激突

    114 :鬼女日記 2014/07/16(水) 11:58:29 ID:BRBorNHn.net
    友人と夜の繁華街歩いてる時に酔っ払いの学生集団に遭遇。男女数人づつで大声だして上機嫌のそいつら見てこないだの明治と清心の話思い出して胸糞、と思ってたら酔っ払いの大男がよれて友人に激突、友人転んで看板の角で額にほんの少しの傷を負う。
    それを見て「ちゃんと歩きなよ~」「お前酔い過ぎだ、笑えるわ」等仲間内で受けまくり、友人に謝る奴など皆無。
    頭に来た俺と友人は大声で文句言ったが、「は?」「え?なに?」みたいにふざけまくり。
    ヒートアップする友人、するとすぐ近くにさの交番からお巡りさん二人登場。

    13 :鬼女日記 2009/02/10(火) 16:12:25 ID:jL1fIILM
    学生の頃、T字路の突き当たりに位置する小さな一軒家を借りて住んでた。
    大家は隣接した母屋に住んでいる一人暮らしのお婆さん。
    独立した(とはいえ同じ市内に住む)息子さんが昔住んでた離れを貸していた。
    小さな台所と風呂があり、小さな庭がついていて、
    通りに面して、不相応なほど立派な門柱まであった。
    ちょっといいワンルームと同じぐらいの家賃だったが、
    大学での実験や酒を飲んだ帰りに遅くなるので、気兼ねなく暮らせて都合が良かった。

    ある日、近くの店で飲んでいたら、消防車が数台、サイレンを鳴らして走って行った。
    「あれ、俺のうちの方に行くよ」
    などと冗談めかして言っていたのだけど。

    しばらく飲んでいい感じに酔っぱらってから、勘定を済ませ家路につくと、
    家に近付くにつれて、薬っぽい異様な匂いがする。
    家の前まで来ると、消防車とやじ馬がいて、辺り一面に薬剤が撒かれている。
    オロオロする大家を見付けて事情を聞く。俺の足も震えていた。
    T字をノーブレーキで突っ込んだ車が門柱に激突して、
    ガソリンが漏れたため、化学消防車が出動したのだという。
    突っ込んだ車は既に取り除かれていたが、門柱は完全になぎ倒され、
    弾き飛ばされた門扉が、庭の立派な松ノ木に突き刺さっていた。
    松ノ木がなかったら、離れに命中していたでしょうね、と聞かされた。
    帰宅がもうちょっと早かったら、巻き込まれていたのかもしれなかった。
    「しばらくは門が無いから、夜は不用心だね」と大家に言われた。
    この人はなんだかんだ言って落ち着いているな、と思った。

    このページのトップヘ