災難

    666 :鬼女日記 2010/01/29(金) 15:19:46 ID:mOoKqgv1
    80手前の嘱託の爺さんに好かれ付きまとわれて十二指腸潰瘍になった。
    相談した(会社の中で)社長にまた好かれ係長に変な目で見られ、それを相談した専務にまた好かれ
    今度は爺さん以外の社内全員から手厚く大事に?遠巻きにされた。

    でも爺さんの件は一向に改善しないし、仕事やり辛くなるし体調がたがたになって結局退職した。
    辞めると言った途端社長も専務も手のひらを返した態度をとられた。

    結局みんな「あわよくば」と思っていたのかと思ったら精神的におかしくなっちゃって不眠症にもなった。
    女子社員には媚売ってと嫌われ散々なめにあった。

    媚なんか売った覚えはないし、露/出系の服なんて着たことないし第一ババアだよあたし。
    不倫目的の男ばかりが近寄ってきてもう男なんて信じられない。

    733 :鬼女日記 2014/06/20(金) 16:55:17 ID:???
    友やめスレかこちらか迷いましたが、やっぱりコッチかなと思って投下。
    かなり長いです。すみません。

    中学の時に同じクラスで、同じ高校に進学した同中学の女子が彼女と私だけだったので
    自然と仲良くなったAって子がいた。
    そのAが、中学の時はどちらかと言えば地味で髪はおかっぱ、銀縁眼鏡の子だったのに
    高3の夏休み明けに会ったら突然変身してた。
    前髪が短くなって後は刈り上げたボーイッシュな感じで、眼鏡もやめてコンタクトにしてた。
    スカートも校則ギリギリ短くなってたし、そういう見た目だけじゃなくて
    なにか纏ってる雰囲気がまるっきり変わってた。
    受験の年だったし、夏休みの間は8月上旬に1回しか会ってなくてその時は変わってなかったから
    その後の20日程度の間に何があったんだろうと思って聞いてみたら
    「そんなこと聞いてどうするの?」って言われて更にビックリ。
    そういう物言いする子じゃなかったから。
    友達として心配したつもりだったけど、休み時間に話しかけても
    ずっと爪や眉毛の手入れをしてたりして話も全然合わなくなってきて
    気が付いたら余所のクラスのお洒落なグループと付き合うようになってた。
    その頃の私は受験の事で頭が一杯だったし、去る者は追わず的な気持ちでそのまま受け入れて
    Aとの付き合いはそれっきり。

    それからかなり時が過ぎて、書店でAとバッタリ会った。
    その時のAは特に派手でも無く普通のOLって感じで「あら久しぶりね~」って
    昔に戻ったような雰囲気での再会だった。
    自然とお茶しようってことになって、互いに近況とか昔話をした。
    Aは大学受験に失敗したことは知ってたけど、その後予備校に行ったけど
    結局大学に行く気持ちに戻れなくて就職したそうだ。
    高3の夏休みに突然変身した原因は、ずっと好きだった家庭教師と結ばれたという
    なんとなく想像した通りのことだった。
    それでとにかく大人になりたかった、彼と釣り合えるようになりたかったと。
    それで勉強にも身が入らないし、二股掛けられてたことを知ったり、
    親にバレて大騒ぎになったりとまぁ色々あったそうだ。
    (続く)

    293 :鬼女日記 2009/04/15(水) 16:35:00 ID:cSVR0of7
    愚痴吐きます
    銀行で現金奪われかけた
    実質被害はなかったけどさ
    子供の目の前でなにやってんだあの見知らぬ馬鹿女

    こないだは姪っ子が知人宅の若い母ちゃんにバッグ奪われるし
    それもまあすぐに帰って来たけど

    運が悪いんだか悪運強いんだかわかんない
    皆でお祓い行くべきだよなって話してる

    あー!もうやだ疲れたー!
    やっと昼ごはん食べれたよ!

    955 :鬼女日記 2015/05/04(月) 11:08:13 ID:OPys1MJI.net
    私は学生で式場バイトをしています。最近起きた話。不幸というか修羅場よりかも?
    始めての書き込み&携帯からで読みにくかったらすみません。長すぎると怒られたので分けます。

    披露宴が始まって、ゲストも100人くらいでそんなに多くもなく、つつがなく進行してた。今日は落ち着いたいい披露宴だなーと思ってたら、問題発生。

    758 :鬼女日記 2018/09/30(日) 07:28:57 ID:J7yqMLtg.net
    ガチで迷子になったこと。

    終電で最寄駅に着いたがボーッとしており一駅乗り過ごしてしまった。反対側の電車はすでに終わっており、電車ではもう戻れなかった。改札を出てタクシーで帰ろうとするも、金曜夜のため辺鄙なその駅にはなかなか来ない。タクシー会社に電話しても、ずっと繋がらず。
    仕方なく片道4キロ程の道のりを深夜に歩くことにしたが、GPSの調子が悪く道がよく分からなかった。方角と進む道はわかっていたので、とりあえず歩いていると、最終的に全然違うところに出てしまった。
    場所もわからないし、携帯の電池も無くなりそうだしで、年甲斐もなく交差点で泣いてしまった。その後、かなりまわり道して、なんとか家に着いたが、クタクタになり、また悔しさのあまり号泣。

    601 :鬼女日記 2016/04/07(木) 01:18:45 ID:jUP
    オカルト話とは少し違うんだけど語らせてほしい。
    数年前まで拝み屋紛いのことをしていた時期があった。

    その頃は、というか今もだけど絶賛ニート中でやることがなかった。
    当時は身内不幸が続いて、俺自身が無気力だったのもあるし金も転がり込んで余っていた。
    そんな時に中学の頃の悪友Aが仕事の愚痴をSNSに書き込んでいたのを見て、久しぶりに飲みに行かないかと誘ってみた。

    そこでAの話を聞いたところ「カウンセラーをしているが時折こっくりさんや、肝試しで取りつかれたって話が多くて困る」って内容の愚痴を吐いていた。
    まだUSOとかほん怖とかが各週放送されていたころでオカルトブームだったのもあるんだろう。
    それも相まって女子学生のそう言う相談が多かったらしい。

    Aはオカルト否定派だったからくだらないと一蹴したかったらしいが、それでは仕事に差し支えるから頑張って聞いていたけど中には「娘が狐につかれた」ということで親に連れてこられたはいいけれど
    憑かれた本人が大暴れして部屋の調度品を壊されたりなんてこともあったらしい。

    そういったことが続いて精神的にまいっていたAに、そんなの近場の人jとか相談しちまえよといったのが事の始まり。
    「だったらお前が拝み屋の真似事でもしてくれよ」と言い出したAを笑ってやろうとしたけれど、暇つぶしに丁度いいかもと思ってしまった。

    とりあえずそれっぽい格好をしたほうがいいのかなと思って和服でもそろえようかと思ったけど、Aにどうせならうさん臭くない方が良い。
    もしこれで治ることがあれば俺の株もうなぎのぼりだから真面目に頼む。
    ということで、せっかくだし本腰入れてみようということで喪服で挑むことにした。

    455 :鬼女日記 2016/05/19(木) 16:10:59 ID:uLZ
    たった今なんだけど
    とあるビルの屋外にある休憩スペースに座ってた
    そろそろ行こうと思って立ち上がろうとすると左ふくらはぎに違和感
    しまったささくれに引っ掛かったか?!と思い椅子の下を覗いたらガムが張り付けてあった
    どうやら私はまんまとそこに座ってしまったらしい
    こういうヤツって何考えてんだろうな。捨て紙がないならトイレまで噛んでりゃいい話だし私みたいな間抜けが引っ掛かればいいと思ってんだろうなー
    このストッキングにべったりついたガムどうやって取るかな…

    49 :鬼女日記 2018/04/19(木) 08:43:39 ID:rZa
    人ん家の生け垣に車で突っ込んでぐちゃぐちゃにしておいてまったく悪いと思ってないヤツがいた

    バキバキバキバキってすごい音がして家から飛び出したら
    車が思い切り生け垣に突っ込んでた
    そのままバックで脱出したんで表の道路まで出たら
    「ああ、大丈夫、大丈夫、この程度のキズならどうってことないから」と
    ニコニコした運転手が答えた
    「こんなぐちゃぐちゃにして何言ってんだふざけんな」って言っても
    「元々キズだらけだし、修理代とか気にしなくて良いから」とにこやかに走り去ろうとしやがった

    走って追いかけて十字路の前で停止したところで前に回って通せんぼしたんだが
    弁償なんかしなくて良いからさっさとどいてくれとお怒りモード
    こっちが怒ってるんだよ

    で、近所の人が通報してくれてて警察がやってきたんだけど
    警察官相手にも同じこと言っててまったく話が通じないの
    「邪魔したことも許してあげるし弁償なんかもしなくて良いから」って
    完全に自分が被害者かのように振る舞ってた

    かなり長時間の問答の末にようやく話が通じたんだがその時も
    「ええええぇぇぇ!俺が弁償!?そっちが車の修理代払うって事じゃなくて!?ええ?どういう事?!」って叫んでた
    この時点でようやく自分が責められてることに気が付いたと言う状態

    そこからさらに延々と話が続いてやっと生け垣を壊したから弁償しなきゃいけないという事まで理解してくれたんだが
    「じゃあ、生け垣の修理費は出すからそっちは車の修理費を出してよね さっきはいらないって言ったけどそっちがそんな事を言うんだったら容赦しないからね」
    と、結局わかってなかったんかい!って事になった

    最終的には全額払ってもらったんだけどものすごい揉めた
    もう本当に神経わからんだったよ

    486 :鬼女日記 2016/06/14(火) 21:33:13 ID:85U
    職場(スーパー)で、いきなり後ろから腕を掴まれた。振り向いたら、知らないお婆さん。
    「何か?」って聞こうとしたら「見つけたぞ。こんな所まで逃げやがって」とか何とか叫びながら、引っ張ってきた。結構強い力だった。同僚やお客様が呼んでくれた警備員や店長が助けてくれた。
    人違いをしているようなので、その事をやんわりと伝えて帰ってもらった。
    その翌日、今度は肩を叩かれたので振り向くと、いきなり殴られた。倒れこんだら、男の人が殴りかかろうとしているのが見えた。
    気づいたら、病院だった。
    検査入院して退院して、警察から事情聴取を受けた。
    私を殴った人は、前日私の腕を掴んだ人の息子。
    どうも私を離婚した元妻だと思ったらしく、前日母親が恥をかかされたと思って激昂したとのことだった。

    437 :鬼女日記 2016/06/11(土) 16:57:42 ID:O4m/6L0l.net
    腰痛で行った病院の帰りに牛丼屋に寄った
    カウンタで待っていると突然背中にまるで丸太で殴られたかのような重い激しい衝撃を受けた
    「ヴゴガッ!」と今まで出た事のない悲鳴を上げ背中を丸めて痛みに耐えていると、足元に転がりこちらを見上げているオッサンと目が合った
    どうやら入口の段差に躓いて全体重をヒジにでも載せて俺の背中に倒れ込んだらしい
    「す、すみません」と謝るオッサンに「大丈夫ですか?」としか言えなかった
    すぐに牛丼が運ばれてきたが背中と腰の痛みですっかり食欲は失せていたがペコペコ恐縮するオッサンを前に一口も食べずに店を出るのも当てつけがましいようで、半分ほど無理に食べてから帰った

    このページのトップヘ