父親

    20 :鬼女日記 2018/04/02(月) 03:07:05 ID:ZlR6Uswy.net
    兄が父の反対を押し切って家を購入してしまいました。

    兄は父に結婚したら近くに住むと約束をしたようなのですが、それから結局20年近く隣の県で夫婦と子供と一緒に過ごしてます。

    それで最近実家にきて、帰る間際に母と私に家を買ったと打ち明けて帰って行きました。

    父がこの事を聞いたら多分激怒します。近くに住むという約束を守らないことをダシにして、この20年兄に色々辛く当たってばかりでした。兄もそれで和解は無理だと家を買ってしまったのでしょう。
    父は母に八つ当たりして、暫くの間は不機嫌になるんです。
    いちばんの被害者は母です。
    愚痴をずーっと聞かされて、怒鳴られるんです。
    父はすごく短気で、怒りっぽいです。私は母と父と3人暮らしで実家暮らし。父の機嫌を取って生きているようなものです。

    暫くしたら電話で家を買った事を伝えるとの事ですが、私は父が怖くて仕方ありません。
    母も怖がってます。

    カドが立たない最善の方法は無いでしょうか?
    父が怒らず、家を購入したことを伝える方法は
    無いのでしょうか?

    このままでは兄夫婦は父から絶縁宣言をされてしまうかもしれません。
    母は孫に会いたいけど父のせいで会えないとぼやいてます。
    私は一体どうしたらいいんでしょうか。

    長文失礼しました。

    682 :鬼女日記 2015/06/16(火) 20:26:28 .net
    「もしもお父さんお母さんが離婚したらどっちについていく?」と子どもたち(19♀、17♂、13♂)に聞いたら
    「お母さん」と即答された(^ω^#)
    学校に行く費用出してるのは誰だよと突っ込みたくなったがこんなもんなのかねー
    産みの母ってのは無条件で子どもに愛されていいもんだ
    トーチャン寂しいよ

    270 :鬼女日記 2016/11/05(土) 21:11:09 ID:Z3p
    私の父は家事育児は母親がやるもの!父親は金を稼いでさえいれば育児に参加したことになると思っている奴だった。
    母はそんな父の意見に飲み込まれている超絶エネミーで、双子である私と兄の育児に追われ、
    父と全く同じ考えである義父母(私の祖父母)に自宅凸されいびられ、身体を壊したりもした。
    私と兄が8歳のとき、父が突然私と兄をどこかに養子に出すと言い出した。理由は私と兄が父に懐かないから。
    育児に手を出さず、祖父母をけしかけていびりに参加してた父に懐くはずはないw
    関わってこない分、叱られるとか厳しく当たられるとかなかったから、兄の方は父をなめきってたよ。

    284 :鬼女日記 2013/12/29(日) 00:39:02 0
    あまりにも仕事が忙しく、1日23時間勤務の17連勤目で肉体的にも精神的にもボロボロだった時に母からの父危篤の連絡にイライラしてたせいで
    くだらんことで電話してくんな!しんでからでええやろが!アホか!タヒんだら欠けてこいボケ!
    って返した時が修羅場だった。
    結局、3日後にタヒんだらしい。
    別に毒親やってわけどもない普通の父親だったし、恨みも何もなかったけど当時はいろいろおかしくなってたせいでひどいことをしたとは思う。



    885: 名無しさん@おーぷん 2016/05/12(木)01:48:37 ID:qYv
    家庭内がずっと修羅場だった。

    10年くらい前兄を病気で亡くした。
    この兄は学習障害かつ人格障害も抱えてた。
    兄弟の父親は精神科医だけど、自分の子が障害持ちだって周りにばれるのを恐れて適切な処置を行わず、子どもを妻に任せて家庭には関わらなかった。
    兄は引きこもりで家庭内暴カがひどく、彼を刺激しないよう弟と母は常に怯えて過ごしていた。
    父親は見て見ぬふりをして助けてくれなかった。

    945 :鬼女日記 2016/10/30(日) 11:56:30 0.net
    20歳の時に留学することになり、出発当日の朝に小学生の時に蒸発した父親がフラっと帰ってきた時がほんとに修羅場だった。

    大好きだった父親が、書き置きも連絡もなく突然いなくなり警察からは家出か事件かも分からないと言われ、母親も泣き暮らし
    幸い父方の祖父母も私たちに申し訳ないと色々助けてくれ、母親も父親を忘れるかのようにがむしゃらに働き、兄は大学、私は短大まで出ることができた。

    母や兄や祖父母の助けてもあり、私もバイトしながらお金を貯めて留学できることになった。

    そんな当日の朝に父親が玄関から普通に帰って来た。
    母親も兄も祖父母もパニック。

    父親は、ちょっとバツが悪そうな顔しながら「お前今から旅行か?そっかそっか」と普通の会話をしてきた。
    私もなぜか普通に「いや、旅行じゃなくて留学だよ…」と返事した。
    父親は「そっかー!立派になったな!親は無くとも子は育つ!てな!」と笑っていた。

    大好きだった父親が無事で生きてた喜びと、急に父親がいなくなった小学3年の9月のフラッシュバックと、今までみんなでしてきた苦労や、悲しみが一気に溢れて
    父親に「なんでこんな日に帰って来てんだよ!!バカじゃないの!!あんたのせいで、みんなしなくていい苦労したり、頭下げたりして生きて来たんだよ!!なにヘラヘラ笑って帰って来てんだよ!」
    みたいなことを、号泣しながらまくし立てて父親に「ごめんなぁ」とハグされて「時間ないから空港行く…」とそのまま家を出た。

    言いたいことや聞きたいことあったけど、結局20分ぐらいしか顔を合わせてないから、あまり話せないまま出発→留学の新生活で頭の中が忙しすぎて現実かどうかも分からないまま新生活がスタートした。
    ほんとに修羅場な1日だった。

    604 :鬼女日記 2015/06/26(金) 23:14:51 ID:emm
    長文の上に話がごちゃごちゃして判り難かったらゴメン

    私が4~5歳の時、突然父親が家を出て行った
    母親からは「お父さんお母さん『りこん』するから」とだけ説明された
    小学校に上がってすぐ、母親にAという恋人ができた
    Aは私の担任教師だった。当時で30手前くらいの独身
    当然ながら児童の母親と担任の交際は世間的にはまずかったらしく、私は母親とA両方から口止めされていた
    私もよく連れ出されたデートは、夜、かならず車で1時間以上離れた隣街
    デート中、私はAに
    「お母さんと三人の時は、僕のことは『Aちゃん』と呼んでね」
    とニコニコと繰り返し言われた
    Aは「ただ学校では『A先生』だよ」と念を押すことも忘れなかった

    けれど、小1の子供にとって昼と夜で完璧に切り替えるのって難しいんだよね
    ある日ついうっかり、クラスのみんなの前で
    「Aちゃん」と担任を呼んでしまった
    子供心に「まずい」と思い、その場はなんとかごまかしたつもり…だったんだけど
    放課後、私はAに校舎の人目につかない階段に連れていかれ、いきなり胸倉を掴まれてビンタされた
    「この糞ガキ調子にのりやがって」
    みたいな事を繰り返し言われたような気がする
    身体が浮き上がるくらいに胸倉を持ち上げられて苦しかったことと
    往復ビンタを何発もくらって、生え替わりかけでグラグラしていた乳歯が抜けた事も覚えてる
    私は本当にショックで泣くこともできず呆然
    そこに鬼のような形相で
    「この事は絶対誰にも、お母さんにも言うな」
    と口止めされ、子供心に「今度は杀殳される」と感じた

    962 :鬼女日記 2015/07/09(木) 11:52:39 ID:bG9
    離婚して家を出た父に粘着されている。

    両親はどちらも美容師。母の実母がやってた店を継いで大きくして、娘の私が言うのも何だが流行っている。
    支店も何店か出している。父は本店の店長だった。
    父は浮気性&仕事しない人だったが、借金癖はないし、浮気もつまみ食い程度なら…と母が容認していたら
    父は娘の私と同い年の新入り従業員に手を出し、妊娠させてしまった。

    妊娠プリは「離婚して結婚してくれるって言ったのにー!」と家に殴りこみに訪れ、泣きながら玄関先で大暴れ。
    インターホンで「帰ってください」と連呼していたら「出てこないから火をつけてやる」とわめいたため通報。
    警察が来て逮捕。
    向こうの親が出てきて平謝りするが、プリは反省なくまた家に来て庭で大暴れ。
    庭の枯れ草にほんとうに火をつけて、放火の現行犯で逮捕になった。その間父はただ逃げ隠れしていた。
    ほとぼりが冷めた頃ヘラヘラ戻ってきた父に母がブチギレ、離婚を突きつけた。
    父あっさりOK。その日のうちに離婚届を出し、他人になった。
    プリがどうなったかは知らない。

    360 :鬼女日記 2013/05/29(水) 12:47:49 O
    私が8歳のとき二つ上の兄が病気で長期入院していて、
    両親とも家にあまり帰らなくなっていた。
    私は学校帰りや習い事の合間にお見舞いに行き兄と遊んでいた。
    ときには病院に内緒で勝手に泊まり込んで看護師さんに怒られたこともあった。

    ある日夜中に起きてリビングに行くと、
    両親と綺麗なお姉さんが難しい顔して話し合っていた。
    「起こしちゃったわね…お父さんの会社の人と大事な話してるのよ、お部屋にいってなさい」
    と母に言われまた寝た。
    お姉さんからは軽く会釈されたのを覚えてる。


    それから一月くらい経ったときにそのお姉さんに
    「久しぶりだね」
    「お父さんお母さんから頼まれたの」
    「いつも一人でお留守番して偉いね」
    「学校は連絡してあるから大丈夫」
    「お兄ちゃんには内緒だよ」
    と車で遊園地に行くことに。
    お父さんの会社の人だと前に母から紹介されてたのですんなりついていった。
    綺麗なお姉さん、柔らかい雰囲気で優しそう。
    何一つ疑わなかった。

    244 :鬼女日記 2014/12/31(水) 12:22:23 ID:4ly
    大晦日なので今年の懺悔

    喪男歴が長くやっと結婚できたことから俺は変な方向にはっちゃけた。
    うちの親は毒親。高圧的でなんでも子供を自分の思うようにしたいタイプ。特に親父がひどい。
    親孝行しなきゃ!という方向にははっちゃけず
    俺は「これで俺は別世帯の大黒柱!つまり親父と対等!」とはっちゃけた。
    大黒柱vs大黒柱で、もうあんなジジイ怖くないぜと親父を挑発し続けた。
    親父とわざと接触しては奴の言うことの真逆をやり(今車を買うな、と言われたら買ったり)
    郵便物に「~様」ではなく「~君」と宛名を書いて出し
    3000円の贈答品が届いたら5000円のを返し
    父とは呼ばず苗字で呼びかけ、と
    サル山のボスのごとく親父とマウンティングし合った。
    親父がそのたびキーキー怒るのが楽しくてしょうがなかった。

    このページのトップヘ