理想

    287 :鬼女日記 2015/12/22(火) 08:57:14 ID:Rn1
    当時付き合ってた恋人と心中するために某ジサツの名所に行き、車の中で練炭を焚いてシのうと(綺麗に逝けるとネットで見た)準備をしてたら少し離れたとこに止めてある車を何気なく見てみたら練炭でシんでるカップルが乗ってたけど全然綺麗じゃなかった。
    見た目は破損とかはないからそういう意味では綺麗なんだけど、シんだら目が落ちるというのが正しいのかな。
    普通目を閉じるとまぶたの下に眼球があるってのがちゃんとポコッとなっててわかるけど、シんでると、まぶたの下の眼球が感じられないみたいな。
    とにかく想像と全然違ってただのシタイでしかなかった。
    それを見た私達は警察に通報だけして帰宅した。
    それ以降彼とはメールもしてないし会ってもない。

    748 :鬼女日記 2012/10/01(月) 22:13:56 ID:W4mud6u9P
    ギター侍で思い出したけど、この間なにかの番組で
    アンガールズのキモイ方が事務所の後輩であるギター侍に
    前々から何でもいいから極める勉強しろってアドバイスしてたのに
    全然言うこと聞かなくて、結果後ろ盾がいなくなって毎日家にいるのが
    悔しくてたまらん~みたいなことを言ってたんだけど、
    まさに同じタイプの元友人がいる。
    結婚願望は人一倍強いんだけど、理想ばかり高くて
    誰か良い人紹介してって言うわりには、紹介すれば身長が低いだの
    勤め先が聞いたことのない社名だの、高卒は嫌だだの
    会いもしないで断ってばかり。
    相手のスペックにはこだわるくせに、自分だって高卒でアルバイトだし
    何より160cmの身長に体重が3桁に届きそうな体脂肪が野党という巨体。
    言っちゃ悪いけど、紹介してくれる人がいるだけでもありがたいのに
    何がそこまで理想を高くしたのか不思議。
    で、何度か彼女に、せめてダイエットしようよとか、
    待ってるだけじゃなくて、自分磨きもしなきゃだめだよとか
    色んな人が同じことを何度も何度も忠告したんだけど、
    一発逆転を狙ってるから、とか言ってて。
    結果、今現在40代に突入したけど未婚。
    ここ10年ぐらい会ったことないけど、共通の知人によると
    さらに膨らんでるらしい。
    やっぱり努力をしない人というのはダメだなとつくづく思う。
    いや、最低限の努力でいいんだけどさ。

    464 :鬼女日記 2015/02/25(水) 08:45:39 ID:5ve
    結婚記念日にて。
    「お前の料理はいつも美味しい。
    結婚して5年になるけどお前の料理が不味かったりイマイチだった事なんて一度もなかった。
    お前の料理のおかげで仕事の疲れを吹き飛ばす事が出来る。
    本当に感謝してる、ありがとう。
    だが!!!
    お前の料理は完璧過ぎる!!!
    砂糖と塩を入れ間違えるだとか味付けし忘れるだとか!!!
    なんで女の子らしいミスを出来ないんだ!!!
    いつもは嫌だ!!!
    だがたまにはこんなミスをしてくれ!!!」
    昨日の発言なんだけどなんか冷めた。
    別に離婚を考える程じゃないんだけどさw
    女って生き物にどんだけ夢見てるんだろ。
    旦那今年34になるのに。

    689 :鬼女日記 2015/11/03(火) 17:54:03 ID:mMZmpQ2R.net
    みんなと比べたらプチだけど。一応フェイクもあり。

    うちは母子家庭なんだけど、母がいわゆるバリキャリで、年収が2000万近くある。
    それを婚約者が婚約者母に話したときに「え~wwそれって上司とデキてんじゃないの?www」と婚約者母が言ったらしい。
    婚約者家は、料理上手な専業主婦のお母さんと、年収も平均より多めでアウトドア得意なお父さんがいて、
    休みの日には家族で旅行に行くような良い意味で「普通の家」。
    私からしたら理想の家庭環境なのに、その中にいる人に馬鹿されてびっくり。
    うちの母は、父親がいないという理由で子供に不自由をさせまいと休日もなく働きまくって、
    私と弟を育て上げ、学費とか気にせず大学を選んだり、有り難いことに不自由はしなかった。
    母の苦労をよく知ってる私が過剰に反応しているだけなのかもしれないけれど
    そういう背景を知らなかったり、何の気ない冗談だったとしても品性を疑う発言だと思いスレタイ。
    婚約者のお母さんだからと今まで悪く思わないようにしてたけど、正直、嫌いだ。
    あと、それを私に屈託なく言ってくる婚約者にもスレタイでした。
    昔はキャンプとか県外のおばあちゃん家とか憧れてたけど、感謝してるよお母さん!

    93 :鬼女日記 2017/09/26(火) 13:25:11 ID:6pr
    我が家の子供達は男男女の順の3兄妹。
    長男と次男は年の離れた妹が可愛くて可愛くて仕方ないらしく、接し方はまさにお姫様扱いといった感じw
    毎日2人で「今日は僕がお世話する!」「いや、今日は僕だ!」とお世話係を奪い合ってる。
    (ちなみに長男8歳、次男6歳、長女1歳。)
    そんなうちの子達を自分の子供にしたがる義兄嫁がウザい。
    私や旦那に会う度、「お願い…。私を子供達のママにさせて下さい…。ちゃんと必ず幸せにしますから…。」と泣き縋るんだ。
    なんでも、我が家の子供達が理想そのままなんだとさ。
    3兄妹という所も、男男女という順番も、妹を奪い合うお兄ちゃん達って姿も、とにかく何から何まで理想通りなんだって。
    子供の事に関しては同情するけど、だからと言って自分の大事な子供をはい、どーぞであげる訳ないでしょうよ…。
    子供が作れないなら作れないで諦めるか養子でもとりゃいいのに。

    270 :鬼女日記 2016/12/26(月) 00:55:20 ID:7bWoPAlO0.net
    彼氏に婚約破棄されそうで困ってます。思い直してほしいので仲直りの方法を教えてください。
    2ちゃん書き込むの初めてなので変なところあったらごめんなさい。

    この間二人でドレス選びに行きました。
    その時は彼もニコニコして綺麗だよって言ってたのに、後日彼のタブレットを見たら2ちゃん(このカップル板だったと思います)で本当は似合ってなかったって書いてたんです。
    私の顔とか隣のお嫁さんの方が綺麗とか悪口まで書いてたので喧嘩になりました。
    彼氏の言い分は
    ・ネットで陰口みたいに書き込みしたのは悪かった
    ・でも似合ってないのは本当
    ・自分が口出ししても良いけど私が本当に着たいものを着れば良いと思ってたからしなかった
    ・隣の子が若くて美人だから比べてしまったのも本当
    ・正直私は美人ではないけど好きだから笑顔が可愛いと思うし何より優しい性格に惚れたから見た目は関係ない
    ・そもそも式場選びの前に着物が似合うと思うよって和婚を提案した
    と開き直ってばかりでした。
    しかもそんなんじゃ私の怒りは収まらないのに夕食の買い出しに出かけてしまって、帰ってきたと思ったら別れようと言われ愕然としました。

    388 :鬼女日記 2016/02/03(水) 11:01:24 ID:yuf
    私含め低IQのDQNしか出てこない話なので、
    イライラしたくない方は読まない方が良いかもしれないです。

    高校が同じで、私が大学進学してからもよく遊ぶ友達(以下A子)がいた。
    A子は調理師の専門学校に進み、私より早く社会人になった。
    お互い酒タバコがダメでドライブとカラオケが趣味だから気が合って、
    2人で旅行に行ったりお互いの家に泊まりあったり親友といっても良い仲だった。

    そんな風に過ごしている中、大学卒業3年後に私が結婚することになった。
    マリッジブルーどころか、もともと結婚に憧れの強かった私はテンションMAXに。
    実家から通勤した3年間に節約しまくって貯めたお金を全額ぶち込む勢いで好き放題にプランを組んだ。

    そして当日。

    チャペルに入った瞬間、ものすごい異物が目に飛び込んできた。
    それは、真っ白のA子だった。
    膝上10cmくらいありそうな白のドレスに、シャンパンゴールドのショール。
    天窓からの光に照らされて、パッと見、本当に真っ白だった。
    後から気がついたけれど、足元もラインストーンだらけの真っ白のハイヒールのサンダルだった。

    私のテンションは一瞬で急降下。
    やっぱり、マリッジブルーではないとはいえ、おかしな精神状態だったんだろうと思う。
    それを見ただけで泣きたくなるほど悔しくなった。

    さすがに本当に泣いたりむすっとしたりはしなかったけど、
    披露宴のときのA子からの手紙のときはA子の目を見られなかったし、
    2次会でもほとんど話せなかった。
    なんと小さく幼稚なんだろう、自分……

    私はそのまま夫の勤務先(地元からは飛行機の距離)に引っ越し、
    A子とも年賀状とたまのメールでしかやりとりしなくなった。
    その頃の私にはフェードアウトとか切るとかそういう発想がなく……。
    でも、結婚式のA子を思い出すと悔しさで涙が出そうになるくらいには根に持っていた。
    白いドレスを着てきたということ自体というよりも、
    1年位かけて細かく計画して、お金もたくさんかけて自分の理想の式にするはずだったのに、
    それにめちゃくちゃに泥を塗られたみたいな気持ちになっていたんですよね。

    このページのトップヘ