濡れ衣

    229 :鬼女日記 2018/04/13(金) 05:34:23 ID:MHLKFyea.net
    夫の愚痴
    「ありがとう」は言えるけど「ごめん」が言えないのは何故なんだろう

    昨日夫の勘違いで怒られた
    共働きで私が先に出勤、家の施錠は夫がやる
    帰りはだいたい私が先なんだけど、昨日は仕事帰りに直行した買い物が長引いて夫が先に帰宅
    そのとき鍵が開きっぱなしで、私は一度帰宅して買い物に出ることもあるから夫は私のせいだと思い込んだ
    実際に買い物袋ぶら下げて帰ったから決め付けたようで、玄関先でいの一番に「いくらオートロックだとしても不用心だぞ。今後気を付けるように」と仏頂面で注意されたがとんだ濡れ衣だわ

    私は今朝家を出てから一度も帰宅してないと説明し(証拠もある、理由は長くなるのでここでは省きます)、本当に鍵は開いてたのか聞き返した
    夫は間違いなく開いてた、でも俺が閉め忘れるはずないしやっぱりお前が…とまた私を疑うから、証拠を見せつつ順を追って説明し「鍵はあなただと思う。一応貴重品とか今から確認しよう」で締めたんだけど夫は仏頂面のまま
    しかも小声で「いやでも俺じゃないし…」「ありえないだろ…」とかゴニョゴニョ言ってるの
    腹が立って「いい加減にして。どう考えても今朝あなたが閉め忘れたんでしょ。それとも空き巣だと?だったら尚更確認するよ」で、それから一時間ぐらい家探ししたけど誰かが侵入した気配も盗まれた物もなかった

    結局夫は一言の謝罪もなく就寝
    最後までゴネてたけどあれは確実に自分のミスと気付いての悪あがきだ
    前にも同様のことがあり、そのときも夫は屁理屈に言い訳並べて有耶無耶に終わらせた
    何のプライドか私相手だとどうしても謝りたくないらしい
    擁護すれば「ありがとう」はよく言ってくれるし気遣いもある
    でも夫婦なんだから「ごめん」も言えるような関係でいたい
    私が一回り近く下だから男性としては言いにくいのかもしれないけど、やっぱり謝る姿勢も大事でしょ

    967 :鬼女日記 2018/04/16(月) 17:35:35 ID:mLT
    まとめたつもりだけど長くて、解決できてない話だけど

    息子がクラスの女の子のプロフィール帳が無くなり、担任に勝手に犯人にされた。
    席が隣で、学級委員長をしてて教室を施錠していたからなのに、最後に移動教室先に入ってきたからって理由で。
    息子も含むクラスメイトみんなでプロフィール帳を探したのに見つからなくて、探してる時に担任が息子を連れ出し、人の居ないところで「お前が犯人なんだろ!」と決めつけて罵倒。
    息子は「俺はやってない」と言い続けたのに担任は「謝ったら許してやるものの、お前は根っからの犯罪者だ」まで言って息子を突き飛ばしたらしい。
    その日、息子は悔しそうな表情で帰ってきて、私の前では泣かなかったが上の息子2人の前で号泣。事の経緯を息子が担任に怒鳴られてる姿をこっそり見ていた子供の親に電話で聞いた。
    学校に抗議の連絡をするが担任は「だって息子さんが犯人なんですから、謝るまで俺は許しませんよ」って普通に言われた。
    そのあとクラスにPTA会長まで話が行き、私、旦那、会長とで学校へ抗議、会長の考えで校長に先に話をすると、校長は謝るばかり、担任がそのあと合流するが不貞腐れて、謝る気配はないし「いやだって息子さんが犯人だし」とまだ言う。
    校長は埒があかないので後日話し合おうとなり一旦解散。
    息子は翌日「休んだら犯人と思われる」と言って登校したが、担任はプロフィール帳をなくした子に「犯人は息子君だよ」と伝え、なくした女の子は「私のプロフィール帳返してよ!」とほかの女の子と詰め寄る。
    やんちゃ系の男の子が「お前が犯人なのかよ!」と言い、周りから「ドーロボー!ドーロボー!」の合唱。
    たまたま教室前を通りかかったほかの学年の先生が止めに入ってくれた。翌日から息子は学校に行けなくなった。

    続きます

    444 :鬼女日記 2016/09/26(月) 21:41:09 ID:4UW
    携帯を落としたんで拾おうとしたら後ろからチャリに追突された
    乗っていたのは見るからに貧乏そうなお爺さん
    「急に止まるからぁ~」とニヤニヤ笑いながら、お爺さんは謝りもせずに去っていった
    流石に苛立ったんで
    「自転車による歩道の走行は条例で禁じられています!今回のことは警察に報告させて頂きます!」
    って渾身の大声で叫んだところ、おそらく逃げようとしたんだろうね、チャリを漕ぐ速度は急に早くなった
    早く漕ぎすぎたもんでお爺さんは転倒
    (ざまぁみろ)と内心思いながら「気を付けてくださいね~」って言って通り過ぎようとした
    するとお爺さん、私の足を掴んで「こいつに後ろから蹴飛ばされました!!!」と絶叫
    びっくりして咄嗟に言い返すこともできずに硬直したら、後ろの方を歩いていた女性が
    「えっ?一人で転んでませんでしたっけ?」
    と助け舟を出してくれた
    爺さんは「ガキが!」と一言言い捨てて、転がる自転車を置いて立ち去っていった

    この自転車どうする?ていうか警察に言う?みたいなことを女性と3分ほど話し合った末、面倒臭いから何もかも放置して帰ることにした

    このページのトップヘ