357 :鬼女日記 2015/04/04(土) 15:52:46 ID:X9F
    去年の夏の話。
    夜9時くらいのドラマを母と見てて、私は眠いから先に寝ようと寝室に行った。
    蒸し暑くてよく夜中に目を覚ますんだけど、その時は叫び声で目が覚めたはず。
    びっくりして起き上がると、私が寝ていたすぐ隣で姉と母が喧嘩をしていた。(部屋が少ないので私と姉は同じ部屋)
    いつもの軽目の喧嘩じゃなくて、ガチの罵り合いで寝る事も出来ないし割り込めそうでも無かったので私は横になることにした。
    今考えると止めておけば良かったと思う。
    次の瞬間、母は部屋にあった延長コードで姉の首を糸交めはじめた。
    私は姉の呻き声で横を見ると、母は泣きながら叫んでいたが、姉は苦しそうな声を出すだけ。
    これはヤバイと思った私は、2人の横を通って(私の位置は部屋の奥だった)部屋を出て、急いで二階の父の部屋に行った。
    その時の私の顔は血の気が無かったみたいで、父は異変を感じたらしい。
    目の前で人こ○しのドラマみたいな事が起きていたので、私は「姉と、母が」を繰り返し言う事しか出来なかった。
    父は急いで私と姉の部屋に向かい、私に毛布をかけて「もう寝なさい」と言った。
    私はもう怖くなって毛布にくるまって寝てしまった。
    詳しい事は両親も姉も教えてくれなかったが、父は母を宥めるのに成功したらしい。
    翌日、何も無かったように母が朝食を作っていて、姉も普通にそれを食べていて驚いた。
    私の家族は異常だと思う。
    その家族に囲まれて生きてる私も異常かもしれない。

    ぶっちゃけ夢だと思いたいのに、当時の私の日記に書き込まれていて本当に怖い。
    今も思い出すだけで指の震えが止まらないけど、
    誰かに言わないと気が済まなくて書き込みました。すみませんでした。

    287: 名無しさん@おーぷん 2015/03/04(水)11:20:11 ID:PCZ
    今ってタイミング悪いかな?
    一応相談事書き込ませてもらうんでよければ
    アドバイスなりもらいたい。

    俺3年前から新支店の立ち上げで単身赴任してる。
    自宅は俺実家の3件隣なもんで嫁にたまにでいいからと
    母親の面倒を(父親がタヒんでから未だに立ち直れてないため)
    頼んでたんだ。
    嫁も「自分が入院してた時お母さんに助けてもらったしね。」
    と同意してちょくちょく様子見に行ったり
    飯に連れて行ってくれたりしてたみたい。

    1年程前ぐらいからかな。
    嫁が電話で「お母さんの様子がおかしい。」とか
    「誘っても出かけなくなった。」って教えてくれた。
    この時点で一度帰ればよかったんだけど
    支店が軌道に乗れるかどうかなとこだったんで
    嫁にもう少し様子を伺っててくれと頼んで放置してしまった。

    608 :鬼女日記 2017/08/13(日) 12:20:38 ID:rfd
    私が赤ん坊だった頃の母の修羅場。

    私がまだ1歳にならないくらいの頃だそうなので25年以上昔の話。
    梅雨が終わりかけで薄曇り、気温も高くなく、赤ん坊抱いて軽く散歩するには良さそうな昼下がり。
    母は私を抱いてご近所さんにお裾分けか何かをしに行ったその帰り。
    家とご近所さんの中間で、それぞれから100メートルちょっとというところに、田舎の古い住宅街にしては道が広くなるところがあって、そこに1台の乗用車が停まっていて、
    「すいません、○○ってどっちですか?」
    乗用車に乗っていた男性がそんな風に声をかけてきた。
    母は男性の聞いてきた地名か施設かなにかがよく聞き取れず、乗用車に近寄りながら聞き返す。
    「○○はどこですか?」
    男性はそれを繰り返すものの、母はその場所に心当たりが無かったので、近くの交番の場所を説明してあげることにした。
    最初はふんふん頷きながら聞いていた男性だったが、あまりに何度も何度も聞き返してくるので妙に感じた母が男性の様子を伺うと、先ほどとは様子が違ってきていた。
    目は変にぎらぎらしてきているし、ニコニコしていたのがのっぺり無表情に変わっていて、そのくせ口元だけ不意にニヤッとしたりする。
    直感的に危険を察知した母は、後は交番で聞いて下さいと話を切り上げて車から離れた。

    345: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/10/10(木) 17:08:22.30 0
    ちょっと相談お願いします。 
    我が家は俺と俺の母と嫁と息子の4人で住んでる。 
    同居してしばらく経つが、嫁姑関係は良好だと思っていた。 
    嫁は自分でも認めてるが料理が苦手。でも綺麗好き。 
    母は料理は好きだが、片づけられない女。 
    と言う事で今まではお互いの足りない所を補い合ってるように見えた。 
    そんな時に、息子が逆上がりが出来なくて同級生にバカにされたという。 
    嫁さんは運動音痴だし、俺は仕事が忙しい、どうにかしてやりたいが…と 
    思っていたら母が練習に付き合うと言い出した。 
    正直無理だろと思っていたのだが、
    結果だけ書くと60過ぎbbaがお手本見せようと 
    無謀にも逆上がりに挑戦した結果鉄棒から転落して腕を骨折した。 
    ここまでが前提。こっからが本題。

    559 :鬼女日記 2013/10/06(日) 05:14:42 0
    母39才、兄21才、私17才、父46才。

    兄「実は僕、男の人が好きなんです」
    私「!?」
    父「!?」
    母「そんなことより私、3人目できたんだけど」
    父「!!」
    兄「!?」
    私「!?!?」

    508: 名無しさん@HOME 2014/12/15(月) 07:57:31.02 0
    吐き出したくて書きます

    母に奨学金全部使われて結局大学卒業できなかったこと
    授業料の延納届を出してたけど大丈夫だから心配すんなと言われ、
    奨学金が振り込まれる通帳は母に預けていた
    そのまま1年後期から4年まで払われていなかったことを
    卒業間近に大学側から伝えられ
    母に確認したいが海外にいて連絡とれない、居場所も連絡先もわからない、
    メールを送っても返事がない、母が社長のため安否すらわからん 

    170 :鬼女日記 2015/11/24(火) 08:41:00 ID:gj/naArR.net
    母や妹に「好きで生んだくせに」って言われるのが一番きつい。
    そうなんだけどさ、もうちょっと協力してくれてもいいじゃないって思う。
    妹は一生独身宣言してて日々仕事に趣味に大忙し。
    母は定年し父も他界し、子供も手が離れたしと友人と旅行三昧。
    そんな母の邪魔しちゃいけないと思ってるけど妹に関しては手伝って欲しいと思う。
    旦那がもう少しそばに居てくれたらと思うけどそこは諦めた。
    (週の半分は出張でいない

    384 :鬼女日記 2015/12/26(土) 03:53:37 ID:Ljg
    テレビとかで見る幸せな家庭像のおかげで、自分の家がおかしいことには割と早い段階で気づけた
    母は姉を虐待していた

    俺は特に門限や娯楽に制限をかけられなかった。体罰もなかった。自由で穏やかな子供時代を過ごした
    進路もこちらの意思に委ねられたし、進学に伴う費用も気にしなくてよかった

    だが六つ上の姉は本当に辛い子供時代を過ごしたと思う
    平手打ち、顔面を床に叩き付けられる、髪の毛を掴まれる、馬鹿、タヒねと言われる等々、小さい時から暴力暴言のオンパレード
    姉の血を見たこともあった
    無意味な制限も多かった。門限も異様に早く定められていたし、少しでも過ぎれば野外で寝ろと言われていた
    母親の気分で怒鳴られて、食事の味付けを罵られて(何故か姉が家事を担当していた)、携帯を奪われて、布団を与えられず、姉はいつも母親の顔を窺っていた
    高校を卒業したら家事手伝いになれ、外で働いて擦れたら貰い手がなくなる、と言われて学費は出してもらえていなかった

    確かに俺は母親に大事にされた
    だが間近で苦しむ姉を直視させられる苦しみが、母から与えられた利益を上回ってしまった

    一人立ちしてから一度も家に帰らなかった。姉も帰らなかったと思う。
    「私がタヒんでから後悔しても遅い」
    「私と和解するチャンスを失うより、今謝った方が賢い」
    呪詛の手紙が届く度、姉は吐き気に苦しんで、俺は何度も姉の見舞いに行った。
    幸いにして臨床心理士の妻が嫁に同情してくれて、嫁の話を聞いてくれていた
    姉が母親の呪詛に負けて帰ってしまうのではないか、俺もいつか後悔するのだろうか
    母親がタヒぬまでの心境が修羅場だった

    母が亡くなったと聞かされて、葬式にも来なくていいと伯母に言われて、遺産の相続なども放棄すると伝えた時、俺が感じたのは後悔じゃなかった
    胸が軽くなって、温かくなった。眉間にずっと入っていた力も抜けた
    俺は確かに安堵していた

    体調を崩して不定期に休んでしまうからと短期のバイトを点々としていた姉はバイト先で正社員として雇われた
    姉の心境はわからない
    ただ、昔よりはるかに明るい顔をしていることはわかる

    20: 長文ごめんなさい。 02/09/23 18:28
    義理家族・・・ではないのですが、
    母をイビるおばーちゃんに言ってスカッとした一言。

    うちの母はいわゆる「都会から来た嫁」だったので
    全くもって生活習慣の違う田舎の生活に戸惑っていました。
    地元の方言を話さずに標準語(母は標準語圏出身)を話す母に
    「田舎をバカにしているからこちらの方言を話さないんだ!」と激怒。
    ことある冠婚葬祭行事ごとに母をイビっていました。


    970 :鬼女日記 2017/09/26(火) 11:39:06 ID:xet
    母が夜逃げした時が衝撃
    流れとしては
    祖父が要介護になる→母が会社を辞め、パート+介護になる
    →家がウンコ臭くなる→皆あまり家に帰らなくなる
    →祖父タヒぬ→ちょっと一息
    →祖母がまだらボケ発症
    →また家がウンコ臭くなる
    →ある朝起きたら母がいなかった

    祖母は嫁いびりババーだったから面倒見るのイヤだったんだろうな
    まだらボケなだけで足腰しっかりしてたからすぐどっか行くし
    そのたび「目を離すな」って親父が怒ったし。
    母は未だに行方知れず。
    どこで何してるか全然わからない。連絡もない
    警察は何もしてくれんかった
    自分の意思で出て行った人は探さないんだって
    祖母は徘徊がやまなくて可哀想なことになった。
    親父は母が祖母の葬儀に帰ってくると信じていて「来たら叩き出してやる!」と言ってたが来なかった
    生きてるかタヒんでるかくらい知りたいが手段が無い

    588 :鬼女日記 2014/10/14(火) 17:27:45 ID:xhxjAUHvG
    25年近く積もった修羅場。
    【前提】
    我が家は男3(兄貴)・女1(私)兄妹の6人家族。
    幼馴染み家は女1・男2姉弟の5人家族。
    私が産まれた時には幼馴染み家父は故人

    【本題】
    幼馴染み家は所謂クレキチ一家だった。
    うちの母は撃退していたが父がデモデモダッテでなんだかんだと餌付けしていた。
    私が小学校に入る頃に幼馴染み家は九州に引っ越し。
    これで清々したかと思いきや、私が小学5年生の時に隣県に帰ってくる。

    小学6年になったある日、押し切られる形で幼馴染み家次男(以下次男)が家に泊まりに来た。
    警戒して大事なものを隠す等々しながら夜を過ごす。
    緊張から夜中に目が覚めると、私の部屋に次男がいた。
    びっくりして声をあげそうになった私なで口を片手で塞ぎ“しーっ”ともう片方の手を口に当てて言う。
    恐怖でガタガタ震えてると布団に侵入してきて身体を撫でたくりながら
    「○ちゃん(私)は、今好きな人おるん?」
    と聞く。
    頭を縦に降ると
    「そっかぁ…○ちゃんに好かれてるって、カッコイイんだろうねぇ」
    とネットリとした口調で言いながらも身体を触り続ける。
    恐怖で身体を強張らせていると「怖くない…怖くないよ…」
    と顔中に唇を押し付けて来た。
    どの位そうされてたか解らないけど、ふと手が離れた隙に布団から飛び出し、親の寝てる部屋に駆け込んで母親の布団に隠れて震えながら泣いた。
    朝起きた時に母から聞かれたので全部言って次男を寄せ付けさせないようお願いした。
    次男は学校に行ってる間に自宅に帰ってた。

    母は激怒してたが父は「はっはっはっ…きっと次男君はお前が好きなんだよ」と全くお話にならないクソっぷり。

    全力で疎遠にして関わらないようにしていたが、私が25歳の頃に母が他界。
    葬式に幼馴染み家参列。

    形式的に挨拶して終わるかと思いきや、初七日の時にも幼馴染み家が来た。
    何でいるのか父に聞いたら
    「今朝遺品整理するのに手伝って貰った」
    と言う。
    実家に帰って母の遺品を調べると、無くなっているものが色々あった。
    父に問い詰めると幼馴染み家が手伝ってくれたから色々あげたと言う。

    色々の中には私が母にあげたカシミアのコート、真珠処に旅行に行った時に直営店で買った黒真珠のアクセサリーセット、私が初任給で買ってプレゼントしたシルクのスカーフ、母の日に仕立てたスーツなど思い出のあるものばかり無くなってて愕然とした。

    その後幼馴染み家は音信不通。

    353 :鬼女日記 2017/10/03(火) 21:10:13 ID:CUm
    愚痴らせてください
    母と妹の抗争に巻き込まれた
    精神的なものから体調不良頻発で会社から休職するよう命じられて休職中の妹(実家暮らし)と
    連絡が取れない上に生活費も入れなくなったと母親から昨晩怒りの愚痴電話
    なんとか間に立って母の誘導に成功、妹は逃げグセがあるのでゆっくり諭そうと作戦を立てたのにも関わらず、
    今朝早速作戦を守らず妹にブチ切れ
    物投げられたから逃げたと妹から泣きのLINEが入った
    (母はスイッチ入るとすぐに手が出る&言ってはいけない暴言を吐く)
    母いわく、休職で生活費も入れられない状態のくせに彼氏の家から朝帰りしてきたのが許せなかったと
    母の言うことは分かるが、もうやだ
    なんとか解決したいと立ち回ってた自分がバカみたい
    もうどうすりゃいいかわからん

    558 :鬼女日記 2013/05/30(木) 16:39:46 ID:KFyAH7O0
    母親が浮気して両親が離婚したこと。
    私が小さい頃あんなに優しかった母親が浮気するなんて夢にも思わなかったし、知り合いの両親の離婚したとかたまに聞くけど、まさか自分はそういうこととは無関係だと思ってた。

    337 :鬼女日記 2017/09/22(金) 21:59:13 ID:RYt
    家で焼き肉をするのが好きじゃない。
    私はひたすら焼く係で、父と弟は食べるだけ。
    それに母の方針で弟は柔らかい肉で私は安い肉。

    弟が炊き立てご飯と肉をウマイウマイと言って食べた後で
    古いご飯と硬い肉を食べてると、ふと寂しくなる。
    硬い肉を食べるのが嫌なんじゃなく扱いの差を実感するのが寂しい。
    自分でもすごく心が狭いと思うけど
    弟は大事にされてるよなーと羨んでしまう。
    今度から焼き肉の時は肉は食べずに豆腐でも食べておこうと思う。

    517 :鬼女日記 2015/07/22(水) 22:13:55 0.net
    2月に入籍した兄夫婦が10月に挙式・披露宴をやる予定。
    先週兄嫁からペーパーアイテムの大半(招待状、席次表、ウェルカムボードなど)を作って欲しいって電話がかかってきた。
    1つだけなら手伝うけど全ては無理って返事したら「私達の結婚が気にくわないの!?」とか「そんなだから行き遅れるんだ」とか言われて一方的に電話切られて腑に落ちないままいたら
    さっき実家の母から電話きて「最近、兄嫁ちゃんに何かした?あなたを式に呼びたくないって言ってるのよ」と。
    私そんなに酷い事したのかな?
    結婚式に欠席する訳にはいかないし、全て引き受けるべきなのかな??ってモヤモヤする。

    608 :鬼女日記 2013/10/19(土) 01:45:02 0
    ガチで義兄が母を杀殳しかけたっていう修羅場。

    事件の原因は母の強すぎる管理願望。
    部屋の中を毎日チェックするのは当たり前。
    義兄の友人宅に頻繁に電話をかけて普段の様子を調べたり、車のメーター見てどこに行ったか見当つけたりしたらしい。
    出したゴミも漁るし洗濯籠から服を取って「香水の匂いだ!」とかもやってた、というか俺が見た、っつーか俺もされてた。
    結婚を考えてるって彼女さん(現義兄嫁)を連れてきた後は彼女さんの半ストーカーにもなったりして完全に頭おかしかったわ。
    彼女さんが職場の友人さんと食事してる写真を撮ってきてキーキー喚いたりが当時の日常。

    当然義兄はカンカンに怒って毎日母と喧嘩、ときおり灰皿が宙を舞ったりした(俺の顔面から数センチを掠めた事があり、以来でかい灰皿が怖い)
    俺は必タヒになって母を止めようとしたけど当時中学生。
    出来る事にも限りがあったし、昼間は母完全フリー。
    しかも何故か義兄に怒られれば怒られる程行動がエスカレート。
    ついには義兄をノイローゼに追い込んで寝込みを包丁で切りつけられるに至った。
    物音に気付いて駆けつけた俺が止めなかったら本当にタヒんでたと思う。

    後これは義兄ではなく俺に対する追い打ちになるけど、
    母の一連の行動の根本は俺の幼少期にあった、と後日判明。

    俺が小学校前の時、両親は忙しくて育児を祖父母に丸投げしてたらしい。
    その結果俺が寂しさから失語症になり、回復後も長期間どもりが残ってたそうな、俺自身には全く記憶無いけど。
    で、母の中では「子供は私自身が守らないといけない!」となり、その後父が事故で亡くなって猛加速しちゃった、と。
    間に入ってもらった祖父母からそう聞かされて「原因の一端俺かよ…」と。
    しばらく義兄に合わせる顔なかったわ。

    数年を経て管理再発した母から、義兄の支援の下逃げ出せた記念に。
    お粗末様でした。

    あ、上で入れ忘れたけど両親は再婚同士で俺と義兄は血がつながってません。
    干支一回り離れてたせいか可愛がって貰えた+対母同盟で物凄く仲は良いけど。

    149 :鬼女日記 2014/07/07(月) 10:47:19 ID:j+/cgfwU0.net
    昨日結婚記念日だった。

    久々に実家に帰省して、子供は母が見ててくれるとの事だったので、
    主人とランチに行こうという事で、以前から行ってみたかったお店を予約した。
    お店は昼間1000円前後とリーズナブル。予約制らしく席のみ予約。
    子供が生まれてから2人だけで出掛けるのもはじめてだったかも。
    嬉しかったし、楽しみにしてた。

    出かけて間もなく実家の父から連絡。母が体調崩して倒れた。
    慌てて帰って、日曜日やってる病院を探して病院へ連れて行った。
    病気とは無縁の母だったから凄く焦った。。心臓バクバクしてしまった。
    父は足腰悪くて出歩けないから、子供を父に任せて病院に行って、
    検査やら何やらで帰宅したのが、夕方。
    慌てて家を出た為、携帯を忘れてしまったのが最悪だった。

    店から何度も着信があって、機械がいじれない父が出ようとして
    なんかボタンを押して、ご丁寧に着信拒否にしてしまったよう。。
    店側らしき人の携帯番号から私の携帯の電話番号へSMSで、
    「営業妨害 今日中に連絡しなければ警察に訴える」旨の連絡がきてた。。

    556 :鬼女日記 2011/04/20(水) 08:27:48 ID:spgHjove
    俺も物心付いたときには父親がいなかったが、何度か父親らしい人から小遣いを貰った記憶がある。
    罪悪感があり、当時は母には言えなかった。
    高校生くらいになってから、そのことを話すと、母から「お前の父さんだと思うよ」と告げられた。
    その後、父がタヒに保険受取人が俺だった事もあり、貯金が4,000万円くらいある。
    もちろんというか、俺も社会人になっているので母や姉には内緒にしている。

    233 :名無しさん@おーぷん
    実家に帰省した時の夏の夜なにやらリビングで母の叫び声が聞こえたんで
    行ってみるとGが出たらしく母が何故かテーブルに乗ってシコ踏むみたいな形で
    立ち叫びながら床に向かって無差別にGジェット噴射しまくってて部屋が白くなってた。
    なんか面白くて兄ちゃんとげらげら笑いながら観戦してたら
    『あんたらみてるだけかぁ!G探してや!げほげほ』言われて
    息苦しい中床探してたらGが父の寝てる辺に(夏は時々父は本を枕にしてフローリングに直に寝る習性がある)
    ササーーっと逃げ込んだ時躊躇なく
    『おとーさぁん!!!おきてぇぇえ!!!』
    言いながら父に噴射してた事


    このページのトップヘ