室に入院していた主人に心底惚
    れてしまった。
    奥さんは二十年前に亡くなっていたというのもあり、主人に猛アプローチした。
    歳が離れすぎてるし癌で余命いくばくもないから諦めなさいと言う主人に何
    度も告白して告白して、やっとOKをもらい結婚したのは、私が29歳の時だ。
    歳の差結婚もあって親に勘当されたけど構わなかった。

    けれどその年に、主人は亡くなってしまった。
    6年間ずっと入院したきりだった。
    その後、葬儀が行われ主人の子供たちに初めて会った。

    612 :鬼女日記 2016/03/21(月) 16:32:45 ID:Z6r
    スカッととは違うけど、嫁の武勇伝を語らせてほしい。
    俺はもうあと数年で定年という年齢なんだが、嫁は俺より年下。

    今から30年位前に、親戚夫婦が事故で亡くなった。
    血筋としては俺の従兄弟とその嫁さんにあたる。
    車で一時間くらいのところに住んでいて嫁が妊娠しているときに助けられた理、逆に相手さんが妊娠しているときに助けたりとかなり仲が良かった。
    その夫婦の娘も俺ら夫婦の息子と年が近かったのもあってかなり仲がよく、子供特有の将来結婚するーなんて話もよくしていたのを今でも覚えている。

    そんな夫婦が亡くなったのは自動車事故だったけど、助手席に座っていた娘、A子とするけど彼女だけは無事だった。
    奥さんは後部座席の右側に座っていたのが原因で助からなかった。
    A子も酷い怪我で一年くらい入院していた。
    その間、俺親族、嫁、従兄弟の嫁さん親族全員が集まってA子をどうするかという話合いになっていた。

    嫁さん親族は既に年金暮らしとなった老夫婦で無理。
    俺親族、というが俺の両親もほぼ同様の状況。
    俺も息子がいて、高校生で大学受験を控えているため金銭面に余裕はないのでどうするかという話だった。
    そんな時に嫁が俺と息子にうちで引き取れないかという話をしてきた。

    俺は正直反対だった。
    金銭の問題ではなく、息子は思春期真っ盛りで、息子を信じないわけじゃないが男ならわかると思うが性.欲というのはバカにできないものがある。
    それにA子は両親を目の前で亡くしたショックで殻に籠ってしまっていて俺の手には余る話だと思っていた。

    そしたら嫁が、私は掃除府でも何でもしてお金を稼ぐ。
    息子の動向にも常に気を払う。
    全ての責任は私がとるといいだした。

    結局その言葉に負けて俺は承諾。
    けど息子は渋っていた。

    541 :鬼女日記 2013/03/26(火) 17:15:48 ID:bubV2O0i
    私じゃなく、私の祖父の武勇伝だけど…
    私の母親が私を生むずっと前…まだ学生で、田舎で実家暮らしをしていた頃の話し。

    母親の実家では冬になると、ドラム缶いっぱいにストーブで使う灯油を買って入れてた。
    田舎だからなのか、家のすぐ近くの、鍵のかからない(というか掛けられない)納屋に入れてた。(それもなんか、今思うと怖い話だが…)

    だが、最近やけに減るのが早く、使っていないのに一晩で半分無くなるという事もあった。
    盗まれているのが分かり、腹が立った祖父(私の母親からすると父親)は、ドラム缶を無駄にする覚悟でそこに水を入れて放置をした。
    数日後、廃品回収のおじちゃんが、たくさんのストーブをトラックに乗せていたらしいw
    その後、ドラム缶を買い直していつも通り灯油を買っていたが、減ることは全くなくなったらしい。

    ちなみに余談だが、母親が私の夫にその話をしたら、「俺だったらガソリンを入れてやりますねwww、そうすれば、どこの家が盗んだかって分かるじゃないですかwww」って、冗談を言っていたww

    44 :鬼女日記 2015/09/05(土) 01:05:56 ID:5LI66c5G.net
    以前、友人と2人でそこそこ高額な料理店に行った時の事です。

    店に入った時間は少し遅めでしたが、まだラストオーダー前でしたので、普通に注文しました。
    料理を食べ始めて割とすぐ、店主らしき人が突然大声で、
    「お客さん方、すいません。もう閉店の時間なんで」と言い出しました。
    私ら以外はすべて食べ終えて雑談モードの客ばかりだった為、
    「あらもうそんな時間?」という感じでみんな出て行きました。

    取り残されたのは私と友人の2人のみ。

    大急ぎで掻き込みましたが、とても食べきれず、なんとか半分くらい食べたところで友人と顔を見合わせ、
    「途中だけど出よっか」「うん…」という感じで帰り支度を始め… ようとした所で、
    店主の奥さんらしき女店員さんが、デザートをお盆に乗せて来ました。
    「え、頼んでませんが」と言うと、
    「これはお詫びです。さっきもうすぐ閉店時間って言ったけど、あれ嘘なのよ。
    まだ時間はたっぷりあるのでどうぞゆっくりして行ってください」
    との事。
    (゚Д゚)ハァ?と思ってるところへ、店主がニコニコしながらやってきた。
    「さっきあっちの席にカップルが座ってたっしょ。男の方がすっげー大声でウッゼェ話延々としてて腹が立ってさぁ。
    俺はああいう男は大嫌いでね。もう我慢出来ねぇって思って、帰らせたわけだよ」
    と得意顔。
    奥さんも「うちの亭主、男らしいでしょ」って感じ。
    「はぁ…」
    と言いながら、店主夫妻が武勇伝らしき過去話を延々語り続けるのをBGMに、食事を終え、デザートも頂きました。
    なんというか、断れる雰囲気じゃなかった…。
    内心すごく呆れたというか、こっちは料金高い料理を楽しみにして行ったのにろくに味わった気がせず、えらい迷惑被ったのですが、
    社会人になったばかりの世間知らずな女同士ではどう反応していいか解らず、とにかくさっさと退店する事ばかり考えてました。

    店主の言っていた「カップルの男」ですが、言われてみればちょっと声の大きい男性.がいたなとは思いましたが、
    狭い店内なのに私達の席からはたいした騒音でもなかったし、店主の方がよほどどうかと思いました。
    初給料が出て、初めて自分で高額の料理を… という時だったので、台無しにされて、とても気分が悪かったし、
    変な店もあるもんだと衝撃でした。

    117 :鬼女日記 2013/07/13(土) 13:29:07 ID:KOrpExos
    きのうの電車内での話し。

    土曜日の昼間の電車内。混んではいないが、座席は埋まっていて、何人か立っているような状態。

    そこへ、池沼降臨!

    池沼:身長160cm前後、痩せ型、年齢不詳
    池沼はセーラー服の小柄で大人しそうな女の子にからみ始めた。
    「あうあうあ~(^p^)wwww」
    と、テンプレどおりの奇声を発し、バスケのディフェンスのごとく、女の子の周りをグルグルする池沼。

    すると、そこへ、オッサンが登場。
    身長は180もない感じだが、脂肪と筋肉がたっぷりと付いていますという相撲取りのような体型。
    オッサンは池沼の腋の下に手をつっこんで、池沼を持ち上げた。
    本当に、ヒョイという感じで、まるで猫でも持ち上げるように。
    ああいうときは池沼でも動きが止まるのね。
    急に大人しくなった池沼だが、代わりに、今までどこにいたのかわからなかった池沼の飼い主らしき還暦くらいのババアがオッサンにわめき始めた。
    「ちょっと、あんた、うちの子に何すんのよ。ふじこふじこ」
    オッサン、ババアをガン無視。
    そのとき、ちょうど、電車が駅について、ドアが開いた。
    オッサン、ドアの外に池沼を投げた。
    投げたといっても、正確には転がすような感じ。たぶん、ケガをさせないように気をつかったんだろうと思う。
    「ああ、池沼ちゃん」
    池沼の名を呼びながら、駅のホームへ降り、池沼のもとへと駆け寄るババア。
    倒れた池沼を抱き起こす、池沼は無傷の様子。
    「ちょっと、あんた、うちの子に」
    とババアがわめき始めた直後、電車のドアがプシューと閉まった。

    思わず、感動したオレがおずおずと拍手したら、周りの人たちもみんな拍手し始めた。
    急に周りから拍手され始めて、照れまくるオッサンwww
    池沼にからまれていた女の子が何度もオッサンに礼を言っていた。

    171 :鬼女日記 2013/06/16(日) 09:37:49 ID:LurFWfXg
    昨日、俺の真横で起こった事なんですが、大人しそうな男性.の武勇伝(?)を。

    混雑している電車内、勘違い風OL女が大人しそうな男性.に向かい『痴/漢!このひと痴/漢です!』と叫んだ。
    いや、位置的にも無理だし第一、男性.は片手で手すり、片手でスマホ触ってたし無理だろ!
    うわー痴/漢冤罪!?こんな事リアルであるのか?と驚いた。女はギャーギャー騒いで、周囲もザワザワし始める。
    男は終始否定、しかし女は『逮捕されるぞ!会社クビだ!慰謝料を払ったらどうこう・・・』と喚いている。
    明らかに示談金狙いと思われる痴/漢冤罪っぽい。しかし日本の司法は痴/漢に関してはクソだからこの男性.の人生は
    どうなるのかとgkbrしながら見ていたら男性.が実に落ち着いた口調で言った。
    『やってもいない事にお金なんざ一円も払わない。もし逮捕されたらあんたの言うとおり俺はクビになり家庭は崩壊し
    全てを失うだろう。』女が『だったら示談にした方が…』と言ったのを力強く遮り男性.は言った。
    『そうなったら俺には何も失うものが無くなる!あんたのせいで俺は全て失う!そうなったら怖いものなんて何もない!
    分かってるな?濡れ衣を着せられたあんたの人生を…そういう事だからな』と女を見つめる。女『・・・(ビビってる)』周囲もシーン…

    そうこうしている内に駅に到着。男性.は『俺はここで降りるが…お前もモチロン降りるよな!?駅員呼ぶか!?警察呼ぶか!?』
    と凄むと女はダッシュで逃走!男性.はゆっくりを電車を降りて消えていった。時間にしたらほんとうに3分も無かった事だけど
    なんだか身震いした出来事だったし、示談金目的クソ女の逃亡も実に気持ちよかった。

    427 :鬼女日記 2015/02/12(木) 17:16:30 ID:IdtGZV3J0.net
    もう、20年近く前の話なんですが、家から物がなくなることがたびたびおこるようになった。
    そんな事があってしばらくしたある日、母が、弟(小学生)の友人Aが遊びに来る度に物がなくなると、俺に相談してきた。
    当時、中2だった俺だが、小学校時代にクラスの男児全員と大乱闘して勝ったり、中学生とケンカして土下座させたとか、色々と武勇伝を持っていた。
    その噂は、未だに小学校に残っており、事実、弟を泣かせたガキを脅して謝罪させたりもしていた為、盗み癖がある奴でも、ウチは外すと思っていた。
    しかし、その友人Aは、俺が卒業してから転校してきたらしく、俺の武勇伝も誇張された噂程度にしか思っていなかったようだ。
    事実を確認する為、調べてみると、Aが遊びに行った家から何かなくなっていることが判明した。
    弟たちになくなった物のリストを作成させた。

    496 :鬼女日記 2015/08/08(土) 19:36:00 ID:l9I

    夏の修羅場

    高校時代、自分は野球部で夏休みの練習に行った帰りのこと
    電車の優先席をタンクトップ+日焼け+金髪ロンゲ+ハ-パンという分かりやすいヤンキーが占領してた
    当然、その周りには皆避けるので空間ができてて、自分も遠くに移動した

    ある駅で見るからに登山帰りですって感じの大荷物を持った
    スキンヘッドのオッサン(30ぐらい)が乗ってきて、ヤンキーの前に立つ
    ヤンキーは睨んだり舌打ちしたりしてたんだけどオッサンスルー

    ヤンキー「ウッゼェ……」
    オッサン「……」
    ヤンキー「邪魔なんだよオッサン」
    オッサン「……」
    ヤンキー「無視してんじゃねーよ」
    オッサン「……」
    ヤンキー「なめてんのかオイ!」
    オッサン「……なめてないよ」
    ヤンキー「あ!? 喧嘩うってんのか!?」
    オッサン「うってないよ」
    ヤンキー「調子乗ってんじゃネーゾ!? コラ!!」
    オッサン「乗ってないよ」

    ついにヤンキーが立ち上がりおっさんの胸倉を掴む

    ヤンキー「おいテメェマジ次の駅で降りろや、マジブチギレたわ」
    オッサン「いいよ」

    ここで電車内の空気が一瞬止まった
    ヤンキーもしばらく黙ってた
    そしてこっからオッサンがひたすら喋る

    このページのトップヘ