疎外感

    276 :鬼女日記 2018/02/21(水) 16:11:57 ID:FedIpFoH0.net
    こんにちは。割り込みすみません。
    皆さんの知恵をお借り出来ればと思っています。宜しくお願いします。

    ◆現在の状況
     先日、妻に「あなたと暮らしていくのはもう無理」と宣言され、事実上の離婚宣告を
    受けました。その結果、私は自宅での居場所がなく、子供たちと離れ実家で生活する別居
    生活送っています。子供たちの父親はあなただけなんだからと週1回は帰宅することが
    出来ています。

    ◆最終的にどうしたいか
     私としては、妻に愛情がないわけではありませんし、子供たちの成長のためにも離婚は
    全く考えておりません。
    今後どのように立ち振る舞えば離婚を回避できるのか、また元通り5人での生活を送れ
    るようになるのかを知りたいです。

    ◆相談者の年齢・職業・年収(手取り額)
     年齢30代中盤 会社員 手取り350万程度

    ◆嫁の年齢・職業・年収(手取り額)
     年齢30代前半 販売業パート 100万程度

    ◆家賃・住宅ローンの状況
     賃貸アパート 家賃3万5千円

    ◆貯金額
     結婚当初から給与が振り込まれる通帳とキャッシュカードを渡しており、貯金している
    のか不明。

    続きます

    1 :鬼女日記 2017/04/04(火) 07:29:10 ID:OMwwQnKe.net
    家族構成
    自分 47歳 会社員 年収650万位
    妻 45歳 派遣社員 年収250万位 ×1
    長男 22歳 大学生 就職活動中 妻の子
    長女 20歳 短大生 就職活動中 妻の子

    結婚して11年目。
    特に子供が反抗することもなく、この形態の家庭としては平和であったと思います。
    子供も就職ができそうな雰囲気なので普通でしたら今後は夫婦の時間が持てますねーって感じなんでしょうが。

    681 :鬼女日記 2018/02/12(月) 13:28:56 ID:0XSpfQsG.net
    百年の恋ってほどでもないけど
    職場に雰囲気や仕草が可愛らしい子が新人で入ってきて
    仕事教える機会があり、その時字が綺麗で一生懸命メモを取る姿を見ていいなと思ってた

    働いて1、2週間くらい経つと、休憩中はバッグと弁当持ってトイレへ入ってく姿が散見された
    どうやら休憩中は休憩室ではなく、トイレで1時間過ごしてるらしかった
    「休憩室使わないの?」と聞いてみると
    「なんか居心地悪くて…」と言ってた
    特にイジワルされてるわけではないらしいんだけど
    みんな仲がいいから疎外感を感じるんだそうな
    といっても、みんな基本優しいので積極的に話しかけたりしてるんだけど
    彼女曰く、それも嫌だったらしい
    飲み会(歓迎会)に誘っても「いや、ちょっと…用事が…」と毎回断ってた
    どうやら、できればほっといてほしいけど、私の前で仲良くするのも孤独を感じるからやめてほしいと
    それを聞いて、どうすりゃええねんw状態
    可愛らしいから仲良くなりたいと思ってたけど、この時点で冷めた

    その後も、仕事中泣き出したりしてた
    理由を聞くと「居心地が悪くて…」

    女性陣曰く、休憩中ずっとトイレに篭られてるのでトイレ行きづらいし
    個室が3部屋あるうちの1部屋占領されてて
    弁当もトイレの個室で食べてるっぽいのでその真横で排泄物出すのが申し訳ないと
    休憩室で一緒にごはん食べようよとか、お金にあるなら外食しない?と誘ったけど
    「あ、いや…だいじょぶです」でと断られてしまうと
    彼女は1ヶ月半くらいで辞めていった
    多分何か事情があったり、精神的に不安定なんだろうけど
    小学校の心に傷を負った転校生じゃないんだから、なんでこちらがあなたに合わせて気を使わなきゃいけないのwと思った

    555 :鬼女日記 2017/09/24(日) 13:27:19 0.net
    子どもがイヤイヤ期なんだが嫁だと素直に従うっていうのが
    モヤモヤしてしまう。それで喧嘩になったり
    子どもがイヤ!っていったら嫁がオリジナルイヤイヤソングを歌って和ませたり
    嫁もイヤ!といって抱っこして和ませたり色々やってる
    でも俺が命令するとギャン泣きで拒否されイライラして嫁に当たってしまう
    嫁に言ったら「あなたは命令だから」と言って終わりにされ
    子どもには拒否され寂しくなってしまい
    子どもがいなければと、つい思う

    このページのトップヘ