溺愛

    318 :鬼女日記 2018/04/11(水) 22:08:28 ID:ko2
    兄ちゃんが、もうちょっと使えたらな~という愚痴

    母が体調を崩して寝たり起きたり病院通いの生活になって
    いつもは母と分担していた家事が私1人の担当になった。
    父は少し前に事故に遭ったから、治るまでは身の回りの手伝いが必要
    母がメインで見てたけどそれも私の仕事になった

    こんな時、普通の家なら兄妹で助け合って~となるところ
    兄は両親がペットのように溺愛して大事に世話したのが原因で生活能力が0で
    何か少しでも手伝ってくれたら協力してくれたらと思っても
    家事の知識0の兄に用事を頼むために何か教えたり説明したりしてる心の余裕もなく

    兄自身も、非常時だから自分も何かするべき、とかは全然思ってないっぽくて
    いつもと同じようにマイペースで好きなように過ごしてて
    自分が食べたい時間に食べに来てテレビを見ながら食事をして
    シンクに溜まってる食器(洗うのが間に合わない)の上に更に食器を積み上げて自室に帰る

    私がスーパーに買い出しに行ってる間も料理を大急ぎでバタバタ作ってる間も
    母の看病や父の世話や食後の後片付けをしてる間も
    明日明後日の献立をあーでもないこーでもないと必タヒに考えてる間も
    兄はずーーーっと自室でゲームかなんかしてる。
    母が倒れても、それで私が大変でも、兄は自分の生活を変える気は全然ないんだなって。、

    母が心配だけれどそれ以上にやること考えることが多過ぎて頭がぐるぐるして
    疲れてるのに寝付けない夜中に何度も起きる朝も夜明け前に目が覚める

    479 :鬼女日記 2015/08/08(土) 08:20:57 ID:iXy
    うちの母は兄を超溺愛している。
    兄が結婚した時、正直言って「息子を取った!って嫁いびりするんじゃないかなー」と心配だった。
    でもそれは杞憂だった。母はびっくりするほど良い姑になった。
    実の娘のように可愛がった。本当の実の娘である私のことは相変わらず空気だったがw
    同居したがるとか、盆正月に無理に呼び出す事もなかった。

    しかし3年ほどして兄が浮気した。
    兄嫁がどうと言うんじゃなく、単純に新鮮味がなくなった、飽きたってことらしい。
    浮気がバレた時、兄は堂々と
    「他に好きな人ができたんだからしょうがない。経産婦の妻はもう女として見れない。
    妻が許さないというなら仕方ないから離婚する。父さん母さん弁護士頼んで」
    と実家に言いに来た。
    父も私も兄も、いつものように母が「息子チャンはしょうがない子ね~ハイハイわかったわ」と言うと思った。
    しかし母は泣いて怒り、兄をクイックルワイパーでどついて追い出した。

    泣く母の背中をさすっていたら「娘ができたみたいで嬉しかったのに」と言われ、内心修羅場というか複雑。
    いや、娘(私)は21年前から一応いますが…
    母の脳内で、いったい私の存在はどういうことになってんだろうか。

    480 :鬼女日記 2013/06/13(木) 18:15:29 0
    ようやくスッキリしたので
    義実家と旦那の関係は元々よろしくない。義母が義弟を溺愛し、旦那に対してなぜか冷たかった

    義弟夫婦に子供が出来たときもそれに関わる費用の大部分を出したのが義母だった
    なのにこっちがそろそろ子供を…という話を出すと、そちらは勝手にやりなさい、何も手助けできませんからと
    何も頼んでいないのに突き放されて、モヤモヤしたのでさすがに旦那に話を聞いた

    小さいとき、旦那はオムツが外れるのが遅い、言葉が遅い、いたずら大好きな腕白坊主だったらしい
    義弟は逆で小さいときは手のかからない良い子だった
    義母はそのときから手のかかる旦那と良い子の義弟を比較し、旦那を大声で罵っていたそうだ
    成長していくにつれて旦那は母親の手を煩わせないよう必タヒで勉強し、某国立大に進学し就職
    逆に義弟はワガママ放題、高校も市内で有名な馬鹿校をやっとこさ卒業しフリーター、そして出来婚した
    なのに義母は義弟が可愛くてしょうがないみたい

    決定的なのは旦那が就職して間もない頃、病気をして通院費用やら何やらでお金に困ってしまったときに
    あんたに援助する金はないと断られたこと
    旦那は泣きそうになりながら私から金を借りた。当時は家庭事情を知らなかったけど、この一件は旦那にとって心の傷になってしまったようだ

    このページのトップヘ