母子

    779 :鬼女日記 2016/07/01(金) 16:01:50 ID:VIC
    私は舅姑と敷地内同居。大変だねーとよく言われるけど、
    私にとってはすごく良姑だった。
    優しいし距離感も適度だし、何か貰い物があったらうちにもお裾分けしてくれたり、
    何かにつけて金銭的な援助もある。
    舅も旅行好きで色んなサークルや趣味にも積極的だし楽しい人。
    旦那も舅系で、アウトドア大好き。

    でも、義妹(既婚)はなんか暗いわけじゃないんだけど心閉じてるというか、
    初めて会った時から冷たい感じだった。
    顔合わせや式、その後の正月や法事でも基本的に喋らない。
    すぐに帰るし、喋る時は義妹夫や家族以外の他の親戚とだけ。
    私が話しかければ答えるけど、向こうからは話しかけられたりしたこともなかった。

    「いい歳して人見知りなのよ、ごめんなさいね」って姑から言われて、
    私も最初は「なんか付き合いにくそうな人だな」と思ってた。

    でも結婚してしばらくしてわかったわ。
    姑が義妹にだけものすごーく過干渉だということに。

    義妹は卒業後すぐ上京してて今もバリバリ働いてるらしいんだけど
    「子供もいるのに上手くいくわけない」「主婦になるのがあの子の幸せ」とか、
    普段は仕事してる人にも「素敵ね」って言っているのに、
    義妹に関してだけはとにかく自分(姑は専業主婦)と異なる価値観は全否定。
    他にも法事の時にパスワードを盗み見て置いてあった携帯を勝手に見ようとして激怒されたり、
    子供グッズを大量購入しては義妹が使ってくれないのと不機嫌になって私に愚痴ってみたり。

    日常的なのだとLINEの返信がすぐにこないとか、
    子供の写真を送ってくれないとか
    義妹から誕生日や母の日のお祝いがないと電話して怒ったり。
    それを全部「あの子はコミュニケーションがとれない。
    あなたも義理のお付き合いが大変でしょう?」って
    一から十まで私に報告してみたり。

    あんなメンヘラの彼女みたいにつきまとっていたら
    そりゃあ私でもタヒんだ目になると思う。
    しかもうちの旦那も舅も外で遊び歩いていたからか
    家庭内のこの手の話は全く無知みたいで、
    ちょっと旦那に話を振ってみても「そう?あいつおとなしいからなぁ。
    おふくろも心配なんじゃないか?」でお終い。

    まぁそんな姑に懐いてて仲よさげに見えた私も当然よく思われませんよねーと今ならわかるし、
    実家も嫌いなんだろうなって理解できる。
    去年から正月は旅行に行ってるとかでしばらく顔をみていない。

    でも何で娘にだけあんな不気味な態度になるのか本当に謎だわ。
    純粋にいい人なわけではないのは嫌という程理解したから、
    最近は私もなるべく距離とってるけど…

    804 :鬼女日記 2015/10/22(木) 16:59:09 ID:FWF
    今までここに書いてあるクレクレ系の話は全部ネタだと思っていた。
    今日初めてそういった人に遭遇して、現実に起こり得るんだと知った。
    疑っててすみませんでした。

    今日発売の某K堂とN川のコラボガチャをやりに行った。
    誰もいなかったので一人でコンプリートまで回し続けていたら、
    4~5歳くらいの女の子が足にまとわりついてきた。
    やりたい、やりたい、見せて見せてって片言で擦り付いてくる。
    隣には綺麗なお母さんと普通のお婆ちゃん。

    私が、お先にどうぞって言ったら、お母さんがびっくりして
    いえいえ~やりませんから、って真顔で答える。
    でも女の子はひっくり返ってパンツ丸見えで大騒ぎしている。
    うちの姪っ子と同じくらいの年頃だと思うけど、
    その幼さと片言さに若干ひいていた。
    その後も私がやってる間ずっと縋り付いてきて、気持ち悪い。
    足にキス(舐めてる?)したりしてくるんだよ。で、
    やりたい・みたいって甲高い声で大騒ぎ。
    それを、数歩離れたところから微妙な顔でみているお母さん。
    私が引いたのを見たいのかな~と思って、その女の子に
    こういうのだよ、って見せてあげようとしたら取ろうとする。
    その力の強いことw
    するとお母さんが来て、女の子の手を離しながら、やっぱりなんか
    微妙な顔で私を見つめる。やりますか?ってもう一度聞いたけど
    「やりませんので。」って言いつつ、娘を私から引き離さない。

    それを何度か繰り返して、そのうちいなくなったんだけど、
    去り際にお婆ちゃんが「なに、結局くれなかったの?ひとつも?
    なにそれ、あんなに持ってるのに信じられない」と言って、
    「うん、ダブりがいっぱいあるの私も見たけどくれなかった」
    「気が利かないね、嫌な思いしたわねえ。待ち損じゃないの」
    と喋っているのがはっきり聞こえた。びっくりした…。
    横にいたイケメンの店員さんも「ないっすね…」と驚いてた。

    本当にいるんだね、赤の他人から子供に施し貰おうとするママさん。

    このページのトップヘ