気遣い

    413 :鬼女日記 2014/01/28(火) 00:43:49 0
    悪夢のような半生を吐き出す
    スレチならごめん

    元夫は優しい人だった
    夕食を食べながらいつもさりげなく「美味い」
    弁当を作った日は「ありがと」と言って出勤して行った
    休日の買い物はいつも付き合ってくれて荷物も当然のように持ってくれた
    私が仕事で遅くなり元夫が先に帰った日は風呂の用意を済ませ
    料理までは出来なかったけど直ぐに料理が出来る様に準備していてくれた
    皿洗いも時々してくれた。ゴミ出し当番もやってくれた
    結婚記念日や誕生日には他愛の無いものとは言え必ず何かを買って帰って来てくれた
    お金も全部私に任せてくれた

    私は当然の事だと何の感情も抱かなかった。完全に感覚が麻痺していた
    私はそんな優しい元夫をこっぴどく裏切った

    945 :鬼女日記 2017/11/20(月) 22:51:08 ID:nqabOu0d.net
    休日、仕事が何時に終わるか分からないけどデートしようと彼氏が言うので彼氏が仕事終わるであろう時間まで友達とお茶することにした
    (とりあえず6時30分以降になると彼に言われた)

    5時前にもう仕事が終わると彼から連絡が来た
    私は友達に6時前まで彼氏が仕事と伝えていたので、「6時まではそっちに行けない」と伝えた

    すると彼から「分かった。今電車で待ち合わせ場所に向かってるよ!15分ぐらいで着く!」と返信が...

    電車で向かってるよ!って情報いる??
    こっちが待たせてることになるじゃん

    そもそも6時30分以降にしかならないっていうから友達と一緒にいるのに、何でわざわざこっちが色々考えなきゃいけないような情報出してくるの?馬鹿なの?

    「分かった。じゃあ6時に!」て返してくれたら気持ち良く会えるでしょ?何でそんなこと良い大人が分からないの?

    335 :鬼女日記 2011/07/20(水) 12:08:44 O
    私実家は趣味で野菜を作ってるので、実家に帰ったときは、義実家の分と私家の分と野菜を分けてくれる。(義実家とうちは車で10分くらい)
    そのとき、調理しやすいように、野菜は泥を流し新聞紙にくるんで持たせてくれるのだが、クソトメ「泥が付いてた方が長持ちするのに、知らないの?」と。。
    私が「調理しやすいように洗ってくれたんですよ」と言ってるのに、上のことを連呼。

    それ以来、義実家には野菜持ってってない。母親が冬場、朝早く起きて出勤前にわざわざ洗ってくれたのを思い出すとムカムカする。自分でも寒い中洗ってやったこともあるから尚更。

    837 :鬼女日記 2017/11/20(月) 10:26:07 ID:Y27
    最近よそよそしいと感じていたママ友(Aさん)がいて、全然心当たりがなくてモヤモヤしてた。
    ある日を境にってのはあったけど、その日に何かやらかしたつもりもなかったし。
    ママ友の中でも普通の友達ぐらいに仲の良いBさんが、そのママ友Aさんにちょっとしたことで嫌われたらしくて
    でもその話を聞いてもBさんが悪いとは思えないと言うか、Aさんの勘繰り過ぎと思うような内容だったから
    実は私も何故か最近Aさんに嫌われてるっぽいのって話をしたら、Bさんが理由を知ってた。
    少し前にAさんが愚痴ったらしいんだけど、私が別に変なこと言ってるようにも思えないからスルーして敢えて私の耳に入れなかったそうだ。
    一ヶ月ぐらい前に、Aさんちに遊びに行ったことがあった。
    Aさんちでは室内犬(小型犬)を飼ってる。
    私が手土産でロールケーキ持って行ったんだけど、それを切り分けてお皿に乗せたあと1cmぐらいの厚みに切って
    「(わん)ちゃんもいただきましょうね~」って犬用の器に乗せた。
    それを見て「わんちゃんにケーキって大丈夫なの?」って聞いたら「うちの子おやつ大好きだから。りんごなんて1個ぐらいアッと言う間に食べちゃうの♪」
    って言うから「ちょっとぐらいならいいと思うけど、1個って大丈夫なの?」って聞いてしまった。
    その時は「別に毒あるものじゃないし、りんごは体にいいし」って言うから黙ったんだけど、それが気に入らなかったみたい。
    犬飼ってるわけでもないのに、人んちの飼い方にケチつけて、みたいな。
    私はそんなつもりじゃなくて、ただビックリして思わず聞いちゃっただけなんだけど、まぁ確かに大きなお世話だったと思うけど。
    Bさんも犬を飼ってるから「昔じゃあるまいし今の飼い主ならそれが犬に良くないことぐらい常識なのに」って憤慨してた。
    それでよそよそしかったのか~と理由が分かったものの、口は災いの元だったと反省すると同時に
    あんな小さい犬がりんご丸ごと食べていいわけないよなぁとやっぱり思う。

    337 :鬼女日記 2007/07/08(日) 02:53:29
    同じマンション上階に住む美人奥さんに憧れるうちの嫁。
    ある日嫁がゴミ捨ての時、その奥さんが割れ物を入れたビニール袋に何か
    張り紙をくっつけているのを発見した。
    そこには「割れ物、危険、取り扱い注意」と書いてあったらしい。

    それを俺に得意げに報告してくる。
    あれはゴミ収集の人に怪我しないよう気遣っているんだね、綺麗でスタイルもいいし
    気遣いの出来る人だぁ~~っと嫁の憧れは再燃。

    しばらくして嫁がテフロン加工のフライパンが駄目になったから捨てて
    新しいのを買っていいかと聞いてきた。
    話半分で「いいよ」と言ったら、何かコチョコチョした後捨てに行った。
    翌日出勤前、溜まったペットボトルを捨ててやるかとマンションのごみ収集所へ
    行ったら。

    うちで使っていたフライパンが透明のビニールに入れられた上に
    「焦げ付き、注意」との嫁の字で張り紙付きで捨てられてた、、、、、
    おま、それ収集の人の何の役にも立ってないから、、、、、。

    702 :鬼女日記 2016/04/25(月) 17:57:55 ID:LX3
    大学生の時付き合った彼。
    すごく爽やかな人で、友人時代も長かったし、「この縁が長く続くといいなぁ」なんて思ってた。
    でも、付き合い始めてすぐに「アレ?」と思うようなことが続いた。
    ある日彼と喫茶店で映画談義(お互い映画鑑賞が趣味)に花を咲かせていた時。
    楽しくお喋りしていたら、彼の後ろ側にある席に座っている女性がチラチラ私の方を見てくる。
    不思議に思っていると、テーブルに置いた私の手にポタっと赤い雫が。
    ビックリして手鏡をみたら、鼻血。しかも鏡をのぞき込んだ拍子にタラタラと流れ落ちてきた。
    結構な量だから何滴もテーブルに落ち、思わず鼻を抑えてしまって手も真っ赤。
    驚いて「は、鼻血でた!」と彼に話しかけたら、「うん、さっきからね。それでさ~」
    ええ?気づいてたならいってよ!と思いつつも、普段鼻血なんて出ない私はプチパニックになり、とりあえずテーブルにあった紙ナプキンで鼻を抑え、テーブルの上の血を拭いた。
    でもナプキンじゃうまく拭ききれなくて(ティッシュも持っていたけどバッグの中だったので、取り出せない!と思ってしまった。今思うと彼にお願いすればよかったんだけどね。)、
    ゴシゴシやると余計広がり…と1人でバタバタしてる間中、彼はそれまでと変わらぬテンションでずっと話しかけてくる。
    「そ、そっか」とカラ返事を繰り返しながらもなんとかテーブルの上の綺麗にし、
    次はお手洗いで顔をなんとかしよう!と席を立った瞬間、彼が
    「あ、それで今度の新作は予定通り×日に見るってことでいいのかな?」
    それに対してまだテンパり中の私が「ごめん!今それどころじゃなくて!」と返事をしたら、彼は一瞬ムッとした顔をして 「ふーん…」
    お手洗いで顔も綺麗にして戻ってきたんだけど、お帰りもなしにまた話し出す彼。
    私もなんとなく勢いに飲まれて話に戻り、その日はお開き。
    この時点で若干モヤっとしたものの、「私が大騒ぎし過ぎなのかなぁ」と飲み込んだ。
    友人だった頃は逆に私がちょっと怪我したくらいでも申し訳なるくらい心配してくれる人だったから。
    でも恋人同士になったんだから、彼もある意味気を使わなくなったのかな?とその時は思った。
    でもそれからしばらくして、今度は風邪をひいて高熱を出してしまった。
    その日は午後から彼と会う約束をしていたので、熱でボーッとなりながらも彼に今の状態とキャンセルの旨のメールをいれ、這うように病院へ行きってから薬をのんで寝ていた。
    すると丁度約束していた時間頃に彼から着信。
    出ると、開口一番「ねえ!○店て××の三階だよね!」
    ○店は当日行くはずだった店で、大きいSCに入ってる。
    「そうだけど…」と返すと、「1人で行こうと思ったけど、うろ覚えだったからさぁwそうそう、この前サークルで必要なもんができて、今日それも買おうと思ってて~」と1人でペラペラ。
    わざわざ掛けてきたのだから何かあるのかなとしばらく聞いてたけど、一向に雑談するのみなので、「ごめん、熱で気分が悪いから切っていいかな…」と言ったら一瞬黙った後、あからさまに不機嫌な声で「あーそうだね!じゃ!」
    そしてやはり最後までこちらの体調を伺う言葉は一言もなかった。
    熱が下がった時、「いやこれおかしいだろ」と冷静に思った。
    こちらを気遣わないのはまだともかく、付き合う前と後とのギャップがありすぎて。
    私も悪いんだけど、彼にはすぐに突っ込めなかったかった。なんていうかこちらを気にせず話す彼が本当にテンション高かったから、言ったら結構な問題になりそうで。

    このページのトップヘ