浪費癖

    956 :鬼女日記 2010/04/27(火) 19:14:48 ID:liHSUtzW
    うちにはかつて数億円の財産があったらしいが、うちの婆ちゃんが1人で使いきったこと。
    約20数年で…。

    うちの爺んは福島から関西に出てきて、とある企業を設立。
    それが成功し、まだ子供だったうちの親父達家族はそりゃ裕福な生活をしてたらしい。
    ところが爺ちゃんん、好物の塩辛いものを食い続けたことがたたり、46歳の若さで脳溢血でポックリ逝く。
    親父達子供はまだ大学生だったし、路頭に迷うか…と思ったら
    生命保険と爺さんがコツコツ稼いだお金、その額数億円にも上った、らしい。
    そして子供たちはそれぞれ独立し、婆ちゃんは1人で、爺ちゃんの残した遺産で悠々と暮らしていた。
    旅行にはいきまくるわ骨董やら買いまくるわ、日本舞踊は習うわ
    そして私達孫にもおもちゃとか、高いものではないけど買ってくれたり。
    極稀にパートはしてたけど、日雇いの清掃員とかそういうのばっかり。
    子供心に、年金ってたくさんもらえるんだなぁと思ってた。

    924 :鬼女日記 2011/05/16(月) 06:05:53 O
    冠婚葬祭でしか顔を合わせない義弟(ウトメタヒ去後に疎遠になってた)が、昨日珍しく夫の携帯に電話してきた。
    「弟がなんだか相談あるってさ、ちょっと出てくる」と、深刻な顔して出掛ける夫の背中に、悪い予感がして思わず嫌みたらしく言ってしまった。
    「我が家は、義弟君が以前言ってたように、慎重すぎて時流が読めない石橋叩き夫と、低スキルで目先の小銭稼ぎで頭が一杯な嫁の、利殖すらできないアホ夫婦ですから。セレブなエリート様に貸すお金は無いよ」って。

    昼過ぎから出かけた夫は、夕方になって憮然として帰ってきた。
    思ったとおり、借金の申し込みだった。義弟嫁がカードを使いまくって、1千万近い額の借金があることが発覚。今までリボ払いだか定額払いだかで、月々の生活は回ってきたらしい。昨年冬の住宅ローンをショートさせて、義弟が問い詰めたら白状したとか。


    それで「女房が情けない事をやらかした。すまないが金貸してくれ、頼れるのは兄貴だけだ」と、ファミレス→喫茶店→夫の車の中と場所を変えて、延々六時間近く断っても突き放しても、グダグダ泣きべそかいてすがってきたらしい。
    私が夫に出掛けに言ったまんまのセリフと、無い袖は振れまっしぇーん、法テラス行ってこいやで、やっとこさ切り捨ててきたとの事。

    亡きウトは、バブル終期に株を上手いこと売り逃げて、大事にプールした小金を遺してくれていた。義弟は、ウトか亡くなった時に、FだかXで倍にして返すから兄貴の取り分を種銭に融通しろとねだった。当然お断りしたら、上記の捨て台詞と共に絶縁ぽくなっていた。

    私はそろそろ義弟が、ウトの小金を煮とかす頃だと踏んでた。派手好きな義弟嫁なら、カードローンもあり得るけど、2年たらずで1本は無いと思う。
    義姉(夫の長姉でかなり昔気質の女帝)に念のために、女同士の内々の話だから~と、義弟嫁の話を今日の朝イチでチクッておいた。5時に電話したらバッチリ起床してて、「あのメギツネ!」と激昂なさってました、女帝。

    このページのトップヘ