141 :鬼女日記 2017/05/30(火) 13:48:49 ID:NjFJkj9w0.net
    うちの父(70代)なんて、年収1500万、退職金5500万あったのに、
    母が宝石や旅行や友達とのおつきあいやらで浪費して、今は全く貯金が無いよ
    父は母に家計を任せきりだったみたいで、退職後しばらくして貯金額を聞いて
    「えー無いよー」
    と言われて言葉を失ったらしい
    今は年金暮らしをしてる

    宝石とか着物とか山ほどあるけど、どうせ売る時は二束三文だし、
    なんか自分がカネコマになってからどうしても母の浪費が許せなくて
    父には申し訳ないんだけど、母に対して意地悪になってしまう自分がいるわ

    528 :鬼女日記 2009/09/28(月) 22:29:50 ID:J0/mMUM90
    思い出したよ・・・私の黒い過去・・・
    私の弟が昔、覚醒剤やってて、常に家庭内暴力をふるっていた。
    何年だろう、5年も6年も。
    親は馬鹿だから弟と共依存関係になってて、暴れると泣き出して
    一家心中するとかしないとか。馬鹿馬鹿しかった。
    自分はその騒ぎが起こるたびに、どっかホテル取って泊まってた。
    親には「お前は冷たい奴だ」とさんざん罵られたけど
    そのお陰で仕事も手につかず中途半端になって、虐められたりもしたよ。

    ある日、そんな生活が耐えられなくなって、
    ひときわ弟が暴れていたときに、家の外から携帯で警察に通報したんだ。
    警察はかなりゆっくりやってきて、そのときは弟もだいぶ落ち着いちゃってて
    逮捕してくれないって寸前で、弟を煽って警察に殴りかかったところを身柄拘束。
    尿検査の結果、なんと薬物反応はなかったらしく、それはそれで困ったのだが
    いろいろあって、精神科の先生の判定の結果、逮捕ではなく
    精神科への措置入院(医療保護とかじゃなくて措置)となった。
    その後、ずいぶん恨まれて、自宅に戻ってきた後に復讐されるのを恐れて、
    しばらく弟に住んでいる場所を教えないで一人暮らしをしていた。

    弟が退院したら退院したで、今度は母親が犬の散歩で陸橋を渡っている目の前で
    そこから飛び降り自杀殳を図って(でもなぜかかすり傷で済んじゃったらしい)、
    そのショックで、母はその3ヶ月後に癌を発症して、4年後にタヒんだよ。
    タヒぬ直前も、弟が母親の病室(4人部屋)に行って、
    金を貸せ、出せないならカードローンで払えとかいって暴れたらしく
    タヒんだ後、預金等の精算をしたときに、タヒぬ2週間前に
    病院のATMから20万借金してるのがわかった。

    母は生前ずっと、弟を残してタヒねないと言っていたけど
    母がタヒんだら弟は割と落ち着いたみたい。共依存って怖いね。

    68 :鬼女日記 2016/03/12(土) 13:24:48 ID:OXs
    うちのとーちゃんの料理はおいしい
    冷蔵庫のありあわせのものでつくるチャーハンは、材料によって味付けが変わるんだけどいつも絶品
    最近単身赴任で遠くに居るのであんまあり食べられない

    かーちゃんは料理下手ではないけど、料理は好きじゃないと常々言ってる
    その割に自然志向で、化学調味料とか添加物にうるさい

    かーちゃんの誕生日にとーちゃんと兄弟2人手伝って、気合いの入った御馳走作った
    弟はレタスちぎってただけだけど

    かーちゃんはPTAの会とかだったんだけど、予定より遅く帰ってきた上に
    御馳走ばくばく食べながら、色々料理に注文つけた
    ビーフシチューに肉を2種類も使うのは無駄だ、とか、スープのベーコン、加工食品は体に悪い、とか
    俺は我慢できなくて、そんなことないよ、このフライだって化学調味料一切使ってないよ、
    俺見てたもんって言ったら、ビール使ったって言ってたでしょ、ビールにも色々入ってるの!だって

    とーちゃん、気にしてない風を装ってたけどダメージでかかったみたいで
    赴任先からの電話ががたっと減った

    35 :鬼女日記 2018/01/04(木) 11:23:03 ID:HnX
    私の実家は自営。父はワンマン糞親父。暴言と鉄拳で我が家を支配していた。
    家族構成は父・母・長兄(県外で就職)・次兄(父の会社に就職)・私(県外)・弟(父の会社)
    一昨年、母が病気をした。
    そしたら父が母に離婚を宣言した。
    使えない奴はイラン、俺の金を医療費なんかに使わせないが理由。もともと経済DVのひどい父だった。
    それを知って長兄が激怒。
    さっさと母を引き取って自分の住む町の病院に入院させ、離婚に強い弁護士を探して雇った。
    父にしたら、家族が自分にはむかうなんて青天の霹靂だったようだ。
    父は最初「あいつらごときに何ができる」と強気だったが
    DV、暴言、経済DVの証拠が揃っていて、弁護士に恫喝が効かないと気づきやっとオタつきはじめた。
    父が弁護士に対応している間に、次兄と弟が会社を立ち上げ
    従業員の3/4を引き連れて独立。
    今までは母を人質に取られてるようなもんだったけど、母が兄に保護されたのであっさり独立した。
    父はストレスで血圧が急上昇し、ぶっ倒れた。
    病院に搬送されて検査したら、動脈瘤だの肝硬変だの病気のデパート状態だった。
    母に看病しに来いと電話したけど、母の携帯は解約されていて、
    兄に電話したら「俺の金と労力はおまえの医療なんかに使わせない」と切られた。

    まだ離婚は成立していないけど、慰謝料の話がついたら判を押すだけって状態。
    会社は倒産寸前というか最早会社として機能してない。
    取引先も八割強次兄と弟の会社に取られた。
    父はまだなんで自分が今一人なのか理解できていなくて、全部「家族が恩知らずだから」と思ってる。
    自分のどこに非があったのか素で全然わからないらしい。
    あんなに絶対強者として君臨していた父が、今は汚部屋で背中丸めてブツブツ言うだけの老人と化している。
    兄弟の中で一番性格が悪い私は、父の惨めさを確認したいがために
    たまに父の様子を見に行っている。
    別に何もしてやらない。ただ見に行くだけ。
    父はいよいよとなったら私が引き取ると思ってるようだけど、そんなわけない。
    たった2年足らずで全部ひっくり返ったことが、必然なんだけど
    父にしてみたら衝撃だっただろう

    42 :鬼女日記 2015/06/05(金) 20:57:15 ID:y2l
    両親が熟年離婚寸前で揉めていて修羅場。

    うちの両親は、末弟が大学卒業したら離婚すると12年前から決まっていた。
    間に弁護士通して、行政書士に書類も作ってもらって完全に決まっていた。
    親父は中小企業の営業。おかん県職員。
    どっちもまあまあ高給取り。

    夫婦仲に亀裂が入った原因は叔母。親父の妹。
    この人が曲者で、親父が甘いのを知ってて我が家に入りびたりだった。
    金借りて踏み倒したり、おかん所有の金目の物を盗んだり
    おれら兄弟の部屋からおもちゃやカードやゲームを従兄のため盗む等々、無茶をやってくれた。
    おかんとおれらが怒っても親父は叔母をかばい
    最終的にみんな親父を見はなした。

    13 :鬼女日記 2017/12/27(水) 14:13:34 ID:lhz
    日曜日に有馬記念を見に中山競馬場まで行ってきた。
    どうせ見るからには1Rから見たいので朝っぱらから行ったら、いきなり叔父と遭遇。聞けばまつりを聞きに来たということで、初めての競馬場。
    その後別れて、12時前ぐらいにトイレに行ったらいとこと遭遇。地元浦和や大井には年に五度ぐらい言ってるけど中央競馬は初とのことだった。
    そして二時ごろに有馬記念の馬券を買いに行ったら今度は父と遭遇。「お前はいつもオークスの日しか行かねえだろ!何で居るんだよ!」と聞かれたので「そういう親父こそいつもジャパンカップの日しか行かねえじゃねえかよw」と。
    私はオークスの日に休日出勤、父はジャパンカップの日に知り合いの葬儀に参列する関係で来られなかったので、最後の有馬に乗り込んできたことが分かった。
    まさか正月前に親戚とこんなに顔を合わせるとは思わなかったし、それがよりによって競馬場だったのが衝撃的だった。
    どうせだから当たった馬券でみんなで食事でもしようという話になったけど、全員の当たった馬券を合わせても800円で、全員マイナス収支だったのでなかったことになった。

    723 :鬼女日記 2014/07/11(金) 16:35:00 0.net
    結婚したばかりの頃、
    旦那と義母共にに口をそろえて「変わっている」と言われるくらいの義父がやらかしてくれた。

    その前の年にうちの父が社長に就いたばかりの会社の電話に
    「社長の娘の義父だが、社長を出せ!」との呼び出し。しかも父が不在だったためか2回も。

    当時、義両親は息子の初の結婚で浮足立っており、
    しかしそんな中私たち夫婦は色々あって結婚式は挙げないと決め、それぞれ両親に報告して少し経った頃で、
    しかも電話の内容が
    「すぐにでも会って話がしたい」だった事から、父も私たち夫婦も、式に関する抗議か!?と身構えた。
    即行旦那が義父に確認すると、電話の件は

    「ただ会って話がしたかっただけ」(YOUちょっと飲みに行こうYO!的な意味で) 

    だった。
    そんな用件で会社(当然業務中)に電話かけてくんなよ・・・
    ちなみに義父は定年しており現在定時制のクラスで臨時教員で日中は暇なため、そんな時間の電話が可能。

    そして翌日。急遽父と義父が飲みに行ったみたいだけれど、世間話で終了したとの事。
    父からは「俺は百戦錬磨だから対応には慣れてる。心配するな」と報告をもらったw

    しかしその報告メールの中で、どうやら義父が
    「くれぐれもオフレコにして欲しい。特に息子(旦那)には怒られるので言わないで欲しい」と言ってたそうな。

    怒られるの嫌ならそもそも怒られるような事すんなよwwwwって思った。小学生かw

    924 :鬼女日記 2014/12/16(火) 14:52:34 ID:UqT
    東京の取引先の人の葬儀に父が行くことになった1982年の冬。
    福岡に住んでても大々的に報道されていたホテルの火事を見て「ちょっとここも見てくるかな」なんて言ってた父が朝一かどうかは知らないけど朝早い便に乗って東京に行った。
    普通に学校に行って、二限目が始まるかどうかぐらいの時に先生が「福岡から東京に行った飛行機が墜ちたぞ!」って叫んで「え?お父さんタヒんだの?」って内心思ったら顔面が蒼白になってた。
    先生に「顔白いけどどうした?」って言われたから正直に「お父さんが乗ってるかも・・・」って言ったら教室中大騒ぎ。やはり弟のクラスでも同じことが起きており、兄弟揃って私のクラスの先生の車で家に帰らせてもらった。
    葬式の遺族の人から電話がかかってきたりして一時間ぐらいたった時に父からの電話。
    空港に居たら呼び出されて大阪の取引先から外せない仕事の電話がかかってきて急遽大阪に向かい、今から新幹線で東京に行くぞっていう電話だった。
    電話を聞いた母号泣。私も声を聞いた瞬間に泣いてしまった。父は事情を知らずに「なんかあったのか」って聞いてきて「羽田に福岡からの飛行機が墜ちた」って母が言ったら父が無言になった。知らなかったらしい。
    次の日に父がやっぱり怖くなったのか新幹線と鈍行で帰ってきて再会できた時にはみんな泣いてた。
    先週実家に行ったら「あの時は鈍行で帰ってきたから家計も修羅場だったわよ~」って母が言ってたので思い出しカキコ。

    319 :鬼女日記 2018/02/04(日) 10:34:02 ID:R1W
    小学生の頃、母が交通事故の後遺症から体調を崩し(骨盤を骨折したので辛かったろうと思う)
    それまでのような家事が出来なくなって、それでも私や兄のごはんは一生懸命作ってくれたけど
    たぶんそれが精一杯だったんだろうと思う。
    でも父は仕事から帰ると母によく文句を言っていた。
    酒のつまみがないだとか、洗濯物が溜まってるだとか、朝、靴が磨いてなかったとか。
    子供心に、父には思いやりがないのかとか、母の辛そうな様子が分かんないのかとか腹が立って
    何度か兄と共に父に文句言ったりもしたけど伝わらなくてイライラした。
    その父が外に女性を作って家を出て行った時、祖母は母がしっかり家のことをしないからだと責めた。
    そして中学生の時、母が首を吊った。
    その後父は家に戻り、祖母と同居を始めたが、私も兄も父や祖母が許せず
    高校を卒業し、大学は他県に進学し、以降実家には戻ってない。
    兄も私も結婚式は相手が事情を理解してくれて、父と祖母抜きで簡素な式を挙げた。
    そんなことがあったので、私は不倫と言うものが大嫌いだが
    小室が不倫の理由を介護疲れだとか自身の肝炎を話し、世間がそれに同情し、
    文春砲批判が始まったことが腹が立ってしょうがない。
    渡辺謙の時もそうだった。世界の渡辺謙だったら不倫しても当たりが柔らかいのは何故だ。
    そして今回の小泉今日子も、何故かカッコいい的な意見もあって虫唾が走る。
    下衆不倫も五体不満足不倫もあれだけ叩いていたのに何が違うの?

    722 :鬼女日記 2013/06/08(土) 15:19:52 ID:BKYAXqu5
    父の話だけど

    父が前の職場にいたとき、気まぐれに散歩をして帰ることがあったらしい
    ある日、気まぐれに踏み切りのある道を通ったら後ろからおばあさんがヨロヨロ歩いてきて、踏み切りの真ん中で転んだそうだ
    おばあさんが立ち上がろうと四苦八苦してるうちに、踏み切りが鳴りだす
    おばあさんはますます慌てて立ち上がれない
    父はとっさにおばあさんに駆け寄り、抱えて踏み切りから退避
    おばあさんはお礼がしたいのでお名前を、と言ったらしいけど、慣れない人助けでハイになってた父は名乗るほどの者ではありませんと言って走り去ってしまったという
    でもかっこいいことした、と思ってるらしく、気分がよくなるとよくこの話をする
    名乗るほどの者ではありません、は一度言ってみたかったらしい

    このページのトップヘ